タグ:フィリピン事情 ( 297 ) タグの人気記事

日系人会(北ルソン比日基金・北ルソン友交協会:アボン)のクリスマス in バギオ

去る12月11日にバギオにある日系人会(通称:アボン)で、恒例のクリスマス会が開催され、ご招待を受けました。

a0109542_14583368.jpg

アボンでは、小学生から大学生まで、多くの子供たちを奨学金で支援している団体です。

a0109542_1521449.jpg

今年は賑やかな、子供たちのマーチング・バンドの演奏で始まりました。

a0109542_153422.jpg

奨学生の一人が サックス演奏を披露。 なかなかの腕前です。

a0109542_1561273.jpg

そして、戦前の一世から繋がる親族グループの紹介がありました。

a0109542_1573642.jpg

その戦前にバギオへやってきた日系一世(日本人)の写真でルーツを確認する
カルロス寺岡理事長とカバニサス事務局長。

a0109542_15103371.jpg

今現在 最大の親族グループは この家族でした。
一番小さい子は 日系六世だと思います。

a0109542_1513443.jpg

理事長の御挨拶。
今年2016年は 戦後70年ということで、天皇・皇后両陛下がフィリピンを訪問されたことにも言及がありました。

a0109542_1514582.jpg

そして、新事務局長の紹介がありました。
2016年12月の理事会で アーネル・カバニサス氏が事務局長に就任されたそうです。

a0109542_15173132.jpg

子供たちのパフォーマンスが続きます。
これは、山岳民族の衣装を身につけての、空手の演武です。
(どちらかと言えば、カンフーのような動きでした。)

a0109542_15251138.jpg

そして、お馴染み バギオ市周辺の山岳民族の踊り。

a0109542_15262781.jpg

これは宣誓式です。
毎年 奨学生たちの活動の中心メンバーが選出され、任命式がこのように行われています。

a0109542_1529224.jpg

この踊りは フィリピンのローランド(低地)の一般的なフォーク・ダンスの演技です。
小さい子供たちは興味津々でした。

a0109542_15322282.jpg

こちらは 今時のダンス。

a0109542_15343446.jpg

お楽しみのクジ引きの賞品を渡す ルカノ副理事長。

a0109542_1538129.jpg

そして、子供たちが待ちに待った サンタさんからのプレゼント。


a0109542_15412436.jpg

最後は 恒例となった 世代ごとの記念撮影。
これは 日系三世の皆さん。
(撮影者が日系二世の組に入れられたので、二世の写真は撮影できず。)


a0109542_15431536.jpg

日系四世の皆さん。

a0109542_15452487.jpg

日系五世の皆さん。  この後 六世の小さい子供たちもいました。

a0109542_15465461.jpg

日系人会 ABONG の益々のご繁栄をお祈りいたします。

MERRY CHRISTMAS !!






  
[PR]
by janlbaguio | 2016-12-23 15:19 | Neighbers ご近所情報

「第7回・アジア太平洋国際平和慰霊祭」 -- 抗日ゲリラの拠点の町で開催

毎年12月に 映画監督の今泉光司氏のNPOとバギオ市の隣町のNGOが協力して
「アジア太平洋国際平和慰霊祭」が開催されていますが、
今年は12月4日に ベンゲット州カパガン町の町役場の協力を得て実施され、
その模様がラジオ番組としてルソン島北部一帯に生放送されました。

バギオ・ミッドランド新聞でも報道されました:
http://www.baguiomidlandcourier.com.ph/life.asp?mode=%20archives/2016/november/11-20-2016/life7-Kapangan-to-host-7th-Intl-Peace.txt

The 7th APIPM will be held aired through a special program in DZWT on
Dec. 4 form 11 a.m. to 1 p.m. with Mayor Manny Fermin, Cristy Aban
of Iyaman, Jimmy Fong, Koji Imaizumi of Salubong-Tokyo, and local
singer Sendong. After an offering of prayers, war stories of elders and
reactions from the youth will be told.


