<   2012年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

バギオ歴史探訪シリーズ (11) 市役所周辺

1903年に ケノン道路建設の為に日本から移民してきた第一陣
中に、三重県出身と思われる加藤さんがいて、子どもに伝えた話という
のがあります。

その話によれば、バギオ市の建設が始まった当初に、加藤さんは
大工のグループの一人として、バギオ・シアターや バーンハム公園から
市役所へ向かう道路沿いのいくつかの建物を作ったとされています。

そのひとつが プロテスタント教会だとされていましたので、
当時をご存じの写真家の古屋さんにお尋ねしたところ、この教会に
案内いただきました。
a0109542_17573973.jpg

これは、バーンハム公園からバギオ市役所を写したものですが、
この右側を見ますと。
a0109542_17595463.jpg

このような教会が建っています。

a0109542_1805981.jpg

この教会の現在の建物は建て替えられたもので、当時の教会の
建物には、大きなステンドグラスの窓があったのだそうです。

さて、上記の加藤さんですが、
その後1930年代に マンカヤンにあるスヨク鉱山やレパント鉱山
の周辺で、鉱山関係の建物や製材所などの建築に、大工グループの
一員として働いたそうです。

a0109542_2295074.jpg

また、同じ加藤さんかどうかは不明ですが、
こちらのサイトに掲載されている サウス・ドライブの道沿いにある小さな鳥居も
加藤さんが作ったものだという話です。
http://baguiotour.exblog.jp/10111008/


ところで、北ルソン比日基金(アボン)が発行した
Japanese Pioneers in the Nothern Philippine Highlands という
写真集の巻末にある日系人リストによれば、
英文でのリストの一世の頁に6名の「Kato」の名前があって、
和文でのリストの「加藤」には4名の名前があるのですが、
和文のリストの出身県欄には この4名が福島県と神奈川県とありますし、
職業欄には 養蚕や農業となっていますので、 大工である加藤さんは
あとの2名のうちの 加藤エイキチ あるいは 加藤ワイチ の
いずれかの話ではないかと思われます。
[PR]
by janlbaguio | 2012-09-27 18:01 | History バギオの歴史

バギオ歴史探訪シリーズ (10)  市役所周辺

このお話は、戦前のバギオ日本人学校で、当時小学生であった写真家の古屋様から
の情報を元にしております。

a0109542_15262387.jpg

この写真は、右側の建物がバギオ市役所で、左は歩道橋です。
この青空・・・戦時中の古屋様のお話です。

1941年12月8日、バギオ市のジョン・ヘイに 日本軍の爆弾が投下されました。
その時、バギオ日本人学校で授業中だった子供たちは、先生たちから何も
知らされず、ただ親が学校に来るのを待つように指示されたのだそうです。

その当時 日本人会の会計担当であった郡司忠勝氏の著書「思い出はマニラの海に」
には次のように描写されています:

「西の空から爆音が聞こえた。 近ごろになってバギオの空に時おり訓練機が飛来
したが、今朝は音も様子もなんとなく違っていた。 ・・・ジョン・ヘイ米軍基地の方角へ
一直線に丘をかすめて飛んで行く数機の黒い影を見た。 ・・・・
遠くで数回の爆発音がして、分厚い大きなウインドのガラスがびりびりと波を打った。
・・・二十分ほど経ったころ、街中が騒然となって・・・・」

しかし、当時ロクバン地区にあった日本人学校に居た古屋さんには、その爆撃
の音は聞こえなかったそうです。

そして、その時から、日本人学校は「日本人収容所」となります。
その日の夕方、日本人が溢れた小学校から、男たちは、ジョン・ヘイの中に作られた
別の収容所へ移されます。


