Japanese film festival at University of the Cordilleras ー 日本映画祭

Japanese Film Festival was held at University of the Cordilleras
on July 11 and 12.

日本映画祭が4つ目の大学 コーディリエラ大学(UC)にやってきました。
a0109542_21264442.jpg

a0109542_2127661.jpg

this animation handles Atomic Bomb in Hiroshima during the world war II.
UC大学では、この広島の原爆を扱った「はだしのゲン」に感銘を受けた教授が、出来るだけ多くの学生に この映画を見せたいとの強い要請で、一日中この映画を繰り返して上映することに。

a0109542_21295647.jpg

学生が入れ替わり立ち代わりで、なんと一日の最高記録 2,000人を超える観客数となりました。
the animation "Barefoot Gen" was shown repeatedly, and the number of
audience reached more than 2,000 / day.

a0109542_21313095.jpg

上映が終わるごとに 250名収容の講堂はごったがえしました。

a0109542_2133259.jpg

上映会の会場前では「東日本大震災写真展」も開催。
a0109542_2134064.jpg

a0109542_21342966.jpg

also, East-Japan Great Earthquake and Tsunami photo exhibition was
held at the same time.
多くの学生のみなさんに 募金や応援メッセージへのご協力をいただきました。

a0109542_21352128.jpg

上映会の運営を実施していただいた Lubongバギオの今泉さん。
そしてボランティアの島田さんには朝早くから大学に足を運んでいただきました。

Thank you very much to the V.P., Deans, Professors and Students of
University of the Cordilleras, who helped us to make the success of
this event.












   

  
[PR]
by janlbaguio | 2011-07-14 21:37 | Activity 活動内容
<< UP Baguio held ... 卜部大使ご夫妻を迎えて - バ... >>