カテゴリ:History バギオの歴史( 80 )

バギオ歴史探訪シリーズ (10)  市役所周辺

このお話は、戦前のバギオ日本人学校で、当時小学生であった写真家の古屋様から
の情報を元にしております。

a0109542_15262387.jpg

この写真は、右側の建物がバギオ市役所で、左は歩道橋です。
この青空・・・戦時中の古屋様のお話です。

1941年12月8日、バギオ市のジョン・ヘイに 日本軍の爆弾が投下されました。
その時、バギオ日本人学校で授業中だった子供たちは、先生たちから何も
知らされず、ただ親が学校に来るのを待つように指示されたのだそうです。

その当時 日本人会の会計担当であった郡司忠勝氏の著書「思い出はマニラの海に」
には次のように描写されています:

「西の空から爆音が聞こえた。 近ごろになってバギオの空に時おり訓練機が飛来
したが、今朝は音も様子もなんとなく違っていた。 ・・・ジョン・ヘイ米軍基地の方角へ
一直線に丘をかすめて飛んで行く数機の黒い影を見た。 ・・・・
遠くで数回の爆発音がして、分厚い大きなウインドのガラスがびりびりと波を打った。
・・・二十分ほど経ったころ、街中が騒然となって・・・・」

しかし、当時ロクバン地区にあった日本人学校に居た古屋さんには、その爆撃
の音は聞こえなかったそうです。

そして、その時から、日本人学校は「日本人収容所」となります。
その日の夕方、日本人が溢れた小学校から、男たちは、ジョン・ヘイの中に作られた
別の収容所へ移されます。


1941年12月25日午後、日本軍がバギオに入城します。
収容所から解放された日本人家族は、当面の居住のためにホテルなどに入った
のだそうです。

その時、古屋さんの家族が泊まった場所かここだったのだそうです。
a0109542_15511366.jpg

バギオ市役所のすぐ前にある この保険会社の建物。
ここに 古屋さんの家族が一時的に入ったホテルがありました。

そんなある日、古屋少年がホテルから外に出て、市役所の方角の青空を眺めて
いると、そこに一機の日本軍の戦闘機が 低空飛行で現れます。

古屋少年の目に 戦闘機の日本人パイロットの顔が はっきりと見えたと言います。
そして、思わず 古屋少年は ペコリとお辞儀をしたそうです。

すると、そのパイロットは、古屋少年に戦闘機の中から 敬礼を返してくれた
とのことです。

・・・・

1944年9月21日、アメリカ軍機およそ500機による マニラ大空襲。

1945年1月、 古屋少年の家族は、バギオを抜けだし、ラ・トリニダッド、ハルセマ道路の
21キロ地点を過ぎる辺りまでバスで避難。 
その後は徒歩で、 山下道路 - ソラノ - キャンガン まで、おおよそ1ヶ月かかって
移動したそうです。

a0109542_2345236.jpg

その ラ・トリニダッドでは、今のベンゲット州の州庁舎のすぐ斜め前に川があって
橋が架かっているのですが、この橋が米軍の集中的な砲撃、爆撃を浴びて
破壊され、避難する日本人がばたばたと倒れ、死体が累々としていたそうです。
a0109542_2355089.jpg


その後は、キャンガンからアシン河沿いに上流へ向かい、北西の「バクダン」と呼ばれる
村の辺りから、さらに北西の方面で、アメリカ軍による爆撃からの逃避行を繰り返す
毎日となったのだそうです。
この周辺には、マニラから逃げてきた日本人が多く、 バギオからの避難組は
キャンガンから南西方面の「ホヨ」という名前の村周辺に多かったそうです。











 


   
    
   
    
[PR]
by janlbaguio | 2012-09-27 15:52 | History バギオの歴史

バギオ歴史探訪シリーズ (9) 追加情報  市役所周辺

バギオ歴史探訪シリーズは (8)までで一旦終了しておりましたが、
戦前にバギオの日本人学校に在籍していた古屋様と同校の同窓会のご提供で
さらに情報が寄せられましたので、少しずつご紹介していきたいと
思います。

