フィリピン バギオ市 概要・歴史など - 公式サイトからの和訳

バギオ市の概要・歴史、その他の情報

バギオ市の公式サイトから情報の一部を翻訳しています。
(2013年5月現在のサイトに記載された文章から)
http://www.baguio.gov.ph/?q=content/about-baguio-city
(公式サイトの内容が更新された場合は、そちらをご覧ください。)


Overview
バギオの概要


The name Baguio conjures, for both the international and domestic traveler, a highland retreat in the Grand Cordillera in Northern Luzon, with pine trees, crisp cold breezes and low verdant knolls and hillocks. Through the numerous decades Baguio has morphed from what was once a grassy marshland into one of the cleanest and greenest, most highly urbanized cities in the country. It has made its mark as a premiere tourist destination in the Northern part of the Philippines with its cool climate, foggy hills, panoramic views and lovely flowers. Being the ideal convergence zone of neighboring highland places, Baguio is the melting pot of different peoples and cultures and has boosted its ability to provide a center for education for its neighbors. Its rich culture and countless resources have lured numerous investments and business opportunities to the city.

バギオという名前は、海外、国内の旅行者を問わず、ルソン島北部にある壮大な山岳地帯の高原避暑地を思い起こさせ、そこに、松林、爽やかな涼風、そして、低く緑に覆われた丸い丘や小さい丘を連想させます。 何十年もの間にバギオは姿を変え、かつての草に覆われた湿地帯から、フィリピンの中でも最もきれいな、緑の多い、高度に都市派の町のひとつとなりました。 その涼しい気候、霧の丘、雄大な風景、そして愛らしい花々によって、バギオは主要な観光地となったのです。 周辺の高原地域が一点に集まるという理想的な立地によって、バギオは様々な人々と文化のるつぼであり、そしてさらに、周辺地域のための教育の中心地としての能力も強化してきました。 その豊かな文化と無数の資源は、多くの投資とビジネスの機会をバギオ市に引きつけてきました。


History
歴史


The arrival of the Americans in the early 1900s spurred development in the City. The American Governor Luke E. Wright commissioned Architect Daniel H. Burnham, a prominent Urban Planner to develop a plan for a health resort where the American soldiers and civilian employees could find respite from the sweltering lowland heat. This plan, better known as the Burnham Plan greatly altered the original mountain settlement and provided the first physical framework plan for the City. It paved the way for rapid physical development, the undertones of which are still visible up this date.

1900年代初期にアメリカ人がやって来て、バギオ市の開発に拍車がかかりました。
米国総督 ルーク E. ライト は 著名な都市計画設計者である 建築家の ダニエル H. バーンハム を任命し、米国軍人や軍属が うだるような暑さの低地を逃れてほっとできる保養地のための企画立案を指示しました。 この計画は、バーンハム計画としてよく知られているのですが、従来の集落を大いに変容させ、又、バギオ市に初めて具体的な骨格をつくる計画を提供することになりました。 それは急速な物理的開発に道を開き、今に至るまでそのなごりを見ることができます。


The physical framework as embodied in the Burnham Plan integrates a road and park system into one. It envisioned evolving in a compact garden city for 25,000 to 30,000 people. Supporting this development plan was the enactment of a charter approved on September 1, 1909 that provided administrative as well as managerial autonomy for the city. Soon after the city’s charter was enacted, scenic Kennon Road was opened to vehicular traffic.

バーンハム計画の中に具現化されたその具体的骨格は、道路と公園の体系をひとつに統合したものでした。 それは 25,000から30,000人のコンパクトなガーデン・シティーに発展することを思い描いたものでした。 この開発計画を支えたのは1909年9月1日に承認された特別市としての法律の制定で、それによりバギオ市の行政と経営が自立的なものとなりました。 特別市となってすぐに、景色のよいケノン・ロードが自動車向けに開通しました。


This triggered the mining boom in surrounding areas in the early to mid 1930’s. Baguio City was the service and operations center for the mining industry, and hence a direct beneficiary of the economic growth. The events of the Second World War stalled all development, leaving the city in total devastation. Fast placed development however ensued following the war years. Such development trends transformed the city into what it is today, a premier urban center north of Manila, performing a municipality of roles, as an educational, trade, tourism and administrative center.

