<   2009年 10月 ( 16 )   > この月の画像一覧

台風20号接近中 シグナル2 -  台風被害 その16


強力な台風20号(RAMIL)が接近中で バギオ市では 10月22日は市長命令で臨時休校となりました。
バギオを含むベンゲット州周辺は シグナル2の警戒警報が出ています。
(22日の夜中には シグナル1に変更されました。 台風の進路が北寄りになったためかと思われます。)

22日午後からバギオでは雨が降り始めましたが、風はほとんどありません。
(23日午前には、断続的な本降り、風も出ています。)

フィリピンの気象庁の予報では、まだ 北ルソンの北端を直撃の予測ですが、日本の気象庁やCNNなどでは予測された進路が北西に向き始めています。

ただ、その予測でも 23日には「ほとんど停滞」とありますので、大雨が心配です。
a0109542_1412577.jpg

中心はルソン島の北の海上にありますが、衛星画像ではルソン島全体がほとんど雲に覆われています。
<23日12時の実況>(日本の気象庁のデータ)
強さ 強い
存在地域 バシー海峡
中心位置 北緯 18度50分(18.8度)
東経 123度05分(123.1度)
進行方向、速さ ほとんど停滞
中心気圧 970hPa
中心付近の最大風速 35m/s(65kt)
最大瞬間風速 50m/s(95kt)


バギオへの3つの幹線道路は、開通しているとはいえ、大雨ともなれば大変危険な状態になると考えられますので、十分ご注意下さい。

叉、バギオの北方、ラ・トリニダッド町からボントックへ向う ハルセマ・ハイウエイは、 バギオを拠点として被災者の支援をしている環境NGO CGNの現地レポートによれば、非常に不安定な状態になっている様子です。

こちらで その実情をご覧下さい。
http://cordillera.exblog.jp/
尚、被災者への支援も実施していますので、是非 CGNにご協力ください。


叉、ベンゲット州ラ・トリニダッド町などの被災者の避難所の状況について バギオ・サンスター紙で報道されています。 
http://www.sunstar.com.ph/baguio/government-stops-classes-ramil-nears

上記は、10月22日の午後から23日午前にかけての状況です。
[PR]
by janlbaguio | 2009-10-22 22:34 | Neighbers ご近所情報

道路事情 -  台風被害 その15


10月16日以降 バギオへ来た方からの道路情報です:


マルコス・ハイウエイ
マニラからバギオへ来られた方の情報。

先週末バギオに行ってきました。 各バス会社も運行を再開しております。
パンガシナンまでは通常通り、ウルダネタを過ぎたところで左折、マナワッグを通り海に出ます。 サンファビアンを右折アゴオ経由でバギオに入ります。
パンガシナンとラユニオンを結ぶ橋が壊れ通れませんので、遠回りになっています。
マルコスハイウェイはいたるところで土砂崩れがあり、上から流れてきたであろう岩がゴロゴロしています。 ただ危ないというイメージはありませんでしたし、普通に乗用車も走っていました。


ナギリアン・ロード
ラ・ウニオン州サン・ファンから バウアン町経由でバギオへ来られた方の情報。

10月19日にバスでナギリアン・ロードを通ったところ、ラ・ウニオン州とベンゲット州の州境付近の町で 道路事情が悪く 引き返した

10月20日に 仕方無く、 マルコス・ハイウエイ経由で迂回してバギオに来た。

なお、この方の話の詳しいことは、こちらでもご覧いただけます。


=============

尚、皆様既にご存知の通り、台風20号 RAMILが接近しています。
マニラの日本大使館からも 以下のような案内をいただいておりますので、十分ご注意いただきますようお願い申し上げます。

以下引用:

 先般の台風17号で大変な状況と思いますが、再び台風20号(フィリピン名:Ramil)がフィリピンに近づいており、フィリピン政府は20日、ルソン島北部地域に対して警戒を強めるよう指示した由です。
 現在のPAGASA等の予測では、今週木曜日から金曜日にかけてルソン島北部を横切ることが予想されます。
 台風20号の勢力は、若干弱まったようですが、まだまだ、秒速50メートルを超える暴風を伴うとされています。

