<   2008年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

バギオ100年 - 今確かめる戦争から平和への道のり


"Forum, Story-Telling & Interaction on the Tragedies on World War II"
the Theme :
"Reconciling our Past, Journeying to a Peaceful Future"

2008年10月27日、バギオ大学には70名前後の人々が集いました。
「第二次世界大戦の悲劇についてのフォーラム、物語り、そして対話」
a0109542_1623530.jpg

a0109542_16405671.jpg


この日、Interfaith Center for a Culture of Non Violence (ICCN)(宗教を超えた非暴力文化センター)とBaguio Centennial Commission(バギオ100年祭委員会) 並びに バギオ大学の協力によって 第二次大戦中の悲劇について元日本兵のビデオ・メッセージを元にした平和の集いが開かれました。

a0109542_16251148.jpg

左から、Chito Guerrero氏(ICCN)、神直子氏(Bridge for Peace)、Rey Bautistaバギオ市長、Virgilio Bautistaバギオ100年祭委員会会長、そして退役軍人会代表。
会場には、周辺自治体の町長、退役軍人の皆さん、北ルソン日系人会や北ルソン日本人会の皆さんも参加されました。

a0109542_16262397.jpg

主催者の一人である ICCNの Chito Guerrero氏は フィリピン戦での様々な残虐行為があったこと、又その時の日本軍には弾薬も食料もなくフィリピン国民から奪うことしか道がなかったことなども説明されました。 
又、同時に 日本における教科書について、「過去の悲劇を繰り返さないという視点に欠けているのではないか。」との指摘もありました。

a0109542_16432798.jpg

ビデオ・メッセージを作成したのは 日本のNGO団体Bridge for Peaceの代表 神直子さん。 テーマは Reconciling our Past, Journeying to a Peaceful Future (過去の和解、平和な未来への旅)です。

a0109542_16274638.jpg

ビデオの中の元日本兵の語りで、私の心に残った言葉は 以下のようなものでした:
「当時は誰もが戦争に賛成していた。 だれも平和などと言う言葉は使えなかった。 そんなことを言えば捕まえられた。」
「戦後、フィリピンに慰霊には行った。 しかし、それは一緒に戦った戦友の慰霊の為で、フィリピンの人たちに謝るものではなかった。 それが今も心の傷として残っている。」
「若い人たちには、今のこの平和を未来に向って大切にして欲しい。」

a0109542_16293924.jpg

ビデオを見た後、様々な方からのスピーチがありました。  
日本の兵士達は軍国主義の国から「送られて」しまった人たちだったのだし、フィリピン人にも日本人にも広島や長崎の原爆被害者を含め多くの市民の犠牲者が出たのだから、双方の国民が戦争の犠牲者なのだ。 この元日本兵の人たちの謝罪を受け入れて、一緒に平和を守っていこうじゃないか、との主旨でした。

この中で、バギオのシニア市民協会の会長エスカニオ氏から、9月3日の「山下大将降伏記念日」が バギオ100年となる来年からバギオにおける 「フィリピン・日本友好の日」 としてバギオ市議会で決定された旨の報告があり、会場に拍手が湧き上がりました。 
(この決定にいたる背景については こちらの新聞サイトでご覧下さい。)


a0109542_16321050.jpg

a0109542_16331967.jpg

会議室での集いの後、参加者全員が戦争・平和への想いをそれぞれに小さな紙に書きとめ、それを小さな庭園で願いを込めて焼き、平和の鳩と風船を飛ばして和解と平和への誓いを心に刻みました。
a0109542_16345582.jpg

この集いには、バギオ大学に交換留学中の長崎ウエスレヤン大学の学生4名も参加していらっしゃいました。

a0109542_16444720.jpg

 
来年の2009年、バギオ100年祭の年は、バギオへの道であるベンゲット道(ケノン・ロード)建設に多くの犠牲を払いながら貢献した日本人のベンゲット移民から始まった本格的なフィリピンと日本との人的交流からの100年でもあると言えるでしょう。

そして、太平洋戦争がパール・ハーバーへの奇襲で始まった1941年12月8日、バギオのジョン・ヘイにも日本の航空機による爆撃が始まったのです
(このことはあまり知られていませんが、この会場で私の隣に座った退役軍人の方が、「私の叔父がその時ジョン・ヘイのセキュリティーをやっていたから、これは本当ですよ。」と教えて下さいました。)
そして、もちろん、クラーク空軍基地やダバオなどフィリピン各地への空爆もこの日に始まったのだそうです。

そして、そのフィリピン戦は、奇しくもバギオの同じジョン・ヘイでの山下大将による正式な降伏文書への署名で幕を閉じることになりました。
 
バギオの過去の100年の歴史は、日本とフィリピンの歴史と切っても切れない重い意味合いを含んでいるのです。 
今から100年の日本の未来は、バギオ、フィリピンとどう関わっていくのでしょうか。
 
