バギオ陥落 vs バギオ解放  in 1945


1945年、バギオ守備の日本軍。
a0109542_2357472.jpg

ラ・ウニオン州からバギオ市へ登る道、ナギリアン・ロード。
そのバギオへもう一息のところにあるイリサンの町。
その谷に掛かる橋の向こうで バギオの守備につく日本軍の戦車。
a0109542_012844.jpg

この橋の右側が 日本軍。 右の山肌には 穴を掘り、日本兵が米軍の反攻に備えていたと 元日本兵の方に伺いました。
a0109542_045476.jpg

ケノン・ロードでの 日本軍の頑強な守備に、急遽戦略を変え、ナギリアン・ロードから「バギオ解放」へと向う米軍の戦車。 ナギリアン・ロードで 双方が激闘を繰り広げたのが このイリサンだったのです。
このイリサンからバギオまでは 車で30分ほど。
日本軍は大慌てで 4月16日に ケノン・ロードの守備に当たっていた部隊を ここに振り向けたそうです。
この後、1945年4月24日に 日本軍のバギオからの「転進」つまり撤退命令が出されたのです。

この時、バギオの陥落から、日本軍と日本人、日系人などの 北部山岳地帯への逃避行が始まり、9月3日のジャン・ヘイでの山下大将の降伏文書署名まで 飢餓地獄が続くことになります。

a0109542_0155392.jpg

上の写真は全て この 国際プラモデル協会バギオ支部 が作った ジオラマを撮影したものです。
この展示は バギオ市制100年祭イベントのひとつとして、SMバギオの地下一階で2009年4月30日までの2ヶ月間公開されました。


この関連記事は こちらにも御座います。
[PR]
by janlbaguio | 2009-04-30 00:07 | History バギオの歴史
<< ちびっこタレント 発掘なるか!... JAPITAC 演劇祭第一回W... >>