バギオの歴史を学ぶコーナー (2ページ目)


CITY OF PINES 「松の都市」
著者: Robert R. Reed

まえがき

xxviページ
現在<本書の第二版発行は1999年>の在住住民は26万人以上です。 それに、バギオ市には半永続的な学生のコミュニティーや主に臨時労働者からなる浮動人口があって、おそらく12万5千人を超えるものと思われます。 この人口は、バギオ経済の要である観光業が、毎年百万人ほどの人々を魅了していると言う事を付け加えなくても、ということになるでしょう。

1990年7月16日の大地震(マグニチュード7.8)は、死者600人、負傷者数千人、バギオ周辺に甚大な物的被害をもたらし、バギオは停滞と衰退に陥るであろうと思われました。 しかしながら、「松の都市」の市民は楽観主義と懸命な働きと実質的な公共事業や民間企業の投資を伴って、否定的な予測にすぐさま立ち向かったのです。
破滅的な地震に続く数ヶ月間のほとんど「テント村」でしたが、片付け作業はすぐに始まり、修復も2~3年にわたって順調に進みました。 バギオは復旧したにとどまらず、人口は増え、機能的な複雑さも拡大しました。


xxxviiページ 
1898年にアメリカがフィリピンに到着するとすぐに、北ルソンに高原避暑地を造ろうという<スペインの>アイデアが復活しました。 ディーン C. ウォーセスターと W. キャメロン フォーブスに率いられて、後者は 西欧人とフィリピン人も同様に利用するための高地の拠点を開発することを任され、フィリピン委員会は政府の公文書からスペインの計画を復活させ、計画された高原避暑地<スペインの計画はラ・トリニダッドだった>に最適なところはバギオであるとして、フィリピンにおける健康リゾートとリクリエーション・センターを複合したものの必要性を、ワシントンの当局者に納得させたのでした。
有名な都市プランナーである ダニエル H. バーンハムの協力を得て、叉、フィリピン人および西欧人双方のコミュニティ内部からの激しい、そして長期にわたる反感にもかかわらず、アメリカの植民地総督は広大な高原避暑地を二十世紀の最初の十年の間にバギオに造り上げたのでした。 1910年までに、バギオはフィリピン群島の公式の夏の首都として機能しはじめ、山岳州における先導的ハイランド・タウンとなりました。
現在、バギオはフィリピンのバケーションのメッカおよび北ルソン最大の都市として残っています。 こうして、アメリカ植民地支配の初期に確固たる基礎がつくられたことを物語っているのです。



第一章  東南アジアにおける植民地定住

p3
スペイン人によって築かれた東南アジア植民地の低地の全域に及ぶ戦略的地点での定住とは異なって、バギオはフィリピン人のスペイン化及びキリスト教徒化を促進する目的で創られたものではありませんでした。 さらに、北ルソンの山岳の人々の政治的、経済的そして社会的進歩を育てるために組織されたモデルとなる地方の首都として、フィリピン独自に一番の高地の中心地を創るということでもありませんでした。 そうではなく、初期の計画、建設および推進に携わった植民地管理者たちは、それを本質的に、その当時フィリピンの暑くてムシムシした低地にのみ居住していた裕福なアメリカ人、スペイン人化されたメスティーソ、スペイン人、そして他のヨーロッパ人に提供するものとして設計された典型的な高原避暑地と認識していたのです。  

p19
スペイン人は、フィリピンのすべての主な島々の山岳民族を、征服し、改宗させ、管理することに非常に熱心でしたが、その継続的努力はほとんど効果がありませんでした。 
何度にもわたる遠征は―大規模なものも小規模なものも、軍事的なものや宗教的なものも―北ルソンの反抗的なイゴロット<北ルソンの山岳地帯に住む民族の総称。 スペイン人による蔑称とされる。>やフィリピン群島のその他の様々な高地の人々に対するものでしたが、 マニラの植民地行政府は それらフィリピンの山岳民族を掌握することが出来ませんでした。  実際のところ、19世紀の後半まで、スペイン人の権威は薄弱で、ルソン島やビサイヤ諸島の山岳地帯には及びませんでした。 



第二章  フィリピン北部におけるスペインの保養地
        軍隊の序曲


p31
初期の病後療養中の患者の為に元々作られたのは小さな高地定住地ーベンゲット州のラ・トリニダッドーで、現在のバギオの立地場所に近いのですが、例えば、これは ルソン島の山岳地帯の中心に住む非常に反抗的なイゴロットの人々に対する スペイン軍の作戦が引き続いて成功を収めた数十年以内に出来たのです。