====

a0109542_13142867.jpg

今年は その第七回で、戦時中は抗日ゲリラの拠点として日本軍と闘った町での開催でした。

a0109542_13181519.jpg

ステージには、AMラジオ局 DZWT540の担当レポーター、ラ・トリニダッドのNGO、
今泉監督、日系人二世の女性、フィリピン大学バギオ校の教授などが登壇し、
ラジオ番組に参加しました。

a0109542_1763189.jpg

まずは 開会のお祈りとフィリピン国歌です。

a0109542_13243556.jpg

カパガン町役場の方々や日系人などの参加者全員で 全ての戦没者の慰霊式典があり、番組が進みました。

a0109542_13273771.jpg

北ルソン日本人会からは 代表と副代表の二名が参加致しました。

a0109542_13283911.jpg

町役場の前に立つ バド・ダンワ少佐の像。

a0109542_1329143.jpg

このダンワ氏は、ルソン島北部山岳地帯一帯の抗日ゲリラを束ねるゲリラ指導者の一人として有名で、この通りこの町のヒーローと認められています。

a0109542_1675884.jpg

そのゲリラ部隊 第66歩兵部隊の研究などをしている若い男性から、
この地図が参考資料として回覧されました。


a0109542_13315271.jpg

抗日ゲリラ部隊が拠点としていた「キャンプ・ユートピア」があった場所の地図です。
この拠点は 会場となったカパガン町の中心部からさらに山の中に入ったところに
あったそうです。

a0109542_13395475.jpg

番組の中で 事前に収録された地元の人たち5名の戦争体験のインタビュー
流され、その話に参加者の皆さんたちも聴き入りました。

a0109542_13432582.jpg

地元 山岳民族出身のシンガー・ソングライターの歌は、戦争中の日本兵の行動を
コミカルに歌った曲もあり、会場を沸かせました。

a0109542_13464866.jpg

なお、ラジオ番組は当初予定の11AMを前倒しで10AM過ぎからスタートし、
1PMまでの3時間弱で放送されましたが、JANL代表のスピーチも20分間流されました。

a0109542_13495887.jpg

(photo by : Gal-ad Macsimo)
この番組で収録された内容は、ほとんどが地元の言語でしたので、
後日 英語版および日本語版を書面で作成する予定だそうです。


a0109542_1352958.jpg

カパガン町役場。
バギオ市からはハルセマ・ハイウエイの料金所手前を左に入り、
車で2時間ぐらいの会場でした。

a0109542_1353175.jpg

キャンプ・ユートピアは この山向こうにあったそうです。

  
毎年、バギオおよび周辺地域での歴史を学ぶ機会を与えていただき
感謝致します。

・・・・・ ちなみに、昨年のラジオ番組の内容は、こちらでご覧になれます:
https://d1b80iuu8a36ja.cloudfront.net/bbs/bbs/data/magsalitayo/img/187_7cba62ff62.pdf



                 
The 7th Asia Pacific International Peace Memorial was
held at Municipal Hall of Kapangan, Benguet,
where Camp Utopia located during WWII as the
base of Anti-Japan guerillas...
this event was broadcasted thru DZWT540 AM radio.

========

The below is a message by Mr. Koji Imaizumi, from facebook:


Thank you to all the listeners of DZWT 540kh during the airing of the 7th APIPM in Lomon, Kapangan. APIPM is a voluntary effort conducted yearly to shed light to WWII events that we may achieve healing from the brunt of war.

Event Proponent & Organizer: Mr. Koji Imaizumi

Program Hosts:
Mr. Aljun Fermin & Co.
Ms. Cristy Segnaken-Abad
Mr. Jimmy Fong

Venue & Sound System: LGU-Kapangan

Resource Persons:
Mr. Samuel Dangwa
Mr. Pio Lano Doro & Ms. Mary Yap
Mr. Domedio Sipol & Ms. Loreta Sipol
Mr. Kiban Billy
Mr. Bilas Wallak
Mr. Katano
Mr. Hidenobou Oguni
Mrs. Flora Calsi
Mr. Dave Bastian Montes

Performer: Mr. Rosendo Salvacio aka Sendong

Documentation:
alvin b. アルヴィン
Gal-ad Mcsimo

Assistant:
Ray Jordan Bastian Montes

Driver: Mr. Al Gomez

Special thanks to Sons and Daughters Asso. Inc.(SDAI-Benguet Chapter)

                         
    