今回は、バギオ市役所の周辺を散策します。

まずは前回のシリーズ2 をご覧ください。
http://janl.exblog.jp/13538369/


この HERITAGE MANSION に関する情報です。

a0109542_14382276.jpg


現在はホテルとなった建物のホテルの受付に、このような写真が
飾られています。
a0109542_14394928.jpg

この写真の下の説明書きには、以下のようにあります。
a0109542_14402732.jpg


「ミュラー邸は 建築家アルセニオ・ヤンドックによって設計され、
熟練した日本人の大工達によって1930年代に建築されました。
第二次世界大戦中は日本人によって軍司令部として使用され、
後には戦後のアメリカによって司令センターとなりました。
1940年代末にミュラー・ホテルとして開業し、1960年代初頭には
D'Marksイタリアン・ピザが短い期間ですが入っていたことがあります。」

a0109542_1441125.jpg

尚、この説明には書いてありませんが、当時を知る古屋氏によれば、
この邸宅は日本領事館として利用されていたとのことです。

又、別の書籍の記録では、現在のバギオ市役所の中に日本領事館が
あったとの話もあります。

上記に軍司令部という言葉が出てきていますが、
日本の「軍政監部」は 現在の Baguio Central School にあったとのことです。
(軍政監部は、軍政部とも呼ばれ、軍事組織の下に行政をおこなう機関だったそうです。)

a0109542_1449465.jpg

現在のバギオ市役所の向かって左側にある この学校です。

a0109542_14511676.jpg
 この写真は、バギオ日本人学校同窓会のご提供によるもので、
「軍政監部北部ルソン支部」とあります。

a0109542_14503390.jpg

「Baguio Central School 日本軍はこの建物を押収、 軍政監部呂宋支部
として使用した。  徴用された多くの邦人がここで働いていた。」

a0109542_1525753.jpg

「昭和18年 
軍政監部は11月末解散、現地徴用軍属、現地除隊軍属は解雇されたので 
その直前撮影された写真? 」

注: 上記の古い写真の説明文「・・・」は、バギオ日本人学校同窓会の方による
   コメントです。


このシリーズの中の古い写真につきましては、「バギオ日本人学校同窓会」の
提供によるものですので、転載などは固くお断りいたします

 
 
 
 
 
 
 
 


 

 
 
 
 
 
 
 
[PR]
by janlbaguio | 2012-09-27 14:41 | History バギオの歴史

戦前のバギオに こんな鳥居が : UPバギオ図書館

ある展示会を見学するために、フィリピン大学バギオ校の図書館に行きましたところ、
図書館の壁に このような写真を見つけました:

a0109542_210464.jpg

日本の鳥居です。
写真に記入された説明を読みますと、バギオ・カントリー・クラブと書いてあります。

この写真は、図書館の壁に展示された バギオの戦前の様子と、現在の様子を
並べた写真展で、これは戦前の写真の中の一枚です。
アメリカから提供された写真であると記載があります。

バギオの戦前、戦中の様子を書いたある本によれば、
バギオが日本軍に占領されていた頃に、今のバギオ・コンベンション・センターの
裏側あたりの小高いところに、神社が建てられたという話もありますが、
この写真の鳥居は、カントリー・クラブの敷地内の庭園の一部であるようです。

(注: 昭和19年に建てられたバギオの「神明神社」については、こちらのページに
    「続 イフガオの墓標」からの抜き書きがございます。
    http://janl.exblog.jp/10965319/   )



============

ところで、フィリピン大学バギオ校の図書館に行った そもそもの理由ですが、

a0109542_12161232.jpg

この大学の卒業生二人による 作品展です。

a0109542_12173494.jpg

この「二人展」のお二人は、昨年のJANL主催の七夕祭りで バギオ博物館での七夕の森の制作に尽力をいただいたUP-SVA(フィリピン大学ビジュアル・アート同好会)のメンバーです。
a0109542_12192221.jpg

図書館の建物に入るとすぐ右側にその展示会場があります。
9月15日まで展示しているそうですので、 上記の戦前の写真の見学も合わせて 立ち寄られてはいかがでしょうか。

尚、戦前の写真は、図書館の読書室の右側の壁に展示してありますので、
読書中の学生の皆さんの邪魔にならないようにご注意をお願いいたします。

以上、ご案内まで。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
    
   
[PR]
by janlbaguio | 2012-08-17 02:11 | History バギオの歴史

カー・マガジンに バギオと日本人の関わりが



去る3月にトヨタ・プリウスのテスト走行をするチームが
バギオを訪問。
フィリピンの自動車専門誌「トップ・ギア」のスタッフが
バギオ在住の日本人や日系人に戦前のバギオと日本人の関係、
そしてその歴史を聞き取りました。

a0109542_302930.jpg

「JAPAN IS BACK!」というタイトルの5月号は
日本車復活を特集した内容。

その中に、バギオと日本人の関わりが掲載されたのです。
a0109542_311988.jpg

(写真の上でクリックすれば拡大できます。)


