<   2008年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ひと足お先に 七夕祭り in BAGUIO

Let's enjoy to decorate TANABATA bamboo
trees and pray to the stars for your wishes with your children !!

以下の日時に JANL と SKLC 共同での 
「たなばた祭り」 を実施致します。

JANLメンバーとSKLC生徒の協力で 子供たちと一緒に 「たなばた飾り」作り を楽しみましょう。 メンバーのお子様以外のお子様も参加出来ますが、人数を把握するために 事前に人数をお知らせ下さい。
おやつも用意致します。

a0109542_21425544.jpg


日時: 2008年7月6日(日) 午後1時ー3時ころ
会場: セッション・ロード パトリア・デ・バギオ・ビル203 
     佐藤国際ラーニング・センター教室
主催: 北ルソン日本人会 及び 佐藤国際ラーニング・センター の共同
会費: 無料
持参するもの: 紙類と笹竹はJANLで用意しますが、
          はさみ、糊、鉛筆、サインペン、マジックなどの文具は
           ご持参願います。

[PR]
by janlbaguio | 2008-06-26 21:44 | Activity 活動内容

「北部フィリピン高地に於ける日本人パイオニア達」

「北部フィリピン高地に於ける日本人パイオニア達」
編集: パトリシア オオクボ アファブレ
発行: 北ルソン比日基金 

Japanese Pioneers in the Northern Philippine Highlands
a centennial tribute 1903-2003
Edited by : Patricia Okubo Afable
Publisher : The Filipino-Japanese Foundation of Northern Luzon, Inc.
a0109542_03918.jpg


フィリピンへの日本人移民。1903年から2003年までの100年を祝して編纂された 北ルソンにおける日本人パイオニア達の歴史を刻んだ貴重な一冊。
330ページのふんだんに当時の写真を掲載したこの歴史書は1903年から1945年の敗戦前までの日本人コミュニティーの姿を集大成した力作である。
ベンゲット道路(ケノン・ロード)の建設を始めとして、バギオ周辺の開拓・建設に大きな力を発揮した日本人達の意気込みと労苦、そして、一世を風靡した豊かな暮らしを垣間見て欲しい。

a0109542_035610.jpg

この写真は「大正十三年(1924年) 日本人学校の落成記念」です。
a0109542_043433.jpg

この日本地図に黒い丸で印があるのは、日本人移民の出身地を表しています。
関東周辺と西日本、そして沖縄が多いようです。

a0109542_051997.jpg

当時の日本人学校での行事。 運動会、学芸会、剣道、弁論大会など。
a0109542_062626.jpg

戦前の日系人社会の平和な家族のスナップ。

これは、 目次 のページです。
a0109542_073597.jpg

1. 奥地での橋の建設
   バギオとベンゲットにおける日本人開拓者の歴史
2. 大工、石工、製材の仕事
3. 私のお父さんは親方、見習いからの
4. 農業、造園、絹産業。その先駆け達。
5. ボントックとサガダの日本人社会。
6. ボントックの建築家、アイハラ ナオジロウ。

a0109542_082099.jpg

7. バギオとトリニダッドの事業家ファミリーと日本人会
8. バギオの草分けの住民、ヒデオ ハヤカワ。
9. バギオ日本人学校:卒業生からの写真
10.バギオの建築請負人、チャールズ ムネオ テラオカ。
11.フルヤ 写真コレクション
12.日系フィリピン人社会での文化と日常生活 
13.「あなた 夫 私、そして、私 妻 あなた・・」
   - それは どうやって始まったのか
14.エピローグ 1941-1945年 バギオの日本人

なお、巻末には 1903年から戦争前の1940年までの日系一世から三世までの名簿も掲載されています。


この書籍は、北ルソン比日基金のほか、「ハポネス」写真展が開かれている SMバギオの最上階にある 来々軒で 写真展期間中(2008年8月まで)に購入することが出来ます。
価格は 2,500ペソ(ハードカバー)
   
この書籍は英文です。
巻末の一部 日系人の名簿は日本語でも記載されています。


 
[PR]
by janlbaguio | 2008-06-26 00:29 | History バギオの歴史

バギオの建設に貢献した日本人たちの絵巻 開幕!


HAPONES
Photo Exhibition

i s Now OPEN !!
at Lower Basement, SM Baguio
June 20 - August 28, 2008


2008年6月20日、いよいよ待ちに待った 「ハポネス」写真展 が その地元バギオで大公開されました。

a0109542_22215263.jpg

SMバギオの地下のギャラリーには 写真が撮影された地元ならではの人々が この写真展を大歓迎して集まりました。

a0109542_22244194.jpg

そして、ここには 「ジャパニーズ パイオニア」の本の紹介もされています。
(この本に関しては、こちらのサイトでどうぞ。)