=============== End ==============
    
[PR]
by janlbaguio | 2016-12-05 13:21 | History バギオの歴史

フィリピン・バギオのクリスマス行事 Christmas in Baguio city 2016

高原都市バギオは、避暑地、学園都市、芸術都市、そして観光地の顔など、さまざまな顔があります。

2月のフラワー・フェスティバルは全国区の最大のお祭りですが、
毎年12月には クリスマス・イベントが目白押しとなります。

例えば、12月1日には、クリスマス・シーズンの開幕という位置づけで、
大きなパレードが実施されています。

a0109542_1645729.jpg

これは、セントルイス大学による盛大な「ランタン・パレード」です。

a0109542_1661028.jpg

目抜き通りも クリスマス・ムードで埋め尽くされます。

a0109542_1671371.jpg

様々な国の衣装を着た学生たちが、灯りをともして練り歩きます。

a0109542_1682082.jpg

光に彩られた山車も学生たちが制作したもの。

a0109542_23551525.jpg

身体にいろいろと工夫した灯りがともされています。

a0109542_16133656.jpg

中には、やや日本っぽい 提灯行列もありました。

a0109542_16161662.jpg

12月も イベント満載の 避暑地バギオ。
・・・・・
ランタン・パレードのスナップ写真は JANLメンバーの個人サイトにも御座います。
http://baguio.cocolog-nifty.com/nihongo/2016/12/opening-of-chri.html
・・・・

a0109542_16173329.jpg

これは、バギオ市 観光局制作の 12月のカレンダーです。
是非、クリスマスと大晦日を フィリピン・バギオでお楽しみください。

また、スポーツが御好きな皆様には、サッカー観戦はいかがでしょう。

a0109542_16212485.jpg

これは、12月3日と4日の二日間に渡って開催される
「ドモガン市長カップ」のサッカー大会です。
北ルソン日本人会の子供たちのチームも参加します。

さらに、12月4日には、
毎年恒例となった「第7回・アジア太平洋国際平和慰霊祭」が、日本人の映画監督
今泉氏の御尽力で開催されます。

今年は、戦争中に抗日ゲリラの拠点であった、Camp Utopia (ユートピア基地)が近くに
あった ベンゲット州のカパガンという町の町役場ホールで実施されます。
この様子は、4日11AM-1PMに AMラジオ局 DZWT540 でルソン島北部一帯で
生放送されることになっています。
http://www.baguiomidlandcourier.com.ph/life.asp?mode=+archives%2F2016%2Fnovember%2F11-20-2016%2Flife7-Kapangan-to-host-7th-Intl-Peace.txt

=====

これは北ルソン日本人会の子供会主催のイベントですが、
12月20日に「ボーリング大会」が予定されています。
(詳しくは JANL会員のメーリング・リストなどでご確認ください。)


  
以上、ご案内まで。



    
[PR]
by janlbaguio | 2016-12-02 23:57

「フィリピン残留日本人」 船尾修写真集 : 歴史を形にした作品の御紹介

フィリピン・バギオ市とも大いに関係がある素晴らしい写真集が出版されました。

a0109542_12262969.jpg


この写真集は 写真家 船尾修氏の作品で、この「フィリピン残留日本人」を作る為に、フィリピン各地を取材し、バギオ市にある日系人会館「北ルソン比日基金」(アボン会館)などでも調査をされました。

a0109542_12304766.jpg


御存じのとおり、1900年代の初期に、ベンゲット道路建設や多くの建物の建築に携わった日本人移民。
戦前のバギオ市は、在留邦人が目抜き通りのセッション通りに様々な商店などを出し、また、隣町のラ・トリニダッドでは高原野菜を作るなど、高原避暑地バギオの都市建設に大いに貢献していました。

a0109542_12352222.jpg

また、バギオには日本人学校や多くの日本庭園なども 日本人の手で造られました。
バギオで成功を収めた日本人は、日本の親戚に仕送りをするなど、大いに繁栄していました。

a0109542_12371515.jpg

しかし、その繁栄をすべて破壊したのは 第二次大戦でした。
日本人、日系人は 家族と離れ離れになり、フィリピンに取り残された人たちは
迫害を逃れて山奥にひっそりと隠れ住む生活をつづけました。

a0109542_12402669.jpg

そして、ルソン島北部山岳地帯一帯には、今 7千人以上の日系人が数えられています。
日本人移民の研究については、こちらをご覧ください:
http://janl.exblog.jp/23148027/

