<   2013年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧

フィリピン・バギオ:日本人移民110周年祭に向けて 「君が代」の練習

2013年9月15日 フィリピン・バギオ市で 日系人団体の主催で
日本人移民110周年の祝賀式典が開催されます。

その式典で 日系人の若い皆さんたちが 「君が代」を一緒に歌うため、
その練習が行われました。

a0109542_1920352.jpg

バギオには 北ルソン比日基金と 北ルソン比日友交協会のふたつの日系人団体が
あって、通称アボンとよばれる会館で様々な活動が実施されています。

今回の式典は 1903年に マニラとバギオを結ぶ山岳道路であるケノン・ロード
(当時の名称はベンゲット道路)の建設の為に日本からバギオへやってきた
日本人労働者の功績をお祝いし、その難工事で命を落とされた数百人の
犠牲者に哀悼の心を捧げるものです。
合わせて、これらの末裔である日系人の戦後における苦難を癒し、救いの手を
さし延べたシスター海野を偲ぶものともなっています。



この歴史については、このサイトのこちらのページをご参照ください。
http://janl.exblog.jp/7076729/

「君が代」の練習会では、北ルソン日本人会のボランティアの方が指導をされました。
a0109542_19271474.jpg

君が代の意味の説明とともに、一緒にその歌い方を練習しました。

9月15日(日)には、北部ルソン島ばかりではなく、フィリピンでの日系人の原点である 
ケノン・ロードの展望台で式典が開催される予定になっています。
皆様、お誘い合わせの上、ご参加ください。


尚、この日系人団体では、北ルソン日本人会のボランティアお二人が 定期的に
日本語を教えていらっしゃいます。

又、お仕事として、 インターナショナル・スクールで日本人の生徒さんに 国語を教え
たり、バギオ市内の某大学で日本語を教えることになっている方もいらっしゃいます。

 
 

    
 
[PR]
by janlbaguio | 2013-08-28 19:40 | Activity 活動内容

8月15日 フィリピン・カリラヤでの戦没者慰霊祭に参加しました

少々遅ればせのご報告です。
昨年は台風・洪水の影響で参加できなかった カリラヤでの日本人戦没者慰霊祭。
今年は北ルソン日本人会からは2名が参列させていただきました。

a0109542_11313163.jpg

ラグナ州カリラヤにある広い日本庭園の中に この慰霊碑はあります。

毎年 フレンドシップ・ツアーさんの慰霊祭ツアーに参加。
8月15日の朝6時に マカティにあるDusitホテル前に集合し、小型バスでカリラヤへ向かいます。

a0109542_11355241.jpg

2時間半ほどで カリラヤ会場に到着。
いつも雨の心配がある会場の天候は、今年は強い日差しの晴天でした。
a0109542_1139198.jpg

開会の辞、フィリピン大統領の代読の後、日本人のコーラス・グループの歌を背景に 献花が始まりました。
日本大使ご夫妻などがお参りされました。
a0109542_11403659.jpg

北ルソン日本人会(JANL)のメンバーも献花に参加。

a0109542_1142558.jpg

今年は例年になく 多くの皆さんが参列され、献花の列は長く続きました。

a0109542_11431498.jpg

最後に 卜部大使の言葉で散会となりました。

a0109542_11504492.jpg

JANLの花輪の左には 鹿児島歩兵71連隊の花輪がありました。
ケノン・ロードのCAMP3に立派な慰霊碑を建立された戦友会・遺族会からの花輪です。

昨年は台風の影響でJANLは不参加でしたが、今年の慰霊祭にはフィリピンの方々は参加されていないことに気付きました。
一昨年以前には、コーラス・グループやフィリピン大統領の代読はフィリピン人の方々でしたが、今年は コーラス・グループも日本人の皆さん、 大統領の代読は 大使館の公使が務められました。


慰霊祭は滞りなく終わり、昼食会場へ移動しました。

a0109542_1156409.jpg

フィリピンのあちこちから参加された日本人の皆さんと歓談しながらの昼食会となりました。
a0109542_11574110.jpg

マニラ会や PRA日本人倶楽部などの皆様もいらっしゃいました。

a0109542_11585762.jpg

この昼食会場は カリラヤからマニラへ向かう途中にある 「桜苑」。
a0109542_11594669.jpg

桜苑は 日本人向けの介護付きのケア・ホームだそうです。

昼食後は、他のグループとは分れ、JANLの二人は マニラ近郊の避暑地として有名な
タガイタイの見学に向かいました。


   

   

    
   


    

       
    
  
[PR]
by janlbaguio | 2013-08-24 11:52 | History バギオの歴史

あなたも バギオ・デイ・パレードに参加しませんか?


