Sumio Aoki Collection - Postcards of Baguio City

These Postcards are the Collection of
Professor Sumio Aoki
Department of International Relations
College of International Studies
CHUBU UNIVERSITY
Aichi prefecture, Japan

この絵葉書コレクションは
愛知県にある中部大学の国際関係学部で教鞭をとられている
青木澄夫教授の所有であり、同教授の御提供を受けて ここに掲載しております:

これらの絵葉書は、戦前のフィリピン・バギオ市の写真館で印刷あるいは販売をされて
いたもので、1900年代初期のバギオ市の様子を垣間見ることができます.

a0109542_22463436.jpg

1923年 ミス・ベンゲットの候補者
背景にあるのは ベンゲット道路(現在のケノン・ロード)

a0109542_22494933.jpg

バギオ・マーケット
現在のバギオ・シティー市場から セッション通り方面を望んでいるものと思われます.

a0109542_22515743.jpg

バギオ・マーケット
建物の向こう側にセッション通り、そして左上に バギオ大聖堂が見えます.

a0109542_22535577.jpg

ベンゲット道路 23キロ地点
この山岳道路は、1903年から1905年まで日本人労働者が導入され、難工事で多くの
犠牲者が出たことで有名です.
http://janl.exblog.jp/7076729


a0109542_2303144.jpg

ベンゲット道路は 現在はケノン・ロードと呼ばれていますが、
このとおりのジグザグ道路です.

a0109542_2332920.jpg

セント・ルイス・カレッジの建物
現在のSt. Louis University の当時の様子です.

a0109542_2352821.jpg

OBSERVATORY(展望台)と書いてあります.
現在は ローデス・グロットと呼ばれ、マリア像を参拝する場所として、観光スポットとなっています.
http://www.cityofpines.com/lourdesgrotto.html


a0109542_23133284.jpg


a0109542_23135867.jpg

ワシントン・ホテル の 写真と絵葉書
セッション通りにあったホテル
現在のプライム・ホテルから少し上った右側に このホテルと青い屋根の映画館があったそうです.

a0109542_23174898.jpg

ガバメント・センター
バーンハム公園を挟んで、バギオ市役所の反対側、現在のコンベンション・センターや
フィリピン大学バギオ校辺りに 政府機関の建物があったようです.

a0109542_2319297.jpg

バギオ病院
現在のBaguio General Hospital (BGH) バギオ総合病院.
マルコス・ハイウエイ沿いの FIL-AM地区辺りから撮影したものだろうとのことです.

a0109542_23234468.jpg

バーンハム公園周辺
現在のフィリピン大学バギオ校あたりから、バギオ市役所方面を望む.
右の方が セッション通りの方角になります.

a0109542_23262296.jpg

絵葉書の裏側には、

ゴルフ・コース及びラグーン と書いてあります.
当時を知る日本人の方によれば、バーンハム公園で日本人学校の生徒たちは遊んだり、ゴルフをやったりしていたそうです.
この絵葉書の左奥に最初の日本人学校があって、現在の中華のファスト・フード・レストラン、チョーキンがある場所だったそうです.

又、 Commonwealth of the Philippines 独立準備政府のフィリピンと書いて
ありますので、1935年ー1941年ごろと考えられます.
1942年ー1945年は 日本軍による軍政となりました.

さらにハガキの裏側の左に縦書きで Japanese Bazar という名前がみえます.
セッション通り一番の百貨店と言われた 日本人経営の商店が販売していたことが分かります.
又、別の絵葉書の裏には、 PINEスタジオや MOUNTAINスタジオなどの名もあります.

a0109542_23463153.jpg

マンション・ハウス
当時の「夏の大統領官邸」です.
今は 観光施設となっていますが、時折 現在の大統領もここに来るようです.

a0109542_2349253.jpg

中部大学の 青木澄夫 教授

青木教授は、100年ほど前の1900年代初期における日本人が 東南アジアの各国で、どのように日本人コミュニティーを形成していたのかを 調査研究されています.
その研究対象の都市のひとつとして、バギオ市を選ばれたそうです.
http://www.chubu.ac.jp/news/detail-2293.html


注意:  ここに掲載されている画像の転載、無断使用は固くお断りいたします.
      必要な場合は直接 青木教授の承諾を得ていただくようお願いします.



又、同教授からご紹介いただいたフィリピン、バギオ関連の資料の一部を掲載したページもご覧ください:



梶原保人 著
「図南遊記」 1913年発行
http://janl.exblog.jp/18939480/

1935年ごろの資料
http://janl.exblog.jp/18946247/


早瀬 晋三 著
「フィリピン近現代史のなかの日本人 植民地社会の形成と移民・商品」
http://baguio.cocolog-nifty.com/nihongo/2013/11/post-8c54.html



寺見元恵 著
「第2章マニラの初期日本人社会とからゆきさん」
http://baguio.cocolog-nifty.com/nihongo/2013/11/post-be3f.html



戦前のバギオの様子については、
こちらのページにも 「歴史探訪シリーズ」として掲載しておりますので、ご参照ください.
http://janl.exblog.jp/13538369/




   




     



       


     



    
history of baguio city philippines photo postcard before world war II early 1900s
[PR]
by janlbaguio | 2013-11-07 22:43 | History バギオの歴史
<< 「図南遊記」 に見る100年前... 1909-1941年のバギオの... >>