    

a0109542_1323442.jpg

そこへやってきたのが船尾修氏でした。
元々は世界遺産の撮影でやってきたフィリピン。
偶然にも そこで上記のような出来事があったそうです。

a0109542_1345517.jpg

重厚な写真集には、巻末に ひとつひとつの写真の簡潔な解説が掲載されています。
戦後70年ともなる現在、歴史の中に埋もれようとする日本人の営みを記録する
貴重な一冊であることは間違いありません。

a0109542_1374753.jpg

Descendants of Japanese immigrants to the Philippines displaced by war.

a0109542_1395799.jpg

JAPANESE REMNANTS OF WAR IN PHILIPPINES
BY : OSAMU FUNAO


この写真集については、新聞でも報道されました:
毎日新聞
http://mainichi.jp/articles/20160218/k00/00m/040/018000c


大分合同新聞
https://www.oita-press.co.jp/1010000000/2015/12/26/131335912

             
この写真集は、amazonでも購入ができます:
https://www.amazon.co.jp/%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%AA%E3%83%94%E3%83%B3%E6%AE%8B%E7%95%99%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BA%BA-%E8%88%B9%E5%B0%BE-%E4%BF%AE/dp/4887731671



写真家 船尾修氏の 公式サイトはこちらです:
http://www.funaoosamu.com/





ーーーーーーーーーーーーーーーーー



                  
[PR]
by janlbaguio | 2016-11-28 12:40 | History バギオの歴史

JICAのニューズレター(2016年第3四半期)にバギオでの日比友好イベントが掲載されました



JICA(国際協力機構)フィリピンのニューズ・レター(2016年7月ー9月号)に
JICAのバギオ市での活動や、8月に開催された日比友好月間イベント
ついての記事が掲載されました。

a0109542_1445349.png


2016年8月にバギオ市で開催された日比友好イベントの詳細は
こちらのページでご覧ください。
http://janl.exblog.jp/23099013/


  

      
[PR]
by janlbaguio | 2016-11-21 14:48 | Neighbers ご近所情報

北ルソン日本人会 恒例の家族一泊旅行 2016 Outing of Japanese Association in Northern Luzon

11月5日・6日に JANL恒例のアウティングが実施されました。

数日前から台風情報もあり、当日の天候が危惧されましたが、両日ともに絶好の晴天となりました。

a0109542_18271337.jpg

一つ目の場所は マルコス・ハイウエイ沿いにある アドベンチャー・リゾート施設。

a0109542_18295471.jpg

このPUGADには 広大な敷地に様々な楽しみ方ができる施設があり充実していました。

a0109542_18345231.jpg

敷地内には2つの川が流れ、それぞれに吊り橋が・・・

a0109542_18411922.jpg

楽しみ方はいろいろ・・・家族ごとに 一番の呼び物 ジップラインなどにチャレンジしました。

a0109542_18444211.jpg

もちろん プールは大小さまざま。 深い緑に囲まれて 解放感いっぱいです。

a0109542_184711100.jpg

ニッパ・ハットも 二階建ての豪華な造りです。

a0109542_18483181.jpg

ミニ動物園も 大蛇を身体に巻いて楽しめるとか・・・


a0109542_18503888.jpg

アドベンチャーもそこそこに、二つ目の場所は サンフェルナンドの このビーチ・リゾート。

a0109542_18521934.jpg

マネジャーはオーストラリア人とかで、施設も料理も整っていました。

a0109542_1854274.jpg

もちろん、小さいながら気持ちの良いプール。

a0109542_18561250.jpg

夕刻には 名前どおりの サンセット と 涼しい潮風。

a0109542_18581781.jpg

メンバー揃っての夕食を満喫。


a0109542_19101860.jpg

朝の南シナ海には ゆったりと鳥が渡り・・・・

a0109542_19114559.jpg

ちっちゃい子が パパやママと お散歩。

a0109542_1913983.jpg

ワンちゃんたちも 砂浜を駆け回って 大喜び・・・

a0109542_19165629.jpg


a0109542_19175633.jpg


a0109542_19185991.jpg

ゆったりと 朝の時間を過ごし、午後はお開き。 バギオ直帰組と ビーチ活動組に分かれました。

a0109542_19224195.jpg

楽しい二日間を無事に過ごすことができました。
準備段階からこの日まで 様々に御協力をいただいたメンバー各位に
感謝を申し上げます。


  
[PR]
by janlbaguio | 2016-11-07 18:36 | Activity 活動内容

バギオの歴史: 110年前の日本人移民と日系人社会

フィリピン・バギオ市は 1901年に始まった ベンゲット道路(現在のケノン・ロード)建設を
皮切りに、アメリカ植民地政府が 「保養地」として開発した計画都市ですが、
その開発に 1903年から日本人労働者が携わっています。

