「フィリピン残留日本人」 船尾修写真集 : 歴史を形にした作品の御紹介

フィリピン・バギオ市とも大いに関係がある素晴らしい写真集が出版されました。

a0109542_12262969.jpg


この写真集は 写真家 船尾修氏の作品で、この「フィリピン残留日本人」を作る為に、フィリピン各地を取材し、バギオ市にある日系人会館「北ルソン比日基金」(アボン会館)などでも調査をされました。

a0109542_12304766.jpg


御存じのとおり、1900年代の初期に、ベンゲット道路建設や多くの建物の建築に携わった日本人移民。
戦前のバギオ市は、在留邦人が目抜き通りのセッション通りに様々な商店などを出し、また、隣町のラ・トリニダッドでは高原野菜を作るなど、高原避暑地バギオの都市建設に大いに貢献していました。

a0109542_12352222.jpg

また、バギオには日本人学校や多くの日本庭園なども 日本人の手で造られました。
バギオで成功を収めた日本人は、日本の親戚に仕送りをするなど、大いに繁栄していました。

a0109542_12371515.jpg

しかし、その繁栄をすべて破壊したのは 第二次大戦でした。
日本人、日系人は 家族と離れ離れになり、フィリピンに取り残された人たちは
迫害を逃れて山奥にひっそりと隠れ住む生活をつづけました。

a0109542_12402669.jpg

そして、ルソン島北部山岳地帯一帯には、今 7千人以上の日系人が数えられています。
日本人移民の研究については、こちらをご覧ください:
http://janl.exblog.jp/23148027/

    

a0109542_1323442.jpg

そこへやってきたのが船尾修氏でした。
元々は世界遺産の撮影でやってきたフィリピン。
偶然にも そこで上記のような出来事があったそうです。

a0109542_1345517.jpg

重厚な写真集には、巻末に ひとつひとつの写真の簡潔な解説が掲載されています。
戦後70年ともなる現在、歴史の中に埋もれようとする日本人の営みを記録する
貴重な一冊であることは間違いありません。

a0109542_1374753.jpg

Descendants of Japanese immigrants to the Philippines displaced by war.

a0109542_1395799.jpg

JAPANESE REMNANTS OF WAR IN PHILIPPINES
BY : OSAMU FUNAO


この写真集については、新聞でも報道されました:
毎日新聞
http://mainichi.jp/articles/20160218/k00/00m/040/018000c


大分合同新聞
https://www.oita-press.co.jp/1010000000/2015/12/26/131335912

             
この写真集は、amazonでも購入ができます:
https://www.amazon.co.jp/%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%AA%E3%83%94%E3%83%B3%E6%AE%8B%E7%95%99%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BA%BA-%E8%88%B9%E5%B0%BE-%E4%BF%AE/dp/4887731671



写真家 船尾修氏の 公式サイトはこちらです:
http://www.funaoosamu.com/





ーーーーーーーーーーーーーーーーー



                  
[PR]
by janlbaguio | 2016-11-28 12:40 | History バギオの歴史
<< フィリピン・バギオのクリスマス... JICAのニューズレター(20... >>