CORDILLERA YOUTH ECO SUMMIT

Cordillera Youth Eco Summit will be held as shown in the below :

a0109542_17542715.jpg


a0109542_185744100.jpg

a0109542_18582071.jpg

a0109542_185926.jpg

a0109542_1859349.jpg


Young people from the Cordillera and some Artists from Japn are getting together as described in the below.
(English version is shown in the below.)


コーディリエラ・ユース・エコ・サミット
Cordillera Youth Eco Summit

 「コーディリエラ・ユース・エコ・サミット」は、コーディリエラ地方に住む若者たちの環境保全に対する意識を高めるためのイベントです。

山岳地方の村に住む若者たちがバギオ市に集い、演劇を通してそれぞれのコミュニティの抱える環境問題を発表し合います。
また、日本から環境に関わる専門家や、ミュージシャン、演劇グループがバギオを訪れ、 国境を越えて、環境保全や持続可能な世界のあり方に対する気持ちを共有します。

バギオ市のメイン会場であるコンベンション・センター(12月1日・2日)では、コーディリエラ地方のベンゲット州、イフガオ州、アブラ州、カリンガ州、マウンテン州の5州のコミュニティ・シアターグループが、それぞれの地域の環境問題をテーマとした演劇を製作し上演します。

また、環境教育の研究と実践、環境保全技術の研究・開発、発展途上国における持続可能な農村開発事業などを行っているキープ協会の二人の専門家が、環境教育と持続可能な開発についての講演を行います。

ゲストとして即興演劇の劇団「プレイバックシアターらしんばん」と日本のオルタナティブ・ミュージックのユニット「KURI」が、「PLANET LOVE」をテーマとした音楽と演劇のパフォーマンスを行います。

その後、「プレイバックシアターらしんばん」と「KURI」は、バギオ市の学校、アート・スペース、山岳部のコミュニティにおいて、ワークショップとパフォーマンスを行います。

12月1日(土)  バギオ・コンベンション・センター(バギオ市)

2pm:環境教育セミナー 講師:湊秋作(キープ協会)
5pm:環境コミュニティ・シアター・フェスティバル(第一部)

出演:
-TEATRO KABBAKAB (イフガオ州フンドアン地方ハパオ村)
-AANAK KABILBILIGAN ABRA AMDEC CULTURAL ENSEMBLE(アブラ州ボクロック地方)

7pm:PLANET LOVEコンサート&パフォーマンス 
出演:
KUR(日本)I、プレイバックシアターらしんばん(日本)、AGI(ベンゲット州カバヤン)


12月2日(日) バギオ・コンベンション・センター(バギオ市)

2pm: 講演「地域開発事業と環境保全」 講師:桶本隆男(キープ協会)
4pm:環境コミュニティ・シアター・フェスティバル(第二部)

出演:

-KALINGA TREASURE (カリンガ州パシル地方)
-TANGHALAN NIYAL NI KABAYAN(ベンゲット州カバヤン)
-OBON DI MALAYAD(マウンテン州タジャン地方ルボン村)
ゲスト:KURI、プレイバックシアターらしんばん


12月7日(金)  アブラ・マウンテン開発教育センター(アブラ州ボクロック地方ラマオ村)

12月9日(土) 1pm VOCAS(バギオ市)-La Azotea blg. Session Rd.

――即興劇ワークショップ「自然とともに生きるために」 
ファシリテーター:プレイバックシアターらしんばんwith竹内知子&KURI

12月13日(木)  ハパオ小学校(イフガオ州フンドゥアン地方ハパオ村)

12月15日(土) 7pm VOCAS(バギオ市) -La Azotea blg. Session Rd.

――PLANET LOVE コンサート  

出演:KURI, アーネル・バナサン

主催: キープ協会(山梨県)&コーディリエラ・グリーン・ネットワーク(フィリピン・バギオ市)
助成: 独立行政法人環境再生保全機構 地球環境基金 / 国際交流基金
協賛&後援: フィリピン観光省/メリノール・エコロジカル・サンクチュアリ/マサ・エコロジカル・ディベロップメント/VOCAS


[プレイバックシアターらしんばん]

劇と対話から人と人とのかかわりをはぐくむ即興劇「プレイバック・シアター」を通して、教育・福祉領域、また地域コミュニティのなかで人と人が安心して語り合い、肯定的な関係性を構築するわかちあいの場を提供しています。2001年に任意団体として発足後、2005年よりNPO法人として活動しています。今回はメンバーの中から4人が来比します。

