バギオの歴史を学ぶコーナー(5ページ目)

CITY OF PINES 「松の都市」
著者: Robert R. Reed


第三章  バギオの起源
      フィリピンの環境についてのアメリカの認識

(続きです。)



p75
ウォーセスター・ライト委員会と 二人の医療アドバイザーの 正式な推薦に従って、フィリピン行政長官達は 暫定的にバギオの開発を認可したのです。 それは、この開発に於いては、ほんの二つ目の正式な立法措置に過ぎませんでした。 ウォーセスター、ライト 及び 彼らの一行が北方からマニラに戻って一ヶ月も経たない 1900年9月12日に法律となった 法令第2号を通して、植民地政府当局は 提案された高原避暑地と低地とを最終的に結ぶように計画された鉄道網の調査のために 5千ドルを承認したのでした。

これは、しかし、アメリカ支配の最初の10年間に米比委員会によって立法化された バギオ関連のおびただしい法律の最初のものでした;  彼らは マニラにある植民地政府当局の目から見れば主要な山岳都市の無視できない重要性に対して まとまって意見を述べたということになります。
これらの法令によって、行政長官達は 不可欠な道路建設プロジェクトに数百万ドルを投入しました;  健康に良いとされる高地の気候であることを確認する為に測候所を建て; ベンゲット州とバギオ市の両方に 行政機関を組織し; 新しい高地の拠点のための 下水、給水、そして電力のシステムを認可し; ラ・トリニダッドに農業研究所を造り、町の境界内で 数百もの住宅および建物用の土地を公売に出し; 数多くの政府機関の建物や関連する基盤施設を建設し; 健康とリクリエーション増進のために軍用の特別保留地を確保し; バギオの総合的な都市設計を準備するために 著名なアメリカ人都市プランナーである Daniel H. Burnham を雇い入れました。
このようにして、二十世紀の初期に、フィリピンの行政長官達は 東南アジアにおけるもっとも優れた高原避暑地のひとつと言うだけではなく、北ルソンに於いて第一の都市となるべき都市の確固たる基礎を築いたのです。



第三章 <つづき>
ベンゲット道路: その葛藤と成功
p80
ウオーセスター・ライト委員会がマニラに戻って2週間も経たない内に、フィリピン行政長官達は ベンゲットに入る鉄道の建設を推進することを 彼らの中で非公式には 明らかに合意していたのです。  
彼らは -前述の法令第2号―の具体化を 9月の第二週まで実行に移していませんでしたが、面白いことには 少なくとも1900年8月28日頃には鉄道網の調査のための調整は始まっていたのです。
そして、その当日、Charles W. Mead大佐は Arthur MacArthur将軍から、当時のマニラに於ける都市エンジニアの任務を解除し、暫定的に彼を 米比委員会に任命するという命令を受けました。


p82
1900年12月14日に提出された調査隊に関する報告書の中で、ミード大佐は 最短距離で一番安い鉄道のルートは 正に Bued<ブエド>河沿いであると述べています。
<注: この最短ルートは 掲載された地図によれば、ラ・ウニオン州の アゴオとバウアンの間に位置するアリンガイの町から ほとんど真っ直ぐ東へバギオまで向うルートです。>

ミード大佐は、いくつかの短いトンネルが必要であるし、山の支脈に多くの深い切り込みを入れる必要もあると、かなり困難な建設作業の可能性を認めてはいたものの、これらの問題は簡単に乗り越えられるものと信じていました。
実際に、大佐は一年以内なら 鉄道路床のせいぜい3パーセント程度しか完成出来ないだろうと判断していました。 

労賃、建設資材、公道用地購入、鉄道レール、店舗、及び 所有車両の総コストを およそ2百6十万ドルと見積もった後に、ミードは 次のように提案したのです。
計画されている鉄道路線の全線に渡って 普通乗用車向けの仮の道路を建設することを通じて、高価ですぐに必要となる鉄道建設の費用を先送りできるのではないかと。 そしてその見積コストは ほんの7万5千ドルであると。
フィリピン行政長官たちは、植民地政府の他の分野においても重い財政的責任に直面していましたので、 そのような好都合な情報は 渡りに舟だったのです。

