カテゴリ:生活便利帳inバギオ( 40 )

バギオでの急な病気、ケガの時は! 病院などでお困りの時・・

バギオで突然の病気や怪我をした時、英語も儘ならない方も、今からは安心です・・・

海外旅行保険をお持ちであれば、キャッシュレス診療サービスも可能となりそうです・・

日本人の方専門の「ジャパニーズ・ヘルプ・デスク」がバギオにも開設されました.

この事務所は、バギオ市の中でもトップ・クラスの信頼されている病院
ノートル・ダム・デ・シャルトル病院の中に開設されました.

ノートル・ダム病院については、こちらに情報がございます:
http://baguiotour.exblog.jp/8123636/


詳しくは、こちらの連絡先で担当の斉藤氏に ご相談ください:

a0109542_21165288.jpg


ご注意: 2015年8月現在、担当の方が 以下に代わっています:
a0109542_1647560.jpg


a0109542_22533968.jpg


a0109542_22535718.jpg



尚、北ルソン日本人会からの依頼に基づいて、長期滞在者向けの
「人間ドック」プランなどもご検討いただくことになっています..

尚、保険に関する 全般的な情報については、こちらのサイトもご参照ください.
http://janl.exblog.jp/17417313/

又、上記以外のバギオでの病院情報は こちらでご覧ください:
北ルソン・バギオ・ベンゲット生活 お役立ちリンク集
http://janl.exblog.jp/6112645/




  

以上、 ご案内まで.
[PR]
by janlbaguio | 2015-01-04 21:23 | 生活便利帳inバギオ

フィリピン入管が 新たな「外国人登録プロジェクト」開始

2014年10月30日のマニラ新聞によりますと、
以下のような ALIEN REGISTRATION PROJECT (ARP) 外国人登録プロジェクトが
始まったそうです..
登録期間は 2014年10月1日から 2015年9月30日までとなっています.

下記に該当する方は ご注意ください:

「プログラムは今月1日から始まり、来年9月30日までが登録期間になっている。登録対象は、外国人登録証(ACR─Iカード)を取得していない外国人滞在者。観光ビザで入国した外国人は、滞在日が59日以内であれば登録する必要はない。逆に、59日を超えた場合は、観光ビザによる滞在者はACR─Iカードを持っていても登録しなければならない。 」

オリジナルの公報は以下のとおりです:
a0109542_2283210.jpg


尚、フィリピン退職庁が発行するSRRV退職者ビザなど 一部のビザは免除されて
います・・・

詳しいガイドラインはこちらの フィリピン入管のサイトでご確認ください:
http://www.immigration.gov.ph/images/Issuances/2014/Sept/OOSBM%202014-043.pdf

フィリピン入管のサイトは こちらです:
上記公報が掲載されています・・・
http://www.immigration.gov.ph/





以上



   









       





  
[PR]
by janlbaguio | 2014-10-30 22:17 | 生活便利帳inバギオ

PRA フィリピン退職庁バギオ事務所での注意事項

フィリピン退職庁(PRA)バギオ事務所で諸々の手続きなどをされる皆様に
以下の注意事項をご案内致します.


事務所の前にこのような大きな張り紙がありました:

a0109542_17422257.jpg

これによりますと、
「いかなる形であれ、お金の支払については、担当者のマーク氏には
払わないでください. マーク氏はその職務にはありません.」


・・・とのことです.

従いまして、お金の支払については、必ずバギオ事務所長のエリック氏に

直接渡してくれとの話です.

もし、エリック氏が、不在の場合は、下記の連絡先に電話してくれとのことです:
a0109542_17455226.jpg


くれぐれも、いかなる形の支払の場合でも、直接 所長のエリック氏に渡すようにしてください.

尚、毎年のPRAのIDカードの更新手続きについて、


(1) 所長の話によりますと 過去には2週間ほどで出来上がっていたものが
最近のPRA内部での仕事の仕方が変更になったため、1ヶ月ほど
掛かるようになったとの情報をもらいましたので、ご注意ください.


(2)  某SRRVビザ保有者が IDカードを更新した時のトラブルについて.

SRRVビザを取得した折に、本来であれば 日本の警察が発行した
「無犯罪証明書」を提出する必要があったものの、便宜的な手段として
フィリピンのNBIや警察署のクリアランスで済ませている方は、
IDカードの更新時に 日本の警察が発行した「無犯罪証明書」を提出
しなければならない・・という旨の注意を受けるそうです.