 

(報告: HO)

 
[PR]
by janlbaguio | 2008-10-27 16:14 | AJISAI 文化交流 network

バギオ100年 過去 と 未来 を語る


バギオ100年を大きな節目ととらえ、歴史をふりかえり、未来への希望を構築しましょう。
バギオ100年祭協賛イベントのご紹介です。

(日本語での説明は下をご覧下さい)

The following invitation was received from
Baguio Centennial Commission.
Your participation would be appreciated to learn the history.

a0109542_022960.jpg


========

The Baguio Centennial Commission in partnership with Interfaith Center for a Culture of Nonviolence(ICCN) is hosting a morning gathering of story telling and interaction about the tragedies of World War 2 in the context of apology, reconciliation and closure.

Part of the program will be a presentation of video documentary of old
former Japanese soldiers in their twilight years asking for forgiveness and apology for the atrocities they have committed during the war in the hope of putting closure to the issue and as a reminder to the younger generation not to repeat the same mistakes made in the past.

We wish to invite you to the said gathering to be held on Monday, 27 October 2008, 8:30 to 11:30 in the morning at the Audio Visual Room(AVR) of the University of Baguio. Together, let us look forward to this occasion as a start of series of activities in support to peace conflict transformation and reconciliation.

Very truly yours,

Dr. Virgilio C. Bautista
Chairman
Baguio Centennial Commission


バギオ100年祭委員会より 上の招待状を受け取りましたので御案内申し上げます。
(JANLにて翻訳)

===========
2008年10月20日

北ルソン日本人会

拝啓

バギオ100年祭委員会は 非暴力文化インターフェイス・センター(ICCN)(宗教を超えた非暴力文化センター)と協力して、第二次世界大戦の悲劇についての物語を語り合う朝の集まりを開催します。 その内容は謝罪、和解、そして終息ということです。

プログラムの一部は元日本兵の老人のビデオ・ドキュメントで、彼らの黄昏の時を迎えて、戦時中に彼らが犯した残虐行為について許しを乞うもので、その課題に幕を下ろし、若い世代に過去のような過ちを繰り返さないよう思い起こさせることを願っています。

10月27日月曜日、午前8時30分から11時30分まで、バギオ大学の視聴覚教室(AVR)にお集まりいただきたくご招待申し上げます。
この機会を平和と対立の変化、そして和解をもたらす弛まぬ活動のスタートとして、共に期待しましょう。

敬具

バーヒリオ C. バウティスタ博士
会長
バギオ100年祭委員会

========

以上です。


バギオ100年祭で その歴史を遡る時、避けては通れないのが第二次大戦の悲劇です。

戦争によって日本人自身が破壊した 戦前のフィリピンにおける、バギオにおける日本人社会の繁栄は 今の私達にとっては和解し、再構築していくべきものではないかと思います。

このようなイベントを通じて、若い世代の日比両国の人々に伝えていくべきものを提供いただくことを喜びたいと思います。

皆様も是非 足をお運び下さい。


(JANL、 あじさいネットワーク)
[PR]
by janlbaguio | 2008-10-23 00:25 | AJISAI 文化交流 network

バギオの歴史を学ぶコーナー(8ページ目)


CITY OF PINES 「松の都市」
著者: Robert R. Reed


第四章
バギオの建設初期

開発のデザイン: バーンハム計画



p103
このように、バーンハムはバギオの管理された拡大を求め、又同時に、都市の指定保留地内あるいは周辺における松の森を維持することに心を配るよう求めたのでした。

p111
このバーンハムとの計画作成の結果として、又、その他のおびただしいベンゲットでの調査を含め、フォーブス行政長官は 高原保養地および地域の首都としてバギオが開花するために必要な条件は三つであると結論付けた。 

第一番目は、ベンゲット・ロードを完成することが絶対に必要であること。それは、低地から高地へ到る納得出来る料金での交通機関を保証することであり、さらに、山岳都市の都市保留地内での優れた道路網を開発する為である。 これらの基盤整備計画が終わってこそ、傷病者や、休養をする人々、それにその他の高地への旅行者が、その数に於いて、中核となる高原保養地を維持するに十分なものとなることが出来るのである。

二番目には、フォーブスはバギオに於ける宿舎、食事、リクリエーション施設は、適切な道路がパンガシナンと繋がれたあかつきには、予測される旅行者を受け入れるには全く不十分であるとはっきりと認識していた。 彼はこれらの条件を改善すべく、ホテル、レストラン、クラブ、そして公園などへの投資を、政府内および個人においても喚起した。