これが引き金になり、1930年代の初期から中盤までに周辺地域では鉱山ブームとなりました。 バギオ市はその鉱工業の管理運営センターとなり、その経済成長の直接的な恩恵をうけることになりました。 第二次大戦は開発の全てを麻痺させ、バギオ市はすべてが廃墟となりました。 しかしながら、その戦争の後にも、変わらぬ開発が続けられました。 そのような開発の動きは現在のバギオ市のあり方、つまりマニラの北に位置する、いくつもの役割を果たす自治体として、つまり、教育、商業、ツーリズム及び行政のセンターとしての第一級の中核都市へとバギオ市を変貌させることとなりました。


Geography
地理


Baguio City is approximately 250 kilometers north of Manila, situated in the Province of Benguet. The area of the city is 49 square kilometers enclosed in the perimeter of 30 kilometers. The developed portion of the city corresponds to the plateau that rises to an elevation of 1,400 meters. Most of it lies in the northern half of the city. The City is landlocked within the province of Benguet, thus bounding it on all sides by its different municipalities; on the North by the capital town of La Trinidad, on the East by Itogon and to the South and West by Tuba. With City Hall as reference point, it extends 8.2 kilometers from East to West and 7.2 kilometers from North to South. It has a perimeter of 30.98 kilometers. The City has twenty administrative districts among which its barangays are divided.

バギオ市はマニラの北およそ250キロにあり、ベンゲット州の中に位置しています。
広さは49平方キロメートルで、周囲が30キロメートルです。バギオ市の開発された部分は標高1,400メートルの高地にあたります。 そのほとんどは市の北半分にあります。 バギオ市はベンゲット州の内陸にあるため、周りはすべて別の自治体に境界を接しています;  北はベンゲット州の州都であるラ・トリニダッド町、東はイトゴン町、南と西にはツゥバの町があります。バギオ市の市役所を基準点とすると、東西8.2キロ、南北7.2キロに広がっており、周囲は30.98キロメートルです。 市には20の行政地区があり、さらにバランガイという行政単位に区分されています。


Climate
気候


Baguio is 8 degrees cooler on the average than any place in lowlands. When Manila sweats at 35 degrees centigrade or above, Baguio seldom exceeds 26 degrees centigrade at its warmest. Baguio is very wet during the Philippine rainy season, which is from June to October. It gets the biggest amount of rainfall in the country, twice the volume of rainfall in the country as compared to Manila. However from November to May, Baguio becomes a tropical paradise, a refreshing break from the hot and humid Philippine climate. Christmas season is when Baguio glows with the nippy winter air. In the summer month of March, April, May, Baguio lives up to its title as the “”Summer Capital of the Philippines when thousands of visitors from the lowlands and Manila take their annual exodus to the city to cool off. Casual clothing is recommended worn with jackets or sweaters in the late afternoons or evenings.

バギオは低地のどの場所よりも、平均で8度C涼しいところです。 マニラが35度C以上の汗をかくような時でも、バギオは暑くても26度Cを超えることはほとんどありません。 バギオはフィリピンが雨季の間は非常に雨が多く、それは6月から10月までです。
雨量はフィリピン国内でも最も多く、マニラと比較すると二倍にもなります。 しかし、11月から5月までは、暑くてムシムシするフィリピンの気候から抜け出し、爽快に生き返るような、トロピカル・パラダイスになります。 クリスマス・シーズンには、バギオはとても冷たい空気できらきらと輝きます。 そして、3月、4月、5月の夏の時期にもなると、「夏の首都」というその称号に応えるように、低地やマニラからの多くの人々が毎年のように脱出して、避暑のためにバギオにやって来るのです。 カジュアルな服装でしたら、夕方から夜にかけては、ジャケットやセーターを着るようにお薦めします。


Demographics
人口情報


The city’s population as of May 2000 was placed at 250,000 persons. The projected population for the current year 2001 is 254,499 and is expected to further increase to reach 275,472 by 2005 and as little over the three hundred thousand mark, 303,540 by 2010. The city has a very young age structure as 65.5 percent of its total population is below thirty years old. Females comprise 51.3 percent of the population as against 48.7 percent for males. The household population comprises 98 percent of the total population or 245000 persons. With an average of 4.6 members per household, a total of 53,261 household are gleaned. During the peak of the annual tourist influx, particularly during the Lenten period, transients triple the population.

