<   2009年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

「結ぶ絆: コーディリエラに於けるフィリピンと日本の関係を再発見する」



9月29日、「結ぶ絆: コーディリエラに於けるフィリピンと日本の関係を再発見する」というタイトルで、 PJP(フィリピン・日本NGOパートナーシップ)と フィリピン大学バギオ校の共催による バギオ・センテニアル・フォーラム(バギオ100年祭フォーラム)が フィリピン大学バギオ校内で 開催されました。

a0109542_1914766.jpg

IDDI IMMAY DAGITI HAPON1:
THE HISTORY OF JAPANESE PRESENCE IN THE CORDILLERA
「コーディリエラ地方における日本人の足跡」
by
MARIA NELA B. FLORENDO, Ph.D.
Professor of History
University of the Philippines Baguio

a0109542_1931317.jpg

HIDDEN HISTORY: SOURCES ON THE JAPANESE PRESENCE
IN BAGUIO AND THE CORDILLERA
「隠された歴史: バギオ及びコーディリエラ地方における日本人の足跡に関する出典」
DELFIN TOLENTINO, JR.
Cordillera Studies Center, University of the Philippines Baguio

a0109542_1971718.jpg


フィリピン大学バギオ校からの JANL宛の招待状によれば、その主旨は以下の通りです:
(翻訳;HO)

このフォーラムは 19のNGO団体のネットワークである フィリピン・日本NGOパートナーシップ(PJP)とフィリピン大学バギオ校のコーディリエラ研究センターが開催するもので、 バギオ市100年祭を祝する社会科学学部の貢献のひとつです。

このフォーラムの目的は
(1) 過去100年に渡る バギオ及びコーディリエラでの フィリピンと日本の
    交流をより良く理解し、この良い関係をさらに強化するための支援をする
(2) フィリピン及び日本のコミュニティー、及び組織間の成功した共同事業を
    つぶさに調べ、教訓を引き出す
ことにあります。

と言う事でした。

a0109542_19113965.jpg

主催者側であるPJPのNGO 及び フィリピン大学バギオ校の関係者に加え、マニラからはJICA、バギオからは、北ルソン比日基金、北ルソン比日友交協会、CGN(コーディリエラ・グリーン・ネットワーク)、北ルソン日本人会(JANL)などの団体及び 日比の歴史に関心を持つ個人が参加しました。

a0109542_1916758.jpg

午後の部では、日比の文化交流イベントとして、「着付けの講習会」が実施されました。
a0109542_1917584.jpg

日本の浴衣だけではなく、地元の織物で作った着物の着付けも披露されました。
a0109542_19212216.jpg

そして 最後は、JANLのメンバーや英語留学中のボランティアの方々も加わって、「炭坑節」や「踊るポンポコリン」の盆踊りを皆さんで楽しんでいただきました。
a0109542_19235681.jpg
 

午前中の議論の中心は 北ルソン比日基金が発行した JAPANESE PIONEERS IN THE NORTHERN PHILIPPINE HIGHLANDS の本の歴史的な意義に集まり、今後、戦中、戦後の歴史的な内容についても 出版が期待されました。

a0109542_19291736.jpg

フォーラム終了後も、関係者は懇親会に参加し、バギオやコーディリエラ地方における日比の協力関係の歴史と将来について 話し合いがもたれました。






 
[PR]
by janlbaguio | 2009-09-29 19:31 | Activity 活動内容

バギオ大学で 生け花講習会 

 
2009年9月25日(金)、バギオ大学の商学部ほかの教授の皆さんを中心とした 生け花講習会が開かれました。

a0109542_0255041.jpg

この講習会は、バギオ大学の商学部やホテル・レストラン学部で 日本語を教えていらっしゃる先生からの依頼に JANLのメンバーがお応えしたものです。

a0109542_0281112.jpg

男性も数名が参加してくださり、見学も含めて30名ほどの先生方に ご参加いただきました。

a0109542_033269.jpg

思い思いの生け花が 出来上がり、 思わず万歳をする先生もいらっしゃいました。

a0109542_0342026.jpg

ご自分の作品を抱いての記念写真。
JANLメンバーとサポートのボランティアの皆様、お疲れ様でした。




   
[PR]
by janlbaguio | 2009-09-28 00:35 | Activity 活動内容

演劇祭 - バギオの地元日刊紙にも掲載


9月3日に開催された 日比国際平和演劇祭が 地元の日刊紙である サン・スター・バギオでも 9月4日付けで 掲載されておりましたので ご報告致します。

SUN STAR BAGUIO dated September 4, 2009, reported the Japan Philippine International Peace Theater Art Festival as follows :

a0109542_17502149.jpg


「日本が 市民を 3つの演劇に招待」と言う見出しで、日本国名誉総領事である 
カルロス寺岡氏と 100年祭委員会コミッショナーの テネフランシア氏 のコメントを掲載しています。
a0109542_1755773.jpg