バギオ市制が始まったのが1909年。 9月1日はその記念日です。
今年は104周年記念の Baguio Day のお祝いの日です。

その記念日には 毎年 バギオ・デイ・パレードが実施されます。

a0109542_148755.jpg


今年は 日系人会である北ルソン比日基金(通称アボン)とともに
北ルソン日本人会(JANL)も バギオ市からのご招待を受け、このパレードに
参加することになりました。

上記のポスターのように、日頃から様々な形で協力関係にあるコスプレ・グループの
若い皆さんたちと一緒に歩こうということになりましたので、
バギオ在住の日本人の皆さん、英語留学などで滞在している日本人の皆さんも
是非ご参加ください。

尚、浴衣、ハッピ、コスプレ、着ぐるみなど、楽しい衣装での参加を歓迎いたします。


日時:  9月1日(日) 8AM 集合
会場:  バギオ・コンベンション・センター
出発:  パレードは 式典終了後9AMごろに出発します。


詳しくは北ルソン日本人会にお問い合わせください。
(このサイトの右側の「問い合わせ連絡先」でメールアドレスをご参照ください。)



   



    


    


     


   
  
   
[PR]
by janlbaguio | 2013-08-22 01:54 | Activity 活動内容

Rudy Furuya  "Home" Photo Exhibit  古屋英之助 写真展 9月15日まで

8月17日にオープンされた Rudy Furuya 古屋英之助 写真展「ふるさと」が 
9月15日までの日程で開催中です。
会場のBenCab美術館については こちらのサイトでご確認ください。

http://bencabmuseum.org/

又、写真展の詳しい内容については、こちらのページでご参照ください。

http://janl.exblog.jp/18343794/


以下は 8月17日のオープニングの様子です。

a0109542_23532398.jpg

ベン・キャブ美術館の中のこちらの会場です。
a0109542_23541236.jpg

ベン・キャブ氏の挨拶の後、アルカンタラ女史から古屋英之助氏の紹介がありました。
a0109542_23552770.jpg

ルディー・フルヤ氏にとっては これがバギオに於ける個展の3回目。
1933年にバギオ市で生まれ、1945年の終戦後 戦時捕虜として日本へ強制送還
されて以来、「ふるさと」であるバギオを想い続けてきた心の内を語られました。

a0109542_23584926.jpg

オープニングには、古屋氏の旧友など関係者が集われました。


そして、8月19日。
北ルソン日本人会の有志及び北ルソンで研究などをされている方々が集まり、
「古屋氏のバギオ」、戦前のバギオ市における日本人コミュニティーや街並みの
様子などを語っていただく会をもうけました。

a0109542_041141.jpg

まずはお鍋を囲んでの懇親会。
a0109542_045196.jpg

戦前にバギオ市に暮らしていた皆さんから提供された貴重な写真などが
プロジェクターで披露されました。
a0109542_061295.jpg

そして、話はバギオの平和な時代から、戦争、山岳地帯への逃避行の話にまで
及び貴重な時間を過ごさせていただきました。

お忙しい中、時間を割いていただいた古屋英之助様に 御礼を申し上げます。


 





    




    


      
[PR]
by janlbaguio | 2013-08-21 00:09 | History バギオの歴史

バギオ市で コスプレ・七夕祭り・模擬縁日 大雨の中 大盛況 !!

2013年8月18日(日)、フィリピン・バギオ市の Baguio City National High School体育館で、地元のコスプレ、漫画、アニメ、アート・グループが主催・共催する 「七夕祭り」が開催されました。

a0109542_1323373.jpg

けん玉、かるた取りなどの様々な日本のゲーム、漫画関連ゲーム、お好み焼などの店など、日本の縁日がバギオの若者たちによって再現されました。

a0109542_13262458.jpg

このお好み焼は 小さくてもなかなかの味。
a0109542_13284788.jpg

メード・カフェ・スタイルで カワイイ ケーキの販売。

a0109542_13293982.jpg

アート・グループは こちらもカワイイ小物類を 手作りしています。
a0109542_13303630.jpg

もちろん 「金魚すくい」は縁日の定番です。
a0109542_1331326.jpg

当日は ルソン島と台湾の間の海上に停滞する台風の余波で 一日中 大雨状態で、
翌日19日にはフィリピン大統領から すべての学校は休校にせよ との命令が
出たほどでしたが、 この「七夕まつり」会場は 若者たちの熱気で溢れました。