プレイバックシアターらしんばんの紹介 
http://playbacktheatre.jp/
http://rashinban.playback.main.jp/

羽地 朝和 Haneji, Tomokazu
NPO法人プレイバック・シアターらしんばん理事長/プレイバック・シアター研究所所長
創始者ジョナサン・フォックスの元でプレイバック・シアターを10年間学び、1997年プレイバック・シアター研究所を設立。セラピーグループでのプレイバック・シアターや公開ワークショップを中心に担当。現在は、ミャンマーでのコミュニティづくり、また沖縄や長崎、韓国での歴史理解や平和のためのプレイバックに力を注いでいる

太田 華子 Ohta, Hanako
NPO法人プレイバック・シアターらしんばん副理事長。日本大学芸術学部(Nihon
University Of Art)大学院修了後プレイバック・シアター研究所に所属。心の病の予防とリハビリ、また教育としてのプレイバック・シアターを学校や施設で実施。またアクターのためのトレーニングコースを担当。

今西 賢治 Imanishi, Kenji
高齢者グループホーム旅路マネージャー。プレイバック・シアターでは、アクターだけでなくミュージシャンとしても活躍。音楽とイマジネーションを使ったユニークなワークが特徴。

今井 美佐穂 Imai, Misaho
フリーの舞台俳優として小劇場を中心に活動。プレイバック・シアターでは、演劇の経験を生かした豊かな表現力が持ち味。表現を楽しむ独自のワークショップも行なっている


[KURI]

自然ゆたかな山梨県の山村を拠点にして、ギリシャやアイルランドの弦楽器ブズーキ、アイルランドの笛ティンホイッスル、オカリナなどの民族楽器の音を取り入れて、創作・演奏活動をつづけているふたり組ユニット。どこか懐かしく、さわやかなサウンドにファンも多い。これまで「風の舞」、「遠い記憶」の2枚のCDを制作・発表。

Katsu
ギリシャ&アイルランドの弦楽器ブズーキ、ギター、カリンバ、口琴、パーカッション
自然素材を使ったクラフトで ランプやオブジェなどを作る。

Miho
アイルランドの笛(ティンホイッスル、ローホイッスル)オカリナ、竹笛
自然素材を使った 手作りアートせっけんを作る。

キープ協会の紹介 
http://www.keep.or.jp/about_keep.html


■お問い合わせ■

Cordillera Green Network, Inc. 
14D General Lim Street, Baguio City
Tel:074-423-0839/0917-507-0010(Varelee)/0910-631-4784(Arnel)
0920-715-5604/074-447-0529(Mariko-日本語可)



Cordilleran Youth Eco Summit

Dec. 1-15
at Baguio City & Cordillera


The Cordillera Green Network, a non-government organization that advocates for the protection, preservation, and promotion of a wholesome environment
in the Cordillera region, will hold various activities as part of the “Cordillera Youth Eco Summit” from December 1 to 15, 2007. The Baguio Convention Center will be the venue on December 1 and 2 for environmental lectures and performances by artists from all over the Cordillera as well as guests from Japan. On Dec. 1, Saturday, Dr. Syusaku Minato of KEEP (Kiyosato Educational Experiment Project) will lecture on Environment Education at 2 pm. On Dec. 2, Sunday, Mr. Takao Okemoto, also of KEEP, will talk on Sustainable Development at 2 pm.

For the last few months, students from Abra, Benguet, Kalinga, Ifugao, and Mountain Province have been putting together their respective plays about their environment and culture. Guided by theater and performance
practitioners from the Cordillera and even Japan, they will perform as part
of the “A ANAK DI KABILIGAN: Children of the Mountain” Ecological Community Theater Festival segment of the Summit. On Dec. 1, students from TEATRO KABBAKAB of the Hapao National High School in Hapao, Hungduan, Ifugao Province and AANAK KABILBILIGAN ABRA AMDEC CULTURAL ENSEMBLE from Lamao, Bucloc, Abra Province will hold their back-to-back showcase at 5 pm. The next day, students from KALINGA TREASURE of Pasil National High School in Kalinga Province, TANGHALAN NIYAL NI KABAYAN in Benguet Province, and OBON DI MALAYAD of Lubon National High School in Tadian, Mountain Province will commence performances at 4 pm.