詳しいいきさつなどについては、こちらのサイトに掲載されていますので
ご参照ください:
http://www.pasco-ph.com/main/index.php?pid=465
・・・特に下記の部分が要注意であるようです・・・
「2009年4月12日追記
 先月、申請中の退職者に対してPRAから、無犯罪証明書は事前に在日フィリピン大使館で認証してもらってから提出するようにとの連絡がありました。もしこの認証を事前に取得することができない場合は、PRAに後日(60日以内ないし最長1年以内)提出するという書面を提出して、ビザを発行してもらいますが、PRAは、そのままとぼけてしまうことを黙認しています。この方法は退職者の便宜を図るためにPRA自体が苦肉の策として使っているものですが、幾ばくかでもリスクを残すことになりますので、できればフィリピン大使館で認証を取得してきてください。」


上記の「無犯罪証明書」を日本で取得することを含めて、
こちらの旅行代理店では 代行サービスもしているとの会員からの情報がありました:
http://www.pra.friendshipmanila.com/


                     
ーーーーーーーーーーー

ところで、このPRAバギオ事務所は、こちらの ネバダ・スクエア にございます.
a0109542_174838.jpg

場所は、 バギオ市の ロアカン・ロード、ミリタリー・カット・オフ、及びサウス・ドライブが
交差しているロータリーのすぐ横です.

a0109542_17494423.jpg

ネバダ・スクエアに入ると 右側はこのようにお店が並んでいます・・・
それを一番奥まで行きますと・・・
a0109542_1751512.jpg

奥はこのようになっていますので、右側の階段を上がって3階へ行ってください.
a0109542_17521524.jpg

すると、この一番奥の角部屋に フィリピン退職庁の事務所があります.
所長と担当者の二人のみで運営されています.

a0109542_17534182.jpg

ネバダ・スクエアの入り口から見ると 正面のどんずまりの3階です.

a0109542_1754552.jpg

ちなみに、このネバダ・スクエアは、若者たちの夜の盛り場ですので、
昼間はほとんどのお店は閉まっています・・・

夜になると、若者が集まって、大音響の音楽が鳴り響いています・・・

夜にこの場所に入るときには、セキュリティーの為に、ボディーチェックが
されます・・・


   
  


  
[PR]
by janlbaguio | 2014-03-04 17:58 | 生活便利帳inバギオ

フィリピン・バギオ市での お葬式事情

フィリピン・バギオ市でのお葬式事情をご参考までに掲載します。

北ルソン日本人会(JANL)では、分科会のひとつとして
「極楽往生クラブ」(仮称)調査・研究分科会というのがあります。
  「安心して死ねるJANL」、
  「周りの人たちに迷惑を掛けずにあの世に行く」
  をモットーに、どのような仕組みを作ればよいかを調査・研究しています。
  「ポックリ・コース」 と 「良い酔い・コース」の二つに分けて研究中。

この調査・研究の一環としての情報ですが、様々な形態が考えられますので
JANLからの公式情報としてではなく、個人的なサイトを引用する形で
「フィリピン・バギオ市におけるお葬式事情」とさせていただきます。

以下はJANL会員のサイトです:
http://baguio.cocolog-nifty.com/nihongo/2013/06/post-477d.html

尚、JANL正会員の方へは、別途MLを通じて、随時「極楽往生クラブ」の
調査資料などをご提供致します。


  
ちなみに、バギオ市にある斎場は 以下のふたつです:

BAGUIO MEMORIAL CHAPEL
http://baguiomemorialchapels.com/gallery.php
この斎場はバギオ市に古くからあるローカルの斎場だそうです。
上記のサイトの中にパッケージでの最低料金も掲載してあります。

Baguio Memorial Chapels
No. 45 naguillian road, Baguio City
24 Hour Hotlines
Tel: 074 442 3369
074 442 7192
Telefax: 074 300 2019
Mobile: 0921 3280 682


LA FUNERARIA PAZ
http://paz-inc.com/branches.php
この斎場は、フィリピン国内に数カ所の支店があります。

La Funeraria Paz - Baguio City
# 79 Naguilian Road
Baguio City
Tel Nos. (074) 443-3337
Tel/Fax No. (074) 442-3117