バギオ市の人口は、2000年5月時点で25万人でした。 予測人口は2001年現在で254,499人、又、2005年までには 275,472人、そして 2010年までには30万人を少し超える 303,540人に増加すると見込まれています。
バギオ市は非常に若い人口構成になっており、65.5%が30歳以下となっています。
人口の51.3%は女性であり、一方男性は48.7%です。  総人口の98%つまり245,000人が世帯を構成しています。 世帯あたりの平均は4.6人で、合計53,261世帯から調査票が収集されました。 毎年の旅行客の流入のピーク期間中には、特にキリスト教の四旬節の時期には、一時的滞在者が人口を3倍にも押し上げます。


Socio-Cultural Features
社会文化的特徴


Ilocano is the predominant dialect in the city. The national language, Filipino, is of course spoken by almost everyone. English is widely spoken and understood. It is the medium of instruction in all public and private schools. Most newspaper and magazines are printed in this language and the English-speaking traveler would not encounter any communication problems. Religiosity is a basic socio-cultural characteristic that makes the Filipino character distinct and unique as manifested likewise by Baguio residents. Over the years, the number of religious sects in the City has been increasing. The three most dominant are Roman Catholics to which 80.4 percent of the population belong, followed by the Episcopalian Church with 5.8 percent and the Iglesia ni Cristo with 3.5 percent membership. The remaining 10.3 percent distributed among other religious sects.

イロカノ語がバギオ市の主要な地方語です。 フィリピノ語は、もちろんほとんどの人たちが話します。 英語は、広く話され、理解されます。 英語はすべての公立及び私立学校で教育の手段として使われています。 ほとんどの新聞や雑誌はこの言語で印刷されており、英語を話す旅行者にはコミュニケーションの問題はないでしょう。 
信心深いということが基本的な社会文化的な特色であり、フィリピン人の性格を明確で独自なものにしており、バギオ市民も同様に明らかです。
年を追って、バギオ市での宗派の数は増えています。 最も多いのは、人口の80.4%が所属するローマ・カトリックであり、その次が聖公会の5.8%、そして イグレシア・ニ・クリストの3.5%となっています。 残りの10.3%は、その他の宗教宗派となっています。




<<< 以下に教育の部分も翻訳をしてみましたが、原文の意味が一般の人にはピンとこない内容であり、又、かなり古いデータですので ご了承ください。 >>

Education
教育


The present system of social services delivery in the city is relatively well established considering the prominence as the Center of Education in the North.

現在のバギオ市における社会福祉提供の制度は、北部における教育のセンターとして突出していることを考慮すれば、比較的に確立されたものとなっています。

Summary of enrollment by level - The total enrollees for the city in the school year 2004-2005 were 136,393 students indicating a 2.82 percent increase. Of this total 38.8 percent were enrolled in the public school.

レベル毎の入学のサマリー - 2004-2005学校年度におけるバギオ市での入学者数は 136,393人で、2.82%の増加となっています。 この内38.8%は公立の学校です。


Performance indicators: public elementary & secondary level - Participation rates from the elementary level posted a negative growth of 5.24 percent because they prefer to study in their respective provinces rather in Baguio although they were born here. On the other hand, participation rate for the secondary level slightly increased by 0.26 percent.

成績指標: 公立小学校及び中等レベル - 小学校レベルからの参加率は、バギオで生まれたもののバギオよりもそれぞれの地方で就学することを望んだため、5.24%の減少となりました。 一方で、中等レベルへの参加率は 0.26%と少々増加しました。

Teacher-public/classes ratio - Baguio City public elementary and secondary schools are well provided with both classrooms and teachers, as indicated by its teacher-pupil and teacher-classes ratios of 1:40 and 1:44 for the elementary level and 1:32 and 1:62 for the secondary level for school year 2003-2004.