a0109542_13341688.jpg

もちろん、コスプレ団体主催ですので、多くのコスプレーヤー達が 思い思いの格好で楽しんでいます。
a0109542_1335541.jpg

こちらのコーナーは 七夕飾りを背景にした 撮影ブース。

a0109542_13362957.jpg

こちらでは、プロ、アマのカメラマンが 撮影会。
a0109542_13371897.jpg

とくに女子大生たちのコスプレが人気のようです。
a0109542_13394171.jpg

こちらのブースでは 富士山などの日本の風景を背景にした撮影会。
a0109542_13404077.jpg

英語学校の日本人留学生たちが先生たちと一緒になって、浴衣姿の撮影を提供。

a0109542_13421554.jpg

実は、この会場は 土壇場まですったもんだがありました。
当初は バギオ・コンベンション・センターを8月11日に予定していましたが、
補修工事の日程がどうしても調整がつかず、一旦18日に変更。
その後またまた数日前になって このバギオ・シティー・ナショナル・ハイスクールの
体育館に変更となりました。

a0109542_13451011.jpg

体育館の屋根に響く 大雨、どしゃぶりの雨の音にも負けず、舞台の上では
日本のアニメ音楽などの歌のコンテストが続きます。
この女性は ボーカロイドと呼ばれる電子音のような声をまねした 素晴らしい歌唱力で
断トツの優勝。 会場は大興奮となりました。

a0109542_1355949.jpg

グループの部では、AKB48の曲を歌ったグループが目を引きました。

a0109542_13583363.jpg

(photo by wanobo click photography on FB)
織姫・彦星コンテストは 浴衣のコンテスト。
会場のあちこちにも、浴衣姿が多くみられ、浴衣人気がここまでかと思わせるほど。
茨城県から夏休みでバギオにやってきた国際結婚のお父さんと浴衣姿の子供たちにも会いました。
a0109542_140589.jpg

(photo by wanobo click photography on FB)
審査員席には 主催者やピカチューなどの姿がありました。

a0109542_142084.jpg

最後まで 多くの若者、そして、浴衣姿、コスプレで賑わった「七夕まつり」。
このイベントを成功に導いた Otageki Cosplay Association の皆様、
そして、 Bag-iw Art Society, UP Anime_HQ, XD Gumi, Gomen などの
参加団体の皆さんに 心から感謝を申し上げます。
大変楽しい時間を過ごさせていただきました。 本当に有難うございます。

a0109542_1454611.jpg

この写真をご覧になればおわかりの通り。
体育館は大雨の為に 水浸しになっていました。

a0109542_1465296.jpg

シティー・ハイスクールの会場の外は 夕方になっても 雨が止む様子はなし。

a0109542_149459.jpg

すべての協力者の皆様、そして、大雨の中を会場まで足をお運びいただいた
北ルソン日本人会の皆様に 改めて感謝申し上げます。




 
 
 
 
 
 
 
 
 
      


        




   




    



    
tanabata festival 2013 philippine baguio city august 18 baguio city national high school main gymnasium otageki gomen bag-iw art society up anime hq japanese association in northern luzon english school students
[PR]
by janlbaguio | 2013-08-20 13:26 | AJISAI 文化交流 network

大使館より公使がバギオを訪問。 日系人会館などで懇談。


8月10日にバギオでの「七夕まつり」などのオープニングにご列席いただいた公使が
翌日11日に 北ルソン比日基金のアボン会館などを訪問され、懇談されました。

a0109542_2336723.jpg

a0109542_23375144.jpg

公使と一等書記官のお二人が 日系人の団体の役員の皆さんからその歴史などに
ついて説明を受けられました。

a0109542_2340720.jpg

その後 バギオ市営墓地で、日系人への支援に尽くされたシスター海野の墓参。
a0109542_23422047.jpg

戦前の日本人移民の皆さんの名前が刻まれた墓碑を視察。
a0109542_23443431.jpg

1905年に完成した ケノン・ロード(当時はベンゲット道路)の建設工事で亡くなられた
日本人労働者の慰霊碑。

a0109542_23454177.jpg

第二次大戦で亡くなられた戦没者慰霊碑のある日本庭園。

そして、ケノン・ロードの展望台で、日本人移民の原点をご覧になりました。


 
   


