<   2008年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

第19回 シスター テレシア海野 の記念日

 
12月31日は シスター テレシア海野 の命日。

a0109542_2213050.jpg


その19回目の シスターを偲ぶ集いが アボン会館で開かれました。
a0109542_224063.jpg

これが そのアボン(小さな家)。
a0109542_2255757.jpg

その入り口に掲げられた銘文には このように記されています。
(翻訳はJANL・ho)

この会館は 比日友好協会(1972)及び 北ルソン比日基金(1987)の創始者/オーガナイザーであるシスター テレシア海野 の記念に 心をこめて捧げます。

日本の静岡で退職した教師であったシスター テレシア海野は、 「何か私に出来ること」を探してフィリピンにやって来ました。 人を助けるという燃えるような情熱に染め抜かれ、シスターの最後の18年間は、バギオ市と北ルソンの日系フィリピン人を探し出し、皆を集め、そして支援することに捧げられました。

最初の熱心な日系人グループと共に、シスターは1972年に友好協会を、1987年には基金を創設することを促しました。 今日、その日系人達は、四半世紀前にシスターが始めた使徒としての役割とその使命を継続するために定期的にABONG(小さな家)に集っています。

この記念会館は、 シスター テレシア海野 の無私で忍耐強い人道的な仕事の遺産及び輝ける証として建てられました。

―以下省略―

フィリピン・バギオ市
1998年11月15日
 
a0109542_229438.jpg

シスター海野を偲んで 朝のミサが執り行われました。
a0109542_2211695.jpg

a0109542_22121918.jpg


この朝 この会館に集まり、祈りを捧げる日系人やその奨学生たち。
その最前列には、フィリピン日系人会連合会・会長であり、北ルソン比日基金の理事長、そして日本国名誉総領事でもある カルロス寺岡氏の姿がありました。

二つの祖国の間で、戦中・戦後の長きに渡って苦しんで来た日系フィリピン人。
北ルソンの山々に隠れ住んできた その日系人の歴史を辿るとき、シスター海野が果たされた「何か私に出来ること」の大きさが ひしひしと伝わってくるのです。

 
 
 
[PR]
by janlbaguio | 2008-12-31 22:12 | Neighbers ご近所情報

バギオ英語留学中の皆様 今年はお世話になりました。


2008年も残すところ あと フィリピン時間で 8時間。
昨夜 12月30日に、 JANLのボランティアとしてお手伝いをいただいている英語留学中の皆様に集まっていただき、
日本食・年忘れ「鍋」パーティー
を開きました。
a0109542_1630473.jpg


JANLからは、日本語・国語教室などで日頃 子供達がお世話になったご家族 にもご参加いただき、留学中の皆様約20名を含め、予想を超える40名近くの方々にお集まりいただきました。
a0109542_1624458.jpg


a0109542_16353684.jpg

ご参加いただいた皆様からは、久々に口にする日本食と日本の鍋に感動の言葉があちこちで飛び交いました。 お忙しい中、腕を振るっていただいたJANLのメンバーの方には、心より御礼申し上げます。
a0109542_16372036.jpg

そして、この忘年会には、日本へ留学する為に日本語を勉強中の 北ルソン比日基金(日系人会)の奨学生3名も加わり、英語や日本語での交流ともなりました。

来年2009年は バギオ市制100周年記念祭 の年です。

北ルソン日本人会(JANL)としても、バギオ100年祭委員会国際交流基金などのご協力も得ながら、一年間に渡って 様々なイベントを予定しております。

英語留学中の皆様の ご協力をいただきながら、楽しいイベントにしたいと期待しておりますので、どうか 宜しくお願い申し上げます。

では、 皆様 どうぞ 良いお年を お迎え下さい。

 
JANL/ho

 
 


 
 