ベンゲット道路の建設は1900年に始まり、その責任者
はアメリカ人のライマン・ケノンでした。 彼は様々な国籍の
2,000人以上の労働者を雇い・・・・
フィリピン人がその多くをしめていましたが、その次には
日本人のグループがいたのです。 彼らの多くはマラリアや
事故で死亡しました。 しかし、生き残った日本人たちは
結局バギオに定着したのです。 セッション・ロードの
初期の写真は多くの店が日本人の経営であったことを
物語っています。」


ブレント・インターナショナル・スクールのキャンパスでは、
「この場所は、日本占領時代には日本帝国陸軍の主たる病院
だったのです。・・・ルソン島の中だけではなく、アジア
太平洋地域の全域の中での中心的病院だったのです。
歴史の本には、負傷した日本兵たちは日本へは送られず
バギオへ移送されたと書いてあります。それは、日本国民に
負傷兵の数を知られないようにするためだったのです。」


そして、カーサ・バリエホという歴史的ホテルでは、
「カーサ・バリエホも戦時中に日本陸軍によって利用されました。」

このチームは、日系人団体のアボン会館も訪問し、
北ルソン比日基金事務局長から 日本人、日系人の歴史を
聞き取っていました。
「アボンのエスカニオ事務局長から鮮明な戦争の話を聞いた後、
我々は戦争の恐ろしさを今に伝える70年代に建立された
日本平和公園を訪れた。我々にとって、胸の痛む、感動的な、
そして驚くべき午後となった。」
a0109542_323438.jpg

(この写真の左下に 日本平和公園(日本庭園)の慰霊碑が写っています。)


このトヨタ・プリウスのチームがバギオを訪れることに
なったのは「山下財宝」の話が冗談で出てきたことが
発端だったようです。

しかし、この文章の最後には このようにありました:

「それで、山下財宝はどこにあるのだ? この言葉の響きが
安っぽいものであるように、本当の宝物は我々の過去に関して
我々が持っていた様々な物語にこそあるのです。
もし幸運であれば、その当時にその場所に居た人たちから
このような話を聴くことが出来るのです。
歴史の意味というものはどんな財宝の値打ちよりももっと
貴重なものなのです。」

a0109542_342176.jpg

(当時のベンゲット道路は 今はケノン・ロードと呼ばれています。)


 
 
 
     
     
     
[PR]
by janlbaguio | 2012-06-01 03:07 | History バギオの歴史

北ルソン日系人の母、シスター海野メモリアル in Abong

フィリピン・北ルソン・バギオの歴史の中で、特に日系人にとって、シスター海野を抜きに歴史を語ることは出来ません。

a0109542_1557547.jpg

12月31日は 北ルソンの日系人の母とも言えるシスター海野の命日です。

a0109542_15591566.jpg

バギオ市にシスター海野の尽力によって、日系人が集う場所として建設されたアボン(ABONG)会館に、北ルソンの日系人や奨学生たちが集まり、シスター海野を偲びます。

a0109542_16287.jpg

a0109542_1623380.jpg

戦中・戦後の苦しい日々を乗り越えてきた日系二世から五世・六世にいたる皆さんが敬虔な祈りを毎年この日に捧げています。

そして、シスター海野の今に引き継がれている業績を振り返ります。
a0109542_1652859.jpg

戦後の日系人排斥の中、山奥に隠れ住んでいた日系人を捜し出す。
戦没者の遺骨を探し出し、慰霊を行うこと。
そして、日系人の生活向上に資すること。
a0109542_16104662.jpg

a0109542_16113911.jpg

a0109542_161298.jpg

1972年に初めての会合が開かれ、それから2年後に戦後初めてのクリスマス会が日系人の皆さんによって開かれました。

a0109542_16155860.jpg

これは、ハルセマ道21キロでの戦没者慰霊の十字架です。

a0109542_16171554.jpg

そして、これは、シスター海野の数々の支援事業。
a0109542_1618361.jpg

慰霊碑。
a0109542_16182396.jpg

日本庭園。
a0109542_16184111.jpg

水道事業。
a0109542_1619255.jpg

農業共同組合。

a0109542_16202116.jpg

ありし日のシスター海野。


シスター海野については、こちらのサイトでどうぞ:

http://ginzanokaze.music.coocan.jp/unno/unnoke.html

http://www.tokyo-shiba-rc.org/service/service03.html

シスター海野に関する書籍 :  バギオの虹
 
 
 
