「バギオ サヨテタップス物語 2」   加藤 卓 著

 前回のモンテンルパ訪問から半年が過ぎました。妹は再び遠く、兄のいるモンテンルパへ行かねばならなくなりました。兄に恩赦の話しが持ち上がったからです。フィリピンでは恩赦によって釈放される受刑者も多いと聞きます。ただし、手続き等で、うやむやになってしまう可能性もあるとか、そうならないよう頑張ってやらなければなりません。

 兄がわけのわからない罪で捕まった時、母と妹は兄を助けようとしました。フィリピンにも当然、弁護士制度はあります。弁護士に助けを求めました。でも担当の弁護士に払うお金がありませんでした。母は弁護士の家で、家政婦として働くことでお金の代わりとしました。妹は弁護士の庭を掃除することで兄を助けようとしました。しかし、結果は無期懲役刑でした。

 しばらくして母が亡くなりました。母はどのような気持ちで旅立ったのでしょうか。幼い妹と、刑に服す兄を残して。

 妹が再びモンテンルパ刑務所を訪問すると聞いて、受刑者仲間の、あの死刑囚の母から連絡が入りました。今度は、是非、私も一緒に連れていってくれという話しでした。その為には家財を売ってもお金を作るとのことでした。妹には嫌も応もありません。女二人で旅をすることになりました。今回のおみやげもやっぱり野菜です。サヨテやサヨテタップス、それにニンジンなど2袋たっぷりあります。

 バギオ発深夜バスは、二人の思いを乗せて出発しました。

 長旅の末、刑務所に着きました。手続きの後、二人は所内に入りました。無期懲役の兄が待っていました。妹は兄にかけより抱き合いました。そして死刑囚の息子も待っていました。母が近づきました。二人は言葉になりませんでした。そのまま抱き合いました。周りにいた囚人たちも、二人の境遇が分かったのでしょう、黙っています。
 二人はいつまでも抱き合っていました。


 
 
[PR]
by janlbaguio | 2007-12-05 22:57 | 会員 エッセイ・コーナー
<< 着物着付けワークショップ  フ... JANL国語教育分科会 活動開... >>