<   2008年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

2008年9月1日 バギオ市制 99周年記念日


Baguio Centennial Commission バギオ100年祭委員会で、
2008年 9月1日の式典及びイベント の内容、日程が明らかになりました。

a0109542_2353515.jpg


9月1日の 第99回バギオ・デー日程

7:00-8:00am  バギオ大聖堂などの教会でミサ
9:00-9:45am  バギオ大学体育館で名誉市民の表彰などの式典
10:00am      バギオ・デー パレード

02:00pm     コンベンション・センターで国際賛美歌合唱・演奏フェスティバル
04:00pm     セッションズ・オン・ザ・ロード

06:00pm     バギオ・カントリー・クラブでディナー・パーティー
07:00pm     バギオ大聖堂の横、ポルタ・バガ駐車場にて花火大会

バギオの日本人コミュニティーの皆様も パレードやパーティーに大勢の方々がご参加の予定です。
セッション通りで、バギオ・カントリークラブで 素敵な笑顔にお会いしましょう。


ところで、この一大イベントを実行している「バギオ100年祭委員会」を ちょっと覗いてみましょう。
a0109542_02595.jpg

美しい緑に囲まれたこの会議室は バギオ・カントリークラブの一室です。
ここで 毎月二回の定例会が開かれています。
a0109542_04393.jpg

バギオ・センテニアル・コミッションは バギオ市の条例に基づいて 各部門に責任を持つ10名のコミッショナーで構成されています。
a0109542_06538.jpg

北ルソン日本人会(JANL)は、バギオの日本人コミュニティーを代表して、文化芸術部門のサブ・メンバーとして この定例会に参加を許されております。
[PR]
by janlbaguio | 2008-08-28 00:09 | Neighbers ご近所情報

海外長期滞在者が使う保険のヒント


この情報は、マニラの大病院で働いていらっしゃる医療関係者である日本人女性メンバーからの投稿です。



ごくごく一般的なことですが、
日本の保険を海外長期滞在者が使う場合の注意点です。


海外旅行用の任意保険

保険加入前から持っていた疾患は、基本的にはカバーされない(AIUを見たら、31日以内なら大丈夫のようですね。でも、それを超える場合は、加入時に何かしないといけない。高額??)。そのため、たとえばもともと糖尿病があるとか、高血圧があるとか言う場合には、この薬代や診察代等は出ません。
保険期間中に発症した病気も、診断日から180日までしかカバーされない。海外で高血圧や糖尿病など、慢性疾患が見つかった場合は、上記と違ってカバーされますが、それも180日間だけです。これを超えると自己負担です。ただし、途中で保険期間が終了しても、180日までならカバーされるのです。

基本的に加入は日本国内からのようです。フィリピンから日本興亜とか三井住友のウェブサイトにアクセスして、オンラインで加入しようとしたら出来ませんでした。

基本的に、海外に永住の人は加入できない

キャッシュレスサービスが使える、と書かれていても、その病院のスタッフがこのことを知らないことが多いので、実際は使えない場合もある。夜間や休日の場合は、現地代理店が閉まっているので、ますます使えない可能性が高い。(セントルークスでは私たちがやるので、キャッシュレスは使えることが多いですが、代理店が閉まっている夜間や休日は、使えないこともあります)

国保や社会保険を海外で使う場合

申請フォームが必要で、そこに医師のサインなどが必要。フォームはインターネットからもダウンロードできるようです。
後日、それを翻訳して、市役所等に提出しなければならない。
役所によって対応はさまざまのようで、東京某区は、なんでもかんでも保険を出してくれるようですが、福岡某市は、非常に厳しいと言っていました。たとえば、日本で保険適応で使われている薬でも、ブランドが違って商品名が違うと「日本では保険適応になっていない」といって却下される、とか。

いくらの限度額が必要か?    

