七夕会場に 日本映画祭と写真展が・・ バギオ博物館

日本大使館・国際交流基金主催の日本映画祭が、バギオ周辺の主要な5大学での
巡回上映を終わって、バギオ博物館にやってきました。
a0109542_19271792.jpg

博物館での初日は7月18日。 
「ウォーターボーイズ」と「生きる」が上映されました。
a0109542_19284255.jpg

博物館での日程は 7月18日、20日、22日、25日、27日の5日間。
午前9:30からと 午後1:30からの二回上映されます。
(上映作品の予定は一番下のリストをご覧下さい。)

a0109542_1930276.jpg

初日のお客様は Baguio City National High School と University of
the Philippines Baguio の生徒・学生さんたち。
6月27日からの巡回上映を含めて、ついに観客総数が 1万人を突破しました。

a0109542_19385841.jpg

今回の上映会を支えて下さった Lubong Baguio の皆さん。
古い16mmフィルムと映写機もかなり疲れてきたようで、上映中に何度も
中断しましたが、学生さんたちは辛抱強く最後まで楽しんで下さいました。

a0109542_19412640.jpg

上映後には、学生さんたちのインタビューも。
a0109542_1942259.jpg

叉、日本大使館からの 日本の文化・伝統・技術を紹介するDVDも上映。
a0109542_19432761.jpg

同じ1階の日比交流写真展では、生徒さんたちが熱心にメモをとっていました。

a0109542_19453372.jpg

バギオ博物館の4階では JICAのパネル展と 北ルソン日本人会主催の
「東日本大震災写真展」が開催されています。

a0109542_19475328.jpg

a0109542_18444492.jpg

a0109542_19482634.jpg

この大震災写真展は 日本ビジュアル・ジャーナリスト協会(JVJA)から写真を
提供していただき、 COLOR WORLD BAGUIO がパネル制作について
「日本の皆様のために是非何かをしたいと思っていたんだ」と寄贈してくださった
ものです。
a0109542_19524615.jpg

ここでも近くのハイスクールの元気な生徒さんたちが見学していました。

a0109542_19543664.jpg

a0109542_19545926.jpg

JICAのパネル展は フィリピンでの開発支援を描いたものです。

a0109542_19582779.jpg

大震災写真展の会場では 日本の被災者の皆さんへの「応援メッセージ」を記帳する
学生の姿がありました。

a0109542_2013926.jpg

博物館入り口に「東日本大震災募金箱」を置かせていただいています。
募金はすべて日本赤十字に寄付いたします。

=====

そして、裏方をやっていただいた学生さん、
a0109542_19563167.jpg

a0109542_19572018.jpg

a0109542_19573945.jpg

七夕祭り会場の設営、日比交流写真展、大震災写真展、イベント宣伝の応援など、
今年の日比友好月間の多くに関わってお手伝いいただいた
フィリピン大学バギオ校美術科のSVA(Society of Visual Arts)のメンバーの
皆さんです。

=====

上記すべての会期は7月30日の午前中までとなっています。
お見逃し無く。

 
バギオ博物館での上映予定作品:
a0109542_20482328.jpg

[PR]
by janlbaguio | 2011-07-19 19:31 | Activity 活動内容
<< Elementary stud... Thanks a lot to... >>