タクシー: 知らないとトラブルの元



新聞によりますと、この暫定処置は
2008年12月15日(月)から
廃止されています。

10ペソを追加で払う必要はありません。


皆さんはもうご存知だとは思いますが、バギオでもタクシーに乗ると フロント・グラスの右上にこんなステッカーが貼ってあります。

a0109542_7194254.jpg


これは LTFRB(Land Transportation Franchizing & Regulatory Board, 陸運フランチャイズ・調整評議会)が発行したステッカーですが、 何が書かれているかと言いますと、
「メーターの実際の料金に10ペソ追加して料金を払って下さい。」
という事です。
 
英語が出来ない、情報を知らなかったなどの理由で運転手との間でトラブルになるケースもあるとの事ですので、念のためにお知らせいたします。

これは、皆様ご存知のように、原油高騰によるガソリン代の値上げをカバーする目的です。

尚、バギオでの初乗り料金はメーター25ペソですが、これに必ず10ペソを追加して支払うということになります。

ちなみに、マニラでは初乗り料金が35ペソだそうです。
物知りの人に聞いたところ、この10ペソ高いのはエアコン料金だとか。
本当でしょうか?
もしかしたら、マニラの事ですから、渋滞料金とか運転手の生活費がバギオより高いからかもしれません。

ところで、 このステッカーが貼っていないタクシーがあったら、 それは偽タクシーだそうですよ。
 


(この情報は2008年8月現在です。) 
 
 


 
[PR]
by janlbaguio | 2008-08-14 07:31 | 生活便利帳inバギオ
<< 日本の夏、祈りの夏 - カリラ... バギオは東京やシドニーよりも安... >>