バギオの歴史コーナー - 戦時編 <その7>


この「バギオの歴史」コーナーでは、シリーズとして、「続 イフガオの墓標」 (宍倉公郎著 昭和55年 育英印刷興業 発行)からの抜書きをご紹介しています。

今回は 前回からの続きで 1945年終戦間近かのイフガオ周辺(バギオからさらに北方及び北東に位置する山岳地帯)で、どのような事があったのかを拾ってみましょう。

世代は変わりつつあるとは言え、現地での悲惨な歴史は語り継がれており、叉 日本人自身の歴史としても知っておくことは 無駄ではないだろうと考えます。


======

p261
山の派を廻っている細道で偶然、土人女四人と遭遇したのである。 彼女達はみな稲の穂を籠いっぱい背負って俯いて歩いて来たので、吾々にぶつかるまで気がつかなかった。
日本の背負いカゴは両腕の付け根に紐をかけて支えるが、彼等のカゴは紐を額で支えるため、うつ向いて歩く形となる。 曲がり角で、鬼より怖い日本兵にばったり会ってしまったのである。
 
(略)
皆、素裸に腰布を巻いただけの姿である。 吾々の目は自然と、後ろの娘達に注がれた。 色こそ黒いが肩から胸にかけてのはち切れるような曲線、反り気味の豊かな乳房、いかにも弾力性のありそうな腰、すんなりとよく伸びた四肢、まったく雌豹のような肢体である。

(略)
女達は自己の運命を本能的に予測したらしく、ひとかたまりになって立ちすくみ、ただ震えおののいているだけであった。
「・・・こいつらを連れて行って適当にやって穴を掘って埋めてしまいましょう」
髭面の目をぎらつかせた別の兵がいうと、二、三の兵がうなずいて同調した。
兵達の公憤は次第に女に飢えた雄の獣性に変わってきた。

(略)
「あとで穴に埋めるのは惜しいなあ、若い方は旨そうですぜ、・・・・」

(略)
この一言に異様な雰囲気が兵達をおし包んだ。 いわば、妖気というべきものである。
さすが獰猛なイフガオ族さえも、その風習が無かったといわれる“人間が人間を喰う”という人肉喰いは、日頃、飢えた兵達の話題になっていた。

(略)
痩せ細った青黒い髭面の、その誰の目にも妖しい光がらんらんと輝いていた。 それは狂人のものではなかった。 飢えた野獣のあのぞっとするような目の光であった。
p266
「離してやれよ・・・」

(略)
「いや、これから看護婦達がたくさん入ってくるから、同じめに遭わされると可愛想だからな・・・」


p271
吾々は特に動物性蛋白質の欠乏に悩まされた。 トッカンへの道は太古さながらの道であったと記したが、トッカンの山奥は神々から見離された全くの不毛地帯であった。

(略) 
たまたま蛇を見つけると、皮をむき正確に二センチくらいに切り刻んでカモテ(芋)に焚き込んで一切づつ食べた。 

(略)
比較的身近な動物質としては野鼠とかゴキブリがあった。
夜間、野天便所に糞を食べにくる大きな野鼠を松明(たいまつ)をかざして棒で叩いて捕まえ、糞まみれになった奴を小川で洗って焼いて食べた、・・・・・ゴキブリは焼いて食べると、ほろ苦く香ばしかったが、・・・・捕獲数を制限して食い延ばしを計ったので、腹いっぱい食べるわけにはいかなかった。

p275
激闘一か月の後、六月一日遂にバレテ峠は陥落した。 余勢を駆る米軍は怒涛の勢いでバンバン平地に殺到したため、方面軍は実った稲穂を目前にしながら手をつかねて複廓陣地に立て籠もったのである。
北部ルソンの山岳地帯を東西に縫って流れるアシン渓谷を中核とし、南と北に峻険な山々を擁した東西四十キロ、南北八十キロのキャンガン複廓陣地は東に勤、南に旭、西に虎、盟、北に荒木の各兵団が布陣したが、それはまた、逆に米軍によって包囲された形となったのである。

====

次回 <その8>は、 日本軍の武装解除、終戦を読んでみます。

ところで、これらバギオ北方での悲惨な歴史については、2009年9月にバギオで開催された日比国際平和演劇祭の参加作品でも 元日本兵の方々の話を元に題材とされました。
詳しくはこちらのページでご参照下さい。
http://janl.exblog.jp/i13/

その上演作品はDVDでもご紹介しております。
関心をお持ちの方は JANLまで お問合せ下さい。

 
 
 

 
[PR]
by janlbaguio | 2010-06-29 20:29 | History バギオの歴史
<< 7月1日千秋楽-内田春菊作・吉... バギオの歴史コーナー - 戦時... >>