Musicians Kuri from Japan, and Agi from Kabayan, Benguet will jam during the Planet Love Concert on Dec. 1 at 7pm. It will also feature performances by Japan’s Playbacktheatre Rashinban. The artists will travel to Abra and Ifugao to hold performances and workshops there.

VOCAS will be the venue for performances on December 9 and 15. Japanese artists from Playbacktheatre Rashinban and Kuri will hold an “Impromptu Theater Workshop for Living with Nature” on Dec. 9, Sunday, 1 pm. The Planet Love Concert will have an encore performance on Dec. 15, Saturday at 7pm, featuring Japanese duet Kuri and Cordilleran musician Arnel Banasan.
VOCAS is located atop the La Azotea Building, Session Road.

Everyone is invited to show their love for our environment by joining all
the activities. ADMISSION IS FREE! The “Cordillera Eco Youth Summit” was
organized by the Kiyosato Educational Experiment Project (KEEP) Japan and the Cordillera Green Network (Baguio City). It is funded by the Japan Fund for Global Environment JFGE), Japan Foundation in coorperation with Masa Ecological Development Inc. Maryknoll Ecological Sanctuary, and VOCAS. For inquiries, please contact the Cordillera Green Network, Inc. Tel. No.074-423-0839, 0917-507-0010 (Valeree), or 0910-631-4784 (Arnel). – Mari-An C. Santos


Profiles of the Guests

■The Playbacktheatre Rashinban■

a0109542_2142480.jpg


Playbacktheatre Rashinban is a theater group that takes the opportunity to build good relationships among people in the education and welfare sectors, as well as the community, through the improvisational play called "Playback Theater", which cultivates good rapport with the theatre audience members through dialogue. It started as a private organization in 2001, and registered as an NPO in 2005.

Representatives:

Haneji, Tomokazu

After studying for 10 years under Jonathan Fox, founder of playback theater, Tomokazu established the Playback Theater Laboratory in 1997. He then established Playbacktheatre Rashinban in 2001, mainly conducting playback theater for group therapy and open workshops. Presently, he is focusing on establishing a community in Myanmar, as well as playback theater for peace and understanding historical issues in Okinawa and Nagasaki in Japan, and Korea.

Ohta, Hanako

After finishing a Master’s degree from Nihon University of Art, Hanako
became a member of Playback Theater Laboratory. Executing the playback theater as a means of education in schools and institutes, and for the prevention and rehabilitation of mental disease. She is also charged with the training course for actors.

Imanishi, Kenji

The Journey Manager of the senior citizens’ group home, Kenji performs not only as an actor but also as a musician in the playback theater. Through music and imagination, he conveys his unique work.

Imai, Misaho

Misaho performs as a free stage actress in the fringe theaters. She brings
her extensive experience as a stage actress to the fore, giving abundant
expression to her performance. She conducts original workshops for enjoying self-expression.


■ Kuri■

a0109542_2153937.jpg


Instrumental acoustic duet which composes with the essence of the music of the world

Katsu
Greek Bouzouki, Irish Bouzouki, Guitar, Bodhran, Percussion, Jew's Harp,
Vocals

Miho
Tin whistle, Low whistle, Ocarina, Melodion, Flute,Tibetan bells,
Percussion, Vocals


Musical duo Kuri is composed of husband-and-wife Katsu and Miho.

Katsu's musical journey started with an exploration of folk, rock, and
experimental noise music. In the early 1990s, his interest extended to the
resonance of ethnic instruments. His travels around Europe and Asia taught him more about music and sound. He found that despite the diverse differences in musical style between genres of the East and West, music can cross borders and appeal to our feelings. He also came to the understanding that making music and exploring musical instruments are universal among people of all ages and cultures.

Katsu leads workshops teaching people how to make simple instruments out of bamboo and how play them. Recently, he has been incorporating poetry and storytelling with music, and is further exploring possibilities with sound.

Miho's musical history started when she was about 11 years old. She played the trumpet in a school band, and in university, played in classical
concerts. But she felt something was missing. She yearned for something
more. She decided to travel to the West. She stopped playing music for a
while, because the way she had been playing up until then felt very
limiting. All this changed when she went to lreland. There, she met
musicians who played from the heart--music connected to the land. That
connection brings them together, and gives them meaning and joy.

