毎週火曜日の午前中 粘土だんご をつくりませんか?

<ご近所情報>

みなさん、粘土団子を丸めながら、子供の頃に戻ってみませんか?

今、ベンゲット州国立大学(BSU)のデモ・ファーム(実験農場)で、自然農法
実験のために 
「粘土団子を丸める」 
人たちを歓迎しています。

a0109542_14132773.jpg

このBSUの農学部が、福岡正信氏の「自然農法」を実験的に行うために、
今泉氏と連携して、およそ1ヘクタール弱の農場に 麦を実らようとスタートしました。

a0109542_1417464.jpg

麦畑を作ろうとしている BSUの農地です。
a0109542_14183592.jpg

将来は、是非地元の農家の人たちに麦の無農薬生産を通して生活基盤の安定化を
目指して欲しいとのお考えのようです。

a0109542_14223816.jpg

a0109542_14231636.jpg

毎週火曜日の午前中 9時から2時間ほどやっている作業は、
この「粘土だんご」作りです。
この団子の中に 麦の種が入っています。
それを農場にたくさん蒔くだけで 自然にまかせた農業をやるという話です。

雨が強いときは中止の場合もあるそうですが、もし「だんごを丸めるだけならいいか。」
とか、「自然農法ってなんだろう。」と思う方がいらっしゃいましたら
是非ご参加ください。

a0109542_14331572.jpg

場所は、ラ・トリニダッドのBSU大学のこの入り口からお入り下さい。
交番があるところです。
バギオの中心からはタクシーで20分前後で行けます。
a0109542_14342732.jpg

キャンパスに入って、まっすぐに進むと、このような大学のクリニックと
博物館が建っています。 この間の道を右に入ってください。
a0109542_14355612.jpg

その先に このような橋があります。 バリリ川です。
橋を渡ったら、すぐに右に曲がります。
角には学生向けの安いキャンティーンがたくさんあります。
a0109542_1438088.jpg

そして、この道をまっすぐ歩いていきますと、
a0109542_14383726.jpg

右側にこのような オーガニック・デモ・ファームの看板があります。
ここを入って、タンクの手前を右に入ると、
a0109542_1440069.jpg

このような作業小屋があります。
「粘土だんご丸め」作業は ここでやっています。

ご参加いただける方、興味のある方は、自然農法の指導をやっていらっしゃる
今泉光司さんへ直接ご連絡下さい。

連絡先: 今泉さんのメールアドレスは : 
imakoji2(at)tctv.ne.jp です。
*(at)のところには @マークを入れてください。

現場は作業する場所ですので、飲み物も食べ物もなにもありません。
作業時間は 毎週火曜日 9AMから2~3時間ですが、
必要な方は 飲み物持参でお願い致します。

叉、農作業ですので、汚れてもいいような靴と服装でお願い致します。

尚、日本人に限らず、お友達などと一緒にいらしても全く問題ありません。


以上、<ご近所情報> でした。



    
[PR]
by janlbaguio | 2011-09-14 14:25 | Neighbers ご近所情報
<< 生活便利帳 - 日本食材店 -... バギオ歴史探訪シリーズ - 2... >>