JHFC サマークリニック開催中: バギオ市ジョンヘイのサッカーチーム

<分科会からの投稿です。>


去年、JANL 子供達を含め、Baguio Country Club で子供向けゴルフクラブを主催しているフィリピン人と始めた、この John Hay Football Club - (JHFC) ですが、現在 サマークリニックを開催中です。

a0109542_16463481.jpg

学校制度の変更もあり、夏休み期間が、4月-7月と、各学校によりバラバラの状態ですが、 JHFCのサマークリニックは、5月31日から、6月25日までの期間、週3回、朝 7時から10時半まで、キャンプジョンヘイのグラウンドで練習を行っています。新規会員も加わり、20名以上の参加者が集まるようになり、活気が出て来ました。やはり、人数が集まらないとサッカーは楽しくない。
6月25日は、ミニトーナメント大会を開催する予定です。

日系人会Abong の子供達にも、4名無料招待の案内を送ったのですが、夏休みが6月始めに終わる学校が多かったようで、残念ながら、Abong からの参加者はなしでした。
a0109542_16475486.jpg


草の根レベルでの活動をしており、サッカーが初めての初心者も含めて、スポーツを通じての交流を深め、躾、規律を守る等の日本では当然やっている要素も、フィリピンに合わせて、それなりに教えています。現在の子供達は、とにかく、コンピュター、スマホに夢中の子供が多く、両親の共通の悩みと思いますが、野外で楽しく、体を動かすと言う機会を与え、色々な子供達とも交流する事が目的です。バギオで一番環境の良い Camp John Hay での時間を存分に楽しめます。

会費は徴収していますが、JHFC はボランティアによる運営の非営利団体の活動です。
a0109542_1649298.jpg


一緒に練習している、孤児院 Helping Hands の子供達の参加者は無料招待とし、クラブのユニフォームも無償支給しています。他の子供達と交流する良い機会と考えます。

今回のサマークリニックでは、スポンサーを募集し、アメリカの企業、現地企業からの支援も受けられ、この様な幅広い援助にとても感謝しております。
また、グラウンド整備、改善に関しても、Ayala と現在調整中です。バギオにふさわしい、芝生の多機能スポーツグランドの整備をお願いしています。Ayala からは既に、ゴールポストの修理、草刈等に関して協力を頂いております。
a0109542_16524878.jpg


一緒に練習している、孤児院 Helping Hands の Fund Raising Party が、7月23日(土)に、Camp John Hay に ある、CAP Convention Center にて開催されます。Chaya を含めたバギオの有名レストランからの食事提供により、オークッション、ラッフル、ライブミュージック等が深夜まで行われる予定です。
チケットを 20枚 入手しましたので、興味のある方は連絡下さい。価格は、2000ペソで、ちょっと高いのですが、 孤児院の運営費用に充てられますので、現地への貢献、またこのような、慈善事業への Fund Raising Party は良く開催されており、 在バギオ外国人を含め、かなりのバギオ有名人が参加しますので、一度、このような Party の雰囲気を楽しむのも良いと思います。
a0109542_16504096.jpg


JHFC サマーキャンプの見学も、大歓迎です。気軽に立ち寄り下さい。サッカー好きの方は、是非この機会に、涼しい高原都市バギオでのサッカーを通じて、現地の方との交流を楽しんでください。練習への参加も、大歓迎です。

JANL副代表 原嶋




                              
[PR]
by janlbaguio | 2016-06-12 16:52 | Activity 活動内容
<< バギオ・アーティスト・ギルド ... 日比国交正常化60周年記念 ク... >>