台風20号接近中 シグナル2 -  台風被害 その16


強力な台風20号(RAMIL)が接近中で バギオ市では 10月22日は市長命令で臨時休校となりました。
バギオを含むベンゲット州周辺は シグナル2の警戒警報が出ています。
(22日の夜中には シグナル1に変更されました。 台風の進路が北寄りになったためかと思われます。)

22日午後からバギオでは雨が降り始めましたが、風はほとんどありません。
(23日午前には、断続的な本降り、風も出ています。)

フィリピンの気象庁の予報では、まだ 北ルソンの北端を直撃の予測ですが、日本の気象庁やCNNなどでは予測された進路が北西に向き始めています。

ただ、その予測でも 23日には「ほとんど停滞」とありますので、大雨が心配です。
a0109542_1412577.jpg

中心はルソン島の北の海上にありますが、衛星画像ではルソン島全体がほとんど雲に覆われています。
<23日12時の実況>(日本の気象庁のデータ)
強さ 強い
存在地域 バシー海峡
中心位置 北緯 18度50分(18.8度)
東経 123度05分(123.1度)
進行方向、速さ ほとんど停滞
中心気圧 970hPa
中心付近の最大風速 35m/s(65kt)
最大瞬間風速 50m/s(95kt)


バギオへの3つの幹線道路は、開通しているとはいえ、大雨ともなれば大変危険な状態になると考えられますので、十分ご注意下さい。

叉、バギオの北方、ラ・トリニダッド町からボントックへ向う ハルセマ・ハイウエイは、 バギオを拠点として被災者の支援をしている環境NGO CGNの現地レポートによれば、非常に不安定な状態になっている様子です。

こちらで その実情をご覧下さい。
http://cordillera.exblog.jp/
尚、被災者への支援も実施していますので、是非 CGNにご協力ください。


叉、ベンゲット州ラ・トリニダッド町などの被災者の避難所の状況について バギオ・サンスター紙で報道されています。 
http://www.sunstar.com.ph/baguio/government-stops-classes-ramil-nears

上記は、10月22日の午後から23日午前にかけての状況です。
[PR]
by janlbaguio | 2009-10-22 22:34 | Neighbers ご近所情報
<< A Century of Be... 道路事情 -  台風被害 その15 >>