Japanese Culture Day 2008 お陰様で大盛況


2月10日と11日の二日間にわたり、SMバギオで 日本カルチャー・デーが開催されました。

地元のフィリピン人の方々、日系人の方々、そして遠路日本から応援に駆けつけていただいた皆々様に 深く御礼申し上げます。

a0109542_031466.jpg

会場のSMバギオの野外ステージには、日系人の方のご好意によって、立派な日本情緒の飾りつけが施されました。

初日のオープニングでは、KAKEHASHI財団にJANLがご協力するかたちでの 生け花のコンテストが行われました。
a0109542_18515587.jpg

バギオの花屋さんなどプロフェッショナル部門と、ノンプロの部門でのコンテスト。 男性の参加者が多いようです。
a0109542_18541855.jpg

こんなのとか、あんなのとか、感性もいろいろです。
a0109542_18561267.jpg

果物や野菜を使うというのも フィリピン流でしょうか。

午後からは、「着付けワークショップ」です。
a0109542_015574.jpg

日本人女性総動員の着付け大作戦。 ご苦労さまでした。

a0109542_191397.jpg

左のふたつは、地元の織物でこのイベントのために製作された「コーディリエラ着物」です。 Collaboration of Japanese & Filipino Cultures を具体化した浴衣です。 
a0109542_1935458.jpg

何故 着付け教室なのか・・・
地元の人たちの中には 「日本人は枕を背中にしょっている」 と思っている人が多いのです。
帯を結んでいることを実際に見てもらう。 そして、着てみてもらう。
このハイ・スクールや小学校の女の子たちが、きっと 「枕じゃないんだよ。」 と広めてくれるはずです。


a0109542_054990.jpg

日本から応援に駆けつけて下さった方がたの 日本舞踊は、日頃見る機会の無い 北ルソンの地元の皆さんには 美しい着物とあいまって、新鮮な印象を残します。
a0109542_091496.jpg


a0109542_0101989.jpg

そして、二日前に練習をした フィリピン人の小学校、ハイ・スクールの女の子が、JANLメンバーの子供達と一緒になって 浴衣姿で大活躍。 おまけに、日本語を勉強中の 農業技術研修生候補の男性たちも 見よう見まねでの参加です。
a0109542_0171822.jpg

盆踊りの列には、なんと ピカチューや ナルトのキャラクターまで参加。 日本のコスプレが 初めてバギオに登場です。 もしかしたら、フィリピンに初登場かも・・・
a0109542_22274217.jpg
a0109542_22284341.jpg



a0109542_019476.jpg

そして、夜の部では、地元山岳地帯の伝統的な踊り、イゴロット・ダンスが観客をさらに盛り上げます。 このダンシング・チームは イースター・カレッジ(Easter College)の学生達です。
a0109542_22363893.jpg

このイゴロット・ダンスの輪の中に 最後には 日本人がたくさん加わって踊った写真を 誰も写していなかったのが 残念!
みんな踊っていたんですよね~~。 凄かった。 楽しかった。 疲れた・・?
これこそ コラボレーション でした。

a0109542_027111.jpg

そして、翌日の11日(月)には、 「折り紙ワークショップ」です。
a0109542_0294266.jpg

日本で長年の教師の経験があるご夫妻を中心に、ボランティアの皆さんたちが 楽しみながらのインストラクター役です。
a0109542_0401016.jpg

一時間目の参加は、 バギオのインターナショナル・スクールで伝統のある ブレント・スクールBrent School の生徒さんたち。
a0109542_0462986.jpg

そして、二時間目は、 外国人の生徒も多い アチーバーズ・アカデミー Achiever's Academy の参加です。
さらに、三時間目は 一般の方々が参加しました。

a0109542_0505359.jpg

二日間に渡って展示された写真は、
 「バギオ 日系人100年の歴史」 を語るものです。 戦前にバギオのセッション・ロードで写真館を経営されていた写真家・古屋氏の二代目である古屋英之助氏からの提供によるものです。
SMバギオの買い物客の皆さんが 覗き込むように、熱心に写真に見入っていました。

a0109542_0584422.jpg

折り紙の後には、 「生け花ワークショップ」が開かれました。
買い物客のみなさんなど、一般の方々に参加していただいたのですが、
準備していた花と JANLメンバーのご主人が製作した手作りの花器は 瞬く間になくなり、急遽 追加の花を買いに走る 大盛況。
a0109542_11109.jpg

参加者の皆さんは どの顔も 満足そうな笑顔でした。

そして、最後のセッションンは、DVDシアター
日が落ちて 冷たい風が吹く バギオの星空の下、屋外ステージには ジャパンPOP に興味深々のハイ・スクールの女の子達が、心を熱く燃やしているのでした・・・

一所懸命 走り回っていただいた ボランティアの皆様、そしてメンバーの皆様に 乾杯!!
[PR]
by janlbaguio | 2008-02-13 00:12 | Activity 活動内容
<< バギオの日本庭園で 第35回 ... 速報! Japanese Cu... >>