大分県の日本TI 有志の皆様にサポートをいただいています。


先日、フラワー・フェスティバル、「日本茶店・雛祭り」開催中の3月4日に
開かれたJANL第十回定期総会に新しく賛助会員となられた大分県在住の
小島さんが参加されました。

小島さんは、半導体(集積回路)を作る日本テキサス・インスツルメンツ 日出工場の方
で、今回 同工場から バギオに関心をお持ちの 9名の方々が バギオ100年祭関連イベントを実施する北ルソン日本人会(JANL)をサポートするために賛助会員として参加されましたので、9名を代表して バギオを訪問されました。

バギオには、ロアカン空港近くに経済特区があって、その中におおよそ2千名の従業員が
働く テキサス・インスツルメンツ・フィリピンが操業しています。

このTIフィリピンを操業当初から様々な形でサポートして来たのが日本TIの埼玉・鳩ヶ谷工場
と大分・日出工場でした。

今現在も、日出工場からは 様々な技術的サポートの為に技術者の皆さんたちが バギオを訪れています。

バギオ100年祭に当たって、元日本TI社員であったJANLのメンバーが賛助会員としての
参加を日出工場の皆さんにお願いしたところ 9名の有志の方々が快くサポートして下さることになりました。

ちなみに、TIフィリピンは 100年祭に関してバギオ市への様々なサポートをしていますし、
学園都市バギオの中でいくつかの大学に対して 奨学金などの支援をしています。

日本テキサス・インスツルメンツ(日本TI) のサイト。
この中に 大分県の日出工場が載っています。
日出工場は 1973年に操業開始していますので、2009年には 36周年になります。
http://focus.tij.co.jp/jp/general/docs/gencontent.tsp?contentId=37103
a0109542_1425840.jpg

別府湾を望む 風光明媚な高台にある 日本TI 日出工場。

TIフィリピン - バギオ工場の話は こちらにあります。
2009年には 30周年を迎えます。
http://www.ti.com/corp/docs/webemail/2007/enewsltr/public-affairs/jun07/landing/environment1.htm
TIフィリピンのスカラーシップ
http://www.gov.ph/faqs/scholarships/texas.htm
a0109542_1427543.jpg

バギオのPEZA フィリピン経済特区にある TIフィリピン。

日本TI・日出工場の有志の皆様に感謝し、バギオと日出、フィリピンと日本の相互理解・
友好の為にJANLとしても文化交流などを通して力を尽くしたいと思います。
[PR]
by janlbaguio | 2009-03-12 13:48 | Org 会の組織
<< 「雛人形」 フィリピン・デイリ... バギオ子供クモ相撲大会 Chi... >>