最後に、フォーブスは、バギオの完全な成功は、マニラの一時的在住者である西欧人コミュニティー、主要な中核都市のエリートのスペイン系白人、さらにはフィリピン国中に台頭するフィリピン人中産階級の人々が興味を持ち、支持を続けてくれることに掛かっている確信していた。

・・・ 新しい道路が開通した後でさえも、山岳地域への旅はまだ非常な困難を伴うものであった。 遅くて退屈なマニラからダグーパンへの鉄道でのたびの後に、バギオへの巡礼者は高原へ到着する前に 53マイルにも及ぶ馬又はラバでの荒っぽい旅行を強いられたのです。 さらには、六月あるいは七月に南西モンスーンが始まると、常に大きな崖崩れや、橋の流出や、ベンゲット・ロードの間欠的な閉鎖に見舞われたのでした。
[PR]
by janlbaguio | 2008-10-17 23:10 | History バギオの歴史

「ソルヴェイグの歌」 只今連載中!!


「ソルヴェイグの歌」 只今連載中

素人作家の短編小説 「ソルヴェイグの歌」は こちらです。


ヌエバ・ビスカヤ州バヨンボンであったという戦争中の話を元に JANLメンバーのお一人 
佐世たもつ さんが短編小説を連載中。

どういういきさつかと言いますと:

「先日、我が下宿に アメリカで35年間も生活したIT技術者であるフィリピン人の老紳士が一泊だけ滞在されました。 日本軍がフィリピンを占領していた時代に2~3歳だったそうです。

日本語を教えている日本人が下宿しているよと大家さんから 聞いたその紳士は、私に興味を持って 一杯やろうということになり、夜遅くまで話を伺いました。

その時に彼が話してくれた戦争中の話に私は感動し、 彼がその時にパソコンに入れていた「ソルヴェイグの歌」という曲を聴いて さらに印象を深めました。

その時の彼の話を元に 想像を膨らませ、尾ひれを付けて物語を連載しております。」

と言う事です。
さらに、この短編小説には来年への夢も重ねているようです。

「たまたま、今、来年のバギオ市制100周年記念事業をいうのをいろいろ企画中でして、 その企画のひとつとして、バギオの元米軍保養地キャンプ・ジョン・ヘイで山下大将が降伏文書に署名した「山下降伏記念日」というバギオ市の9月3日の記念日に、日本とフィリピンの平和記念事業として 「平和記念演劇祭」 というのをやれないものかと 関係者と頭をひねっているところです。

その演劇祭の火付け役である フィリピン人演劇作家・演出家・監督の方に 上述の戦争中のエピソードをお話しましたところ、 それは素晴らしい、戦前の日本人たちがフィリピンへ移住し、ケノン・ロード(ベンゲット道)建設に命をかけ、 バギオの建設に関わってきた物語と一緒に そのエピソードも入れてみましょう、などと話が盛り上がってきています。

なんとか、この平和記念演劇祭を実現したい、成功させたい、と日本人の演出家の方などとも相談し、演劇祭への助成金などを出してくれる機関などを探すべく奮闘しているところです。 (もし 芸術文化への助成をされている機関などをご存知の方がいらっしゃいましたら ご紹介下さい。)

なお、この演劇の仮タイトルは
「ケノン・ロード建設-世界平和と調和への道」  
と言うもので、およそ100年前に 本格的な日本人移民第一陣とも言うべき 「ベンゲット移民」が ケノン・ロード(旧名ベンゲット道路)の建設に携わった内容になっています。 バギオ100年祭は ただ単にバギオ市の歴史ではなく、 日比交流史と密接不可分な関係がある ものだと考えております。
(下のフィリピン日本人商工会議所のサイトより)
http://www.jccipi.com.ph/2-9.pdf#search='日比交流史'


フィリピン人劇作家の方の構想としては、フィリピン人、アメリカ人そして日本人の俳優に協力してもらい、国際的な演劇にしたいそうです。」

とのお話です。

来年実現出来るかどうかまだ分かりませんが、その演劇の雰囲気の一端となるかもしれない短編小説を まずはお楽しみ下さい。
[PR]
by janlbaguio | 2008-10-09 18:53 | 会員 エッセイ・コーナー

新しいボランティアの先生に来ていただきました !


JANLが毎週土曜日に開いている 子供達のための日本語教室
a0109542_22404312.jpg

ボランティアは 東京の某大学英文科で勉強中の姫野さん
今は 一年休学して、バギオで英語留学中です。
a0109542_22433118.jpg

以前から、JANLのイベントに参加していただいた姫野さんが、こども達の為に 日本語を教えて下さることになりました。
a0109542_22454452.jpg

今日の授業は・・・・ 自己紹介がわりの?・・・「ドラエモン」でした。 
 
姫野先生! 
よろしくお願いします!

 
 
[PR]
by janlbaguio | 2008-10-04 22:55 | Activity 活動内容