どんな病気にかかるか、どこの病院にかかるか、によって、凄い違いです。うちの病院は、フィリピンで1,2を争う高額病院ですが、フィリピンの保険会社の限度額(10万とか20万)のレベルだと、盲腸の手術をカバーするのがいいとこ、というところでしょうか。もうちょっと年齢が上がり、たとえば心筋梗塞を起こしかけて心臓の血管造影と治療、と言うことになると、1Mからかかってきます。こうなると、フィリピンの保険会社はお手上げですね。日本の保険でも、200万円の限度額のプランもあるので、そうなると微妙です。

日本からの旅行者(若い人)で、こっちで運の悪いことに脳出血を起こし、うちで手術した人がいますが、100万ペソ以上かかりました。限度額が200万円だったので、持ち出しです。家族の人がこっちに来ましたが、救援者費用があったので、その点は助かったと思います。飛行機代やホテル代などが出ますから。
ちょっとした病気、怪我程度で、入院不要なら、10万ペソあれば大抵は大丈夫だと思います。

薬は日本よりも高いし、医療も高いし、ほんと、フィリピン人って大変だと日々実感しております。


フィリピン国内での保険

フィリピンは医療費が高くて大変です。日本と同等の医療を受けようと思ったら、日本以上の金額を払わないといけません。企業の駐在員の場合は、会社で海外保険に加入してくれる場合が多いので問題ないのですが、そうでない場合は大変です。

いろいろな患者さんをみましたが、日系企業でも現地採用の場合や、退職者ビザでこられているかたがた、フィリピン人と結婚されている方々は特に、値段を気にしながら検査や治療を受けている感じです。 日本の国保が海外でも使えるとはいえ、申請は面倒(診断書の日本語訳などをつけないといけない)で、戻ってくるお金もごくわずか。フィルヘルス(フィリピンの国保)も、カバー額が小さすぎて、あまり頼りになりません。

私自身も、今は病院のスタッフ割引がありますが、就職前に入院したときは相当いたい思いをしましたし、これから先、もしも病院を退職したら大変だな・・・・、と思っています。で、ちょっと調べてみました。

皆さん、フィリピンの保険会社の保険、お持ちですか? いくつも会社があるのですが、年齢や保険金の上限額にもよりますが、一人1年1万ペソ前後で加入できる医療保険がいくつもありました。
歯の治療がカバーされるものもありますし、年に一回の定期健診がカバーされているものもあります。もちろん、内容によって保険が効かないものもあるのですが・・・。でもまあ、なかなか手ごろだと思います。私も病院を退職するときには入らないと。 家族単位で入れるものもあります。

いずれにしても、カバー期間など、保険のプランによって多少の違いがある可能性もあるので、実際のところは保険約款などを確認することが必要です。



(この情報は2008年8月のJANLメンバーからの投稿です。)
[PR]
by janlbaguio | 2008-08-26 14:29 | 生活便利帳inバギオ

バギオ100年祭委員会 事務局訪問 9月1日はパーティです


JANLが バギオ市制100周年祭の委員会 にサブ・メンバーとして参加することが決定しましたので、 そのBaguio Centennial Comissionの事務局を訪問しました。

事務局はフィリピン大学バギオ校の前にあるコンベンション・センターにあります。
舞台のあるホールの中に入りますと、舞台に向って右上、観覧席の上に事務局がありました。

a0109542_151340100.jpg

これが 事務局の中にあるバギオ100年祭の立て看板です。
事務局のスタッフの方々が楽しそうに仕事をされていました。
a0109542_1557726.jpg

壁には一面に2008年9月から2009年の年末までの日程表が貼られています。


プレ-センテニアル 
ディナー
2008年9月1日

Pre-Centennial Dinner on Sep.1, 2008

100周年は2009年9月1日ですが、今年2008年9月1日に一年間に渡る盛大なお祭りの開催を告げる「プレ・センテニアル・ディナー」パーティが 100年以上のアジア初の伝統を誇る名門ゴルフクラブ、バギオ・カントリークラブで開催されます。
いわば前夜祭のパーティーです。
a0109542_15585035.jpg

これがそのパーティー券。 一枚1,000ペソ! 全部で1,600枚が売りに出されていますが、何人の方々が実際に参加するんでしょうか。
北ルソン日本人会(JANL)は30枚をお預かりしましたが、8月20日現在ご予約が24枚となり、嬉しい悲鳴をあげております。