   

    

     

     
[PR]
by janlbaguio | 2013-08-17 23:47 | Activity 活動内容

フィリピン・バギオ市Camp John Hayの アメリカ大使館 動画

たまたま発見したお宝映像です。
フィリピン・バギオ市の中に、元米軍基地であった キャンプ・ジョンヘイがあって、
この敷地のほとんどは市民および観光客の憩いの場となっているのですが、
この場所だけは一般公開はされていない場所。

バギオ市の中にある 「アメリカ大使館」 の建物です。

こちらのYOUTUBEで 動画での説明がありましたのでご覧ください。
http://www.youtube.com/watch?v=wzY4vZD5kdc

この動画の中で、この建物がどのような歴史を辿ってきたかの解説がされています。

なぜこの建物が歴史的な意味を持っているかといいますと、
ここで第二次大戦の 日本・フィリピン戦が 山下奉文大将による正式な降伏文書への
署名によって終結したからです。

山下大将は、1945年9月2日に イフガオ州の山を下りてキアンガンの町で実質的な
降伏を行い、翌日9月3日にバギオ市のこの建物で公式文書に署名したとされています。

第二次大戦中に日本軍によって接収された このキャンプジョンヘイは、
フィリピンにおける日本とアメリカの戦争が始まり、そして終わった場所とも言われています。


貴重な映像を是非 ご覧ください。


キャンプ・ジョンヘイについては、こちらの英文のサイトに解説があります。
http://en.wikipedia.org/wiki/John_Hay_Air_Base

このサイトの情報には、以下のような記述があります:

Camp John Hay may have been the first place in the Philippines bombed by Japan in World War II. At 8:19 a.m. on December 8, 1941 – December 7 on the Hawaii side of the International Date Line – seventeen Japanese bombers attacked Camp John Hay killing eleven soldiers, American and Filipino, and several civilians in the town of Baguio.

<翻訳>
キャンプ・ジョンヘイは第二次大戦において、日本によるフィリピンへの爆撃が最初に行われた場所であったかもしれません。
1941年12月8日午前8時19分ー日付変更線のハワイ側では12月7日ー 17機の日本の爆撃機がキャンプ・ジョンヘイを襲い、米比の兵士11名、及びバギオの町の市民数名が死亡しました。


尚、山下奉文大将については こちらのサイトでご参照ください。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E4%B8%8B%E5%A5%89%E6%96%87




    




    




        

     
    



    



     



      

  


   



  
[PR]
by janlbaguio | 2013-08-13 23:51 | History バギオの歴史

Rudy Furuya "Home" (ふるさと) 古屋英之助 個展

古屋英之助氏の個展 「ふるさと」 が以下のとおり開催されます。

a0109542_21142117.jpg


期間: 2013年8月17日ー9月15日
会場: BenCab美術館 (バギオ市アシン・ロード)


パンフレットを以下に掲載します。(一部を下に翻訳しております。)

a0109542_21192340.jpg


a0109542_21194814.jpg


a0109542_212066.jpg


a0109542_2120226.jpg


上記の一部を以下に翻訳しております:

写真展のパンフレットより:

ルディー・フルヤ(古屋英之助)は1933年11月にバギオ市で生まれ、
第二次大戦が1941年に勃発した時にはバギオ日本人学校の生徒でした。

1930年代にバギオで成長し、バギオ市が高原の首都として栄え、またベンゲット州
の短い探鉱ブームの中心地であった頃の当時を身を以って知っています。

幼いルディーにとって、その当時、バギオ市全体が彼の遊び場であったことは純粋に歓びでありました。 セッション通りからバーンハム公園の一帯は、彼のご近所だったのです。
数十年の後も、その子供の頃のふるさとバギオでの楽しい思い出は、今でも彼を慰め、心を暖めてくれるのです。

1945年の終戦の時に、家族が日本へ送還された後も、ルディーにとって、バギオを
離れることは母親から引き離されるようなことであったのです。
「バギオが私のふるさとなんです。 日本には私のふるさとはないのです。」