行政長官たちは、すぐにベンゲット鉄道延長の開発を数年間延期することを決定し、破格に安い自動車道路を代わりに選んだのです。

p83
建設作業は1901年1月中旬に ベンゲット道路の北と南の両端で急ピッチに開始されました。 総監督は ミード大佐でした。 同年の7月までに、その頃アメリカは雨季の間はすべての建設工事を停止する必要があると分かったのですが、たったの10マイル、つまり 当初計画されていた道路全線の三分の一以下しか完成できなかったのです。
それどころか、この10マイルというのは、ブエド河渓谷の入り口に到る低地の既存の小道を改良したに過ぎなかったのです。
その上、ミード大佐が 建設期間とコストの両方で膨大な過少見積りをしていたことが明白になってしまったのです。  その結果、大佐は以前のポストであったマニラでの都市エンジニアとして戻されてしまいました。

p84
1902年1月1日、ベンゲット道路の仕事は N.M.Holmes主任技師の指揮の下に再開されました。 ホルメスは ブエド河の砕け易い渓谷の壁に路盤をゆっくりと削っていくという報われない任務を引き継ぐことになったのです。
ほんの6ヶ月後に、ホルメスはプロジェクトの完成をあきらめてしまいました。
その後3年間に渡って道路建設プロジェクトを悩まし続ける深刻な問題が既に露呈していたのです。

p85
ホルメスと彼の直属スタッフ、そして およそ2千人の労働者たちの真剣な努力にもかかわらず、道路建設者たちが報告できたのは、1903年6月までに 通行可能な道路をやっと18マイル完成出来たというものでした。

p86
行政長官たちやそのアドバイザー達の第一の、そしておそらく最大の、判断ミスは、ミード大佐の最初のプランを真面目に審査せずに受け入れたこと、あるいは、フィリピンで経験を積んだ技術専門家による二次評価をしなかったことでしょう。
それと同時に、アメリカ人技術者 ―ミードとホルメス― が直接の道路建設の責任者であったため 彼らが工事を行った環境と文化的背景の中で、すべての現実を把握することに単に失敗したと言う事です。

技術的設計における明らかな大失敗に加えて、彼らは 長々と続く雨季の間のタイム・ロスを考慮することを無視し、アメリカ人の労働倫理が必ずしも他の人々には適用出来ないことを理解せず、たった一日の間に何十インチもの大雨をもたらす台風の 路盤や橋梁に及ぼす潜在的影響について判断ミスをしたのです。
そのような河の氾濫時には、渓谷道路の主要な区間は 大きな泥流に文字通りかき消され、 高価な鉄の橋梁も あっと言う間に上昇するブエド河の水流によって 瞬く間に構脚と橋げたがもつれあった固まりに変えられてしまうのです。  


p88
1903年夏、バギオとベンゲット道路開発に対する抗議の声がますます大きくなり、米比委員会は 高原避暑地開発計画をすべて投げ捨てるか、激しい論争をくぐり抜けて推し進めるかの二者択一を迫られることとなりました。


p89
膨らみ続けるコストと抗議の声にもかかわらず、フィリピン委員会は バギオの辺鄙なイゴロットの村は フィリピン群島で最高の山岳都市に必ずや変容し、ベンゲット道路によってマニラと結ばれるであろうと宣言したのです。
[PR]
# by janlbaguio | 2007-12-30 16:52 | History バギオの歴史

バギオの歴史を観る写真展 と バギオ・カレンダー2008


Baguio Then/Now
「バギオ 当時そして今」
a0109542_13114563.jpg


Photo Exhibition at SM Baguio   SMバギオで写真展
Open 4p.m. Dec.20 12月20日(木)4時開場

This exhibition was informed by Rudy Furuya (Einosuke Furuya), Japanese photographer who is participating the event.
この写真展の情報は イベントに参加される日本人写真家 ルディー古屋(古屋英之助)さんよりいただきました。 古屋さんはJANLのメンバーでもあります。

