アジア漫画展 ローカル紙の紹介記事 


Asian Cartoon Exhibition introduced in Zig Zag Weekly newspaper.

バギオのローカル紙 Zig Zag ウイークリー で、アジア漫画展が取り上げられました。


それによりますと、

マニラの国際交流基金とSMスーパー・モールが、北ルソン日本人会(JANL)、バギオ100年祭委員会(BCC)、そして、日本大使館との協力で、「第十一回アジア漫画展:アジアの若者文化」を 2月2日から15日まで SMシティ・バギオのギャラリーで開催します。 
・・・・・この巡回展示はバングラディシュ、中国、インド、インドネシア、日本、マレーシア、スリランカ、タイ、ベトナム、そしてフィリピン 10ヶ国の先進的漫画家による75作品を展示するもので、アジア各国の共通点や多様性を知る機会を与えると共に楽しめるように、それぞれの国における若者文化を表したものです。

と書かれています。
a0109542_0235712.jpg


叉、この後には、それぞれの漫画家のプロフィールも掲載されており、 日本の漫画家 Nobuyuki Kohmasu(Suu Kohma)氏については、北海道新聞や産経新聞の政治風刺漫画家であること、「ひまわり君」「オーナー君」などが代表作であることなどが紹介されています。

尚、 国際交流基金の公式ニューズ・レター「SUKI」 2009年2月号では、以下のように掲載されました。
a0109542_213090.jpg

左から、国際交流基金 鈴木所長、 北ルソン日本人会 小国代表、 
バウティスタ バギオ市長、 バウティスタ 100年祭委員会議長 です。
a0109542_2153627.jpg



詳しくは 国際交流基金のサイトでご覧下さい:
http://www.jpf.go.jp/j/culture/civil/cross/comic/exhi11_b.html
 
[PR]
by janlbaguio | 2009-02-07 00:35 | Activity 活動内容
<< Hina Matsuri 雛... Asian Cartoon E... >>