1941年12月25日午後、日本軍がバギオに入城します。
収容所から解放された日本人家族は、当面の居住のためにホテルなどに入った
のだそうです。

その時、古屋さんの家族が泊まった場所かここだったのだそうです。
a0109542_15511366.jpg

バギオ市役所のすぐ前にある この保険会社の建物。
ここに 古屋さんの家族が一時的に入ったホテルがありました。

そんなある日、古屋少年がホテルから外に出て、市役所の方角の青空を眺めて
いると、そこに一機の日本軍の戦闘機が 低空飛行で現れます。

古屋少年の目に 戦闘機の日本人パイロットの顔が はっきりと見えたと言います。
そして、思わず 古屋少年は ペコリとお辞儀をしたそうです。

すると、そのパイロットは、古屋少年に戦闘機の中から 敬礼を返してくれた
とのことです。

・・・・

1944年9月21日、アメリカ軍機およそ500機による マニラ大空襲。

1945年1月、 古屋少年の家族は、バギオを抜けだし、ラ・トリニダッド、ハルセマ道路の
21キロ地点を過ぎる辺りまでバスで避難。 
その後は徒歩で、 山下道路 - ソラノ - キャンガン まで、おおよそ1ヶ月かかって
移動したそうです。

a0109542_2345236.jpg

その ラ・トリニダッドでは、今のベンゲット州の州庁舎のすぐ斜め前に川があって
橋が架かっているのですが、この橋が米軍の集中的な砲撃、爆撃を浴びて
破壊され、避難する日本人がばたばたと倒れ、死体が累々としていたそうです。
a0109542_2355089.jpg


その後は、キャンガンからアシン河沿いに上流へ向かい、北西の「バクダン」と呼ばれる
村の辺りから、さらに北西の方面で、アメリカ軍による爆撃からの逃避行を繰り返す
毎日となったのだそうです。
この周辺には、マニラから逃げてきた日本人が多く、 バギオからの避難組は
キャンガンから南西方面の「ホヨ」という名前の村周辺に多かったそうです。











 


   
    
   
    
[PR]
by janlbaguio | 2012-09-27 15:52 | History バギオの歴史

バギオ歴史探訪シリーズ (9) 追加情報  市役所周辺

バギオ歴史探訪シリーズは (8)までで一旦終了しておりましたが、
戦前にバギオの日本人学校に在籍していた古屋様と同校の同窓会のご提供で
さらに情報が寄せられましたので、少しずつご紹介していきたいと
思います。

今回は、バギオ市役所の周辺を散策します。

まずは前回のシリーズ2 をご覧ください。
http://janl.exblog.jp/13538369/


この HERITAGE MANSION に関する情報です。

a0109542_14382276.jpg


現在はホテルとなった建物のホテルの受付に、このような写真が
飾られています。
a0109542_14394928.jpg

この写真の下の説明書きには、以下のようにあります。
a0109542_14402732.jpg


「ミュラー邸は 建築家アルセニオ・ヤンドックによって設計され、
熟練した日本人の大工達によって1930年代に建築されました。
第二次世界大戦中は日本人によって軍司令部として使用され、
後には戦後のアメリカによって司令センターとなりました。
1940年代末にミュラー・ホテルとして開業し、1960年代初頭には
D'Marksイタリアン・ピザが短い期間ですが入っていたことがあります。」

a0109542_1441125.jpg

尚、この説明には書いてありませんが、当時を知る古屋氏によれば、
この邸宅は日本領事館として利用されていたとのことです。

又、別の書籍の記録では、現在のバギオ市役所の中に日本領事館が
あったとの話もあります。

上記に軍司令部という言葉が出てきていますが、
日本の「軍政監部」は 現在の Baguio Central School にあったとのことです。
(軍政監部は、軍政部とも呼ばれ、軍事組織の下に行政をおこなう機関だったそうです。)

a0109542_1449465.jpg

現在のバギオ市役所の向かって左側にある この学校です。

a0109542_14511676.jpg
 この写真は、バギオ日本人学校同窓会のご提供によるもので、
「軍政監部北部ルソン支部」とあります。

a0109542_14503390.jpg

「Baguio Central School 日本軍はこの建物を押収、 軍政監部呂宋支部
として使用した。  徴用された多くの邦人がここで働いていた。」

a0109542_1525753.jpg

「昭和18年 
軍政監部は11月末解散、現地徴用軍属、現地除隊軍属は解雇されたので 
その直前撮影された写真? 」

注: 上記の古い写真の説明文「・・・」は、バギオ日本人学校同窓会の方による
   コメントです。


このシリーズの中の古い写真につきましては、「バギオ日本人学校同窓会」の
提供によるものですので、転載などは固くお断りいたします

 
 
 
 
 
 
 
 


 

 
 
 
 
 
 
 
[PR]
by janlbaguio | 2012-09-27 14:41 | History バギオの歴史

「姉妹都市Exhibit」 ピカチュウ・ドラえもん 頑張る! in Baguio

Sister City Exhibit in Baguio City was held at SM Baguio on Sep.23, 2012
with Chinese, Korean & Japanese communities's Tea Sampling service
and Performances including Cosplayers'.
Abong and JANL cooperated to the event of Baguio city.