上記ふたつの斎場は、同じナギリアン・ロードの入り口付近にあって
50メートルくらい離れて同じ並びにあります。


  


   

     

   




    



    









   


    

   


          
     
[PR]
by janlbaguio | 2013-06-16 17:54 | 生活便利帳inバギオ

フィリピンで やっと フィリピン標準時間が定着か? 2013年6月から

2013年6月1日から フィリピン標準時間(PHILIPPINE STANDARD TIME)が テレビやラジオで守られることになったそうです。



フィリピン標準時
は このサイトで 確認してください:
http://kidlat.pagasa.dost.gov.ph/ourtime.shtml
PAGASA(フィリピンの気象庁)で管理されている時刻です。



詳しくは、こちらのニュースサイトでご確認ください。

Are you on Philippine Standard Time? 

http://www.abs-cbnnews.com/video/nation/05/24/13/are-you-philippine-standard-time

According to Republic Act 10535, owners of private television and radio stations who fail to calibrate and synchronize their time devices with the PST during their broadcast may be penalized with a fine of P30,000-P50,000 and in the case of second offense, revocation and cancellation of their franchises to operate.

Weather bureau PAGASA is mandated to set and maintain the PST.

この記事によりますと、テレビやラジオの事業者がフィリピン標準時をきちんと守らない場合には ペナルティーが科せられることになったとあります。

この大元の時間管理は PAGASA、日本の気象庁に相当する機関が責任を持つともあります。


従来は、テレビなどを見ていても 正確な時刻が分らず、NHKのテレビで時計を合わせていましたが、 今後はテレビやラジオで正確な時刻が知らせられることで、フィリピンの人たちの時計が 同じ時刻を示してくれることを期待したいと思います。

ご参考までに、個人の方のサイトですが、2年ほど前から この条例の下地になる努力はされていたようです。

http://onesidebilliards.seesaa.net/article/227462519.html



(この情報は2013年5月31日の情報です。)



        

  



    



    






   



   


世界標準時 フィリピン標準時 日本標準時 グリニッジ フィリピン時間
        
[PR]
by janlbaguio | 2013-05-31 23:05 | 生活便利帳inバギオ

バギオ: 成人向け インフルエンザ予防接種


バギオのマーキュリー・ドラッグ薬局に下のような案内が出ていました。

成人向け インフルエンザの予防接種が出来ます。

a0109542_17565868.jpg


接種希望の方は、薬局に確認の上で 接種してはいかがでしょうか。

日時: 2013年5月4日および18日、時間は画像にある通りです
会場: マーキュリー・ドラッグ薬局 セッション通り支店
     (ポルタ・バガのビルです。)
費用: 窓口の方に聞きましたところ 550ペソ位だとの話でした。
電話: 074-446-7415
     詳しくはこの電話番号でご確認ください。

これは情報のみのご案内ですので、接種をするかどうかは自己責任で
お願い致します。


(2013年4月9日の情報です。) 


   



    



    



     


        



   
[PR]
by janlbaguio | 2013-04-09 18:04 | 生活便利帳inバギオ

フィリピンでの医療保険事情 ・ バギオで海外旅行保険が使えるか

フィリピン(バギオ)に短期・長期で滞在する場合、
何と言っても気になるのは医療保険と病院などの事情です。

皆様の参考とするために、下記の情報をいただきました。
あくまでも参考情報ですので、その点ご留意ください。
=================


フィリピンの民間医療保険

 各社ありますが、基本的に保険会社提携の医者の診察でないと保険は
受けられません。救急を受診した時などは、保険会社と提携を結んで
いる病院の場合は対象になります。

 既に主治医がいる場合は、その医者に聞いてどこの保険会社と提携を
結んでいるか確認する必要があります。病院は、病院の窓口に保険  
会社のロゴが貼られていたりします。

 慢性疾患(特に保険加入前に発症していた疾患)については保障
対象外だったり、加入後1年間は保障されないなどの縛りがあります。

 受診の流れ(基本)

 病気発生ー保険会社に連絡ー保険会社が医者を指定ー指定の医者を受診

 保証の範囲等は各社様々です。


 これらの保険は、普通は59歳までしか加入できません。60歳以上
の場合は、分かっている限りでは「ブルークロス社」のみが受け付けて 
います。保証内容や金額は年齢等によっても変わりますので、保険
会社にお問い合わせください。