The below is the translation of the article to Japanese:

「日本が市民を3つの演劇に招待」

北ルソン日本人会は バギオ市の100年祭に臨み、バギオ100年祭委員会と共に 演劇祭を主導しました。

この演劇祭は9月2日(正しくは3日)にバギオ・コンベンション・センターで、午後2時及び7時に上演されました。

演劇祭は 日本人によって書かれ、演出された3つの演劇からなっています。
最初の二つは、「ザ・リメインズ」と「ソルヴェイグの歌」というタイトルで、させ たもつ原作、吉田智久演出。 この二つは戦争の犠牲者についての演劇でした。

演劇祭の3つ目の演劇 「ケノン:国際平和と調和への道」は演劇祭の目玉で、ベントゥーラ・ビトットによって書かれ、同じく吉田演出です。

日本国名誉総領事 カルロス寺岡氏によれば、ケノンの演劇は 歴史的なケノン道路の建設を題材にしたもの。 寺岡氏は 日本人は道路の完成に重要な役割を演じたと言う。 

同氏は 1,500人の日本人労働者が道路建設に雇用され、その内 600人が死亡したと付け加えた。

寺岡氏は、演劇祭は 日本人、フィリピン人、そしてバギオ100年祭委員会の間のコラボレーションであると語った。
同氏によれば、演劇には 8名の日本人と30名のフィリピン人アーティストが参加しているとのことである。

100年祭委員会コミッショナーの エディベルト・テネフランシア氏は、日本人コミュニティーは バギオのコミュニティーの中でも非常に顕著な存在であると述べた。
同氏は、バギオの日本人コミュニティーは、第二次世界大戦前、戦中、戦後を通じて続いて来たと説明した。

(翻訳:HO)


さらに、 9月6日付けの 北ルソン最大の部数を誇る日曜日発行新聞である バギオ・ミッドランド新聞には 9月1日のパレードの写真が掲載されておりました。
北ルソン日本人会と演劇祭の横断幕を持って写っているのは 演劇祭関係者と英語学校からのボランティアの方々などです。

a0109542_1936098.jpg


叉、同じ日の新聞の 100年祭委員会のコラムで 9月3日の演劇祭の予定も掲載されておりました・・・(遅かった・・・)

a0109542_19375834.jpg


a0109542_19402972.jpg



(報告: HO 9月20日)
[PR]
by janlbaguio | 2009-09-14 17:56 | JAPITAC 日比平和演劇祭

北ルソン比日基金 と 北ルソン比日友交協会 の創立記念日


9月13日(日)、北ルソン比日友交協会の第37回、及び、北ルソン比日基金の第22回 創立記念日が 多くの日系人の方々が集まって アボン会館にて 盛大に開催されました。
a0109542_185078.jpg

2009年のこの記念日には、ご招待により JANL(北ルソン日本人会)からは代表、副代表など6名が参列させていただきました。

a0109542_1122095.jpg

協会と基金の役員のほか、カルロス寺岡 日本国名誉総領事も祝辞を述べられ、奨学生の様々な表彰に続き、今年は特に、バギオ100年祭委員会が決定した 「バギオ市の創建者」「貢献者」表彰でも 日系人関係から4名の方々が選ばれた旨の報告がありました。

a0109542_117598.jpg

今年のインターミッションでは、シスター・テレジア海野の歴史を ミュージカル仕立てにした寸劇も披露され、アボンの奨学生たちは 認識を新たにしました。

a0109542_1194918.jpg
 
最後には、アボンの奨学生たちを含む 山岳民族イゴロットの踊りも飛び出し、参加者全員での昼食会でお開きとなりました。

尚、スライドでのアボンの歴史紹介の中で、この日系人の団体と JANLの協力関係の一旦もご紹介いただきました。
a0109542_11235418.jpg

この写真は、先日 9月1日のバギオ100年祭パレードの模様です。
a0109542_11253959.jpg

北ルソン比日基金を先頭に、北ルソン日本人会(JANL)とJAPITAC(日比国際平和演劇祭実行委員会)のグループが 日本人・日系人グループとして パレードの39番目に行進しました。
a0109542_11293689.jpg