ちなみに、主なチケットの配布先は、 ロータリークラブ 105、銀行 136、バランガイ 136、 国政府 88、 歯科医師会 50、 中国人コミュニティー 60、 韓国人コミュニティー 30、大企業では テキサス・インスツルメンツ 50、 モーグ・コントロール 40、  その他のバギオ特別経済区企業 154、 その他は 各自治体関係、学校関係、有力な個人などとなっています。

パーティーは、9月1日午後6時に第一部(カクテル)、午後7時から第二部(セレモニー、ディナー、ミュージカル・エンターテインメントなど)で、 お土産も用意されているようです。

JANLの残り手持ちチケットは6枚です。(20日正午現在)
参加ご希望の方はご連絡下さい。
パーティー・チケット COUNTDOWN!!
8月20日 06:00pm 残り5枚
8月20日 08:00pm 残り2枚
8月21日 10:00pm  完売 しました !!

皆様のご協力に感謝申し上げます。

完売ではありますが、もしチケットを手に入れたい方がいらっしゃるようでしたら バギオ100年委員会事務局に残りの券があると思いますので、ご連絡いただけば手配致します。
その場合は、SMバギオ最上階のラーメンハウス「来々軒」で現金引換えと致します。


(2008年8月21日更新)
[PR]
by janlbaguio | 2008-08-20 15:15 | Activity 活動内容

北ルソン日本人会(JANL)がバギオ市制100年祭委員会に参加

Baguio Centennial Commission welcomed Japanese Association in Northern Luzon, Inc.(JANL) for the participation !

来年2009年9月1日はバギオ市誕生の100周年記念日です。
その記念すべき年を盛大に祝うため、今年2008年9月1日の99周年記念日から様々な記念事業が来年の年末まで予定され、その企画準備が進められています。
a0109542_0114638.jpg

(The above Centennial Logo is under control of Baguio Centennial Commission. Please contact for the detail of its use. このバギオ100年祭のロゴ・マークは委員会の管理の下に使用されています。 又、このロゴの意味については 一番下の解説をお読み下さい。)


このバギオ100年祭を実行するためのバギオ100年祭委員会(Baguio Centennial Commission)がバギオ市の条例によって設置され、Dr. Vergilio C. Bautista を議長として、各界を代表する10名の委員によって準備が進められています。

当初日本人コミュニティーを代表する委員としてバギオ名誉日本総領事カルロス寺岡氏が指名されましたが、同氏の都合により辞退され、この8月から北ルソン日本人会(Japanese Association in Northern Luzon、Inc. 略称JANL)が寺岡氏のご推薦によってバギオ100年祭委員会の芸術・文化委員会のサブ・メンバーとして参加することとなりました。

下の2008年8月17日付け Baguio Midland Courier新聞の記事にもありますように、2008年8月13日の同委員会の定例会を皮切りにバギオの日本人コミュニティーを代表するグループとして参加・協力する運びとなりました。
a0109542_0155313.jpg


<<記事内容の翻訳は以下の通りです:>

2009年9月1日のバギオ市制100周年記念まであと377日です。

バギオカントリークラブに於いて先週水曜日に49回目の バギオ100年祭委員会の定例会が開かれました。 北ルソン日本人会の代表である小国秀宣氏が会合に参加し、 バギオ100年祭委員会のEdilberto Tenefrancia弁護士の下  芸術・文化委員会を通じてバギオ100年祭に協力し寄与したい旨の 表明がありました。

バーヒリオ C.バウティスタ 100年祭委員会議長は 小国氏が 代表する日本人グループの参加を歓迎し、来年の歴史的祝典に 於いて国際的見地を反映するために同氏の関与は重要である と述べました。

(以下省略・・・) 

 
上のバギオ100年祭のロゴ・マークの解説は以下のとおりです:
a0109542_0195690.jpg


バギオ100年祭委員会の詳細は こちらのサイトでどうぞ。
 
 

 

 
 
 

 
 
 
 
 
 