[PR]
by janlbaguio | 2008-12-31 16:25 | Activity 活動内容

速報: PRA フィリピン退職庁 バギオ事務所が 移転

 
2008年12月27日の PRA主催のパーティーの席上で、フィリピン退職庁バギオ事務所が 移転したとの情報をPRAの担当官からいただいております。

移転した日は パーティーがあった当日 27日だったそうです。

移転先は、 ネバダ・スクエアーの中
NEVADA SQUAREのゲートを入って、正面の三階建てのビルの三階だと聞きました。

ネバダ・スクエアーは、JOHN HAYの旧正門のすぐ前、ミリタリー・カットオフ通りと ロアカン道路が交わっているロータリーの横にあります。

続報 
以下の通り情報を確認しました

a0109542_19513613.jpg

このように、三階部分に PRAの看板が出ています。
a0109542_19531057.jpg

ネバダ・スクエアーのゲートから見ると、正面の奥にあります。
この場所での開業は 2009年1月5日からと聞いております。

a0109542_19561915.jpg

場所は、この通り。 セッション、ミリタリーカットオフ、ロアカン、サウスドライブが交差するロータリーのすぐ近く、ロアカン寄りです。

ちなみに、このNEVADA SQUAREは、バギオの中でも若者に一番人気のエキサイティングな場所です。 
夜はカフェ、バー、ライブハウス、ダンスホールなど、バギオの「渋谷」「新宿」?と化します。
a0109542_201933.jpg

a0109542_20220100.jpg

a0109542_203312.jpg

夜は、ゲートにしっかり警備員が配置され、手荷物チェックがされる場所です。 
なぜ、このような若者の不夜城に PRAの事務所が置かれたのか、真意は分かりません(笑)

 
(この確認情報は、2008年12月28日時点のものです。)
 
 
 
[PR]
by janlbaguio | 2008-12-28 10:03 | 生活便利帳inバギオ

フィリピン退職庁PRA主催のパーティー バギオで

12月27日、 退職者ビザ SRRVを持つ外国人の為の クリスマス・パーティが フィリピン退職庁主催で開催されました。
a0109542_23305883.jpg

バギオでの会場は、PINES VIEW ホテル。
a0109542_23323884.jpg

会場に集まったのは、主催者側関係者も含めて100名前後。
a0109542_2334146.jpg

バウティスタ バギオ市長も参列し、ご挨拶がありました。
PRA側からは、今後 SRRV保持者への特権を各地の自治体と取り決めて拡充していく旨の話などがありました。
その後、各国代表の短いスピーチが促され、JANLの代表も日本人の皆様に代わってご挨拶を致しました。
a0109542_23415438.jpg

ここに集まった 日本人コミュニティーの方々は11名。 その内JANLのメンバーは5名でした。 中にはイサベラ州から遠路泊りがけのご婦人もいらっしゃいました。
a0109542_23425256.jpg

SRRV保持者の参加者も大半が韓国人。 数名のヨーロッパ人とアメリカ人が参加していました。
a0109542_23453353.jpg

この日のエンターテインメントは、山岳民族の踊りでした。 バギオ大学のダンシング・チームだとのことでした。
そして、最後は、参加者とそのチームとが一緒に踊りを楽しみ、お開きとなりました。

 
 
[PR]
by janlbaguio | 2008-12-27 23:48 | Neighbers ご近所情報

今年は大変お世話になりました。 We wish you a Happy New Year


クリスマスの25日、いつも大変お世話になっている方からのご招待がありました。
a0109542_0173345.jpg

バギオ 日本国名誉総領事であり、 フィリピン日系人会連合会の会長でもいらっしゃる 
カルロス寺岡様のお宅です。
a0109542_0224356.jpg

12月25日はカルロスさんの 78回目の誕生日とのことで、お祝いに駆けつけました。
a0109542_025416.jpg

戦前、戦中、そして戦後と、計り知れないご苦労をなさり、今も多くの日系人の為に汗を流していらっしゃるカルロスさん。
ロウソクは、80から78を差し引いた2本のようです。
a0109542_028083.jpg

a0109542_0285377.jpg

いつも親しく声を掛けていただき、貴重なご指導をいただいている寺岡さんにご招待をいただき、JANLの代表と副代表、役員の計4名が参加させていただきました。

a0109542_0314154.jpg

来年は バギオ市制100周年の祝典の年。
戦前から現在に至るまでのバギオの歴史を知り尽くした名誉総領事の、益々の御健康とご多幸を祈り、 さらに多くのご指導をいただき、学ばせていただきますようお願いして参りました。