JAPITACの皆様は9月3日に控えた稽古で多忙な中をご参加いただき、英語学校(BECI)で英語留学中の方々にもボランティア参加をいただきました。
JANLのメンバーの皆様には、裏方として 浴衣の着付けや連絡などに汗を流していただきました。
ご協力に感謝申し上げます。


(報告: HO)
[PR]
by janlbaguio | 2009-09-14 01:25 | Activity 活動内容

Casting - Kennon : Road to Global Peace & Unity


遅ればせながら、日比国際平和演劇祭の キャスト の御案内です。

CASTING FOR JAPAN-PHILIPPINE INTERNATIONAL
PEACE THEATER ART FESTIVAL


Part-1
THE REMAINS

「亡霊の彷徨う街」
(Stage Reading with Dance Performance)
Written by: Tamotsu Sase
Scripted & Directed by: Toshihisa Yoshida

Dancer……JUN AMANTO
Japanese speaker
Men……KAZUMA KANOU & KAZUMI YOSHIDA
Women……TOMOKO TAKEUCHI
Pilipino speaker
Kazue……MARIA KRIZELLE P.TADENA
Yoshiharu……VENTURA C. BITOT  
Japanese Soldier 1……ROY CAMIDING
Japanese Soldier 2……ANGELO VILLALBA BAQUIRIN
Yoshio……RAFAEL JULIUS T.KAPUNO. Jr
Injured soldier…… EUGENE MARK D. ESERO
Jiro……GARY P.DONGGAYAO
Nurs1……MITHUS GALAO
Nurs2……MARILOU AMBROCIO
Takako……CHAIRMAINE SINBAJON
Shino……MARIDON SARAPE
Sakura……ANNA MAY BAQUIRIN (RAYE)


Part-2
Solveig’s Song

「ソルヴェイグの歌」
(Drama Play)
Written by: Tamotsu Sase
Scripted & Directed by Toshihisa Yoshida

Yamamoto……KAZUMA KANOU
Japanese Soldier1…KAZUMI YOSHIDA
Japanese Soldier 2…NORBERT DIWAS
Maria……CHAIRMAINE SINBAJON
Dhang……OLIVER DALANG
Carlos………ANGELO VILLALBA BAQUIRIN
Edwin……RAFAEL JULIUS T.KAPUNO. Jr
The Neighborhoods……JULIE PALAGANAS, MARIA KRIZELLE P.TADENA
Lola……ANNA MAY BAQUIRIN (RAYE)


Part-3
Kennon: Road to Global Peace and Unity

「ケノン: 国際平和と調和への道」
(Musical Theater Play)
Written by: Ventura C. Bitot  
Directed by: Toshihisa Yoshida

American spirit……CHRISTINE JOY ABANCE
Igorot spirit……CATHERINE BUCACAO
Japanese spirit……TOMOKO TAKEUCHI
Chinese spirit…… CHAIRMAINE SIMBAJON
Spanish spirit……ROY CAMIDING
Bagiw……FEBBYLAINE MAYNGA C.PACHINGEL
Jero……ANGELO VILLALBA BAQUIRIN
Kazuo……KAZUMI YOSHIDA
Adelaida……LEONILA MILAGROSE FAGYAN-MALLA-AO
Johnny……RAFAEL JULIUS T.KAPUNO. Jr
Shima……ANNA MAY BAQUIRIN (RAYE)
Toshio……KAZUMA KANOU
Josephine……MARIA KRIZELLE P.TADENA
Dean……GARY P.DONGGAYAO
Maus……MORDECAI CALADO
Carino……NORBERT DIWAS
Busway……ROY CAMIDING
Donay……TOMOKO TAKEUCHI
Manay……CHAIRMAINE SIMBAJON
Konay……JANE GARCIA
Kennon……ULYSSIS BINALIT
Taft……MORDECAI CALADO
Bishop Brent……GARY P.DONGGAYAO
Gov.Gen.Forbs……ROY CAMIDING
Burnham……JEFF PALKING
Chorus…CHRISTINE JOY ABANCE, JANINE AGUSTIN, MARYLOU AMBROCIO,
ALFREDO ALUMNO, JERALD ARELLANO, UlLYSSIS BINALIT, CATHERINE
BUCANO, MORDECAI CALADO, FABBY-ANN CHOLINAS, OLIVER DALANG,
NORBERT DIWAS, FELY LAUREN DOCO, EUGENE MARK D. ESERO, JENIFER
ESPADA, MITHUS GALAO, JANE GARCIA, OLIVER LINGBANAN, JACINTH
LIWAN, JEFF PALKING, SHERYL POCTE, MARIDON SARAPE and MARIA
CONCEPCION K.LINGBANAN

