バギオ市の姉妹都市フォーラムに参加: 海外4都市の代表団と

バギオ市ツーリズム事務所からのお招きにより、姉妹都市フォーラムのワークショップに参加しました。
a0109542_2110532.jpg

フラワー・フェスティバルの期間中である2月21日から24日まで、バギオ市の姉妹都市である韓国2都市、カナダ1都市、アメリカ1都市のお客様たちがバギオ市を訪問中です。
a0109542_21133129.jpg

残念ながら、バギオ市と姉妹都市関係にある中国と日本、中でも埼玉県羽生市と北海道稚内市からの参加はありませんでしたが、中国の都市の代役はバギオ在住の中国系フィリピン人の皆さん、そして、日本の都市の代役を北ルソン日本人会(JANL)にご指名いただきました。

a0109542_21175221.jpg

このワークショップでは、バギオ市と海外の姉妹都市の間で協力できるプロジェクトについての提案の作成が課題とされました。
特にECOツーリズムや幅広い人材の交流などについて、主導的立場であるタバンダ市議やベルガラ国会議員などからスピーチがありました。
a0109542_21211585.jpg

代役であるJANLには責任のある議論は出来ないとタバンダ市議にお話ししましたが、日本人の立場での何らかのアイデアを是非にというお言葉でしたので、僭越ながらワークショップに参加させていただくこととなりました。

たまたま、JANLの中に「EV研究分科会」を立ち上げたばかりでもありましたので、その分科会長とアドバイザーの方にもご参加いただき、ファシリテーターのガイダンスに従って、「バギオ市の観光都市としての魅力を向上するため、又、バギオ市民の健康の為に、EV(電気自動車)の導入を検討してはどうか」という提案をまとめて報告することと致しました。

a0109542_21374141.jpg

姉妹都市関係では、上記のタバンダ市議と バギオ市ツーリズム事務所のアルハンブラ氏が事業を進めていらっしゃいます。

a0109542_21391447.jpg

バギオ市の姉妹都市関連イベントでは、昨年9月より、JANLとしてバギオ市に協力しております。
a0109542_21463647.jpg

又、北ルソン比日基金(アボン)や、バギオ市内の日本文化愛好家であるコスプレ・グループなどからもご助力をいただいております。
改めて御礼を申し上げます。




  
    

 
 
 
 
 
 
 
 
 
   


   



    


     
[PR]
by janlbaguio | 2013-02-23 21:29 | Activity 活動内容
<< Baguio Panagben... バギオ戦没者・日比友好慰霊祭 ... >>