皆様、引き続き、ご注意いただければと思います。


在フィリピン日本国大使館領事班

===============

以上。

台風20号の進路予想については、こちらでご確認下さい。
http://www.jma.go.jp/jp/typh/0920.html


 
 
 
 
[PR]
by janlbaguio | 2009-10-20 21:32 | Neighbers ご近所情報

道路開通とは言うけれど -台風被害 その14

台風17号 フィリピン名 PEPENG の被害状況


DPWH(公共事業高速道路省)による道路事情の発表が
バギオ・ミッドランド紙の10月18日(日)付けに掲載されていましたので 要点の翻訳を以下にご覧下さい。


「DPWH、バギオへの幹線道路の再開を報告」

全てのバギオへ通じる道路が、ハルセマ・ハイウエイも含めて再開された。
DPWHは金曜日に すべての土砂崩れは除去され、迂回路は全て通行可となった。
ハルセマ・ハイウエイも本日午後5時に軽量車両は再開されるだろうと述べた。
ベンゲット・ヌエバビスカヤ間の道路は復旧作業が継続中である。

ナギリアン・ロードとマルコス・ハイウエイは全てのタイプの車両が通行可である。

ケノン・ロードは再開しているが、軽量車両のみである。
4つの橋が台風の影響を受けた。

軽量車両(Light Vehicle)とは、乗用車、バン、それにシングル・タイヤのエルフ・トラックも含む。
重量は10トン以下で、LTOに軽量車両として登録されているものである。

ケノン・ロードの19の橋のうち3つの橋が損傷をうけている。
キャンプ4の Ampasit橋はひびが入っており、アプローチにも被害がある。
叉、古いスペイン橋も保守が必要である。

=============

「ベンゲット州の電力は復旧か」

台風によってベンゲット州の8つの市町村は停電が続いている
台風によって停電となった市町村は、ツブライ、アトック、カパンガン、キブンガン、バクン、ブグイアス、カバヤン、及び マンカヤンであり、BENECOは復旧すると述べている。
復旧に時間がかかっているのは、ハルセマ・ハイウエイ沿いの土砂崩れの為としている。
これについて、DPWHは、金曜日の午後現在、ハルセマ・ハイウエイの大きな土砂は取り除かれ、迂回路は通行できるとしている。

==============

「孤立したブグイアス町の町民が犠牲者を掘り起こし、道路を復旧」

ブグイアス町では、町民みずからが27遺体を土砂崩れの現場から収容。
ここでは 34人が死亡、2人が今も行方不明。

アバタン地区の土砂崩れでは、28人が収容された。

町民は、ブグイアス・アバタン ルートと、バドアヤン・アバタン ルートを復旧させた。

この復旧によって、ベンゲット州北部が全面的な孤立から免れた。
叉、カバヤンとボコドが開通したことによって、農家や商業を営む人たちが市場へ産品を持ち込む代替道路となっている。

==============

以上、翻訳の要点のみ。


尚、バギオ・ミッドランド紙に掲載された写真を見てみますと、
マルコス・ハイウエイの ベンゲット州TUBAでの道路の損傷はかなり大きく、道路の下は土がえぐられている状況です。

復旧作業がどの程度進んでいるのか分かりませんが、雨が降れば 二次災害の可能性もあるのではないかと心配です。




 
[PR]
by janlbaguio | 2009-10-19 01:00 | Neighbers ご近所情報

台風20号に緊張走る - ベンゲット州 -台風被害 その13


台風17号 フィリピン名 PEPENG の被害状況


台風20号が北ルソンをうかがう中、バギオ・サンスター紙の10月17日付け報道
http://www.sunstar.com.ph/baguio/benguet-braces-new-storm
以下、要点のみ翻訳:

ベンゲット州ラ・トリニダッド町 -
台風20号フィリピン名RAMILがさらに雨を降らせるのか。

州知事が新しい台風の猛威に警戒するよう指示を出した。
危険度の高い地区の住民に早めの避難を呼びかけている。
ベンゲット州は未だ数十億ペソの被害と300人以上の犠牲者を出した先の台風から復旧の途上にあり、家を失った住民の為に安全な場所を探すよう作業中である。

一方、国内、海外からの支援も始まっている。
国連人道航空支援が木曜日に大型ヘリコプターで援助物資を国立ベンゲット州大学構内に届けた。
しかし、マンカヤン町で支援物資を配布したヘリの乗務員は、濃霧の為ブギアス町へ入ることは出来なかった。

ベンゲット州知事は、公共事業及び高速道路省が速やかにハルセマ・ハイウエイを再開し、陸路による支援が出来るよう期待している。

ナギリアン・ロードは暫定的に再開されているが、バスがトラブルに会い牽引せざるを得ない事態となった為、軽量の車両のみ通行可となっている。
ナギリアンは土曜日には全ての車両が通行できるようになる予定である。


======================

上記のように ナギリアン・ロードなど再開はされているものの、不安定な状況で、叉 台風20号の接近もありますので、 ケノン・ロード、マルコス・ハイウエイを含め 十分ご注意下さい。
[PR]
by janlbaguio | 2009-10-18 13:22 | Neighbers ご近所情報

バギオの危険地区指定か? -  台風被害 その12



台風17号 フィリピン名 PEPENG の被害状況

バギオ、コーディリエラ(山岳地域)が 危険地区を認識
10月16日付け フィリピン・デイリー・インクワイアラーより要点のみ翻訳
http://www.inquirer.net/propertyguide/buildingblocks/view.php?db=1&article=20091016-230443


バギオ市 - 既に台風被害は終わったような雰囲気になっているバギオ市の役人は、以前から危険地区と指摘されていた地区の住民の移転に賛成している。
バギオ市長は木曜日にバギオは正常に戻ったと発表した。

しかし、金曜日には、市長と市議会は、住民の多いキリノ・ヒルでの地すべりの可能性と、川沿いの少なくとも4箇所での洪水の危険性を指摘することを計画している。

水害や浸食の引き金となる溢れ出した水の排水路を設置したり、あるいは新しいコミュニティーをベンゲット州の近隣の地区に移転するために財政支援をするなどである。
ベンゲット州、マウンテン州、及びイフガオ州での復興、移転計画も作成される。
市長は地すべりを免れた被災者が自宅に戻ったり、再建することを禁じた。

先週台風17号で子供を含め23人が死亡したクレセンシア・ビレッジはもう住めないかもしれない。
この方針は、16名が死亡したイリサン地区や、8人が死亡したキトマ地区、及び他の5つの地すべり地区に適用される。

バギオ市長は、シティー・キャンプ・ラグーンで家屋を建設するという15人の住民の要請を却下した。

=============

以上、要点の翻訳のみ。

尚、シティー・キャンプは 昔の沼地が住宅地になっている場所で、
今回の豪雨で水没した地区です。
[PR]
by janlbaguio | 2009-10-17 12:45 | Neighbers ご近所情報

BSU大学のキャンパスにテント村 -  台風被害 その11


台風17号 フィリピン名 PEPENG の被害状況

国立ベンゲット州大学のキャンパスにテント村
10月16日付けサンスター・バギオ紙より要点のみ翻訳
http://www.sunstar.com.ph/baguio/tent-city-rise-bsu-campus

ベンゲット州ラ・トリニダッド町 - 来週から台風Pepengによる荒廃からの再建が始まる。 国立ベンゲット州大学(BSU)キャンパスにテント村が作られることになった。
台風の被災者、特に行き所の無い被災者を収容する。

BSUの敷地内に、現在の避難者全員と、簡易トイレ、台所設備、及びシャワー室などを設置できる。

テントは5人収容。 一家族がひとつのテントに入れる。
台風Pepengによって、この町では54世帯が被災し、数百人が家を失った。
金曜日現在、9つの避難所(学校など)が残っており、避難者342人がまだ残っている。
10月19日から学校を再開する為、避難所となっている教室が必要となる。