The below is the information extracted from Baguio Midland Courier issued on Sunday, December 16, 2007.
下記の情報は、2007年12月16日付の バギオ・ミッドランド・コリア紙からの抜書きです。

Quote:

These photographs form part of the exhibition Baguio Then/Now that opens on Dec.20, 2007 at 4p.m., Parkview Terrace, SM City Baguio. The first of a series of exhibitions produced by the BaguioBenguetStudies and hosted by SM, this show features images of Baguio in the early 1900s and of 2007 re-photography by 12 Baguio photographers. The show will move to the Gallery, Lower Basement on Dec. 22 and will run till Jan. 30, 2008. – E.R. Alcantara

Featured in the exhibition are early Baguio photographs from the Baguio Benguet Studies Digital Archive culled from various archival sources and private collections.

The 2007 re-photography is by Robbie Casas, Elicon Consul, Caesar Paul Garcia, JT Gonzales, Rudy Furuya, Tommy Hafalla, Ric Maniquis, Julius Mendoza, Mark Perez, Rudi Tabora, Ompong Tan, and Boy Yniguez. Exhibit curator is Erlyn Ruth Alcantara.

A set of images in the exhibition appears in a Baguio 2008 Calendar that will be launched at Cordillera Coffee, patio , upper ground floor, SM City Baguio at 5p.m. also on Dec.20.

Unquote


この写真展は、バギオ・ベンゲット・スタディーズという団体によるもので、1900年代初期の当時のバギオの古い写真と 2007年に12名のバギオの写真家によって撮影された同じアングルの写真を公開するものです。
12名の写真家の中に 日本人写真家の RUDY FURUYA(古屋英之助)さんがいらっしゃいます。
2008年のバギオ・カレンダーに これらの写真が使用されるとのことです。


写真展の日時・場所

12月20日(木)午後4時―12月21日(金)
    SMバギオ パークビュー・テラス
    (正面入り口から入ってバーンハム公園側テラス)

12月20日(木)午後5時
    SMバギオのパティオ(正面一階外側左奥)にある CORDILLERA COFFEE
    にて これらの写真を掲載した「2008年バギオ・カレンダー」の紹介。

12月22日―1月30日 
    SMバギオ ローワー・ベースメント
    (駐車場の出入り口・地下2階)

a0109542_1313177.jpg


このカレンダーが買えると嬉しいですね。
[PR]
# by janlbaguio | 2007-12-19 13:13 | AJISAI 文化交流 network

着物着付けワークショップ  フラワー・フェスティバルにむけて

Japanese Kimono
fitting work shop
by Japanese Association in Northern Luzon.
2007年12月8日(土)、 JANLは 着物着付けワークショップを 開きました。

a0109542_15584910.jpg


まずは 帯の結び方を学びましょう。
a0109542_1611540.jpg


帯を結ぶんですよ・・・ 枕を背中に担いでいるのじゃあありません。
a0109542_1624166.jpg


そして、結んだリボンを後ろに回すんです・・・で、出来上がり!
a0109542_1641841.jpg


じゃあ、バギオ大聖堂で 記念写真を撮りましょう。
a0109542_165517.jpg


ついでに、ちょっとお買い物・・・ セッション・ロードを練り歩きます。
a0109542_16104267.jpg


視線を浴びながら歩くのも ウキウキ・・・ワクワク・・・ドキドキ・・・
「視線を浴びる衣」 と書くと 「浴衣」なんですね・・・・??
a0109542_16123072.jpg


ケンタッキー・フライド・チキンでも 買っちゃおうかしら~~
a0109542_16134298.jpg


「やだ~~、XXちゃん、それ どうしたの~~」
「ニッポンのきものなの~~」
「きゃあ~~、 超ク~~ル!!!」 ってなことに・・・
a0109542_16155080.jpg