 
[PR]
by janlbaguio | 2011-12-31 16:12 | History バギオの歴史

Japanese Trail という名の エコ・トレール in バギオ


<バギオの歴史>

バギオ市のキャンプ・ジョン・ヘイの中に、Eco Trailというハイキング・コースがありますが、その延長上に Japanese Trailと呼ばれているコースがあることが分かりました。

a0109542_10233940.jpg


こちらのサイトの情報によれば、以下のようなことが書かれています。
このサイトは、バギオ市内での乗馬コースについての紹介サイトです。
http://www.gobaguio.com/baguio-horse-trails.html

Japanese Trail

This follows the route taken by the Japanese as they left Baguio City towards Nueva Vizcaya at the end of the Japanese Occupation of the Philippines during World War II.
If I remember correctly, we still headed up towards Beckel to Ambuklao Road, turned somewhere and ended up at Ambiong Road. We passed through some crowded residential areas on the way down.

ジャパニーズ・トレール
このルートは、第二次世界大戦中のフィリピン占領が終わった時に、日本人がバギオ市から
ヌエバ・ヴィスカヤへ下りていった時に辿った道です。

・・と説明があります。

ただ、これには、もうひとつの説明も聞いています。

バギオで開催された 第二回アジア太平洋国際平和慰霊祭の折に、主催者からの説明として、日本人がキャンプ・ジョンヘイに出入りする秘密のルートだった、という話がありました。
もしかしたら、いくつかの Japanese Trailと呼ばれる道があるのかもしれません。


a0109542_10332390.jpg

(写真の上でクリックすれば拡大できます。)
この見取り図は、Camp John Hay内の エコ・トレールとJapanese Trailを大雑把に示したものです。

全行程をゆっくりハイキングすると、おおよそ3時間くらいになります。
早足でしたら、その半分くらいでも歩ける距離です。

この「日本人の小道」に関しては、こちらのサイトに慰霊祭の時の写真入りの紹介がありますので、ご参考になさってください。
http://baguio.cocolog-nifty.com/nihongo/2011/12/japanese-trail-.html


今後も Japanese Trail 関連の情報があれば、追加していきたいと考えています。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
baguio city eco trail japanese trail horse riding バギオ エコトレール ジャパニーズ トレール ハイキング 日本軍 日本兵 日本占領時代 フィリピン 歴史 ジョンヘイ 散歩道
[PR]
by janlbaguio | 2011-12-21 10:49 | History バギオの歴史

観光スポットのご案内: アギナルド博物館 in Baguio

2011年6月に「アギナルド博物館」がバギオ市に出来ました。
a0109542_031124.jpg

このような銅像があって、以前からアギナルド・パークとして知られていたようです。

a0109542_0323663.jpg

そのパークの中に、このような博物館が全面改装オープンしていました。

a0109542_034083.jpg

このアギナルドという名前は フィリピンの初代大統領の名前です。

博物館の係員の方に「なぜアギナルド初代大統領の博物館がバギオ市にあるのか」と伺いましたところ、大統領の娘さんがバギオ市にお住まいだから、とのことでした。

たいへん小さな博物館ですが、一度見学する価値のある博物館です。

お時間のある時に 是非お出かけください。

詳しくは、こちらのサイトをご参照ください。
http://baguiotour.exblog.jp/16476804/

ところで、この博物館で展示されている「フィリピン国旗」と「サーベル」ですが、もしかしたら 
こちらの マニラ新聞・NAVIマニラ に掲載された 古屋正之助氏の物語に出てきている写真の国旗とサーベルかもしれません。

なお、古屋正之助氏は 戦前のバギオ・セッション通りにあったジャパニーズ・バザーで写真部長をされていた方で、JANLの賛助会員である古屋英之助氏のお父上でいらっしゃいます。

a0109542_053283.jpg
 

この博物館に関わる もっと詳しいいきさつはインクワイアラー新聞のサイトにございます。



以上、ご案内いたします。




     



  



