2010年 06月 17日 ( 1 )

マニラのPRA日本人倶楽部と交流・講演会


既にマニラ新聞に掲載されましたが、去る5月29日に、マニラに於いて PRA日本人倶楽部主催の講演会が開催され、JANLの代表と副代表が出席し講演を行いましたので、遅ればせながらご報告致します。

詳しくは以下の通りです:
a0109542_2353939.jpg


尚、JANLのメンバーの中にも PRAの退職者ビザ保持者が数名いらっしゃいますので、今後ともPRA日本人倶楽部様とは様々な形で お付き合いいただきたいと考えております。

尚、講演の質疑応答の中で、いわゆる山下財宝に関するご質問がございましたが、以下の点につき補足しておきたいと思います。

先日、環境NGOの植林下見スタディー・ツアーに参加させて頂いた折に、マウンテン州バーリッグ町の役所に於いて 山村に入っていくに当たっての注意事項などをいただきましたところ、

  日本人が当地に入ってくると、必ず地元の人たちは山下財宝探しではないかと
  疑念を持つので、一切 そういう話はしないでいただきたい。

とのご指導がありました。

叉、NGO関係者の話では、たとえ戦没者慰霊であろうが、植林であろうが、日本人が何かを探すような行動をとった場合、その道筋には その後 あちこちに穴が掘られるという事実もあり、政治的なトラブルに巻き込まれる危険性もあるので 細心の注意が必要だ、とのことでした。
さらに、マウンテン州、カリンガ州、アブラ州などの山岳地帯の一部では、新人民軍NPAの活動地域でもあるため、日本人が入った場合には 常に見張られていると考えた方がよいとの話もありました。

従いまして、興味本位に日本人が同地に入ることは 危険が伴う可能性があることを 申し添えます。

(ご注意: この補足記事は、山下財宝の有無に関してコメントするものではございませんので、誤解のないようお願い致します。)
[PR]
by janlbaguio | 2010-06-17 23:57 | Activity 活動内容