 ブルークロスペソ建て保険は保険料も安いですが、他の保険会社
同様に医者の指定があります。

 ブルークロスドル建て保険は、保険料は年間2000ドルと高いですが、
どの医者でも病院でもOKです。

<参考>
フィリピンのダバオで Blue Cross保険会社を利用されている方のブログがありました。
http://blog.goo.ne.jp/yukkun03/e/4fdb4d4aa1afdec85e847b7474e75af1

http://www.geocities.jp/damgon903/Life-2.htm
上記のサイトの情報は古いと思いますので、最新情報は下記の公式サイトでご確認ください。
為替レートにもご注意ください。

ブルークロス保険会社の公式サイトは こちらです:
http://www.bluecross.com.ph/

  
----------------------------------------------------------------

日本の民間海外旅行保険

 医者・病院を選ばず、年齢も選ばず、診察・検査・薬、限度額内で
すべてが対象です。ただし、保険加入前から持っていた持病には使え
ません。

 保険期間中に発症した慢性疾患(高血圧や糖尿病)は保険対象です
が、最初の診察の時から180日間のみです。それを超えるとすべて自費です。

 日本国内からしか加入することができません。保険掛金は、保障内容
にもよりますが、1年10万円前後のようです。

-----------------------------------------------------------------

フィリピンの国保(PhilHealth)

少ない掛金で保険サービスが受けられますが、内容もそれなりです。
外来の場合はほぼ無保障。

入院の場合は、Philhealth加盟病院であれば保障が受けられますが、
限度額があります。

医師診察料でいくらまで、薬代でいくらまで、部屋代でいくらまで、
と、カテゴリーごとに限度額が決まっています。この限度額は疾患
によって違います。

限度額は1回の入院毎です。が、入院と入院の間が90日以内で同じ
疾患で再入院した場合は、1回の入院とみなされます。

加入後3ヶ月は保障が受けられない場合があります。 

フィルヘルスの詳しい内容は、こちらのサイトで
ご確認ください。
http://www.philhealth.gov.ph/members/individually_paying/


----------------------------------------------------------------

日本の国保・社保

 フィリピンでは一旦自費で支払いますが、医師の診断書とその
日本語訳(規定のフォーマットがあります。インターネットから
取得可能)、領収書を市町村役場に提出すると、いくらかは戻って
きます。いくら戻ってくるかは分かりません。市町村によって
違うようです。

日本の国保と同じなので、慢性疾患も薬代も対象になります。
高齢者には一番現実的だと思いますが、住所を日本に残して
おかないといけないので、介護保険料なども納め続けないと
いけません。

----------------------------------------------------------------

日本の民間保険会社の入院保険  

 一例として、外来レベルでは自費ですが、入院したら1日1万円もらえます。
手術の一時金も付けることが出来ます。
各社いろいろなプランがあります。大抵は海外で入院した場合も対象
になるようですが、加入時に「いずれは日本に戻ってくる予定だ」
ということが前提です。 永住者は対象外のようです。

---------------------------------------------------------------

以上の情報はあくまでも参考情報とさせていただきます。
実際に保険契約などをされる場合は、それぞれの保険会社などから
最新の詳しい情報を得て手続きされるようご留意ください。
その上で保険約款で詳細はご確認ください。


尚、こちらのページを合わせてご参照ください。
http://janl.exblog.jp/17405582/



 
 
 
 
 
 
 
 
 
     


     


       


         



 
 
 
 
 
 
 
 
     
[PR]
by janlbaguio | 2013-03-06 19:59 | 生活便利帳inバギオ

フィリピンでの医療保険事情 ・ バギオで海外旅行保険が使えるか


フィリピン(バギオ)に短期・長期で滞在する場合、
何と言っても気になるのは医療保険と病院などの事情です。

皆様の参考とするために、下記の情報をいただきました。
あくまでも参考情報ですので、その点ご留意ください。
=================


フィリピンの民間医療保険

 各社ありますが、基本的に保険会社提携の医者の診察でないと保険は
受けられません。救急を受診した時などは、保険会社と提携を結んで
いる病院の場合は対象になります。

 既に主治医がいる場合は、その医者に聞いてどこの保険会社と提携を
結んでいるか確認する必要があります。病院は、病院の窓口に保険  
会社のロゴが貼られていたりします。

