PRA フィリピン退職庁バギオ事務所での注意事項

フィリピン退職庁(PRA)バギオ事務所で諸々の手続きなどをされる皆様に
以下の注意事項をご案内致します.


事務所の前にこのような大きな張り紙がありました:

a0109542_17422257.jpg

これによりますと、
「いかなる形であれ、お金の支払については、担当者のマーク氏には
払わないでください. マーク氏はその職務にはありません.」


・・・とのことです.

従いまして、お金の支払については、必ずバギオ事務所長のエリック氏に

直接渡してくれとの話です.

もし、エリック氏が、不在の場合は、下記の連絡先に電話してくれとのことです:
a0109542_17455226.jpg


くれぐれも、いかなる形の支払の場合でも、直接 所長のエリック氏に渡すようにしてください.

尚、毎年のPRAのIDカードの更新手続きについて、


(1) 所長の話によりますと 過去には2週間ほどで出来上がっていたものが
最近のPRA内部での仕事の仕方が変更になったため、1ヶ月ほど
掛かるようになったとの情報をもらいましたので、ご注意ください.


(2)  某SRRVビザ保有者が IDカードを更新した時のトラブルについて.

SRRVビザを取得した折に、本来であれば 日本の警察が発行した
「無犯罪証明書」を提出する必要があったものの、便宜的な手段として
フィリピンのNBIや警察署のクリアランスで済ませている方は、
IDカードの更新時に 日本の警察が発行した「無犯罪証明書」を提出
しなければならない・・という旨の注意を受けるそうです.

詳しいいきさつなどについては、こちらのサイトに掲載されていますので
ご参照ください:
http://www.pasco-ph.com/main/index.php?pid=465
・・・特に下記の部分が要注意であるようです・・・
「2009年4月12日追記
 先月、申請中の退職者に対してPRAから、無犯罪証明書は事前に在日フィリピン大使館で認証してもらってから提出するようにとの連絡がありました。もしこの認証を事前に取得することができない場合は、PRAに後日(60日以内ないし最長1年以内)提出するという書面を提出して、ビザを発行してもらいますが、PRAは、そのままとぼけてしまうことを黙認しています。この方法は退職者の便宜を図るためにPRA自体が苦肉の策として使っているものですが、幾ばくかでもリスクを残すことになりますので、できればフィリピン大使館で認証を取得してきてください。」


上記の「無犯罪証明書」を日本で取得することを含めて、
こちらの旅行代理店では 代行サービスもしているとの会員からの情報がありました:
http://www.pra.friendshipmanila.com/


                     
ーーーーーーーーーーー

ところで、このPRAバギオ事務所は、こちらの ネバダ・スクエア にございます.
a0109542_174838.jpg

場所は、 バギオ市の ロアカン・ロード、ミリタリー・カット・オフ、及びサウス・ドライブが
交差しているロータリーのすぐ横です.

a0109542_17494423.jpg

ネバダ・スクエアに入ると 右側はこのようにお店が並んでいます・・・
それを一番奥まで行きますと・・・
a0109542_1751512.jpg

奥はこのようになっていますので、右側の階段を上がって3階へ行ってください.
a0109542_17521524.jpg

すると、この一番奥の角部屋に フィリピン退職庁の事務所があります.
所長と担当者の二人のみで運営されています.

a0109542_17534182.jpg

ネバダ・スクエアの入り口から見ると 正面のどんずまりの3階です.

a0109542_1754552.jpg

ちなみに、このネバダ・スクエアは、若者たちの夜の盛り場ですので、
昼間はほとんどのお店は閉まっています・・・

夜になると、若者が集まって、大音響の音楽が鳴り響いています・・・

夜にこの場所に入るときには、セキュリティーの為に、ボディーチェックが
されます・・・


   
  


  
[PR]
by janlbaguio | 2014-03-04 17:58 | 生活便利帳inバギオ
<< Ukiyo-E Colorin... フィリピンの歴史教科書から学ぶ... >>