棚田保全と平和構築のためのアート・プロジェクト

イベント情報です。

変更部分を朱記しております

バギオ市およびイフガオ州のハパオ村などで、下記のような環境教育などの
イベントが開催されます。

==========


棚田保全と平和構築のためのアート・プロジェクト
~世界遺産の棚田と原始の森を守り、日比間の平和を築くために~

会場:フィリピン共和国イフガオ州フンドアン郡ハパオ村 ほか

日時:2010年12月13日(月) 3pmー バギオ市
     フィリピン大学バギオ校 芸術学部 中庭     
     KURI & JUN AMANTOグループ公演
   
   2010年12月15日(水) カダクラン村
     午後: 植林 & ワークショップ
     夜 : ミニライブ、クリスマス会
     JUN AMANTOグループ公演

   2010年12月18日(土) ハパオ村
     夜 : 棚田慰霊パフォーマンス
     KURI & JUN AMONTOグループ公演
     及び アート作品展示

   2010年12月19日(日) ハパオ村
     夜 : 演劇パフォーマンス&ゲスト・パフォーマンス


企画・主催:
Sundaland Art Net(名古屋市)
Sundaland Art Net, Philippines(バギオ市)


協力:
Cordillera Green Network(Baguio City)
AManTO天然芸術研究所(大阪市)

参加者(予定):
廣田緑(現代美術家)/志村朝夫(手漉き紙作家)/ JUN & AManTo 天然芸術研究所/
Kuri/キドラット・タヒミック(映像作家)/カワヤン・デ・ギア(現代美術家)/
エドガー・バナサン(民族音楽家・竹細工アーティスト)/
インドネシア人・アーティスト(人選中)/Anak di Kabilinganシアターグループ/
フィリピン大学バギオ校芸術学部/ハパオ村小学校/ハパオ村高校/ハパオ村女性組合ほか

活動の目的:
1.イフガオ州の棚田の稲わらを使った日本伝統の紙漉き指導を高校と地元の
    女性組合を対象に行い、当地区の森林破壊の原因となっている商業的木彫り
    生産に代わる手工芸品の開発をサポートする。
2.稲わらから漉いた紙を使って日本伝統の凧作りを地域の子供たちに指導する。
    凧にはかつてイフガオ州に豊かな森があった時代にはたくさんいたという
    ワシや鳥の絵を描く指導をする。子供たちと一緒に凧あげをし、楽しみ
    ながら失われつつ森の現状を知り、森林再生の必要性を学ぶ機会を与える。
3.   棚田に、稲わらから漉いた紙や、地元の自然素材を使って、地元の子供たちや
    フィリピンのアーティストとともにアート・インスタレーションを制作し、
    日比間の悲しい歴史を乗り越え新たな平和的関係を築くことをテーマとした
    イベントを開催。コミュニティの人々に環境保全の大切さと平和への思いを伝える。

活動の概要:
 当コミュニティ・アート・プロジェクトは、ハパオ村における環境と平和に対する
 住民の意識向上の相乗効果を狙う。フィリピン側のコーディネイトには、
 アートを通したアジアと環太平洋諸国の国際交流を目的とする
 「Sundaland Art Net, Philippines」と環境NGO「Cordillera Green Network」が行う。


Art Project for Rice Terraces Preservation and Peace Building
Protect the rice terraces world heritage and natural forests
and strengthen the peace between Japan and Philippines

Venue: Hapao and Baang, Hungduan, Ifugao, Philippines

Date: December 13-19, 2010

Project Organizers:
Sundaland Art Net, Philippines (Baguio City)
Sundaland Art Net, Japan (Nagoya City)
AMANTO TENNEN GEIJYUTSU KENKYUJYO (Osaka City)
Cordillera Green Network

Sponsors:
Japan Foundation
Morikoro Foundation (Japan)

Participants:
AMANTO TENNEN GEIJYUTSU KENKYUJYO (tentative)
Jun Amanto (contemporary dancer)
Midori Hirota (contemporary artist)
Asao Shimura (Japanese handmade paper artists)
Kuri (musicians)
Kidlat Tahimik (film artists)
Edgar Banasan (Cordillera traditional folklore/bamboo artist)
University of the Philippines Baguio Fine Arts Department
Hapao Elementary School and High School
Farmers Association in Hapao and Baang


I - Purpose of the Activity:

1.To introduce and promote handmade paper making using rice
    straw as an alternative craft livelihood to woodcarving
    which is seen as a cause of forest destruction.
2. Making use of handmade rice straw paper, children will
    learn art appreciation while finding out more about the
    forest eagles that once dominated our skies. Japanese
    traditional kites will be made and children will paint
    eagles on them. This handmade rice straw paper workshop
    and kite flying activity will teach the children the
    importance of the forests as the home of our eagles.
    They will know that forest destruction has caused the
    decline of eagles in our forests and learn how important
    it is to recover our natural forests.
3.Art installations using natural materials such as rice
    straw paper, bamboo and sticks to be set up by the Japanese
    artists, Filipino artists and the local children will foster
    a stronger friendship between Japanese and Filipinos.
    This event will be organized under the theme:
    “Overcoming the sad history between Japan and the Philippines
     by building peaceful relationships”

Pls read the below article from Baguio Midland Courier dated Dec.5,2010.

a0109542_16565342.jpg


詳しい内容については、下記の環境NGOまで御問合せ下さい:

for further infomation, please contact :
http://cordillera-green.net/info/index.html
[PR]
by janlbaguio | 2010-12-05 16:54 | AJISAI 文化交流 network
<< 第一回 アジア太平洋国際平和慰... 12月8日 : 第一回 アジア... >>