教員―公立/授業 割合 - バギオ市の公立小学校および中等学校では、教室も教員も十分に供給されており、教員―生徒 及び 教員―授業 の割合は、2003-2004学校年度で、小学校レベルでは 1:40 と 1:44、そして、中等学校レベルでは 1:32 と 1:62 となっています。

Total enrollment by major courses - There was 5.49 percent decline/increase in tertiary enrollment during the period. Most of the enrollees are Medical and Allied where 38.95 percent enrolled, followed by Business Administration and Related with 13.34 percent. Trade, Craft and Industrial had the least with 0.008 percent.

主要なコースの入学合計 - 同期間における大学入学では、5.49%の減少/増加がありました。 入学者の多くは 医学及び同系で、38.95%、続いて経営管理及びその関係が13.34%でした。 商業、技術および産業系は 0.008%と少なくなっています。


Number of graduates by courses - Of the 65,914 enrollees in the city for academic year 2003-2004, only 8,871 students or 13.46 percent finished their chosen courses. Majority or 23.41 percent finish Medical and Allied courses; this is mainly due to the good chances of employment abroad. This also attests that local graduates are highly preferred and thus competitive in the labor market.

コース毎の卒業者数 - 2003-2004学校年度のバギオ市における65,914人の内、ほんの8,871人、13.46%しか学生が選択したコースを修了できませんでした。 大多数、23.41%は医学系のコースを修了しました; これは主に海外での雇用のチャンスがあることによります。 このことは、地元の卒業生は高く評価され、よって労働市場において競争力があることも証明しています。

Non-formal education sector performance - The number of technical-vocational graduates which include school-based program (formal, non-degree and short term courses) posted a two digit decrease of 36.76 and 69.97 percent. However, community-based training program increased by 374.94 percent over the previous year. On the other hand, there were 15 participating companies and 417 graduates for entrepreneur based program.

非正規教育系の業績 - 学校ベースのプログラム(正規、学位無し、短期コース)を含む技能―職業系卒業者数は 36.76及び69.97%と二桁の減少となりました。 しかしながら、地域社会ベースの研修プログラムでは 前年比374.94%と増加しています。一方、企業ベースのプログラムでは、15の参加企業があり、417人が修了しました。

For the number of persons assessed and certified, a total of 829 or 80.61 percent were assessed, out of which 474 or 132.35 percent were certified showing an increase over the previous year.

評価され証明書を受けた人数については、合計829人、80.61%が評価を受け、その内474人、前年より増加して132.35%が証明書を受けました。

For walk-in clients, out of 16 who submitted themselves for assessing, 4 were certified which is down by 69.81 and 87.1 percent respectively.

随時の受講者については、評価のために訪れた16人の内、4名が認定されましたが、 それぞれ 69.81% と 87.1%の減少となりました。

In the conduct of entrepreneurship development training, 161 have successfully finished or 906.25 percent over the previous year.

企業家開発トレーニングの実施においては、161人が無事修了し、これは前年比で 
906.25%でした。


== 以上、翻訳おわり ===

尚、バギオ市在住の日本人の人数については、こちらの日本国大使館のサイトで 以下のように記載があります:

「バギオ市約1.2%(96人)」
http://www.ph.emb-japan.go.jp/pressandspeech/osirase/2012/032912.htm

この邦人数は、大使館に在留届を出している 3か月以上の滞在者をカウントしたものだそうで、「長期滞在者」と「永住者」が含まれているとのことです。

(注)「長期滞在者」とは、3ヶ月以上フィリピンに滞在している邦人で、フィリピンでの生活は一時的なもので、 いずれ本邦に戻るつもりの人々 を指します。
(注)「永住者」とは、フィリピン国より永住権を取得し、 生活の本拠を本邦からフィリピンに移した邦人 を指します。

   
===============


上記の翻訳について、間違いなどお気づきでしたら、ご指摘いただければ幸いです。
このサイトの右側にある 「カテゴリ」 の 「お問い合わせ連絡先」 または、
こちらのページに記載してある Eメール・アドレスまで お願い致します。
http://janl.exblog.jp/6817754/
(担当: HO/JANL)











   




    



    



    



     



  




    



       





   









philippine baguio city benguet overview history
[PR]
by janlbaguio | 2013-05-23 13:52 | History バギオの歴史
<< フィリピンで やっと フィリピ... フィリピン・バギオVOCAS:... >>