今年は大変にお世話になりました。
来年もよろしく お願い申し上げます。
 
 
[PR]
by janlbaguio | 2008-12-26 00:35 | Activity 活動内容

MERRY CHRISTMAS 2008 来年もよろしく お願いします。

 
12月20日(土)に、JANLのメンバーのご好意により、盛大なクリスマス・パーティーが開かれました。
a0109542_12543272.jpg

a0109542_1256277.jpg

今日のパーティーのホストは、このサンタクロースさんたちです。
a0109542_12583290.jpg

サンタクロースさんが バーベキューの準備中。
a0109542_1301018.jpg

個人のお宅とは信じられない プロの料理。 奥様の手作りとか・・・。
a0109542_1323830.jpg

新しくJANLメンバーご希望の方も参加され・・・
a0109542_1341259.jpg

a0109542_13135222.jpg

英語留学中のボランティアの方だったり・・・
a0109542_1354883.jpg

いつもお世話になっているメンバーだったり・・・
a0109542_1315334.jpg

子供たちも、サンタさんになったり・・
a0109542_13171085.jpg

いつものワンパク坊主が、お兄さんたちのプール・バーに興味深々だったり・・・
a0109542_1319291.jpg

久しぶりにお会いするご家族だったり・・・
a0109542_1321304.jpg

わいわい、ガヤガヤ、和気あいあいの集まりになりました。

a0109542_13274212.jpg

夜も更けて、人生相談まで始まったりしながら、
a0109542_1329479.jpg

バギオのクリスマスは、10度Cくらいまで 気温が下がってくるのですが、
a0109542_13325414.jpg

みなさんの心は ほっかほかになったに違いありません。

メリー・クリスマス!
a0109542_1335579.jpg

そして、 
来年もよろしくお願い致します。
 
 
 
 
[PR]
by janlbaguio | 2008-12-21 13:06 | Activity 活動内容

北ルソン比日基金と北ルソン比日友好協会 の クリスマス


On December 14, 2008, Christmas gathering was held at ABONG by
Filipino-Japanese Foundation of Northern Luzon, Inc. and Filipino-
Japanese Friendship Association of Northern Luzon, Inc.


先日、12月14日(日)に、北ルソン比日基金と北ルソン比日友好協会のクリスマス会にご招待を受け、北ルソン日本人会(JANL)の代表と副代表が参加致しました。

a0109542_2231465.jpg

会場のアボン会館(日系人会館)には、朝8時から日系人の方々が大勢集まり、Community Singing と称して、多くのクリスマス・ソングを合唱しました。
a0109542_22344462.jpg

会館の外にまであふれるように特設会場にも参加者が集まって。
a0109542_22373394.jpg

会場には、寺岡名誉日本総領事のほか、比日基金のエスカニオ事務長や、比日友好協会のロカノ会長の姿も拝見しました。

a0109542_22394224.jpg

インターミッションは、ハイ・スクールの奨学生のパフォーマンスや、
a0109542_22425349.jpg

大学の奨学生、
a0109542_22435016.jpg

そして、毎度お馴染み アボン・ダンシング・チームの奥様たち。
a0109542_2245944.jpg

そして、比日友好協会のオフィサーを務める 新しい高校生や大学生の宣誓式や、バイブル・クイズの優秀者の表彰などが続きました。
a0109542_22481316.jpg

会場に満員の日系人の方々は、一緒に昼食をいただき、楽しいひとときが過ぎていきました。


MERRY CRHISTMAS AND
A HAPPY NEW YEAR
to you all !!


Thank you very much for all of your cooperations and kind supports to us, Japanese Association in Northern Luzon, Inc. , in 2008.








 
 
[PR]
by janlbaguio | 2008-12-19 22:49 | Neighbers ご近所情報

バギオのイミグレーションが移転しています 2008年12月


ご注意!!

2012年5月現在 下記の場所から少し再移転しています。
詳しくはこちらのページでご確認ください。
http://janl.exblog.jp/15407651/




2008年12月現在、バギオの
イミグレーションが移転しています。

元々 バギオ市役所の裏にあったイミグレーション(入国管理局)が ミリタリー・カットオフ通りに移転しています。

元々の建物は工事中で、簡単に移転先の所在地が表示されているだけです。
暫定的な移転なのか、恒久的な移転なのかも、期限も不明です。


移転先は、バギオ総合病院(BGH)からジャン・ヘイ(JOHN HEY)の旧正門、ロアカン道路へ抜けるMILITARY CUT-OFF通りの中ほどになっています。

a0109542_1950526.jpg

これが移転先の三角屋根の建物ですが、表には イミグレーションと分かる表示はありません。
a0109542_1952654.jpg

看板は GREENWOOD SCHOOL という英語学校になっています。
中に入ると 韓国人の生徒がたくさんいます。

玄関をまっすぐに入ると、すぐ目の前にイミグレーションのカウンターがあります。
a0109542_22162146.jpg

a0109542_22165468.jpg

(上の二つの写真は 2009年6月に撮影しました。)