 慢性疾患(特に保険加入前に発症していた疾患)については保障
対象外だったり、加入後1年間は保障されないなどの縛りがあります。

 受診の流れ(基本)

 病気発生ー保険会社に連絡ー保険会社が医者を指定ー指定の医者を受診

 保証の範囲等は各社様々です。


 これらの保険は、普通は59歳までしか加入できません。60歳以上
の場合は、分かっている限りでは「ブルークロス社」のみが受け付けて 
います。保証内容や金額は年齢等によっても変わりますので、保険
会社にお問い合わせください。

 ブルークロスペソ建て保険は保険料も安いですが、他の保険会社
同様に医者の指定があります。

 ブルークロスドル建て保険は、保険料は年間2000ドルと高いですが、
どの医者でも病院でもOKです。

----------------------------------------------------------------

日本の民間海外旅行保険

 医者・病院を選ばず、年齢も選ばず、診察・検査・薬、限度額内で
すべてが対象です。ただし、保険加入前から持っていた持病には使え
ません。

 保険期間中に発症した慢性疾患(高血圧や糖尿病)は保険対象です
が、最初の診察の時から180日間のみです。それを超えるとすべて自費です。

 日本国内からしか加入することができません。保険掛金は、保障内容
にもよりますが、1年10万円前後のようです。

-----------------------------------------------------------------

フィリピンの国保(PhilHealth)

少ない掛金で保険サービスが受けられますが、内容もそれなりです。
外来の場合はほぼ無保障。

入院の場合は、Philhealth加盟病院であれば保障が受けられますが、
限度額があります。

医師診察料でいくらまで、薬代でいくらまで、部屋代でいくらまで、
と、カテゴリーごとに限度額が決まっています。この限度額は疾患
によって違います。

限度額は1回の入院毎です。が、入院と入院の間が90日以内で同じ
疾患で再入院した場合は、1回の入院とみなされます。

加入後3ヶ月は保障が受けられない場合があります。 

フィルヘルスの詳しい内容は、こちらのサイトで
ご確認ください。
http://www.philhealth.gov.ph/members/individually_paying/


----------------------------------------------------------------

日本の国保・社保

 フィリピンでは一旦自費で支払いますが、医師の診断書とその
日本語訳(規定のフォーマットがあります。インターネットから
取得可能)、領収書を市町村役場に提出すると、いくらかは戻って
きます。いくら戻ってくるかは分かりません。市町村によって
違うようです。

日本の国保と同じなので、慢性疾患も薬代も対象になります。
高齢者には一番現実的だと思いますが、住所を日本に残して
おかないといけないので、介護保険料なども納め続けないと
いけません。

----------------------------------------------------------------

日本の民間保険会社の入院保険  

 一例として、外来レベルでは自費ですが、入院したら1日1万円もらえます。
手術の一時金も付けることが出来ます。
各社いろいろなプランがあります。大抵は海外で入院した場合も対象
になるようですが、加入時に「いずれは日本に戻ってくる予定だ」
ということが前提です。 永住者は対象外のようです。

---------------------------------------------------------------

以上の情報はあくまでも参考情報とさせていただきます。
実際に保険契約などをされる場合は、それぞれの保険会社などから
最新の詳しい情報を得て手続きされるようご留意ください。
その上で保険約款で詳細はご確認ください。


尚、こちらのページを合わせてご参照ください。




 
 
 
 
 
 
 
 
     
[PR]
by janlbaguio | 2013-03-06 19:57 | 生活便利帳inバギオ

日本の国民健康保険で 海外での病気治療費用を一部カバー &  海外旅行保険によるバギオでの提携病院 

フィリピン国内での医療費について、フィリピン・バギオ市に滞在中の日本人にはどんな手段があるのか。
参考になるサイトがいくつかありましたので、ご紹介まで:


(1) 日本の国民健康保険で一部をカバー

「海外で国民健康保険の被保険者のみなさんが病気やケガで治療を受けたとき保険が適用されます。」
http://www.add7.net/newyork/hoken.htm
上記のサイトに これを利用する場合に必要な書類などのサンプルもリンクされています。
また、日本に帰国後に支払をうける場合には 日本語訳も必要ですので ご注意ください。