There, Katsu joined Miho, and Kuri was born in Dublin. Being in lreland made Miho want to get back in touch with her own roots to make music not in a traditional way, but with a spirit generated and informed by their Japanese blood, and yet also infused with qualities of some of the places they visit and the music they hear along the way.

■Minato Syusaku, Ph.D■

a0109542_21748.jpg


Dr. Syusaku Minato is currently the Director of KEEP (Kiyosato Educational
Experiment Project)’s Environmental Education Department. After serving for 24 years as a teacher in elementary school, he became Director for the
Dormouse Museum at KEEP. In 1976, he began Environmental Education and Conservation of paddy fields and wetlands while teaching at primary school. While he was teaching, he continued to hold a passion for Environmental Education, including an interest in establishing a biotope. In 2000, he established the Yatsugatake-Rice School.He is also the Chairperson of the Secretariat of International Conference on the Environment.

     His accomplishments include: establishing the network for dormouse domestic and international research, general research for the dormouse, preservation of the dormouse, studying forest conservation, nature experience education program focusing on young children, leading the rice field school, and campaigning for the protection of swamp lands.


■Mr. Takao Okemoto■

a0109542_218063.jpg


Mr. Okemoto is the Chief Operating Officer of KEEP (Kiyosato Educational
Experiment Project), Inc. He first visited the Philippines in 1987. He says
that his visits here the last 20 years developed his character and taught
him positive thinking.

He is in charge of the International Relations Department at KEEP, which
offers programs that bridge the cultural and educational divide between
people. The programs are grouped into two categories: Outreach and Development Work, and International cultural exchange and increasing cultural awareness. Outreach and Development Work is accomplished by both working abroad in the other regions in Asia, Europe, and the United States as well as hosting trainees at KEEP from around the world. The knowledge gained at KEEP can be taken back to local communities, thereby broadening the impact of global development. KEEP has partnered with JICA (Japan International Cooperation Agency), the Tanzanian Embassy in Tokyo, the EDNP (Episcopal Diocese of the
Northern Philippines), and others to help people help themselves in
communities worldwide.
   Under International cultural exchange and increasing cultural
awareness, KEEP has hosted cultural programs such as Philippine musicians’ live performances and trips of the Yatsugatake Delegation to Kentucky on the Sister Region Exchange Program, KEEP facilitates a vast exchange of intercultural knowledge leading to increased cross cultural understanding.
[PR]
# by janlbaguio | 2007-11-22 17:55 | AJISAI 文化交流 network

バサー ・ バギオの輸出加工区の製品を安く


ロアカン・ロードのテキサス・インスツルメンツのすぐ前付近で
毎年恒例の PEZAの バザー が開かれています。

輸出品が安く買えるというのが このバザーの売りです。
見物がてら お買い物は いかがですか?
 
a0109542_17123941.jpg



いつから いつまでか といいますと・・・
a0109542_17153031.jpg


11月9日から 1月7日までと見えます。
時間は 朝9時から 夜7時まで。 結構長い期間やってますね。

a0109542_17195488.jpg

この横断幕には ナイト・マーケット のイベントもあると 書いてあります。
11月24日は ブレント・スクールの クリスマス・バザールもあるし、
ブレントに行った後に ロアカンのPEZAまで 夕方に行くのもいいかもしれません。

a0109542_17213595.jpg

入り口は こちらです。


(この情報は 2007年11月現在のものです。)
[PR]
# by janlbaguio | 2007-11-22 17:16 | Neighbers ご近所情報

バギオの歴史を学ぶコーナー (4ページ目)


CITY OF PINES 「松の都市」
著者: Robert R. Reed


第三章  バギオの起源
      フィリピンの環境についてのアメリカの認識


(続きです。)


p69
バギオにおける主な保養施設建設のプランを学んだ後、彼はさらに、マニラにおいて政府公文書の体系的な調査を始め、Blancoのベンゲット委員会の膨大な報告書を探し出しました。 Worcester教授は優れた動物学者であり、有能な研究者でもありましたから、この膨大な科学的文献に非常に喜びました。 なぜなら、この文献は多くの疑問にその答を提供してくれたからでした。 地形、降水量、植生、気温、そしてバギオの水の供給、さらには ベンゲットに到る新しい道路あるいは鉄道に最適なルートなどにも及んでいました。
そのような具体的な技術的情報は、もちろん、島国の首都に住んでいる普通の有名な情報提供者からは得られないものでした。

p70
Worcesterは 意図されたプロジェクトを 誰が最終的に決定するのか探していました。 陸軍長官は、ベンゲットが健康とリクリエーションの有望な地であると思ったようで、フィリピンの行政長官に指示を出し、彼らがマニラに帰り次第 その高原の詳細の調査を始め、もし条件が良ければ アメリカの高原保養地を建設するように命令しました。