      
[PR]
by janlbaguio | 2011-10-22 00:41 | History バギオの歴史

バギオ歴史探訪シリーズ- 8(完) Historical Walk in Baguio

マグサイサイ通りにあるメトロバンクの横の坂道。 これがジェネラル・ルナ通りです。
a0109542_20391730.jpg


この道をちょっと登った2~3軒目の右側に戦前は「フジ・ホテル」がありました。
「思い出はマニラの海に」には、この「富士ホテル」のことが次のように書かれています。

「シティ・マーケット広場の東裏通りに富士ホテルがある。
市内の会合に、また山奥で働く木材業者や金山会社の邦人が主に利用していた。
木造の広い建物で入口を入るとすぐ広間で、テーブルや椅子があり、ダンスも踊れるようになっていた。
奥に通ずる廊下に幾つかの小座敷もあって、日本食や日本酒が出た。
月に一、二度山奥の邦人が楽しみに出てきて、すき焼をつつき、日本酒で一晩飲み明かす場所である。」

a0109542_20204758.jpg


当時を知る人の話では、今のビルは当時のものではなく、ほぼこの辺りに狭い入り口があったとのことです。
a0109542_20213775.jpg

これが当時の入り口です。

そして、この写真が富士ホテルでの宴会風景であると言われています。
和室の造作は実に日本国内そのもののように見えます。
a0109542_20221346.jpg

左に掲げられた旗には YOUNGMEN などの英語が書かれています。

さて、手書きの地図を見ると、この坂をマグサイサイ通りに戻って、
角から4軒目くらいのところに「神戸キッチン」というのが描いてあります。
a0109542_2024985.jpg


その上の注釈を読んでみましょう。
「唯一ノ日本人レストラン。開店シテ間モナク宮井氏病没シ、支那人レストラン。 
程ナクシテ ダンワトランコ ノ事ム所トナル。」
とあります。
a0109542_2025235.jpg

一本路地があって、その路地から3軒目のようですので、「神戸キッチン」の場所は、おおよそこの辺りではないかと思われます。 ジョリビーがありますね。


そして、この歴史探訪シリーズの最後の場所、
日本人小学校がバーンハム公園の傍から移転した先であるマグサイサイ通りのロクバン
(LUCBAN)に行ってみましょう。

a0109542_2045351.jpg

バギオ・センター・モールの前の横断歩道橋の交差点を左折して
どんどん道なりにゆっくりと10分間ほど歩きます。
a0109542_20453690.jpg

これもダラダラと下ります。
a0109542_20462938.jpg

ちょっと見えてきたのがイグレシア・ニ・クリストの教会。
これも道なりに下ってください。
a0109542_20472722.jpg

しばらく歩くと、左側にイグレシア・ニ・クリストの教会。

a0109542_20484870.jpg

そして、その先の右側にエピスコパル教会(Episcopal Church)があります。

a0109542_20481641.jpg

その左側、教会の前にビレッジ・イン(VILLAGE INN)があります。

このビレッジ・インは、日本人小学校に隣接していた西本願寺のお寺兼幼稚園で、
この建物の左半分ほどには昔の面影が残っているそうです。
叉、この二階には寄宿舎があったとの話です。
お寺の住職は立花先生で、奥様は幼稚園の先生でした。

a0109542_20564761.jpg

さて、これはなんでしょうか。
ビレッジ・インから少し戻ったところに この門扉があります。
a0109542_20575749.jpg

この門扉に似ていますか ?

a0109542_20584156.jpg

はい、これこそが、昔の日本人小学校の正門だったのです。

a0109542_2059307.jpg

今は、なんと 昔の小学校の正門の上に、ナイト・クラブの看板が掛かっています。

a0109542_2104243.jpg

門の中を覗きこんで見ますと、火災で焼け落ちたような跡がそのままになっています。

a0109542_213638.jpg

1938年 ? と書かれた日本人小学校の写真。
このような立派な日本人小学校が 戦前のバギオにあったのです。
そして、この小学校も戦争末期の空爆で焼失したとのことです。


皆様、いかがでしたか?
バギオの中心部を Kisad Road, Burnham Park, Harrison Road, Governer
Pack Road, Session Road, そして Magsaysay Road と散策して来ました。

戦前の日本人コミュニティーの繁栄ぶりを感じていただけたでしょうか。
そして、戦争の悲惨な結末にも想いを馳せていただければ望外の喜びです。

このシリーズを書くにあたり、相談に乗っていただき、ご指導をいただきました
古屋英之助様に御礼を申し上げます。


バギオ歴史探訪シリーズ (完)