最大の避難所である プグイス小学校では、500人以上を収容していたが、今現在は56人となっている。 国家灌漑管理構内に96人、ナザレ教会 19人、退役軍人会ビル 24人、及びガール・スカウトでは55人を収容している。
ガーデン・シティには 92人、 ホーリー・エンジェル教会 29人、及びアセンブリー・オブ・ゴッド教会が10名である。

この町での死者数は112人、負傷者19人、行方不明3名である。
一番甚大な被災地は、 リトル・キブンガンとブヤガンで、犠牲者はそれぞれ 74人と20人になっている。


=============

以上、要点のみ翻訳。

尚、 ベンゲット州ラ・トリニダッド町は バギオ市のすぐ隣町です。
高原野菜やいちご栽培などで有名ですが、今回の台風で いちご畑などは完全に水没し大打撃を受けていると言われています。
[PR]
by janlbaguio | 2009-10-17 11:24 | Neighbers ご近所情報

NDCCの発表内容 - 台風被害 その10


山岳地域での支援活動は 取り残されています。
環境ngo CGNからのレポートをご覧下さい。
http://cordillera.exblog.jp/12134964/

ご支援の連絡先はこちらでご覧下さい。
http://cordillera.exblog.jp/12110452/


台風17号(フィリピン名 PEPENG)では、3日間で1,000mm(1メートル)以上の集中豪雨になったとされています。 この豪雨での被災状況は以下の通り発表されています。

死者  375人 - 内287人がベンゲット州などの山岳地域
行方不明 48人
負傷者 185人

675,681所帯 / 3,136,965人
27州の356町村と35市にまたがる。
その内、17,506所帯/83,432人が 179ヶ所の避難所で生活。

家屋の被害 - 全壊 3,677、 半壊32,672

マニラーバギオ間での橋の損壊については、パンガシナン州では、
Pangasinan- Bued Bridge – three (3) spans @40.50 m each collapsed at MNR in Sison, Pangasinan not passable to all types of vehicles and
Ambayaoan Bridge in San Nicolas, Pangasinan collapsed
上の通り、シソンのブエド橋とサン・ニコラスのアンバヤオアン橋が通行不可。
堤防などは各所で被害をうけています。

上記の迂回路は 以下のように案内されています。
Detour Road –
From Tarlac, take Tarlac-Pangasinan road via Camiling
then Mangatarem-Bugallon-Lingayen-Dagupan–San Fabian-Damortes and
from Urdaneta take Urdaneta-Manaoag-San Jacinto-San Fabian-Damortis, La Union Road and
from Binalonan take Binalonan Manaoag-San Jacinto-San Fabian and Sison/Pozurrubio, take Pozorrubio–Manaoag–San Jacinto-San Fabian-Damortis Road


以上の被害情報は、フィリピンのNDCC(国家災害調整協議会)の2009年10月14日発表のこのサイトで公表されています。
http://210.185.184.53/ndccWeb/images/ndccWeb/ndcc_update/TY_PEPENG/sitrep%20%2327%20re%20ty%20pepeng%20as%20of%2014%20oct%206am.pdf
(上記がアクセスできない場合は、こちらからどうぞ 
http://ndcc.gov.ph/home/


3日間で1メートルという豪雨が どのようなものなのか、その比較のために日本の過去の豪雨の記録を探してみました。

日本における記録的豪雨と被災者数
http://hb8.seikyou.ne.jp/home/y-ken/heavyrain24/heavyrain24.html



ご参考まで。
[PR]
by janlbaguio | 2009-10-16 12:50 | Neighbers ご近所情報

チェーン店などへの配送も再開 - 台風被害 その9


マニラ方面からバギオへの幹線道路が暫定的に復旧し、バギオのチェーン・ストアなどへの配送も10月14日(水)から再開されたとの情報を得ました。

ビクトリー・ライナーもマニラーバギオ間が14日から再開されていますが、従来の国道では橋が破壊されるなどの状況が残っているため、海岸線に沿う国道に迂回しての運行になっているようです。
このため、従来は所要時間が6-7時間であるのが、今は8-9時間掛かっているとの情報です。