9月23日、バギオ市主催「姉妹都市イグジビット」がSMバギオで開催され、日系人団体
である 北ルソン比日基金(Abong)と 北ルソン日本人会(JANL)が協力しました。
a0109542_15524757.jpg

日本人コミュニティーを代表して、アボンの役員である アイリーン・ハマダさんが
日本の姉妹都市である埼玉県・羽生市と北海道・稚内市に代わって挨拶を
され、JANLの代表がその通訳を務めました。

a0109542_15561731.jpg

会場には、フィリピン、中国、韓国、日本の国旗が掲揚され、4ヶ国の国歌が響き渡りました。
a0109542_15585112.jpg

SMバギオのイベント広場は満員御礼の状態となり、バギオ市長などのスピーチに続いて、フィリピンの伝統舞踊などが始まりました。

a0109542_1651885.jpg

一方、中国、韓国、日本のお茶のサービスには、バギオ在住の留学中の皆様にもお手伝いをいただきました。

a0109542_1673346.jpg

日本茶とお菓子のサービスでは、和服の女性たちが目を引きます。
a0109542_169720.jpg

日系人会のスタッフの皆さんと、大学に留学中の女性です。

a0109542_16102669.jpg

ステージでは、フィリピンに続き、中国人コミュニティーの学生による伝統の踊り。
a0109542_16113366.jpg

韓国人コミュニティーからは、K-POPの音楽にのせて、ダンスが披露されました。

a0109542_16123488.jpg

そして、日本代表は ピカチューとドラえもん。
英語留学中のお二人に 大活躍していただきました。

a0109542_16222281.jpg

さらに、いよいよコスプレを愛好する皆さんの登場。
a0109542_16233110.jpg

ファッション・ショーや寸劇で場内を沸かせていただきました。
a0109542_16323011.jpg

thanks a lot for the great performance by the cosplayers in Baguio city
namely OTAGEKI , KAWAII KAZOKU, and other groups/independent
cosplayers. Arigatou Gozai Mashita.

a0109542_16345382.jpg

最後には、4ヶ国の代表の皆さんたちをコスプレーヤーやK-POPの人たちが囲んでの
記念写真となりました。

a0109542_16363333.jpg

ちなみに、日本の姉妹都市の中で継続的に活発な交流をしているパートナーは
埼玉県の羽生市ですが、8月にはバギオのライオンズ・クラブとの間で
中学生の交流をするなど、教育関係者を含めてその輪が広がっています。

a0109542_1643678.jpg

なお、イベント終了後、コスプレ参加者など30名ほどの皆さんと打ち上げ会を
開き、日本人ボランティアの皆さんとの楽しいひとときを持つことができました。

今回のイベントは、頻繁にスケジュールが変更になるなど ご協力いただきました
皆様には大変ご心配をお掛けしましたが、最後には大いに盛り上がり
大きな満足をしていただけたものと 心より感謝を申し上げます。




 
 
[PR]
by janlbaguio | 2012-09-24 16:00 | Activity 活動内容

Changed to start 2pm, Sep.23 : Sister City Exhibit

9月23日(日)に予定されているバギオ市主催の「姉妹都市イグジビット」は、
すべてのイベントが 2PMから開始されることになりました。

詳しくは 下のリンク・ページでご覧ください。
http://janl.exblog.jp/16160046/

The Time schedule was changed to start everything at 2pm,
on Sep.23(sun) for "Sister City Exhibit" held by Baguio City.
for the detail, pls click the above mentioned web page.
thanks.
a0109542_14484459.jpg

[PR]
by janlbaguio | 2012-09-19 14:48 | Activity 活動内容

Congratulations Abong ! 40周年・25周年記念・着物ショー

KIMONO show was held on Sep.16, 2012, in Baguio city.

