フィリピンの大学のツーリズム研究論文発表大会でスピーチ

2017年2月2日に バギオ・カントリー・クラブの多目的ホールで開催された
フィリピン各地の大学生が集まった ツーリズム学部の研究論文発表大会で
北ルソン日本人会にスピーチの依頼があり、3名でお邪魔いたしました。

a0109542_17483859.jpg

主催は、フィリピン全国の大学のツーリズム関係学部の組織。
フィリピン観光省や地方自治体、大学や企業が支援し、今回は幹事大学として
バギオ大学が運営していました。

a0109542_17515931.jpg

International Tourism and Hospitality Students! Convention 2017.

a0109542_17534081.jpg

会場は、ツーリズム学部の学生たちのユニフォーム姿で華やかな雰囲気でした。

a0109542_17553186.jpg

会場には およそ700名の学生や教授が参加とのこと。

a0109542_17561765.jpg

北ルソン日本人会からは、代表、副代表、リクリエーション分科会長の3名が参加。
ツーリズム関連企業での職務経験がある分科会長がゲスト・スピーカーとなりました。

a0109542_1758442.jpg

プログラムの一部に、外部からのゲスト・スピーカー3名が書かれていました。
韓国、アメリカ、日本のツーリズム事情を事例研究するという趣旨のようでした。

a0109542_181765.jpg

予定時間よりも 2時間ほど遅れましたが、ツーリズム業の歴史などを含めての内容で
スピーチをしてくださいました。

a0109542_1833366.jpg

幹事大学であるバギオ大学の教授と、スピーチ記念の盾。
大変お疲れ様でした。


このコンベンションの詳しい内容は、
メンバーの個人のブログでも掲載しています。
http://baguio.cocolog-nifty.com/nihongo/2017/02/post-768b.html




a0109542_1891792.jpg





                     
[PR]
by janlbaguio | 2017-02-12 18:06 | Activity 活動内容
<< バギオ基金(日本のロータリー・... バギオ市で歴史遺産指定、保存活... >>