幼い頃のバギオの想い出は、ルディーの心に深く刻まれ、芸術家・写真家としての
彼の現在の感受性の重要な一部となってきたのです。

ルディーの心は決してバギオを離れることはありませんでした。 ですから、横浜の
彼の窓から、彼はその月を見上げ、そしてその夕刻の空の鏡の中に、彼はそのふるさとを
観るのでした。 そして、ふるさとを偲ぶ時にはいつも、痛むような哀しみがつきまといました。 - しかし、有り難いことに、ふるさとバギオに戻ってくると、それが癒されるのでした、たとえそれが心の眼の中のことであっても。

月を観ると、いつも、ふるさとバギオへ戻ることができるのです。



――――――――

英之助(ロドルフォ フランシス)古屋は 1933年11月に バギオのノートルダム
病院で生まれ、第二次大戦の終戦の時にはバギオ日本人学校の生徒でした。
父、古屋正之助、は1910年代にマニラに着き、フィリピン大学の美術科に在籍しました。  1920年代、古屋一家は、セッション通り沿いに住み、正之助はパイン・スタジオのマネジャーとして働きました。 1930年代、一家はバラトック鉱山に住み、そこでゴールデン・ライト・スタジオを開業しました。

1945年の初期に連合軍がバギオへの爆撃を始めた頃、古屋一家は決断し、ほとんどの民間の日本人と一緒に、バギオ市から日本帝国軍の北方への避難に加わりました。
その危険極まりない逃避行の間に、ほとんどのバギオの日本人はベンゲット州やイフガオ州の山々の中で、病気や飢餓で亡くなりました。 古屋一家を含む生き残った人たちは、米軍に投降し、戦争捕虜となりました。 そして、1945年の終わり頃に、日本へ送還されました。

ルディー古屋は、父の例にならって、芸術家・写真家の道を歩きました。 彼は東京と横浜で商業写真家となりました。

1990年代に、ふるさとバギオへの旅を始めました。 旧友に会い、子供時代の場所を訪れ、そして、彼のアートの新しい方向性を見つけたのです。 彼は横浜から、単独で小さなニューズレター「パンデサール」を発行しました。それはバギオ日本人学校の同窓生家族に送られました。 

以下、省略

====


又、上記の個展以外にも、グループ展として、以下の写真展が開催されます。
戦前のバギオ市の写真、葉書などが一堂にかいして。

a0109542_21305311.jpg


期間: 2013年8月24日ー11月17日
会場: メリノール・エコロジカル・サンクチュアリー
     (バギオ市カンポ・シオコ - マルコス・ハイウエイ沿いにあります)

a0109542_21335560.jpg





   





     





      




     









   




    




     



      
[PR]
by janlbaguio | 2013-08-12 21:16 | Neighbers ご近所情報

満員御礼! バギオで 七夕祭り、浮世絵展、JICA展 開幕

TANABATA FESTIVAL 2013 had the Opening ceremony on August 10,
together with Ukiyo-e Woodcut Print exhibit and JICA photo exhibit
at Baguio Museum.

バギオ博物館で 七夕祭り、浮世絵展、JICA写真展が 8月10日にオープンしました。

a0109542_0525332.jpg

日本大使館より 大森公使をお迎えして オープニングの式典が行われました。

a0109542_2403197.jpg

(photo by Neil Ongchangco)
お出迎えとエスコートは、Otagekiコスプレ団体の皆さん。

a0109542_0544039.jpg

受付には 浴衣姿のアボンの皆さんに お手伝い頂きました。

a0109542_3395572.jpg

(photo by Neil Ongchengco)
御来賓の皆様。

a0109542_056267.jpg

バギオ市のドモガン市長のご挨拶。

a0109542_057774.jpg

アリピン下院議員にも祝辞をいただきました。
バギオ博物館としては、市長と下院議員が揃っての列席は 初めてのことだと伺いました。

a0109542_248240.jpg

(photo by Neil Ongchangco)
エンターテインメントは、地元山岳民族出身の シンガーソング・ライターによる
地元のフォークソング、そして「幸せなら手をたたこう」を会場の皆さんと一緒に歌いました。

a0109542_3414421.jpg

ご協力いただいた皆様、JANLの皆様のお顔もみえます。

a0109542_111789.jpg

二つ目は、空手キッズ 3人娘による 演武。 ラ・トリニダッドの空手クラブです。

a0109542_14038.jpg

三つ目は、居合術の演武を わざわざマニラから来ていただいて ご披露いただきました。

a0109542_2425031.jpg

(photo by Neil Ongchangco)
そして、最後は、日本の女性と、地元の男性による 七夕伝説のパフォーマンス。
「さ~さ~の~は さ~らさら~~・・・・」の曲に乗せての舞で 会場は魅了されました。