(2) 海外旅行保険の利用

かなり高額の保険料になりますが、キャッシュレス支払や通訳サービスなどの安心を買う場合は このような保険会社をご利用になってはいかがでしょう。

各保険会社の提携先病院のリストがありますが、バギオ市の病院は掲載されていません:
http://www.207207.jp/features/hospital.html
ご利用になる場合は、あらかじめバギオ市でキャッシュレス・サービスが可能かどうかを
保険会社にお尋ねください。

(過去にバギオ市でキャッシュレス・サービスを利用した方は実際にいらっしゃいます。
病院ではなく 担当の医者が直接提携するケースもあるようです。)

参考までに、下記(6)に損保ジャパンの提携病院などをご案内しております。



(3) クレジット・カードに付帯している海外旅行保険の利用

クレジット・カードについている海外保険利用上の注意点などは、こちらのサイトにも参考情報があります:
http://w269.o.fiw-web.net/hoken/card-hoken-kaigai-iryouhi-cashless.htm


(4) フィリピンの医療・マニラの例

フィリピンの医療レベルについての参考情報:
http://www.海外旅行傷害保険.net/iryouhi-philippines.htm



(5) バギオの病院事情


バギオの病院については、こちらのページでご覧ください:
http://janl.exblog.jp/6112645/


(6) バギオに於ける損保ジャパンの提携病院について

参考までに、損保ジャパンに問い合わせましたところ、以下のような情報を得ることが
出来ましたのでご案内致します。

【フィリピン・バギオ提携病院】

◆病院名 NOTRE DAME DE CHARTRES HOSPITAL
◆住所 25 Ge. Luna Road, Baguio City

◆病院名 Baguio General Hospital & Medical Center
◆住所 "Gov., Pack Road, Baguio City, 2600 Benguet Benguet, CAR"

◆病院名 Baguio Medical Center
◆住所 "#9 Military Cut-Off Road, 2600 Baguio City Benguet, CAR"

上記の病院については、こちらでご参照ください:
http://baguiotour.exblog.jp/i22/
ちなみに、上記3つの病院の中で、バギオ在住の邦人に評判が良いのは
ノートルダム・デ・シャルトル病院です。


<キャッシュレス治療サービスご利用の際の注意点>

通常、提携病院にて、キャッシュレス治療サービスを提供いたしますが、
以下に該当する場合は、キャッシュレス治療が受けられない場合がございます。

■事前に海外メディカルヘルプラインへのご連絡がない場合

 提携病院のご紹介につきましては、お怪我やご病気の状況に
 合わせて、ご案内させていただいております。

 治療が必要な場合は、まず海外メディカルヘルプラインへ
 ご連絡いただきますようお願いいたします。


■保険契約証(または契約確認書)がお手元にない場合

 保険契約証(または契約確認書)がお手元にない場合は海外メディカルヘルプラ
インへ
 その旨ご相談くださいますようお願いいたします。


なお、キャッシュレス治療サービスがご提供できない場合は、
最寄の病院をご案内させていただきます。

その際は、治療費をお客さまでお立替のうえ、
帰国後に「損保ジャパン・海外ホットライン」までご請求ください。

詳細につきましては、新・海外旅行保険【off!】お申し込み画面にて
ご案内させていただいておりますので、ご確認いただければと存じます。

もっと詳しくは、損保ジャパンのサイトでご確認ください。
https://www.sompo-japan.co.jp/kinsurance/travel/kaigai/index.html


=============

こちらのページでも、フィリピンに短期・長期で滞在する際の 医療保険事情を
掲載しております。 ご参考まで。
http://janl.exblog.jp/17417313/


  

  

  

  

  

  

  

       






 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
フィリピン・バギオでの医療事情 海外旅行保険 健康保険 
[PR]
by janlbaguio | 2013-03-04 12:36 | 生活便利帳inバギオ

2013年 2月17日(日) バギオ 出張領事サービス

  
2月17日(日) 9AM-正午まで、アボン会館で 出張領事サービスが実施されます。

a0109542_16101641.jpg


a0109542_16134768.jpg


 
アボン(ABONG)会館は バギオ市 レガルダ通り プリンス・プラザ・ホテル 及び バギオ・パレス・ホテルの前の路地を入って 直進 徒歩1分ほどの左側にあります。

もっと詳しくは 下記をクリックしてください: 
http://janl.exblog.jp/17266830/ 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
     


      
[PR]
by janlbaguio | 2013-02-11 16:10 | 生活便利帳inバギオ