陸の孤島バギオ市 - 食糧が足りない!? - 台風被害 その7

台風17号 フィリピン名 PEPENG の被害状況


10月14日(水)朝のテレビの報道では、北ルソンでの台風17号の豪雨による死者は375名となったようです。

以下に バギオ・サンスター紙の10月13日付け記事から バギオの食糧不足に関する記事の要点の翻訳をしました。 ご参照下さい。
http://www.sunstar.com.ph/baguio/food-running-out-isolated-city

「バギオ市で食糧がなくなる。」

バギオ市のいくつかのスーパーで在庫が底をついている。 特に、缶詰、インスタント・ヌードル、卵や小麦粉だ。 しかし、商務省は これは未だ供給不足とは言えないとしている。

火曜日夕刻に開かれたスーパー経営者との会議で、商務省(DTI)はブランドにこだわらなければまだ食糧はあると述べた。

インスタント・ヌードルと鰯の缶詰の在庫が無くなったSMスーパーマートを除いて、他のスーパーでは まだ在庫がある。

小麦粉、卵および食肉製品は いくつかのスーパーから ほとんど姿を消した。
バギオ市へ入る車両が制限されている為、食肉製品の配送が出来ていない。

小麦粉の在庫も無くなってきている。 地元の製パン工場は少量しか製造できず、一方ラグナ州で製造されているものはスーパーに届いていない。

ファースト・フードのチェーン店やレストランなども在庫が無くなって来ている。 
道路の再開が待たれている。

生鮮食料品の高騰が報告されているが、価格のコントロールは難しい。

一方、商工会議所は、食糧雑貨の各商店は 道路が再開するまで在庫は全て提供すると述べている。


市場での商品不足

鮮魚、肉、及び野菜の供給が不足している。
バギオの野菜価格は 台風17号によって 先週の木曜日以来 3倍に跳ね上がっている。

じゃがいも キロ当たり100-120ペソ(約200円)、サヨテ(薩摩芋)キロ当たり40-45ペソ、人参 100ペソで売られている。



=============
以上、 要点・翻訳 HO
[PR]
by janlbaguio | 2009-10-14 11:43 | Neighbers ご近所情報
<< ビクトリー・ライナー バギオへ... 救助作業難航 棺が足りない -... >>