2012年9月16日、日系人団体である Abong の記念行事が開催されました。
この日は、Filipino-Japanese Friendship Association of Northern Luzon
(北ルソン比日友交協会)の40周年、Filipino-Japanese Foundation
of Northern Luzon (北ルソン比日基金)の25周年 創立記念のお祝いがありました。
a0109542_1671353.jpg

(マニラ新聞の記事より。)

a0109542_2154631.jpg

日本からも大勢の皆様が応援に駆け付けられました。
a0109542_218213.jpg

日本大使館、国際エンジェル協会、日本のロータリークラブ(バギオ基金)の来賓の皆様。
a0109542_2194128.jpg

歓迎のエンターテインメントの輪の中に、北ルソン日本人会(JANL)のメンバーも飛び入り参加。
a0109542_221731.jpg

大使館からは、卜部日本大使ご夫妻も参列されました。

a0109542_2244277.jpg

午後には、会場をセント・ルイス大学文化芸術センターに移してのイベント。
a0109542_2264975.jpg

大使館主催のレセプションには、国会議員、州知事、市議会議員などの要人の姿も。
a0109542_2282721.jpg

和服姿に迎えられた華やかな会場で、和気あいあいの交歓。
a0109542_231097.jpg

「着物ショー」は、日本の四季に合わせたファッション・ショー。
a0109542_23245.jpg

浴衣姿の花笠音頭。
a0109542_2325123.jpg

着付けのデモンストレーションでは、正しい着方の大切さを。
a0109542_2342368.jpg

「七五三」の場面では、小さい子の仕草に 会場には笑いが。
a0109542_23547100.jpg

冬の傘。 
a0109542_237256.jpg

そして、最後を盛り上げたのは、高知県の「よさこい」踊り。
会場の大使夫妻も立ち上がっての「よさこい」となりました。

a0109542_2382967.jpg
  
皆様、素晴らしい「着物ショー」を見せていただき、有難うございました。


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
     
     
     
    
[PR]
by janlbaguio | 2012-09-18 02:21 | AJISAI 文化交流 network

2pm, Sep.23(Sun) : バギオ姉妹都市exhibit SM Baguio

SCHEDULE WAS CHANGED :
All events on Sep.23 will start at 2PM including Tea Service.

開始時刻がすべて2PMからに変更となりました。

Sister City Exhibition, Japanese Tea Service and Cosplay Fashion
Show,
etc. will be held in SM Baguio, at 2PM, Sunday, September 23,
by Baguio City in cooperation with Filipino-Japanese Foundation of
Northern Luzon(Abong), Japanese Association in Northern Luzon(JANL) &
Otageki, etc.

9月23日(日) 2PMより、SMバギオに於いて、バギオ市主催、アボン、北ルソン日本人会、コスプレ・グループOtageki などの協力によって 「バギオ姉妹都市イグジビション」が開催され、日本茶サービスや コスプレ・ファッション・ショーなどが行われます。

詳細な日程は以下のスケジュールをご覧ください。
(すべて2pmからに変更です。)
a0109542_0145635.jpg


a0109542_011323.jpg

(このカレンダーは、9月9日発行のバギオ・ミッドランド新聞に掲載されたものです。)

バギオ市の日本における姉妹都市は、
埼玉県 羽生市 と  北海道 稚内市 の二つです


当日の予定は、以下の通りとなっています:
(変更の可能性もあります。=> 一部変更がありました。)
(式典が 午前中の予定が 午後に変更になっています。)



02:00PM - 中国茶、日本茶、韓国茶サービス
02:00PM - バギオ姉妹都市イグジビション式典

03:00PM - 4ヶ国のパフォーマンス
           フィリピン、中国、韓国、日本、 の順に変更
           (日本の部は コスプレ・グループによるファッション・ショー等)
           日本のコスプレ終了後、観客の皆さんとの撮影会となります。
05:00PM 終了


当日ボランティアができる方を募集しています。
ー 日本の着物・浴衣などを着て 日本茶のサービス。
ー 着ぐるみを着て会場の雰囲気づくり。
ー お茶サービスの道具類の搬入・搬出のお手伝い。
ー その他、連絡係など。

お手伝いいただける方がいらっしゃいましたら、
北ルソン日本人会の連絡先にメールなどでお知らせください。
 
宜しくご協力ください。



 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
     
 


 
 
 

 



  






   
[PR]
by janlbaguio | 2012-09-11 00:03 | AJISAI 文化交流 network