Rootの口頭指示に基づいて、タフト・フィリピン委員会は 1990年7月に二人のリーダーを指名します。- Dean C. Worcester(ウォーセスター) と Luke E. Write(ライト) - でした。 この二人は、健康リゾートとして ベンゲットが適しているかどうかを確認するために、ベンゲットの山々を調査する任務を与えられた特別委員会のリーダーとなりました。

p71
山への短い訪問の間に、ウォーセスター、ライトとその調査団一行は 1896年に現在のバギオの地域に定住したドイツ人学者で農園主の Otto Scheererの家に宿泊します。 この人物はベンゲットに関する彼の知識を教え、ガイドとして協力し、叉 中緯度の果物や野菜がどのように適応するかを 彼自身の農園で実証して見せて、一行の努力に大きな貢献をします。

マニラに戻るとすぐに、 ウォーセスターとライトは 一行の調査と結果について 簡潔かつ確信に満ちた報告書で 次のように結論づけました:
ベンゲット高地の気候は、北ニュージーランドにおける晩春から初夏にかけての気候に非常に近い。 そこでは 白人の婦人や子供達が生活を楽しめると信じることができる多くの理由がある・・・ もしベンゲット州がマニラとの間で迅速な連絡がとれるようになれば、毎年 数千ドルの金額と幾百人もの貴重な生命が 救われることになるであろう。 
バギオは 予備野営地として素晴らしい地点にあり、そこから必要に応じてフィリピン群島のあらゆる地域に軍隊を配置することも可能であるだろう。
叉、新たにフィリピンに来た人々にとっても、気候に順応するための優れた場所であろう。
気候的な条件の悪さから体調を壊した兵士も、実際にひどくなる前にそこへ送って回復させることが可能であろう・・・  このように、傷病兵は最も環境条件の整ったところで回復する機会が与えられる。

p72
牛にとっての牧草も豊富であり、経験的にこの地域において非常にうまく行われている。 
多くの温帯での果物、野菜、そして穀物を有利に栽培できることも叉確かである。

ダグーパンとバギオを結ぶ良い高速道路の建設を速やかに開始しなければならない。
さらには、ダグーパンあるいはスアルから バギオまでの鉄道が 可及的速やかに完成すべきであるということを 強く進言する。
それが完成したあかつきには、ベンゲットは理想的な健康リゾートとなるであろう。 フィリピン群島の住民 及び 中国の沿海に住む人々にとっても すぐに行くことの出来るリゾートとなるのである。
[PR]
# by janlbaguio | 2007-11-21 14:23 | History バギオの歴史

The National Bento Competition by Japan Foundation


Are you Filipino ?
Are you more than 16 years old ? Yeah !
Why don't you join this exciting and delicious competition ?

国際交流基金マニラの  面白くて 美味しい企画
 「お弁当コンテスト」 です。
フィリピン人で 16歳以上なら 参加資格あり!

a0109542_1615562.jpg


詳細は 公式サイトのこちらで どうぞ。

Official site of The Japan Foundation.
http://www.jfmo.org.ph/index.htm

The details are in the below, too. :
a0109542_16182826.jpg



Please contact The Japan Foundation, Manila (JFM) for more details.



AJISAI network
[PR]
# by janlbaguio | 2007-11-20 16:19 | AJISAI 文化交流 network

ブレント・スクールの クリスマス バザール 2007


Brent International School Baguio

Christmas Bazaar

バギオのブレント・インターナショナル・スクールで クリスマス バザール が開かれます。
日頃 なかなか キャンパスを見ることが出来ない 本格的インターナショナル・スクールを 見に行きませんか?

a0109542_1742282.jpg


日時は:
11月24日(土曜日) と 11月25日(日曜日)、 9AMから 5PM です。
12月ではなく、 11月ですよ。
[PR]
# by janlbaguio | 2007-11-18 17:45 | Neighbers ご近所情報