バギオ基金(日本のロータリー・クラブ)が北ルソン比日基金(アボン)を訪問

奨学金制度でフィリピンの子供たちを支援している バギオ基金(Baguio Scholarship Foundation)は、日本のロータリー・クラブの有志の皆さんが創設した団体ですが、この団体の皆さん50数名が 2017年2月10日・11日にバギオを訪問し、地元ロータリークラブや 日系人団体である北ルソン比日基金(アボン)の奨学生たちと交流しました。

a0109542_18265654.jpg

この北ルソン比日基金は シスター海野の尽力で創設された 日系人のための団体ですが、 この奨学金制度は、日系人の子弟に限らず、フィリピンの一般の子供たちにも手を差し伸べています。

a0109542_1829396.jpg

バギオ基金の訪問団は 毎年2月ごろにバギオを訪問し、今年は38回目の訪問となったそうです。

a0109542_18301852.jpg

バギオ周辺の日系人の歴史については、日本人移民100年記念として出版されたこの本に詳しくまとめられています。(ベンゲット移民として有名な歴史です。)
なお、情報によりますと、この本の日本語版の準備が進められているとのことです。

a0109542_1833431.jpg

地元山岳民族の衣裳で 出迎える奨学生の皆さん。

a0109542_18342674.jpg

訪問団の皆さまのご到着。

a0109542_1835675.jpg

会場は こちらの シスター海野記念ホール です。

a0109542_18355983.jpg

訪問団と奨学生の皆さんが 開会のお祈りをして 交流会が始まりました。


a0109542_18371379.jpg

バギオ基金から日系人会への 育英資金の贈呈。
今年度の奨学生は、ハイスクールが 60名、大学が 20名だとのことです。

a0109542_1838274.jpg

バギオ基金から ロータリー・クラブ・オブ・バギオへの 育英資金の贈呈。

a0109542_1843020.jpg

バギオ基金から ロータリー・クラブ・サマーキャピタル・オブ・バギオ への 贈呈。

a0109542_18443029.jpg

北ルソン比日基金 理事長 カルロス寺岡氏から バギオ基金への謝辞と
日本人移民、日系人の歴史や現状についてのスピーチがありました。

a0109542_18463598.jpg

バギオ基金から、日本に留学中の奨学生5名についての報告。

この後、奨学生との昼食会および家庭訪問が続きました。

また、この前夜にも、日系人団体(アボン)関係者、ロータリークラブ関係者と
奨学生たちとの懇親会も開催されました。

a0109542_1850238.jpg


a0109542_18504594.jpg


a0109542_1851892.jpg


なお、このバギオ基金は 昨年2016年に 創立35周年記念祝賀会を
東京で開催しました。
http://janl.exblog.jp/23215295/


    
以上、 バギオ市への訪問団についてのレポートでした。



   


    
[PR]
by janlbaguio | 2017-02-12 18:53
<< バギオ・フラワー・フェスティバ... フィリピンの大学のツーリズム研... >>