[PR]
by janlbaguio | 2008-08-18 00:20 | Activity 活動内容

日本の夏、祈りの夏 - カリラヤ日本人戦没者慰霊祭


フィリピン最大の湖ラグナ湖がマニラの南東に広がっています。 マカティから車でおよそ三時間、そのラグナ湖の東岸にあるパグサンハン(Pagsanjan)へ、そしてそこからさらに北東へ10キロばかり行くとブラックバス釣りやウインド・サーフィンで有名な カリラヤ
(Caliraya)
 の人造湖があって、その先にJAPANESE GARDEN(日本庭園)があります。 この地域はマニラやバギオではほとんど感じない鬱蒼とした南国の緑に覆われた「フィリピン」を改めて感じるところです。
a0109542_21253096.jpg
この庭園は日比両国の協力によって昭和51年に造られた庭園で、昭和48年に既に建立されていた 「比島戦没者乃碑」 があります。
a0109542_2127991.jpg


8月15日の終戦記念日にあわせて、在フィリピン共和国 日本大使館主催の日本人戦没者慰霊祭 が例年通りにラグナ湖の東岸にあるカリラヤ(Caliraya)慰霊園にて開かれました。
a0109542_2128467.jpg


日本大使館からの案内には「比島戦没者乃碑」の昭和48年(1973年)建立以来、本慰霊祭は日比両国の戦没者を悼むとともに、両国の平和と友好を記念するため、当館主催の下、毎年8月15日の終戦記念日に実施しています。」とあります。
a0109542_21292685.jpg

運よく日本の暑い夏を思わせるように晴れ、慰霊祭は午前9時半から一時間ほど、滞りなく行われました。
a0109542_21303817.jpg

バギオで北ルソン日本人会(JANL)を結成して初めての祈りの夏。
a0109542_21314084.jpg

バギオそしてさらにルソン島北方山中での激戦、バギオ陥落後の逃避行、悲惨な飢餓地獄の中に倒れて逝った方々を含めフィリピン全土で50万人と言われる日本人の民間人、将兵の霊はもとより、米国人戦没者、そしてその両国の間で国土を蹂躙され無念の内に犠牲となった100万人とも言われるフィリピン人の御霊に深い祈りを捧げます。
a0109542_21324183.jpg
 
 

ちなみに、フィリピン戦を指揮した山下奉文大将が正式に降伏文書に署名したのは昭和20年9月3日(1945年)、バギオのジョン・ヘイに於いてとされています。
この 9月3日は バギオではフィリピンが解放された  「山下降伏
記念日」
 となっています。



追記:
慰霊祭の中で、フィリピン人のコーラス隊による日本の唱歌などが歌われましたが、その曲の中でも「千の風にのって」は胸に迫りました。
今でも、人知れずフィリピンの土となっている彷徨える日本人の御霊に「安らかに」と祈らずにはいられません。

 
(2008年8月15日) 
 
 
 
[PR]
by janlbaguio | 2008-08-16 21:33 | Neighbers ご近所情報

タクシー: 知らないとトラブルの元



新聞によりますと、この暫定処置は
2008年12月15日(月)から
廃止されています。

10ペソを追加で払う必要はありません。


皆さんはもうご存知だとは思いますが、バギオでもタクシーに乗ると フロント・グラスの右上にこんなステッカーが貼ってあります。

a0109542_7194254.jpg


これは LTFRB(Land Transportation Franchizing & Regulatory Board, 陸運フランチャイズ・調整評議会)が発行したステッカーですが、 何が書かれているかと言いますと、
「メーターの実際の料金に10ペソ追加して料金を払って下さい。」
という事です。
 
英語が出来ない、情報を知らなかったなどの理由で運転手との間でトラブルになるケースもあるとの事ですので、念のためにお知らせいたします。

これは、皆様ご存知のように、原油高騰によるガソリン代の値上げをカバーする目的です。

尚、バギオでの初乗り料金はメーター25ペソですが、これに必ず10ペソを追加して支払うということになります。

ちなみに、マニラでは初乗り料金が35ペソだそうです。
物知りの人に聞いたところ、この10ペソ高いのはエアコン料金だとか。
本当でしょうか?
もしかしたら、マニラの事ですから、渋滞料金とか運転手の生活費がバギオより高いからかもしれません。

