バギオで戦没者慰霊祭 - 2010年2月18日


バギオで毎年恒例となっている 日比国際友好協会(旧・比島戦没者慰霊会、会長 瀬川和久 氏)主催による慰霊祭が、日本大使館、バギオのライオンズ・クラブ、北ルソン比日基金や北ルソン日本人会などの皆さんの参列を得てしめやかに行われました。

a0109542_0235196.jpg

ご住職による読経が「英霊追悼碑・FILIPINO-JAPANESE FRIENDSHIP MEMORIAL SHRINE」のある日本庭園に響き渡ります。

a0109542_0283930.jpg

日本各地から20名ほどの皆様が慰霊の為の旅行を続けていらっしゃいます。
a0109542_0295516.jpg

JANLの皆さんも焼香を上げていらっしゃいました。

a0109542_0305963.jpg

瀬川会長からいただいた「日比国際友好協会の歩み」という小冊子によれば、
この英霊追悼碑及び日本庭園は 昭和48年2月11日に除幕式が行われ、それ以来毎年恒例の慰霊祭となっています。

叉、昭和51年1月31日には、バギオ市議会満場一致にて、昭和51年2月1日以降、市の責任において永久に慰霊碑公園の維持が決定、とあります。


尚、今回の慰霊祭には、日本国大使館の高山健一郎一等書記官をはじめ、この建立に尽力されたバギオ・ライオンズ・クラブの方々、カルロス寺岡名誉総領事などの姿が見えました。

合掌
[PR]
by janlbaguio | 2010-02-19 00:45 | Neighbers ご近所情報
<< JANLの子供会 節分ってなん... バギオ新春パレード - 中国系... >>