日比合作ミュージカルDVD上映会 - さらに埼玉県志木市へ

 
日比国際平和演劇祭で上演された日比合作ミュージカル「ケノン:国際平和と調和への道」が、大阪・梅田でのDVD上映会に続いて、さらに埼玉県・志木市でDVD上映されることになりました。


日比国際平和演劇祭参加作品収録DVD上映会 

<日時> 変更あり
4月21日(水) 午後1時より 「ケノン:国際平和と調和への道」 DVD上映
          午後3時より 「亡霊の彷徨う町」 朗読劇


<会場>
柳瀬川図書館視聴覚室 (東武東上線柳瀬川駅から徒歩2分)
(埼玉県志木市立図書館 http://www.shikilib.jp/lib/yanasegawa.html 

<チケット>
入場無料(制作費へのカンパをお願いしております。)

<問合せ>
連絡先 080-2039-4512 JAPITAC埼玉


a0109542_0503893.jpg


<フィリピン・バギオ市から さらに埼玉県・志木市へ>

2009年9月3日に バギオ市制100周年記念事業としてフィリピン・バギオ市で開催された 日比国際平和演劇祭。
その参加3作品のDVD上映会が 大阪・梅田に続き、いよいよ埼玉県志木市で実施されます。

日比合作の演劇、ミュージカル。
埼玉県周辺にお住まいの日本人、フィリピン人の皆様に是非ご覧頂きたい作品です。
(上演言語は英語およびフィリピン・イロカノ語。 日本語での字幕がございます。)

フィリピン・バギオから日本へ、日本人100年の記憶を呼び覚ます三作品 初上陸!!
1903年、一群の日本人労働者が北ルソンの山岳地帯にやって来た。
ドラマはそこから始まった。

<DVD上映作品>


吉田智久演出:
"Kennon : Road to Global Peace and Unity" 
「ケノン: 世界平和と調和への道」 (1時間48分)
    日比演劇人、大学協力による山岳民族ミュージカル
    フィリピンの軽井沢と呼ばれる北ルソン・バギオ。 そこに到るベンゲット(ケノン)道路、
    そして避暑地の建設に関わった日本人達。
    山岳民族との友情と繁栄の時代、そして黒い雲が迫る・・・

“ THE REMAINS “ 「亡霊の彷徨う町」  (約20分)
    FMラジオ局ボランティアの方々による朗読(予定)
    第二次大戦末期、北ルソンの山奥に追い詰められた飢餓状態の日本軍・日本人。
    そこで何があったのか、誰も語りたくはない・・・

“ SOLVEIG’S SONG “ 「ソルヴェイグの歌」 (21分)
狩野和馬など日比俳優による演劇 
    アメリカ軍・マッカーサーの反攻が始まろうとするころ、フィリピンの穀倉地帯の
    ある村では、抗日ゲリラと日本人将校の間に この曲が流れていた・・・

時間の都合により、「ケノン: 世界平和と調和への道」 (1時間48分)だけを上映することがあります。あらかじめご了承ください。


尚、このDVD上映会は、フィリピン・バギオ市の日系人団体のアボン会館や、ベンゲット州ラ・トリニダッドの ベンゲット州国立大学などでも歴史・文化・社会教育などの一環として実施されております。叉、大阪・梅田近くの天劇キネマトロンでも上映されます。


日比国際平和演劇祭実行委員会(JAPITAC)
バギオ@フィリピン
[PR]
by janlbaguio | 2010-03-31 00:51 | JAPITAC 日比平和演劇祭
<< あなたの故郷はどこですか?  ... 在マニラ日本国総領事 バギオを... >>