MUSIC
Pianist……JASMINE DAWN F. CAPUYAN
Guiterist……JULIE PALAGANAS

Staff
Artistic Director......NORMA S. MAYOS, JANET B. MADE & VENTURA BITOT
Director……TOSHIHISA YOSHIDA
Choreographer……SHIGEMI KITAMURA
Translator……MAYUMI CHINDA & MAI AOKI
Set Designer……OYAN M.
Technical Director……OLIVER SAJONAS
Lighting & Sound Designer……TOKOHA UTSUMI
Video Taping……KOJI IMAIZUMI
Stage Manager……MEGUMI SAKATA
Poster Designer…… RAFAEL DE LOS SANTOS, GIAN PASCUAL
Program Designer……TAKAFUMI SAITO, VALEREE N. BELO
Costume Designer……CHAIRMAIN SINBAJON
Producer……HIDENOBU OGUNI

Special Thanks……Mr. EINOSUKE RUDY FURUYA
[PR]
by janlbaguio | 2009-09-12 00:20 | JAPITAC 日比平和演劇祭

文化、アート・イベントの御案内 Improvisational Theater Play

9月11日(金)及び 12日(土)に 日本人舞踏家 純 天人 による 講演、ワークショップ、即興演劇(ダンス)が開催されます。 (日本語での案内は 下記をご覧下さい。)

a0109542_22323444.jpg

September 11, 2009 1PM-3PM

Lecture on Philosophy of Body Movement
Lecturer : Jun Nishio AManTo (from Japan)
1PM-3PM, Friday, September 11, 2009
at: The University of the Philippines, Baguio – Multipurpose Hall
Sponsored by: Human Kinetics Program of UP


September 11, 2009 4PM-7PM

Kabuku-Mai Dance Workshop
Facilitator : Jun Nisho AManTo (from Japan)
At: Saint Luis University – Center of Culture & Arts
(SLU-CCA)
Sponsored by: SLU-CCA


September 12, 2009 7PM
At: VOCAS, La Azotea Bldg., Session Road, Baguio City

Improvisational Theater collaboration
between Japan and Philippines
“The Remains”


Performer : Jun Nishio AManTo (Japanese Dancer)
Raye Baquirin (Filipino Actress)
Musicians: Shant, Olie, Kabu, Paeng, Delfin

Original story written by : Tamotsu Sase
Director : Toshihisa Yoshida
Produced by : Cordillera Green Network
a0109542_22335048.jpg


9月11日(金) 午後1時―3時
フィリピン大学・バギオ校―多目的ホール
講演: 人体の動きに関する哲学
講師: 舞踏家 純 天人
主催: フィリピン大学・人体動力学プログラム

9月11日(金) 午後4時―7時
セント・ルイス大学・CCAホール
「傾舞(かぶく舞)」ダンス・ワークショップ
指導: 舞踏家 純 天人


9月12日(土) 午後7時より
セッション通り VOCAS

日本とフィリピンの即興演劇コラボレーション
「ザ・リメインズ(亡霊の彷徨う街)」

出演: 純 天人 、 レイ バクイリン
音楽: シャント、オリー、カブ、パエング、デルフィン
原作: させ たもつ
脚本・演出: 吉田智久
主催・製作: コーディリエラ・グリーン・ネットワーク(CGN)
[PR]
by janlbaguio | 2009-09-10 21:52 | AJISAI 文化交流 network

芸術の秋、文化の秋? - バギオの写真展


芸術の秋 ?
写真展が目白押し。 じっくりとバギオの歴史も学びましょう。
a0109542_052817.jpg


Post Postcard Panoramas of Baguio
Indigo Gallery, Ben Cab Museum,
Km.6 Asin Road, Tuba, Benguet
September 5 to November 12, 2009
a0109542_043641.jpg


