環境NGO CGNが 第三回エコ・サミット 環境演劇祭


バギオを拠点に活発な環境保護活動を実施しているコーディリエラ・グリーン・ネットワーク
(CGN)が 第三回の青少年エコ・サミット「環境演劇祭」を実施します。

第3回コーディリエラ・ユース・エコ・サミット      
http://cordillera.exblog.jp/12681816/

以下は引用です(日本語での解説は下をご覧下さい)========


ENVIRONMENTAL COMMUNITY THEATER FESTIVAL
BACK WITH THE 3RD CORDILLERA YOUTH ECO SUMMIT


The Cordillera Green Network, Inc. (CGN) and the youth of the Cordillera proudly bring back the environmental community theater festival this January 22-23, 2010 in Mankayan, Benguet, and January 25-26 in Bangued, Abra. Dubbed as “Aanak di Kabiligan (Children of the Mountain) Theater Festival”, the event will stage environmental theatre productions from various high schools of the region, as well as performances by Filipino and foreign guests.

The theatre festival is the highlight and culminating activity of the annual CORDILLERA YOUTH ECO SUMMIT. Performing this year are young thespians of Tiempo National High School (Tubo, Abra); Apayao National Industrial and Agricultural High School (Calanasan, Apayao); Lepanto National High School (Mankayan, Benguet); Aguinaldo National High School and Ubao National High School (Aguinaldo, Ifugao); St. Theresita’s High School (Balbalan, Kalinga) and Banao National High School (Bauko Mt. Province). Acting as mentors are professional stage director Mr. Toshihisa Yoshida and actors Rei Baquirin and Lynette Bibal.

The Eco Summit is CGN’s way of advocating environmental education through theater and cultural media. CGN believes that environmental messages are best expressed and remembered when placed close to the local’s hearts -- dancing to the gong’s beats; rituals associated with planting, harvests, births, deaths -- all of which interwoven in plays reflective of environmental realities that the groups conceptualized, wrote, and performed themselves. Other activities include “Green Shadows”, a photo exhibit by JP Alipio on the state of the Cordillera environment; environment education workshops; and environmental situation presentations and fora.

Gracing this year’s Eco Summit are guests Consomme W Punch, a Japanese music education NGO; environmental performance artists Zohar (from Israel) and Takanori; contemporary Japanese dancer Jun Amanto and Filipino musicians Edgar Banasan, Kent Banasan, Ruel Bimuyag, Tapati (of Joey Ayala at ang Bagong Lumad), and Alex Tumapang.

The 3rd Cordillera Eco Youth Summit is funded by the Japan Fund for Global Environment and Japan Foundation. It is organized by CGN and KEEP (Kiyosato Educational Experiment Project), in cooperation with the Provincial Government of Abra; Tubo, Calanasan, Mankayan, Aguinaldo, Balbalan, and Bauko LGUs; DepEd School Divisions of CAR ; Lepanto Consolidated Mining Corporation, Divine Word College of Abra; Sinbayan Tako; and OISCA Abra Agro-Forestry Training Center. For inquiries, please contact the Cordillera Green Network, Inc. at 074-423-0839, 09198426486 (Carla), or 09172546613 (Shei). –cgn-



日程&会場は以下のとおりです。

2010年1月22日&23日 
   ベンゲット州マンカヤン郡レパント鉱山カルロス・パランカJr.(CPJ)劇場
2010年1月25日&26日 
   アブラ州バンゲッド町ディバイン・ワード・カレッジ講堂

主催:キープ協会(山梨県清里)
助成:独立行政法人 環境再生保全機構・地球環境基金/
国際交流基金マニラ/国際交流基金・市民青少年交流助成プログラム


さて、エコ・サミットって何? という方に簡単にご紹介。
エコ・サミットは、コーディリエラ・グリーン・ネットワーク(CGN)が北ルソンで実施している数々の事業の一つ「環境教育事業」の中心的存在です。
2001年の設立以来、CGNはフィールドにおける植林などの実践活動と平行して環境教育プログラムを行ってきました。CGNの多くの事業のパートナーは、山梨県のキープ協会です。
キープ協会といえば、日本の環境教育をリードする団体。その豊富な経験と知識をいかさない手はないと、コーディリエラ地方における事業でも環境教育に特に力を入れているわけです。

 ただ、コーディリエラ地方にはコーディリエラ地方ならでは事情があります。閉鎖的な村社会、
各部族による言語の違い、電気がないための環境問題を含む情報の圧倒的な不足、教育レベルの低さ、などから、到底、日本で行っている環境教育ワークショップをそのまま行うというわけにいきません。そこで、CGNは、音楽、演劇、ビジュアルアートなどを取り入れ、楽しく体を使って身近な環境を見直せる体験型の環境教育ワークショップを行ってきました。
 実のところ、CGNが環境教育事業を行っている山の村々は、古来自然と共存する知恵をもちあわせてきた場所でもあり、彼らの伝統の文化や知恵の発掘と再生が、もっとも実行しやすい環境保全活動のであることも多く、外から教える環境教育ではなく、山岳先住民たちに気づいてもらうための環境教育プログラムを試行錯誤しながら続けてきたわけです。


 そういった環境教育プログラムの集大成ともいえるイベントが「コーディリエラ・ユース・エコ・サミット」。
さまざまなプログラムが組まれていますが、中心はなんといっても「環境演劇祭」です。


CGNが環境教育プログラムのパイロット地域としているコーディリエラ地方6つの州にある高校の生徒たちに、その地域の環境問題をテーマとした演劇を製作してもらい、それをエコ・サミットの会場で披露。
会場の観客とほかの州からの参加者に観てもらい、お互いの環境問題について知ってもらい、解決の糸口を探し、行動を促そうというものです。

 第3回エコ・サミットに参加するのは以下の6つの地域の高校生たちです。

・アパヤオ州カラナサン郡Pedro Bunot Central School
・カリンガ州バルバラン郡St.Theresita High School
・ベンゲット州マンカヤン郡Lepant National High School
・マウンテン州バウコ郡Guinzadan National High School
・イフガオ州アギナルド郡Aguinaldo National High School & Ubao National High
School
・アブラ州トゥボ郡 Tubo National High School

 今回は、9月のバギオ市制100周年記念の演劇公演「Kennon」の演出のためにフィリピンに長期滞在していた日本人舞台演出家・吉田智久氏が、滞在を延長してくださり、指導陣組を引っ張ってくれていて、心強い限りです。吉田さんが、台風の直後から、山超え、谷超え、驚くべき人里はなれたコミュニティで、エネルギッシュに演劇指導に当たっている感想記は、CGNスタッフ・ブログにアップされていますので、ぜひご覧あれ。

========= 以上引用


CGNは エコ・サミット関連で上記以外にも さまざまなイベントを計画しています。
詳しくは こちらで ご覧下さい。
http://cordillera.exblog.jp/


(この情報は、北ルソン日本人会が運営する日比文化交流情報ネットワークである「あじさいネットワーク」を通じて配信しております。)
[PR]
by janlbaguio | 2010-01-17 12:25 | AJISAI 文化交流 network
<< レパント鉱山での ユース・エコ... 過去100年の日本人、日系人の... >>