6月25日から マニラのCCPで 日本人 作・演出の演劇

 

マニラ近郊に御住まいの皆様へ 御案内です。
タガログ語での上演ですが、日本語字幕もあるようです。
(変更: 日本語字幕が諸々の都合により無くなってしまったそうです。)


a0109542_2352773.jpg


作家: 山元清多(やまもときよかず)……
1939年、東京に生まれる。東京大学教育学部教育心理学科卒業。3年間の通信社記者をへて、1967年劇団「六月劇場」に参加。1968年「演劇センター68」その発展的組織「劇団・黒テント」で現在まで活動。同劇団を中心に様々な戯曲を書き演出もする。テレビ・ドラマ、映画などの脚本も多く書いている。また海外との交流にも関心を持ち、1997年PETAと黒テントの共同作品「喜劇・ロミオとジュリエット」をはじめ、数多くのワークショップ・公演活動に参加している。

演出家: 吉田智久(よしだとしひさ)……
演出家としてのキャリアはフィリピン演劇に直結している。すでにいくつかのフィリピン戯曲をフィリピンで演出し、またいくつかのフィリピン戯曲を日本語に翻訳し日本で上演している。2004年の初演出作品「Philippine Bedtime Stories(オムニバス:Vic Torres作“S.B.F.”,Rene Villaneva作“離れられない”,Lallie Bucoy作“ドゥルセの胸に1000の詩を”(東京/大阪/マニラ)」やRody Vera作「最初のアスワン」(東京/大阪/マニラ)、 Liza Magtoto作「裸」(東京)、Anton Juan作「ヤニ男」(東京)、Cris Millado作「女の話」(東京)など。 このVirgin Labfestでも2008年にはせひろいち作「空の匂い」,2007年にDebie Tan作「テロリスト洗濯婦」を演出している。

尚、この吉田智久氏は 9月3日にバギオで開催される バギオ100年祭記念事業 「日比国際平和演劇祭」でも 演出をされます。



当日の公演ガイド



3作1組の第一番目

「キッチン・メデア」

作:山元清多

演出:吉田智久

出演:マイレス・カナピ

……夫に裏切られた女が台所で回想するモノローグ劇。出演者は1人。
彼女の回想は、どんどんギリシャ悲劇「王女メディア」と交錯していく。
夫を守るため、故郷を捨て、親を捨て、敵を殺した。その夫に裏切られた怒りで、愛人を、そしてついには我が子にも手をかけたメディア。
台所の彼女の回想は、どこまでが彼女自身の話で、どこまでが作り話なのか?
フィクションだらけの話の中に浮かんでくる彼女の真実とは?
設定を日本に嫁いだフィリピン人妻とし、古代から現代まで変わらない人間の愛憎劇を舞台化しました。



第2番目

「Asawa/Kabit」

作・演出: George de Jesus

配役VIA: RAQUEL VILLAVICENCIO

   VANESSA: SHERRY LARA

……Two middle-aged women, Via and Vanessa, confront each other about the
man they both loved for more than 25 years. Through a scathing conversation,
resentments and regrets surface like land mines forcing both women to
evaluate the immutable choices they made in the name of love, the unbearable
burden of hope, and the contentiousness of believing in a man's fidelity.



第3番目

「 Doc Resureccion: Gagamutin ang Bayan」

作:Layeta Bucoy

演出:Tuxqs Rutaquio

配役:DOC RESURRECION: RIKI BENEDICTO

   BOY POGI: JONATHAN TADIAOAN

   NANAY: PEEWEE O'HARA

   WIFE OF BOY POGI: ANGELI BAYANI

   TATAY: CRISPIN PINEDA

……With the desire to introduce positive changes to his community, Doc
Resureccion ran for Mayor. Unfortunately, his cousin, Boy Pogi Resureccion
ran as a nuisance candidate challenging Doc Resureccion's chances. Bearing
gifts and promises of a better future, he tries persuading his cousin to
withdraw his candidacy only to find out that the community he so wanted to
help desires a different path for itself.


(6月23日に追加更新しました。)

 
 
 
[PR]
by janlbaguio | 2009-06-14 23:55 | AJISAI 文化交流 network
<< バギオ 道路交通情報 - ケノ... Japanese Film F... >>