(一旦シリーズを終了しましたが、その後の追加情報を (9)から再開しています。)

     
このシリーズを1からご覧になりたい方は、
このページの右側の「カテゴリー」の中の「HISTORY バギオの歴史」
クリックしてください。



    









フィリピン バギオ 歴史 日本人 日系人 観光 旅行
[PR]
by janlbaguio | 2011-09-22 20:15 | History バギオの歴史

バギオ歴史探訪シリーズ - 7  Historical Walk in Baguio

バギオの目抜き通りであるセッション通りを下って、今私たちは このパブリック・マーケットの前にいます。

a0109542_2344195.jpg


戦前のこの場所は 郡司忠勝著「思い出はマニラの海に」の中では
「シティ・マーケットの広場」として 以下のようにその様子が描かれています。

「町中がクリスマスの飾り付けに輝き、聖夜のメロディーがセッション道の商店街を流れる。
イブにはパレードが街を練り歩き、夜は市の主催する野外ダンス・パーティーがシティ・マーケットの広場で催される。
市民で埋まった会場は市長夫妻のダンスで幕が開き、いよいよお祭り騒ぎが最高潮に達する。」

「町の中央のシティ・マーケット広場には、毎日沢山の肉や野菜、果物といった食料品が運び込まれて盛んな自由市場が立つ。 観光土産のイゴロット族の織物やイフガオ族の木彫品なども避暑客相手に沢山露店に並ぶ。」

a0109542_23444612.jpg

現在のこのピープルズ・パークはおそらく このような広場として市民のお祭りの場所になっていたのでしょう。

a0109542_2346942.jpg

そして、このピープルズ・パークの奥の方に、左角に銀行、右側の角に雑貨屋のような店があって、路地を入って行くと、「サガダ・ランチ」という食堂がその路地の奥の正面にあります。

a0109542_23464139.jpg

この「サガダ・ランチ」というのは観光地としても有名なSAGADAの名前を採っている通り、
山岳民族の人たちの多い、「懐かしの味」を出す食堂だそうです。
主に、米、犬、山羊、鶏のピニクピカンの料理が人気だとか。

この場所には戦前は一戸建ての家があって、「東京堂」という和菓子のお店であったとか。
当時日本人小学校の生徒だった方は、この東京堂さんから残り物の餡子をバケツに入れてもらって、小学校で飼っていた豚の餌にしていたそうです。

a0109542_23475784.jpg

そして、この路地を左の方へ抜けると、ここに出て来ます。
シティー・マーケット側から見ると、左側がメトロ・バンクのマグサイサイ通りの支店、右側にフットステップというお店がある場所です。

a0109542_23485259.jpg

この地点を手書きの地図で確認してみますと、
メトロバンクの場所には「岩間商店」、FOOTSTEPとその隣のCURAMED薬局の辺りには 「山本グロセリー」があったと描いてあります。


最終回、その8は こちら です。



   











フィリピン バギオ 歴史 日本人 日系人 観光 旅行
[PR]
by janlbaguio | 2011-09-20 23:41 | History バギオの歴史

バギオ歴史探訪シリーズ - 6  Historical Walk in Baguio

さて、今日は、戦前のバギオの中でも一番有名だった「ジャパニーズ・バザー」を
見ながら セッション通りを下りていきましょう。

その5で パレードの写真の背景に ジャパニーズ・バザーが出てきました。
しかし看板の文字がはっきりしませんでした。
a0109542_114882.jpg

これは 郡司忠勝著「思い出はマニラの海に」に掲載されているイラストですが、
これを見ると「ジャパニーズ・バザー」であることが分かります。
このビルは 改装された後の建物で、下の写真が元の建物だったようです。

a0109542_1445596.jpg

これが バギオの歴史上も有名な「ジャパニーズ・バザー」の写真です。
早川氏の経営だと地図にあります。
(手書きの地図は その1 のページに掲載してあります。)

a0109542_14472523.jpg

今のセッション通りの中での位置は、プライムホテルの角からすぐ隣のこのビル、
456という看板のあるビルの辺りだそうです。

この「ジャパニーズ・バザー」の写真は、バギオの歴史を語る本などにもよく掲載
されるほど目にする写真なのですが、その理由はどこにあるのでしょうか。

a0109542_1455535.jpg

ここに経営者・従業員と思われる人たちのスナップがあります。

このお店は当時のバギオの中で どのようなお店だったのか。
そのことは 1935年から終戦の1945年までフィリピンで生活し、
ジャパニーズ・バザーで働き、戦時中の北部ルソン日本人会の会計役でもあった
郡司忠勝氏の著書「思い出はマニラの海に」に詳しく描いてあります。