その端緒となった「ベンゲット移民」から 現在に至るまでの 日本人、日系人の
バギオを中心とするルソン島北部山岳地帯での歴史を 九州産業大学の森谷教授が
研究され、その論文が公開されていますので ご紹介します。

http://www.jfe-21st-cf.or.jp/furtherance/pdf_hokoku/2015/a14.pdf#search='日系人会+アボン歴史'

「これらの移民たちは、「移民」と一言でいっても、移住先となった社会でそれぞれに
異なる経験をしているのであって、本研究でとりあげるフィリピンもまた、北米、中南
米の移民とは大きく異なる。こうした多様な国際移民の実情を把握し、それを経済的側
面だけでなく社会的影響と併せて考察することは、海外からの研修生の研修期間延長や
家事労働者の受け入れなども検討されている昨今、グローバル化された世界における日
本の今後の見通しを立てるうえで重要な意味をもつに違いない。」

・・・・・・・・・・・

また、これとは別に、日本本土からの移民と 沖縄からの移民について、
大変興味深い情報があり、上記の「ベンゲット移民」の中に 一年遅れの1904年に
労働者として参加した沖縄からの360名がいて、ケノン・ロードに 道路建設犠牲者の
慰霊碑があることが分かりました。

「バギオの町はジャケットを着けてもなお寒さを覚えるほどで
す。(中略)この難工事をひきうけた沖縄からの渡航団は西暦1903年はるばる
フィリッピンへ向かったのです。彼らはしんぼう強く働きました。けれどもこの仕事は
なまやさしいものではありませんでした。(中略)やがてこれらの障害に打勝ちバギオ
に通ずるベンゲット道路は見事に沖縄人の力で出来上がりました。今バギオ市
入り口の松林にこの難工事にたおれた沖縄の人々の墓碑が永久にバギオ市を護る
かのようにたっています
。}(『戦後資料沖縄』p31)」

沖縄戦後女性史の証言と発掘」で検索してください。
RN10-008.pdf - Adobe Acrobat Reader DC
長崎国際大学学術機関リポジトリ (NIU-AIR)のサイトです。
細田亜津子 著
沖縄戦後女性史の証言と発掘.
――フィリピンに生きる沖縄ウーマンの移民背景――.
細 田 亜津子. (長崎国際大学 人間社会学部 国際観光学科)


   
    
以下のサイトに沖縄からの「ベンゲット移民」の記事がありますのでご覧ください。

沖縄県の歴史学習 「海外移民」
http://www.cc.u-ryukyu.ac.jp/~yamauchi/08-fuzoku02.pdf

「(8)幸地伸氏(沖縄フィリピン協会会長)との対話

フィリピンへの沖縄移移民第1号は1904年(明治37年)、ルソン島中部の高原都市バギオと低地を結ぶベンゲット道路の建設工事に雇われ、バシー海峡を渡った出稼ぎ労働者360人。翌年道路の完成にともない、移民らは新天地を求めてミンダナオ島のダバオへ流れ、マニラ麻栽培の開拓に乗り出す。言葉や習慣の違いよる現地人との衝突、マラリア風土病などに戦いながらの開墾であった。」

・・・・・・

さらに、上記の沖縄からの移民に関連して、以下のサイトに当時の本土からの移民と
沖縄からの移民の間にあった歴史に根差した違いがあったことが述べられています:

「琉球国の滅亡とハワイ移民 (歴史文化ライブラリー)」
http://kousyou.cc/archives/11106

「1944年の部外秘とされた米国海軍省資料の記述が興味深い。・・・・・
『日本人と琉球人(沖縄人)とのあいだの、たいへん近い民族的関係や、言
語の類似性にもかかわらず、琉球人は日本人からは民族的に平等だとはみなされていない。
・・・・ところが一方、琉球人の方は、自分たちが劣っているとは全然感じておらず、
自分たち自身の伝統や、中国との長期にわたる文化的紐帯に誇りをもっている。」