a0109542_2230678.jpg

日本人が如何に この地方に大きな貢献をなしたのか・・それは、この二枚の写真にはっきりと焼き付けられています。
a0109542_22313724.jpg

1903年、ベンゲット道路(ケノン・ロード)建設の現場。
「日本人労働者の黒い腹巻姿が見える。 道路建設作業は ほとんどが手作業だった。・・」とあります。

a0109542_2233415.jpg

このベンゲット道路の工事がいかに困難であったか、いかに多くの人々が犠牲になったか、を彷彿とさせる写真。

a0109542_2239136.jpg

北ルソン比日基金(北ルソン日系人会)のエスカーニョ氏のスピーチ。
a0109542_2240343.jpg

そして、今回のバギオでの展示に奔走して下さった アルカンタラ女史。

a0109542_22415890.jpg

昔のバギオを懐かしむように 写真に見入る老婦人たち。
a0109542_2243633.jpg

若い人たちも 食い入る様に展示を覗き込みます。

a0109542_22443286.jpg

尚、今回のバギオでの展示に際しましては、北ルソン日本人会ほかの有志の皆様に多くのご支援をいただきました。
改めて 感謝を申し上げます。

オープニング・セレモニーの様子は こちらのサイトでもご覧下さい。
http://ompongtan.multiply.com/photos/album/105
写真展は二ヶ月間開催されています。
是非 お見逃しのないよう、足をお運び下さい。
[PR]
by janlbaguio | 2008-06-20 22:26 | AJISAI 文化交流 network

Hapones Photo Exhibition in Baguio city

あの写真展が マニラのフィリピン大学アジア・センターから 地元バギオにやってきます。
a0109542_17344283.jpg

フィリピンに於ける
日本人、日系人
100年の歴史

を その写真が撮影されたバギオで 是非ご覧下さい。

2008年6月20日(金) 午後5時
SMバギオの来々軒にてレセプションを開催。

「ハポネス」写真展
は SMバギオの地下ギャラリーで無料で実施されます。
開催期間はおよそ二ヶ月間。
SMの地下駐車場から建物に入ったところでご覧になれます。

北ルソン日本人会(JANL)では、この「ハポネス」写真展の実現の為に奔走して下さる著述家でバギオ研究の主幹であるアルカンタラ女史をはじめとするフィリピンの方がたのご好意に心を打たれ、感謝を込めて、有志の方々が支援金の寄付に応えて下さいました。
a0109542_16263987.jpg


6月20日(金)のレセプションには 是非ご参加下さい。

詳しくは ミッドランド・コリア紙にも掲載の予定です。
For further details, please read Baguio Midland Courier to be issued.
[PR]
by janlbaguio | 2008-06-14 16:28 | Activity 活動内容

演出家・吉田智久さん 訳・演出の演劇公演 in Manila


VIRGIN LABFEST
at CCP on June 26, 2008
for the information in English, please see the below website.
http://www.virginlabfest.com/

Hiroichi Hase, Japanese writer wrote “Amoy ng Langit” and
Tomohisa Yoshida translated it and is directing the drama.

マニラのフィリピン文化センターで演劇祭
VIRGIN LABFEST
 (短編戯曲 演劇祭)

6月26日(木) 午後3時 と 午後8時の二回公演
マニラ CCP(Cultural Center of the Philippines)
Studio Theater (Huseng Babute)

タイトル: Amoy ng Langit
       原題: 「空のにおい」
作: はせ ひろいち
訳・演出: 吉田智久


 6月26日(木)の公演には 演出家の吉田さんと、衣装を担当する女優の小方さんも
 いらっしゃいます。

 7月5日(土)の 午後8時
 7月6日(日)の 午後3時
 この土日にも公演があります。 ただし、この二日間は 吉田さんは既に帰国されています。

キャスト: 5名の美女 (だとの情報です。)

会場のCCPへのマップはこちらです:
http://www.culturalcenter.gov.ph/aboutUs-location.htm

この近くの様子はこちらで どうぞ・・・
http://baguio.cocolog-nifty.com/nihongo/2007/week26/index.html

国際交流基金のサイトにも情報がありますが、6月13日現在、日時が違っているようですので、ご注意下さい。
http://www.jfmo.org.ph/events.htm



あじさいネットワーク AJISAI NETWORK
2008年6月13日
[PR]
by janlbaguio | 2008-06-13 22:22 | AJISAI 文化交流 network

マニラ エルミタ リサール・パークで 日比写真展 開催中

日比友好月間(2008年7月)を記念して、
7月31日まで、マニラ エルミタ リサール・パークのフィリピン市民美術館で 日本とフィリピンの写真家による写真展が開催されています。

日本現代アーティスト展 と フィリピン最新写真展 の二つの同時開催です。

詳しくは 国際交流基金のサイトでご確認下さい。
http://www.jfmo.org.ph

The Japan Foundation and
The National Art Gallery, National Museum of the Philippines
in cooperatiion with the Embassy of Japan

"Counter-Photography"
「カウンター フォトグラフィー」 (日本現代アーティスト展)

Japan's Artists
Today


June 5 - July 31, 2008
Museum hours : 10:00am - 4:00pm
(Wednesday - Sunday)

4F North Wing, Museum of the Filipino People
Rizal Park, Ermita, Manila

In celebration of Philippines-Japan Friendship Month(July 2008)


"Swarm
in the Aperture"

「窓の中の一群」(?)  (フィリピン最新写真展)

Recent Photography in the Philippines
Curated by Patrick Flores

June 5 - July 31, 2008
Museum hours : 10:00am - 4:00pm
(Wednesday - Sundahy)

4F South Wing, Museum of the Filipino People


ご注意: 
上記中 和文のところは ブログ管理人が勝手に付け加えております。ご参考までに。
会場は 北ウイングと南ウイングでそれぞれ開催です ご注意下さい。
[PR]
by janlbaguio | 2008-06-07 12:55 | AJISAI 文化交流 network