Tanabata installation is on-going バギオ七夕 製作中


To prepare for the Tanabata Star Festival in Baguio, the installation art
work has just started by U.P. Baguio students from Society of Visual Arts
on Monday, August 2, 2010.

8月2日(月)、いよいよバギオ七夕祭りに向けて、フィリピン大学バギオ校の美術科の学生による制作が開始しました。

a0109542_2214059.jpg


On Friday, August 6, invited students from several schools in Baguio, will
cooperate to decorate the bamboo trees, and also, the children from
Filipino-Japanese Friendship Association of Northern Luzon and Japanese
Association in Northern Luzon will join to add the decorations, followed by
all visitors to Baguio-Mountain Province Museum to finish the decoration
by writing/hanging their wishes, during the period from August 9 to 24,
2010.

We are looking forward to seeing the completion of the colaboration
between Japan and the Philippines through Tanabata Festival.

a0109542_22142155.jpg


大学生によって制作された竹の林に、8月6日には バギオ市内のいくつかの小学校、ハイスクールの生徒たちによる飾りつけ、叉、8月7日には 北ルソン比日友交協会と北ルソン日本人会(JANL)の子供たちによる七夕飾りを実施し、その後 8月9日から24日までの展示期間中には バギオ・マウンテン州博物館の訪問者の皆様に 短冊をお書きいただき、七夕飾りを完成させることにしています。

日本文化とフィリピン文化のコラボレーションが どのようなものを作り上げるのか、楽しみです。
[PR]
by janlbaguio | 2010-08-02 22:11 | Activity 活動内容
<< Tanabata Festiv... Tanabata Star F... >>