文化、アート・イベントの御案内 Improvisational Theater Play

9月11日(金)及び 12日(土)に 日本人舞踏家 純 天人 による 講演、ワークショップ、即興演劇(ダンス)が開催されます。 (日本語での案内は 下記をご覧下さい。)

a0109542_22323444.jpg

September 11, 2009 1PM-3PM

Lecture on Philosophy of Body Movement
Lecturer : Jun Nishio AManTo (from Japan)
1PM-3PM, Friday, September 11, 2009
at: The University of the Philippines, Baguio – Multipurpose Hall
Sponsored by: Human Kinetics Program of UP


September 11, 2009 4PM-7PM

Kabuku-Mai Dance Workshop
Facilitator : Jun Nisho AManTo (from Japan)
At: Saint Luis University – Center of Culture & Arts
(SLU-CCA)
Sponsored by: SLU-CCA


September 12, 2009 7PM
At: VOCAS, La Azotea Bldg., Session Road, Baguio City

Improvisational Theater collaboration
between Japan and Philippines
“The Remains”


Performer : Jun Nishio AManTo (Japanese Dancer)
Raye Baquirin (Filipino Actress)
Musicians: Shant, Olie, Kabu, Paeng, Delfin

Original story written by : Tamotsu Sase
Director : Toshihisa Yoshida
Produced by : Cordillera Green Network
a0109542_22335048.jpg


9月11日(金) 午後1時―3時
フィリピン大学・バギオ校―多目的ホール
講演: 人体の動きに関する哲学
講師: 舞踏家 純 天人
主催: フィリピン大学・人体動力学プログラム

9月11日(金) 午後4時―7時
セント・ルイス大学・CCAホール
「傾舞(かぶく舞)」ダンス・ワークショップ
指導: 舞踏家 純 天人


9月12日(土) 午後7時より
セッション通り VOCAS

日本とフィリピンの即興演劇コラボレーション
「ザ・リメインズ(亡霊の彷徨う街)」

出演: 純 天人 、 レイ バクイリン
音楽: シャント、オリー、カブ、パエング、デルフィン
原作: させ たもつ
脚本・演出: 吉田智久
主催・製作: コーディリエラ・グリーン・ネットワーク(CGN)
[PR]
by janlbaguio | 2009-09-10 21:52 | AJISAI 文化交流 network
<< Casting - Kenno... 芸術の秋、文化の秋? - バギ... >>