ところで、 このステッカーが貼っていないタクシーがあったら、 それは偽タクシーだそうですよ。
 


(この情報は2008年8月現在です。) 
 
 


 
[PR]
by janlbaguio | 2008-08-14 07:31 | 生活便利帳inバギオ

バギオは東京やシドニーよりも安全? バギオの犯罪率


バギオの地元の人は「マニラは恐い。」「マニラは外国だ。」「マニラのタクシーは乗るのが恐い。」「バギオでは運転手が乗客を恐がる。」「バギオのタクシーはちゃんとメーターで走って、お釣もくれる。」などと言います。

JANLメンバーのブログにバギオの2008年上半期の犯罪率の情報が掲載されましたので、ご参考までにその一部を抜粋します。

このデータは、新聞記事やインターネットでの情報を元にメンバーが計算・編集したものです。

人口10万人当たりの犯罪率
内訳    バギオ   東京  シドニー
窃盗      184  1,606  3,524
傷害      133     58    920
強盗       79    265  1,586
殺人       10      1      1
婦女暴行     7      2     47
不明      203      -      -
合計     616  1,932  6,078

尚、バギオで犯罪が多い時期はフラワー・フェスティバルの2月を中心にした観光シーズンであることが分かります。

詳しくは こちらのサイトへ お願いします。

ところが、フィリピン全体やメトロ・マニラの犯罪率を見るとちょっと首をかしげることが。 殺人件数の率はほぼ正確だと思いますが、その他の犯罪率が東京、シドニー、バギオとは異様に違います。

フィリピン全体:
2006年の犯罪件数 71,227件
内 殺人件数      9,495件
推定人口       88.7百万人
10万人当たりの犯罪率
犯罪全体   80.3
殺人のみ   10.7


メトロ・マニラだけの数字は:
2007年の犯罪件数  17,828件 
内 殺人件数    (データなし)
人口      11,553,427人
10万人当たりの犯罪率 
犯罪全体  154
メトロ・マニラはフィリピン全体平均の2倍ほど犯罪が多い。

後段の詳細は こちらのページへ どうぞ。

データの読み方、分析の仕方は様々出来るかと思いますが、日々用心するに越したことはありませんね。
[PR]
by janlbaguio | 2008-08-12 12:17 | 生活便利帳inバギオ

Baguio City Market バギオ市場 コーヒー豆編


「生活便利帳 in バギオ」 コーナー
バギオ市場の地図 第四弾 !!

フィリピン産 コーヒー 
ベンゲット・コーヒー をここで発見 !!
a0109542_1643157.jpg

ちょっと地図が小さくて見にくいですが、  の記号が右下にあります。

A コーヒーはここです  角のお店と2軒?先の2店舗あります。 
ガルシアには カリンガコーヒーサガダコーヒーと種類が豊富で、幻のコーヒーと言われるアラミッドコーヒーもここで買えます。
ちなみにアラミッドコーヒーは野生のジャコウネコの糞から取れたという貴重品

一般にフィリピンで買えるコーヒーはバタンガスコーヒーとして有名なバラコ種ですが、このコーヒーは酸味が強いが香りが弱い、バギオではこの香りが楽しめるアラビカ種を購入できるのでアラビカとバラコのブレンドを楽しむことができます。
アラビカコーヒーはベンゲットコーヒーとして名前が知られています。

面白いのは大豆を炒ったものが売られていて安いので、これをコーヒーとして飲む人も多いです。


<御案内>
「生活便利帳 in バギオ」の全体をご覧になりたい方は、右の「カテゴリ」で 「生活便利帳 in バギオ」を クリックして 下さい。


(この情報は 2008年8月現在です。)
[PR]
by janlbaguio | 2008-08-07 16:48 | 生活便利帳inバギオ

ナギリアン道路、北サンフェルナンド、アゴオへ 平和を祈る旅

2008年8月3日 ライオン道戦跡慰霊訪問団 34回目のバギオ訪問


バギオへの戦没者慰霊を昭和50年から毎年続けている「ライオン道戦跡慰霊訪問団」の皆さんに同行しました。今年は34回目のバギオ訪問だと伺いました。 
この訪問団の名称は、今は亡きバギオの修道女シスター海野が名付けてくださったのだそうです。(ライオン道とは、ライオンの頭部の石像があるケノン・ロードのことです。)