・・・・・・・・・・・・・


「ダバオ国」の沖縄人社会再考 -本土日本人、フィリピン人との関係を中心に-」
http://ir.lib.u-ryukyu.ac.jp:8080/bitstream/123456789/6447/1/No2p001.pdf

「ダパオに定住する最初の邦人移民のコア集団は,いわゆる「ベンゲット移民」である。ベンゲット移民とは,バギオというルソン島中部の高原の避暑地(夏の首都)に通じる「ベンゲット道路」工事のために導入された日本人建設労働者のことで,1903年から道路が完成する1905年初めまでの間,一説には延べ約2,800人が工事に従事した(東亜経済調査局1936:212)。この中心は,沖縄人と九州人だった(米田1939:31)。沖縄からのベンゲット移民は,本土日本人移民より1年遅れの1904年4月に現地入りした。」

・・・・・・・・・・・・

さらにご興味をお持ちの方は、こちらのサイトをご参照ください:
http://baguio.cocolog-nifty.com/nihongo/2016/08/post-44c5.html


ケノン・ロードにある 北ルソン比日基金が管理している展望台と記念碑については、
こちらのページでご参照ください:
http://janl.exblog.jp/7076729/

                 

以上、ご参考まで。




                     

                
[PR]
by janlbaguio | 2016-08-22 14:58 | History バギオの歴史

2016 バギオ 日比友好月間イベント - マスコミの報道 Baguio Tanabata 2016

2016 バギオ 日比友好月間イベントに関する マスコミの報道


下のYOUTUBEは、2016年7月23日の「日比友好の日」の式典以降、
「仙台流七夕・7つ飾り・ワークショップ」、8月6日のバギオ博物館に於ける
「日比友好月間・バギオ七夕祭7」展示のオープニングの模様をまとめたものです。

TANABATA FESTIVAL IN BAGUIO 2016
https://www.youtube.com/watch?v=O7KcM7HdU2M
a0109542_1441942.jpg

a0109542_1443724.jpg

(video shot & editted by Koji Imaizumi, film maker)

8月6日のオープニングの写真はこちらでご覧下さい:
http://janl.exblog.jp/23099013/


COSPLAY TANABATA FESTIVAL 5
a0109542_011663.jpg

8月20日に Baguio City National ハイスクールで開催された「コスプレ・七夕祭5」の
模様はこちらのページでご覧ください: (youtubeの動画もございます)
http://janl.exblog.jp/23149056/
                 

1)バギオ ミッドランド新聞
7th Baguio Tanabata Festival presents long list of activities
http://baguiomidlandcourier.com.ph/life.asp?mode=+archives%2F2016%2Fjuly%2F7-17-2016%2Flife5-7th-Baguio-Tanabata-Festival.txt


2) Amianan Balita Ngayon
(Amianan Balita Ngayon is a weekly publication in North Luzon)
7th Baguio Tanabata Fest marks 60th Philippine-Japan friendship
http://www.amiananbalitangayon.com/archives/24153


3) バギオ シティー ガイド
2016 Tanabata Festival in Baguio City Schedule
Philippine-Japan Friendship Month 2016 Tanabata Festival in Baguio City
60 Years of Philippine – Japan Friendship.
400 Years Since Date Masamune’s Envoy Mission by Galleon San Juan Bautista
https://www.baguiocityguide.com/events/schedule-events-2016-tanabata-festival-baguio/



4) サン・スター バギオ新聞
Padilla: Philippines-Japan Tomodachi Day rites in the city today
http://www.sunstar.com.ph/baguio/opinion/2016/07/22/padilla-philippines-japan-tomodachi-day-rites-city-today-486893



5) ABS/CBNテレビ
TV Patrol Northern Luzon reported about "Crossroads".
pls check here for July 22 news program.....at 0:49 minutes and 21:30 minutes.
https://www.youtube.com/watch?v=AozcUtNDC98&index=1&list=PLgyY1WylJUmiOR5LLh_tPtYCnlB8RNyZv