a0109542_2433275.jpg

(photo by Neil Ongchangco)
テープ・カットは、ドモガン市長、大森公使、アリピン下院議員の皆様にお願い致しました。

a0109542_1104425.jpg

そして、テープ・カットの後は、会場の外にも待ち構えていたお客様が 「浮世絵展」に殺到。
大混雑状態でした。

a0109542_112147.jpg

会場は おおよそ250名ほどの観衆で溢れました。

a0109542_1131927.jpg

さらに、四階の七夕会場では、大森公使ほか御来賓の皆様にも 願い事をお書き頂きました。

a0109542_2451488.jpg

(photo by Neil Ongchangco)
バギオ博物館のタボラ館長と 大森公使が エスコートの皆さんと記念写真。

a0109542_1154298.jpg

七夕会場には 一階の鳥居から 四階まで、竹林の参道を登っていただき、
トトロ神社でのお参りに 若い人たちがたくさんいらっしゃいました。

a0109542_1185945.jpg

このトトロ神社の祠には なにが入っているのでしょう・・・・是非 中を覗いてみてください。

a0109542_120579.jpg

なんと、祠の横には こんなものが・・・・
「トトロ神社の伝説」 ??
どんな伝説があるのでしょうか・・・・お楽しみ。


a0109542_122250.jpg

4階では、Bag-iw Art Society のトトロ関連の展示。

a0109542_1225625.jpg

そして、フィリピン大学バギオ校の UP Anime_HQ による展示も行われています。

a0109542_1255619.jpg

a0109542_2514287.jpg

今年も たくさんのコスプレ仲間たちが 応援してくれました。

a0109542_1272458.jpg

8月18日(日)には バギオ・コンベンション・センターで
コスプレ・七夕祭り・模擬縁日も予定されています。

a0109542_1283085.jpg

今年からバギオ市の毎年恒例のイベントとして認知され、バギオ市からスナックの
提供をいただきました。

a0109542_3295766.jpg

a0109542_1294273.jpg

又、お約束の「鯛焼き」 400個は またたく間に 売り切れ。
日本文化を愛する若い皆さんに喜んでいただきました。


a0109542_1362464.jpg

この七夕などの展示は 8月27日が最終日となっています。
是非 ご来場ください。

a0109542_1542072.jpg

a0109542_1553557.jpg


関係者の皆様に 心より御礼を申し上げます。






   



    




    



   



         
philippines-japan friendship month 2013, tanabata festival at totoro shirine, baguio museum, embassy of japan in the philippines, japan foundation manila, jica, japanese association in northern luzon, filipino japanese foundation of northern luzon, baguio city tourism office, otageki cosplay association, bag-iw art society, up sva, up anime hq, thanks a lot for everyone who joined us at the opening ceremony, minister ohmori, mayor domogan, congressman alipin.....
[PR]
by janlbaguio | 2013-08-12 01:01 | Activity 活動内容

フィリピン・バギオの小学生が 七夕飾り -バギオ博物館

バギオ博物館での 七夕飾りワークショップ 2日目。

a0109542_3451100.jpg

2日目のワークショップは大勢の小学生たちで賑わいました。

a0109542_371037.jpg

ボランティアの6名の皆さんに 折り紙指導などの お手伝いをいただきました。

a0109542_382029.jpg

バギオ博物館の1階から4階まで 折り紙や短冊で飾りつけ。

a0109542_395426.jpg

皆さん 楽しんでいただいたようで、元気な声に溢れていました。

a0109542_3112140.jpg

マビニ小学校6年生の皆さん、有難うございました。

七夕飾りの仕上げは、日系人会、日本人英語留学生、コスプレ・グループ、
北ルソン日本人会の皆さんが 8月10日の1pmから行います。
どなたでもご参加いただけます。
お誘い合わせのうえ バギオ博物館へお出で下さい。




 
 
 
 
 
 
 
      



      



       
 


 
 
 
 
 
 
 
 
 
  

    


   

    
 

     
[PR]
by janlbaguio | 2013-08-09 03:15 | Activity 活動内容