8月2日には ラ・トリニダッドの北にある戦跡21Kとアトックを訪問されたそうです。

訪問団の団長は愛知の鈴木さんと静岡の川崎さんで、山下大将直轄の偵察と護衛を勤めた捜索16連隊で終戦までバギオ近郊で戦った方でした。 訪問団の他の参加者は、将兵だった親の面影を偲ぶ次の世代の方々でした。
a0109542_12143563.jpg

ナギリアン・ロード、激戦地だったイリサンの道と雨に霞む山。

一ヵ月後の9月3日は奇しくも、バギオのジョン・ヘイで
「山下奉文大将が降伏文書に署名をした日」
としてフィリピンの記念日
 となっています。 
ナギリアン道路はあいにくの雨でしたが、その雨の中で線香を点して道路脇での慰霊が行われました。ナギリアン道路での激戦地イリサンでは、慰霊碑も無い道路脇での合掌となりました。
a0109542_12165186.jpg


北サンフェルナンド(ラ・ウニオン州のサン・フェルナンド市)のポロ・ポイントと呼ばれる岸壁は、日本からの兵員・物資が命からがら揚陸されたところです。
a0109542_12175274.jpg

今は静かな波音だけが聞こえるサン・フェルナンドの港。日本からこの港に無事に辿り着けなかった船舶・将兵も多いと聞きます。 そして、やっと陸揚げされた戦略物資はバギオへ運ばれる前に大部分がここで破壊されたのだそうです。
a0109542_12191082.jpg

サン・フェルナンドから30分ほどのところにあるアゴオ(Agoo)の町役場
その町役場の前庭には立派な「日比友好平和之塔」がありました。
a0109542_12204221.jpg

そして、その記念碑の裏には 「独立混成第五十八旅団(盟兵団)隷下各部隊戦没将兵11,445柱の英霊此処に眠る。・・・1993年3月30日」と書いてあります。
リンガエン湾を埋め尽くした米国の艦船からの一週間にもわたる艦砲射撃で海岸線の防衛にあたった日本軍陣地はことごとく粉砕されたのだそうです。
a0109542_12213867.jpg

蝋燭と線香に火を点し、慰霊をする皆さん。

そして、8月3日の夜は アボン(北ルソン比日基金の会館)で訪問団の皆さんとアボンの皆さん、そして今回の慰霊に協力・同行された方々が集いました。
a0109542_12301251.jpg


訪問団の方がたからフィリピンの子供達への奨学金が贈呈され、その後は皆さんの余興が披露されました。
a0109542_12314723.jpg

今年もお元気な福田さんは、「バギオで眠る兄に会うと、元気が出ます。」とおっしゃり、
「木曽路の女」の名調子。
a0109542_123228100.jpg

アボンの若い人たちは 日本語で一所懸命にゴタイゴの「ビューティフル・ネーム」などを・・・
a0109542_12335318.jpg

飛び入り参加は、訪問団のお一人 静岡の川崎さんの個人的戦跡を辿ってイトゴン方面の山々を道案内をなさった山岳州出身のミュージシャン ブライアンさん。 カンカナイ語で
「美しい女の人」という歌を披露されました。
「その美しい顔を見ているだけで、なにも食べなくても何日も生きていられるというくらい幸せ」だとか。
a0109542_1234405.jpg

そして、アボンの役員さんたちも過去34年にも渡る訪問団を歓迎し、奨学金のお礼にと歌をうたわれました。 
a0109542_1563859.jpg


もうすぐ90歳に手が届くとおっしゃる鈴木さんと川崎さん。
来年も是非お元気でバギオへお越し下さい。
慰霊訪問35回記念とバギオ市制100年祭を祝い、戦争で亡くなった方々の霊を慰める為、そして今からの新しい平和な100年の為に一緒に日本の桜を植えましょう。



捜索第16連隊については こちらのサイトをご参照下さい。



(2008年8月3日の同行記録です)
[PR]
by janlbaguio | 2008-08-04 12:09 | Neighbers ご近所情報