BAGUIO FLOWER FESTIVAL 2014 ステージ・ショー

北ルソン日本人会(JANL)は、2014年2月24日(月)・25日(火)の二回に渡り、
JANL初の試みとして、BAGUIO FLOWER FESTIVAL 2014の一環である、
SESSION ROAD IN BLOOM (セッション通りの歩行者天国)の中で
ステージ・ショーを提供することとなりました.

ステージ・ショーのタイトルは、
COLLABORATION OF FILIPINO AND JAPANESE PERFORMERS
(日本とフィリピンのパフォーマーの協演) と銘打って、以下の写真のような
皆さんにご協力をいただきました:

a0109542_14401354.jpg

トップ・バッターは、大阪から遠路おいでいただいた Jun Amantoさん.
セッション通りの一番上、交番の隣に設けられた特設ステージで演技が始まりました・・・

a0109542_14424051.jpg

ジュン・アマントさんの舞踏は、「傾舞」(かぶくまい)という独自の踊りで、
歩行者天国の道行く人たちを引きつけました.

a0109542_14511189.jpg

バギオのコスプレ・グループの中でも有名な YUKI HANAさんが、
デザインし、縫い上げた 日本のロリータ系ファッションのショーを披露.
a0109542_22342313.jpg

(photo by Misaki)

a0109542_14524378.jpg

日本のアニメ・ソングが会場に流れ、華やかな舞台となりました.

このファッション・ショーの部分のみ ビデオでご覧いただけます:
https://www.facebook.com/photo.php?v=830839280264800&set=vb.100000162074483&type=2&theater
facebookのサイトに掲載してありますので、ログインが必要かもしれません・・



a0109542_1454632.jpg

舞台には打って変わって 空手キッズ が登場.

a0109542_1455779.jpg

バギオ市の隣町、ラ・トリニダッドから シンシン空手クラブの子供たちが、
切れの良い演武をみせてくれました.
会場にいた観客の子供たちは興奮状態だったそうです・・・・


a0109542_1457215.jpg

マニラの道場で居合を研究している KANZOU ALCALAさんは飛天奥義心会という
グループを作って 練習に励んでいるそうです.

a0109542_1515521.jpg

流派としては 無双直伝英信流の居合術だとのことです.

a0109542_154740.jpg

次は、ベンゲット州ラ・トリニダッド町で 地元の言語カンカナイ語での
シンガー・ソング・ライターとして有名な Sendong氏とBotattewバンド.
日系人の女性も加わりました・・・
a0109542_2237391.jpg

(photo by Misaki)


a0109542_1581192.jpg

そして、カンカナイのバンドに、広島の Singer Song Writer & Farmer で
ある HAJIMEさんと HANAさんも加わって、日本の歌・・・・

そして、HAJIMEさんのバックでは、フィリピン大学バギオ校の Pandekokoyバンド
が練習の成果を発揮しました・・・
a0109542_15364962.jpg


今回のイベントに合わせて HAJIMEさんが作詞・作曲した
THANK YOU FOREVER BAGUIO (いつまでも有難うバギオ)を公開しました.

a0109542_15141549.jpg

そして、フィナーレは HAJIMEさんのオリジナル曲 「河童」 をみんなで
口ずさみながら 全員がステージに上がってのダンスとなりました・・・・


a0109542_1520455.jpg

DAISUKEさんは 東京から参加した クラシックのトランペット奏者.
バンドの音楽に奥行と広がりが生まれました・・・

a0109542_15161658.jpg



a0109542_15181437.jpg

この日のショーは、SKYケーブルでも生放送され、多くの方々にご覧いただきました.
(しかし、残念なことにテレビ局側の音声の調整がすこぶる悪く、バンドの音が
 ほとんど出ないという結果に・・・)

このフィナーレの部分だけ、SDSフォト・ビデオさんに録画していただきました.
FACEBOOKに掲載されています:
https://www.facebook.com/photo.php?v=831958420152886&set=vb.100000162074483&type=2&theater

                

a0109542_1522014.jpg

メインの司会をお願いした Dr. Jimmy Fong は、フィリピン大学バギオ校で
マス・コミュニケーションなどを教えていらっしゃいます.
滑らかな弁舌に加え、バギオ・カントリーと呼ばれている曲を研究する方ならではの
衣装にも注目でした・・・

a0109542_15344776.jpg

また、舞台裏で 音響・撮影に力をいただいた英語留学中の MIKIさん、
出演者との連絡・タイムキーパーとして走り回っていただいた JOYさんとKCさん.
(この2名は、日系人会のアボンから 京都の某大学に留学中で、
 春休みを利用しての一時帰国中にヘルプをお願いしました)

さらに、英語留学中の男性お二人には、着ぐるみの中で汗だくになりながら、
チラシを配っていただきました.
ありがとうございました.


こうやって、1日目のステージはなんとか無事に終了しました・・・
2日目は改めてご紹介します・・・・


a0109542_20134468.png




                




                                 




     

  

  
[PR]
by janlbaguio | 2014-02-27 14:44 | Activity 活動内容
<< COLLABORATION O... バギオ市役所での国旗掲揚式にご... >>