「バギオ第一を誇るジャパニーズ・バザーは町の中央をゆったりと下る
セッション・ロードの中ほどにあって、四面の大きなショー・ウインドを
もった白壁の建物である。」

「店主の早川豊平さんは山梨県御坂町二の宮の出身で二代目である。
先代の秀雄さんはベンゲット道路工事にたずさわり、完成後はそのまま
当地に残り功を成した人である。
早稲田大学商学部を卒業した豊平さんは、請われて親戚筋にあたる
先代の養子になった由である。」

「(早川豊平さんは)ジャパニーズ・バザーを経営するかたわら、
バギオ日本人会長(後に北部ルソン日本人会となる)として
また当地のロータリ・クラブ会員として広く知られ、・・・・」

「西側はフォート・スタジオで、その下には暗室と作業室があり、
それにつづいて写真部長の古屋正之助さん、副支配人の秋吉さん、
その向いに支配人の宮北悦厳さん、その隣の松浦さんの住宅が
噴水の上がる中庭を中心にして囲むように棟つづきで建っていた。」

「避暑客は一度は必ずといってよいほどジャパニーズ・バザーを
訪れる。 ジャパニーズ・バザーはバギオを代表する店の一つで
ミニ・デパートといった構えで、薬局から自動車部品まで、一般雑貨
からスポーツ用品、楽器、呉服、酒類、貴金属に時計や写真機、
靴それに写真スタジオなどと、食料品と機械類を除いてはほとんど
この店だけで用が足りた。」


以上のように郡司氏の著書に描いてあるジャパニーズ・バザーは
戦前には バギオ随一の「ミニ総合商社」としての機能を果たしており、
「あそこに行けば何でも揃う」というような百貨店であったようです。
今の感覚で言えば、規模はともかく、SMバギオのような役割で
あったのかもしれません。


では、戦前の地図を見ながら、セッション通りをさらに下って行きましょう。
地図には、(支)の文字がついたお店などが並んでいます。
(支)は「支那」、つまりCHINA、中国の意味ですから、中国系の経営だということになります。

ずっと下ると、セッション通りの一番下近くに「パインス・チャーター」と
書いてあります。
これは今の表記にすると「パインズ・シアター」になります。
PINESという映画館ですね。


a0109542_20543964.jpg

ここは セッション通りの一番下。 左側にマハリカ・ビルがあります。
右に登る方がセッション通りですね。

a0109542_2056381.jpg

マハリカ・ビルの前からセッション通りを見ると、このように見えます。
右の角には銀行の新しいビルが出来ました。

a0109542_20571665.jpg

その向こう側のビルに、たて型の看板で「PINES」と読めます。
これが「パインズ・シアター」の場所です。
a0109542_219468.jpg

この写真が同じ場所のはずなんですが、ちょっと分かり難いですね。

a0109542_21103237.jpg

じゃあ、これだったらどうですか?
PINESの看板が ちゃんとありますね。

当時を知る方によれば、この看板は当時そのままの看板。
建物自体も戦前のものが そのまま残っている稀なケースだとの話です。
建物の内部は、階下に劇場があって、二階席もあったそうですが、今は映画館では
ありません。

当時小学生だったバギオ生まれの方は、
「風と共に去りぬ」、「姿三四郎」、「アヘン戦争」、そして、エノケンの
「孫悟空」などの映画を見たそうです。


ところで、手書きの地図によれば、このパインズ映画館の近くに、
「パインスチャーターノ近クニ 浦田時計店ガアリマシタ」とのことです。

そして、セッション通りのバーンハム・パーク側には以上のような日本人経営の
お店が並んでいたんですが、通りの反対側の並びには、日系のお店はほとんど
なくて、唯一 パインズ映画館の前あたりに 「早川薬局」というのがあるだけです。



その7は こちら です。














 





フィリピン バギオ 戦前 セッションロード ジャパニーズバザー パインズ映画館 マハリカビル
[PR]
by janlbaguio | 2011-09-19 14:51 | History バギオの歴史