この建物が分かりにくい場合は、スモール・ワールド(SMALL WORLD)という学校の向い側と言えば、タクシーの運転手にもすぐ分かります。
a0109542_19563246.jpg

この学校が SMALL WORLD です。 
幼稚園、小学校やハイ・スクールがあります。

ビザ 査証 の更新などで バギオのイミグレーションにいらっしゃる方は、ご注意下さい。

尚、もっと詳しい情報をお持ちの方がいらっしゃいましたら、ご連絡くだされば幸いです。
janl-baguio@mbe.nifty.com

 
(2008年12月15日現在の情報です。)
(2009年6月30日更新ー写真の追加のみ)





 
 

 
[PR]
by janlbaguio | 2008-12-15 19:59 | 生活便利帳inバギオ

「二礼二拍手一礼」 で 文化交流


JANLに あるフィリピン人女性から依頼が舞い込みました。
「神道の研究をしている大学院生ですが、お参りの作法の デモンストレーションを お願い出来ませんか?」

a0109542_21325234.jpg

この文化交流に出向いたところは PBTS(フィリピン洗礼派神学校)です。
a0109542_2135168.jpg

JANLのメンバー2名と、ボランティアで文化交流をかって出ていただいた3名さんが、日本での一般的な神社参拝の作法を 参加者に教えることに・・・
a0109542_21382745.jpg

参加者は この神学校の学生や先生方。 
この大学院では、アジア各国の宗教の研究もしているのだそうです。
依頼者であるフィリピン人院生と クラスメートの韓国人女性も 浴衣姿で熱心に観察します。
a0109542_21421310.jpg

細い竹で作った「鳥居」が 見えますか?

ボランティアの方が 英語で解説:
「手と口の清め方」
「お賽銭の入れ方」
「鈴の鳴らし方」
「二礼二拍手一礼の仕方」
「お願い事の内容」
など
a0109542_21461764.jpg

参加者の中には、韓国人のほか、モンゴル人やアメリカ人など様々な国からの学生もいました。 一人ひとりが 作法に従って お参りの練習をしました。

ボランティアの方の大活躍のお陰様で、和気藹々のうちに 文化紹介を終わり、 会食となりました。
ご協力いだだいた皆様に 御礼申し上げます。


 
[PR]
by janlbaguio | 2008-12-11 21:49 | Activity 活動内容

Baguio Cathedral International Music Festival 2008

Baguio Cathedral International Music Festival 2008
第一回 バギオ大聖堂 国際音楽祭 2008

a0109542_1111659.jpg

指揮: Jerome Hoberman
演奏: サント・トーマス大学 管弦楽団

a0109542_1121085.jpg

楽曲は:  へンデル作曲 メサイア
この曲の詳細は こちらのサイトに詳しく紹介されています。
 ICU 国際基督教大学OBの方のサイトです。)

a0109542_1132242.jpg

ソプラノ:  Karina Kay Balajadia - Liggayu
メゾ・ソプラノ: Nenen Espina
テノール:  Ronan Ferrer
バス:  Noel Azcona

a0109542_1142295.jpg

コーラス:
メリノール サンクチュアリー合唱団
バギオ大学音声聖歌隊
バギオ大学ベルカント・シンガーズ
セントルイス大学グリー・クラブ
総勢120名ほどの大合唱団

a0109542_11536.jpg

最後の「ハレルヤ」が終わると 素晴らしい演奏と合唱に 観客は総立ちで喝采が続きます。
そして、アンコールはもちろん この「ハレルヤ」。

今年2008年が第一回の音楽祭で、来年以降も恒例のイベントにしたいとの話だそうです。
バギオで 年末に「第九」 が聴けるようになる日は・・・・?

本日のコンサートの詳細はこれです:
a0109542_12135989.jpg

午後7時半ころに始まり、9時ごろには終了しました。


(ちなみに、上の写真は 本番前のリハーサルの時と、最後のスタンディング・オベーション以降に撮影したものです。)






 
 
[PR]
by janlbaguio | 2008-12-07 01:17 | Neighbers ご近所情報