使わなくなった 習字用の「筆」 をご寄贈いただけませんか?


北ルソン日本人会から 日本の皆様への お願いです:

a0109542_11544162.png



皆様の家に 使われなくなった 習字用の「筆」が 眠っていませんか ?


フィリピン・ルソン島北部山岳地帯にある高原避暑地として有名なバギオ市で、毎年1月に 北ルソン日本人会(JANL)が  「書初め大会」を開催しています.

この大会には、日系人団体である北ルソン比日基金、北ルソン比日友交協会が共催し、バギオ大学で日本語を学ぶ大学生、 日本語を教えるフィリピン人の先生たちの団体である 北ルソン日本語教師会(ANT-NL)も参加して楽しんでいます.
さらに、指導ボランティアとして、バギオ市の英語学校で勉強中の日本人留学生が協力し、交流しています.
(こちらのサイトで その様子をご覧ください: http://janl.exblog.jp/20803618/ )

この「書初め大会」は、2011年1月に始められた恒例行事ですが、年々参加者が増え、筆が足りず嬉しい悲鳴をあげております.

そこで、お願いですが、日本の皆様のお宅で眠っている使用済みの「習字用の筆」を1本でも2本でも、寄贈してもよいとお考えになりましたら、大変恐縮ですが、2015年4月末日ごろまでに 下記の送り先宛てに送っていただけないでしょうか?

北ルソン日本人会のメンバーが一時帰国の折に、日本からバギオ市へ運びたいと考えております.
ご支援、ご協力を宜しくお願い申し上げます.

「習字用の筆」の送り先:  
上の画像の中にメールアドレスを書いております・・・
メールをいただければ 送り先をご連絡いたします・・・

宜しくお願い申し上げます・・・



  
  





   
[PR]
by janlbaguio | 2015-01-30 12:02 | Activity 活動内容
<< バギオ基金の皆さんが 日系人会... 2015年 新春書初め大会 大... >>