ポスト ポストカード パノラマ オブ バギオ
1909年から1930年代の写真葉書の再生版
2005年から2009年の ルディー古屋 及び オムポン・タン氏による写真
会場: アシン・ロード Km.6
     ベンカム美術館 インディゴ・ギャラリー
会期: 9月5日から11月12日まで

(尚、 ルディー古屋氏は JANLのメンバーです。)


ourbaguio.100 photographic exhibition
The Gallery Lower Basement, SM City Baguio
August 31 to December 31, 2009
a0109542_091814.jpg


アワ・バギオ100
バギオ・ベンゲット・スタディーズ、 バギオ写真家クラブ、SMバギオ
会場: SMバギオ 地下2階ギャラリー
会期: 8月31日から12月31日まで
a0109542_08781.jpg



上記の案内状は ALCANTARA女史からの配信によるものです。
「あじさいネットワーク」でも配信しております。
[PR]
by janlbaguio | 2009-09-09 00:12 | Neighbers ご近所情報

JANL ロゴ入りシャツ 出来ました - メンバー限定


北ルソン日本人会(JANL)の ロゴ入りシャツが 出来ました。
メンバーの方限定の ユニフォームです。

a0109542_23462234.jpg

表は、胸に JANLのロゴ。 桜をあしらったものです。

a0109542_2347241.jpg

背中には JANLの謳い文句 
「Collaboration of Japanese and Filipino Cultures」
そして、
「JANL@Baguio」

今後の国際交流、文化イベントなどで このユニフォームがお目見えします。

どうぞ、宜しく。
[PR]
by janlbaguio | 2009-09-08 23:52 | Activity 活動内容

皆様のご来場 ありがとうございました。 日比国際平和演劇祭


Japan-Philippine International Peace Theater Art Festival was held
on September 3, 2009 at Baguio Convention Center. 
 
日比国際平和演劇祭は 多くの皆様のご協力を得て、9月3日の本番を迎え、無事にフィナーレとなりました。
a0109542_1014312.jpg

A spirit of Pine Tree took us to the story of Kennon Road construction.
「松の都」で知られる バギオの「松の精霊」に導かれ、ケノン道路建設物語が繰り広げられます。

a0109542_04108.jpg

Two families go on their time travel and watch very sad World War II.
ふたつの家族が タイム・トラベルを通じて、戦争末期の凄惨なシーンにも遭遇します。

a0109542_061167.jpg

Young couple who has their roots in Baguio will have a new peacefull
future.
フィナーレは バギオにルーツを持つ 若い二人の幸せな門出。


マニラ新聞に以下のように掲載いただきました。9月4日付け。
Manila Shimbun news paper reported as in the below:
a0109542_23192016.jpg


尚、前日の9月2日付けでも取り上げていただきました。
a0109542_1425520.jpg


さらに、同日付で、読売新聞の衛星版にも 以下のように案内されております。
a0109542_1882788.jpg


叉、9月2日の早朝には、ABS/CBNテレビのモーニング・ショーにも出演させていただき、
In the morning of September 2, the theater art group was shown at
ABS/CBN.
a0109542_08876.jpg

Philippine Daily Inquirer の取材も受けております。


More than 200 audience watched and enjoyed the historic drama with
tears and laughters.
ご来場いただいたお客様は 会場受付の集計では、午後2時の部で 60名様、 午後7時の部では 203名となりました。

大学関係は 9月1日の様々な100年祭行事の後であり、授業再開で学生も多忙であった為か、ご鑑賞いただくことが出来ず残念でしたが、 フィリピン大学バギオ校の皆様には 夜の部にお越しいただきました。

a0109542_0202793.jpg

In the lobby of Convention Center, the Poster Exhibit was held at the
same time.
会場のロビーでは、UPバギオの美術科の教授のご協力で、演劇祭ポスター・コンペ応募者の作品展が開かれました。


資金面では、国際交流基金及び双日国際交流財団には助成金をいただき、今回の演劇祭の実現に大きな力と成りました。

Thank you very much for all the participants and helps/cooperations
from various organizations and the people to this great theater festival.
JANLメンバーを始め、ボランティアとしてお力をいただいた、各方面の皆様に 改めて御礼を申し上げます。

a0109542_0224216.jpg

[PR]
by janlbaguio | 2009-09-04 23:28 | JAPITAC 日比平和演劇祭