フィリピン・バギオ市 「比日友好の日」の制度化及びバギオ市の恒例行事化の条例を可決 

「比日友好の日」の制度化及びバギオ市の恒例行事化の条例
バギオ市議会で2012年11月12日に審議・可決され、2012年11月21日
にバギオ市のドモガン市長が署名しました。

このことは、2013年1月5日に開催された北ルソン日本人会(JANL)の設立5周年
記念・新年会の席で、来賓のお一人であったタバンダ市議から祝辞の中で
ご案内があり、その条例の写しがJANLの代表に手渡されたものです。

これにより、2013年度から、7月23日の「フィリピン・日本・友好の日」」を核として
「七夕祭り」などの関連事業が、バギオ市の恒例行事
として位置づけられることに
なりました。

a0109542_132041.jpg

a0109542_1323257.jpg




<<翻訳>>

フィリピン共和国
バギオ市
市議会

2012年11月12日定例市議会

出席者:
(翻訳省略)

欠席: 無

ベティ―・ローデス・F・タバンダ市議により発議、
フィリアン・ルイス・C・ウェイガンーアラン市議による共同実行あり。

条例番号66
(2012年)
「比日友好の日」の制度化及びバギオ市の恒例行事化


注釈

市議会は2010年11月8日の定例議会に於いて2010年度
決議番号237「毎年7月23日をバギオ市における日比友好の日
として宣言する」を採決した。
同祝賀行事は、平和条約及び本国帰還合意の批准に関して両国間の外交的関係
の記念日を祝うものである。

バギオ市に於いて2011年の祝賀行事は有意義な素晴らしい文化的
社会的な活動が実施され、北ルソン比日基金並びに北ルソン日本人会
主導しました。本年は、同祭りは「七夕祭り」が目玉行事となりました。

従って、ダトゥイン市議、カリニョ市議及びチャンーロンデズ市議の動議に
基づき、タバンダ市議、ウェイガンーアラン市議、アラングサブ市議、
バァジャディア市議、アリピン市議及びコサラン市議によって支持されました。

開催された市議会によって次のとおり規定する:

第一条。 この条例は「バギオ市に於ける毎年7月23日の比日友好の日
の制度化」
との名称を付与する。

第二条。 市長による委員会を設け、比日友好の日の祝賀行事を実施する
活動/行事に関してバギオ市の日本人コミュニティーと調整する。
同友好の日はバギオ市の通常の年間行事として祝うこととし、
バギオ市の観光事業及び特別行事の日程表に含まれるべきこと。

第三条。分離条項。 
(翻訳省略)

第四条。撤回条項。
(翻訳省略)

第五条。発効条項。 この条例は地方自治体法199条の規定に従って
発効する。



<二ページ目>


可決された

職権上のメンバーであるヤンゴット氏は、審議及び採決の間 会議場内には不在であった。


                  正しいことを証する:

                    ダニエル・T・ファリニャス  
                     副市長兼 市議会議長
                     2012年11月21日

証人:
   プルデンシオ・M・パルナシオ
        市書記官
            
                  承認:

                    マウリシオ・G・ドモガン
                         市長
                     2012年11月21日



<翻訳; JANL/HO>


関連記事が バギオ・ミッドランド新聞のサイトにありました:
http://www.baguiomidlandcourier.com.ph/council.asp?mode=archives/2012/november/11-18-2012/council.txt


バギオ市議会のメンバー及び各市議会議員の担当分野については
こちらのサイトでご確認ください。
http://council.baguio.gov.ph/the-city-council
 
 
 
以上、ご報告まで。

2013年1月6日







    


     
[PR]
by janlbaguio | 2013-01-06 13:05 | Activity 活動内容
<< 北ルソン日本人会(JANL)設... 本年も どうぞ宜しくお願い致し... >>