と言う事になりまして、 着付けの先生方、アシストいただいたJANLのメンバーの方々に 
感謝!!
来年2月の フラワー・フェスティバルの時には 「日本カルチャー・デイ」での着付けワークショップは 目処が立ちそうですね。 待ち遠しい・・・
[PR]
# by janlbaguio | 2007-12-10 16:06 | Activity 活動内容

「バギオ サヨテタップス物語 2」   加藤 卓 著

 前回のモンテンルパ訪問から半年が過ぎました。妹は再び遠く、兄のいるモンテンルパへ行かねばならなくなりました。兄に恩赦の話しが持ち上がったからです。フィリピンでは恩赦によって釈放される受刑者も多いと聞きます。ただし、手続き等で、うやむやになってしまう可能性もあるとか、そうならないよう頑張ってやらなければなりません。

 兄がわけのわからない罪で捕まった時、母と妹は兄を助けようとしました。フィリピンにも当然、弁護士制度はあります。弁護士に助けを求めました。でも担当の弁護士に払うお金がありませんでした。母は弁護士の家で、家政婦として働くことでお金の代わりとしました。妹は弁護士の庭を掃除することで兄を助けようとしました。しかし、結果は無期懲役刑でした。

 しばらくして母が亡くなりました。母はどのような気持ちで旅立ったのでしょうか。幼い妹と、刑に服す兄を残して。

 妹が再びモンテンルパ刑務所を訪問すると聞いて、受刑者仲間の、あの死刑囚の母から連絡が入りました。今度は、是非、私も一緒に連れていってくれという話しでした。その為には家財を売ってもお金を作るとのことでした。妹には嫌も応もありません。女二人で旅をすることになりました。今回のおみやげもやっぱり野菜です。サヨテやサヨテタップス、それにニンジンなど2袋たっぷりあります。

 バギオ発深夜バスは、二人の思いを乗せて出発しました。

 長旅の末、刑務所に着きました。手続きの後、二人は所内に入りました。無期懲役の兄が待っていました。妹は兄にかけより抱き合いました。そして死刑囚の息子も待っていました。母が近づきました。二人は言葉になりませんでした。そのまま抱き合いました。周りにいた囚人たちも、二人の境遇が分かったのでしょう、黙っています。
 二人はいつまでも抱き合っていました。


 
 
[PR]
# by janlbaguio | 2007-12-05 22:57 | 会員 エッセイ・コーナー

JANL国語教育分科会 活動開始 2007年12月1日

JANLメンバーの子供達に 「国語」教育をしたいという父兄の声が 日本での教師経験者の皆様のご協力によって、本日実現しました。

a0109542_0444051.jpg

手を挙げて、明るく答えます。
a0109542_0471585.jpg

高学年の男の子たちも真剣です。

a0109542_0485892.jpg

となりの教室では、小さい子たちの かわいい目が輝いています。
a0109542_0525764.jpg

なんだか とっても楽しそう。
a0109542_0553843.jpg

いいですねえ~。 子供達が わいわいと勉強しています。

a0109542_1714566.jpg

フィリピン大学バギオ校に交換留学中の 外語大生も ボランティアです。


<JANL国語教室の目的>

両親、あるいは両親のどちらかが日本人で、家庭で日本語を使う機会があり、日本での同年代の子供たちほどではなくても日本語の基本的な会話を理解できる子供たちに、日本語を国語として学ぶ機会を与えることを目的とする。

両親、あるいは両親の一方が日本人である在比の子供たちの多くは、日本国籍を保持しており、子供たちが「日本人」としてのアイデンティティを確認できるような、日本文化・習慣を学ぶ場を提供する。

<クラス分けについて>

当初、幼児~小学6年生ぐらいの児童を対象とした、以下の3クラスでのスタートを予定しております。
将来的に参加児童の増加・多様化などがあれば、クラスの再編成も予想されます。

①高学年クラス:4年生~6年生程度
②低学年クラス:1年生~3年生程度
③幼児クラス:未就学児
[PR]
# by janlbaguio | 2007-12-02 00:41 | Activity 活動内容