19世紀最後の10年に先立ち、実際、植民地の首都から北部へ行く陸路による旅行は、困難を極め、予測が出来ず、叉時間も掛かりました。 その当時の低地の幹線道路は、未舗装の道が分割された状態にすぎず、南西モンスーンの発生とともにぬかるみと化していたのです この状況は1891年にいくぶん改善されました。 その年にマニラとダグーパン間に鉄道が完成したからです。 しかし、さらに次々と西欧人の旅行者が、ベンゲット高原への途中で山岳地帯の山麓の丘陵地帯に到着しても、それからまだ ポニーに乗ってくねくねと曲がった山道を何マイルも進まなくてはならず、長い雨季の時期には 時々通行すら出来ない状態でした。  



ルソン島の山岳地帯では、イスラム教の支配地域と同じように、戦いに応じました。
訓練されたスペインの軍隊によって瞬く間に制圧され、何世代にも渡って スペインの政治・宗教的植民地化の多面的な戦略によって著しく変えられた ほとんどの低地の人々とは違って、そのますます敵対的で妥協のない高地の住人たちは、もっと平和的なスペインの申し入れすらも いつも拒否し、彼らのゴツゴツした領地に入ろうとする軍事的侵略にことごとく抵抗しました。 ほぼ三世紀に渡って、イゴロットは 根本的にスペイン化してしまう手順に屈服するのを頑強に拒否しました。 その手順とは、古典的な形としては 征服、政治的服従、キリスト教化、文化的スペイン化、そして恒久的な都市部への移住を意味していました。 スペイン人当局者にしてみれば、そのような抵抗は違法であるだけでなく、ひどく屈辱的なことでもあったのです。



p36
19世紀の40年代、スペインはついに山岳中心部の征服と植民化を開始し、一部は成功しました。 その長く延期されていた攻撃は1780年に成立した国家のタバコ専売に対するイゴロットの抵抗が盛んになったことによって刺激されたようです。 

p37
・・・彼らは頑強なイゴロットの抵抗の効果を著しく抑え、山岳中心部における進行中のスペインの駐留の開始を記すことになります。 これは1846年の高地における最初の持続的な植民行政単位の創出をもって正式のものとされました、つまり ベンゲットの軍政司令部
(comandancia politico―militar) と呼ばれたものです。


p38
ラ・トリニダッドの現実

スペイン人が出現するずっと前から、ラ・トリニダッドは北ルソンの山々の中では非常に重要な場所でありました。 Galveyが最初に ラ・トリニダッドの谷に着いたとき、彼は500の家屋(2,000人の民)で繁栄する村であり、森の丘陵と、ガベ(タロイモ)、さつまいも、そしてサトウキビがきちんと灌漑された畑に囲まれているのを目の当たりにしたのです。 しかしながら、スペイン軍の駐屯地に成る時までに、叉 頻発した軍事衝突により、残ったのは ほんの100家屋と失意の400人の人々でした。


p39
19世紀の最後の10年の間に、ベンゲットの州都はゆるやかに成長し、スペイン時代の終わりには ほぼ3,000人の小さな町になっていました。 さらには、その住民の人種の構成は近隣の高地定住地とは著しい対照をみせました。 本質的に同質のイゴロットのコミュニティとは異なり、ラ・トリニダッドは人々と文化においてかなりの程度の多様性を示しました。 特に目立つ少数外国人は、スペイン人、いくつかのその他のヨーロッパの一時滞在者、そして 少数の中国人が トップ(cabecera)の政治的、経済的生活を支配し、一方で、それに依存するイゴロットの労働者と 着実に増えていくイロカノ族の移住者が 人口の大多数をしめました。



p41
好奇心の強い人たちが中緯度で出来る色々な野菜やいちご類を実験的に作るにしたがって、スペイン人や他のヨーロッパ人たちも真剣にベンゲットの高地で大規模なコーヒー、カカオ、そしてお茶のプランテーションの開発を試みるようになりました。
確かに、すばらしいとまでは言えませんでしたが、その結果は注目に値するものでした。
アメリカがフィリピンを占領する時までに、ベンゲットの西欧人もイゴロットの農民も、すでにキャベツ、エンドウ豆、トマト、アイリッシュ・ポテト、そして いくつかの他の 涼しい気候に合う野菜を生産し始めていたのです。
これはかなり多様性のある作物ではありましたが、しかし、生産高はまだまだ限られていました。 いくつかのコーヒーや相当数の優れたポテトは、実際に、スペイン支配の後年にはかなり定期的にマニラへ出荷されました。
しかし、高地生産品のほとんどは、ラ・トリニダッドに住むヨーロッパ人や他のトップの人々に消費され、叉、新興保養地を長期に渡って訪れ始めた、増加する低地の人々によっても消費されたのです。
[PR]
by janlbaguio | 2007-10-06 07:18 | History バギオの歴史
<< バギオの歴史を学ぶコーナー (... JANLの会員と組織について >>