叉、ビクトリー・ライナーの場合、およそ30分間隔での運行が1時間くらいの間隔になっているそうですので、ご注意下さい。

バギオ・マーケットなどの様子はこちらでご覧下さい


台風17号豪雨被害の被災地への支援活動は こちらをご参照下さい

台風17郷 PEPENG災害地への支援のお願い:

バギオを拠点に活動している環境NGOコーディリエラ・グリーン・ネットワーク(CGN)(反町眞理子代表)では、今回のバギオ市、ベンゲット州、マウンテン州での甚大な災害の被災者へ 支援を開始しています。
JANLのメンバーのお一人でもある反町代表のCGNの山岳地域での広範なネットワークを生かした支援活動をバックアップしたいと思いますので、フィリピン在住、日本在住を問わず、上記のサイトの情報をご覧の上、皆様のご協力をお願い申し上げます。
[PR]
by janlbaguio | 2009-10-15 18:58 | Neighbers ご近所情報

ビクトリー・ライナー バギオへ運行再開 ー 台風被害 その8


速報


マニラーバギオ間のバス路線、ビクトリー・ライナーが運行を再開したとの連絡が JANLのメンバーから入りました。

ただし、従来のマルコス・ハイウエイ経由ではなく、ナギリアン・ロード経由での再開になっています。

スケジュールなどは、ビクトリー・ライナーのターミナルなどで ご確認下さい。



ガソリンの供給も始まったそうで、今後の被災地での支援活動が本格化しそうです。


(10月14日午後4時現在の情報です。)
[PR]
by janlbaguio | 2009-10-14 17:50 | Neighbers ご近所情報

陸の孤島バギオ市 - 食糧が足りない!? - 台風被害 その7

台風17号 フィリピン名 PEPENG の被害状況


10月14日(水)朝のテレビの報道では、北ルソンでの台風17号の豪雨による死者は375名となったようです。

以下に バギオ・サンスター紙の10月13日付け記事から バギオの食糧不足に関する記事の要点の翻訳をしました。 ご参照下さい。
http://www.sunstar.com.ph/baguio/food-running-out-isolated-city

「バギオ市で食糧がなくなる。」

バギオ市のいくつかのスーパーで在庫が底をついている。 特に、缶詰、インスタント・ヌードル、卵や小麦粉だ。 しかし、商務省は これは未だ供給不足とは言えないとしている。

火曜日夕刻に開かれたスーパー経営者との会議で、商務省(DTI)はブランドにこだわらなければまだ食糧はあると述べた。

インスタント・ヌードルと鰯の缶詰の在庫が無くなったSMスーパーマートを除いて、他のスーパーでは まだ在庫がある。

小麦粉、卵および食肉製品は いくつかのスーパーから ほとんど姿を消した。
バギオ市へ入る車両が制限されている為、食肉製品の配送が出来ていない。

小麦粉の在庫も無くなってきている。 地元の製パン工場は少量しか製造できず、一方ラグナ州で製造されているものはスーパーに届いていない。

ファースト・フードのチェーン店やレストランなども在庫が無くなって来ている。 
道路の再開が待たれている。

生鮮食料品の高騰が報告されているが、価格のコントロールは難しい。

一方、商工会議所は、食糧雑貨の各商店は 道路が再開するまで在庫は全て提供すると述べている。


市場での商品不足

鮮魚、肉、及び野菜の供給が不足している。
バギオの野菜価格は 台風17号によって 先週の木曜日以来 3倍に跳ね上がっている。

じゃがいも キロ当たり100-120ペソ(約200円)、サヨテ(薩摩芋)キロ当たり40-45ペソ、人参 100ペソで売られている。



=============
以上、 要点・翻訳 HO
[PR]
by janlbaguio | 2009-10-14 11:43 | Neighbers ご近所情報