12月8日って何の日? バギオの歴史


「バギオの黄金の時代。その牧歌的な日々は突然終わりを告げた。
1941年12月8日早朝。 17機の日本帝国空軍の爆撃機がバギオに250の爆弾を降らせ、日本によるフィリピン占領の3年半に引きずり込んだ。」
a0109542_18213923.jpg


そう、その時 キャンプ・ジャン・ヘイなどに日本軍の攻撃が始まったのです。
そして・・・

「ことさら言うのも不愉快なのだが、この爆弾はフィリピンへの最初の一撃だったのだ。
その前日(ハワイ時間12月7日)に真珠湾が攻撃されたということが知らされ、このバギオ周辺の日本人住民に疑いの目が向けられ、そして、550名の日本人市民は警察隊などによって駆り集められて、キャンプ・ジャン・ヘイに強制収容され、その後日本人学校へ移された。」
a0109542_18223499.jpg


・・・ そして、12月27日午前11時20分。 日本軍がバギオに入ってきた・・・

(上記「  」内は翻訳です。 この続きをお読みになりたいかたは、是非 この本をお求め下さい。 
べつにバギオ100年祭委員会の回し者ってんじゃありませんけど・・・・ 英語の勉強になりますよ。)
[PR]
by janlbaguio | 2009-12-08 18:23 | History バギオの歴史
<< 12月8日に寄せて ・・・ 現... 100歳 ばんざい!  編み物... >>