6) Northern Philippine Times

Art, historical events mark Tanabata Festival in Baguio
>> MONDAY, JULY 25, 2016
http://northphiltimes.blogspot.com/2016/07/art-historical-events-mark-tanabata.html


7) Sun Star Baguio

Sungduan: Eigasai 2016
Thursday, August 04, 2016
http://www.sunstar.com.ph/baguio/opinion/2016/08/04/sungduan-eigasai-2016-489345


8) ABS CBN TV – TVパトロール ニュース番組 8月9日
下記のyoutubeで 23:00分から七夕関係のニュースになっています:
a0109542_12554236.jpg

https://www.youtube.com/watch?v=Usaa2WwY_SY&index=1&list=PLgyY1WylJUmiOR5LLh_tPtYCnlB8RNyZv




9) ABS CBN ANC  TVニュース  8月10日
上記 3)の別編集によるものです。
a0109542_13403751.jpg


http://news.abs-cbn.com/video/life/08/10/16/baguio-city-celebrates-tanabata-festival



10) バギオ・クロニクル紙 8月13日付


a0109542_23262550.jpg


a0109542_23265376.jpg



11) バギオ・ミッドランド紙 8月7日付

a0109542_23274872.jpg


a0109542_232866.jpg





12) バギオ・ミッドランド紙  8月14日付

a0109542_23291023.jpg


13) マニラ・スタンダード新聞

Tanabata Fest celebrates PH-Japan ties
posted August 10, 2016
http://www.thestandard.com.ph/news/-provinces/212859/tanabata-fest-celebrates-ph-japan-ties.html


ご注意: 上記の中で 既にリンクが切れているものがございます。
       御容赦ください。

以上。

a0109542_23545281.jpg

   
[PR]
by janlbaguio | 2016-08-19 23:50

バギオでの「日本映画祭」 大盛況 御礼! シネマテークで8月21日まで

EIGASAI 2016 in Baguio City
Thanks a lot for the Full House audience
at SM Cinema 3 and FDCP Cinematheque Baguio
during August 11 - 21, 2016.


国際交流基金マニラが主催する EIGASAI (日本映画祭)が
今年初めて マニラ、ダバオ、セブとともにバギオでも開催され
連日の大入りで大盛況となっています。

8月11日の SMバギオでの模様はこちらでご覧ください。
http://janl.exblog.jp/23102101/

a0109542_23475713.jpg

新聞でも、EIGASAI の開幕が報道され、多くの観客の皆さんが連日
SMシネマ3 で日本映画を楽しんで下さいました。


a0109542_23413633.jpg

昨年はお試しで コスプレ・グループの皆さんに 映画祭のチラシ配りを
お願いしましたが、今年は 本格的に6日間に渡って チラシ配りでの宣伝を
お願いしました。


a0109542_23443675.jpg

映画監督の今泉氏の下で 数名のコスプレーヤーの皆さんが
宣伝活動に汗を流してくれました。


a0109542_2351053.jpg

気合いのこもった宣伝活動には 監督の映画人ぶりが発揮されました。

a0109542_23531131.jpg

お陰様で 毎回 大入りの盛況となりました。

a0109542_23564342.jpg

毎回、上映前には このような光景が続きました。
SMバギオ・シネマ3 での上映は 8月14日までの4日間でした。
・・・

そして、8月15日・・・
会場は FDCPバギオ・シネマテークへ移動。

a0109542_024365.jpg

映画祭の間中、この一週間ぐらいは大雨が続いています。

a0109542_041851.jpg

しかし、コスプレ宣伝部隊は 元気でした。
雨の中での セッション通りでの チラシ配り・・・お疲れ様です。

a0109542_051570.jpg

そして・・・・シネマテークの前には・・・・

a0109542_06417.jpg

こんな行列が・・・

a0109542_065467.jpg

建物から溢れてしまい・・・


a0109542_092835.jpg

2:30pm上映では、 75席のキャパに対して、50名ほどが入れず・・・・
なんと、皆さん、5:30pm上映の時間まで3時間も そのまま待ってくださるという・・・

a0109542_011324.jpg

こちらの通路にも こんなに並んでいただいて、真に嬉しく、また、申し訳ない事態となってしまいました。。

a0109542_0122895.jpg

正に、満員御礼。
5:30pmの上映でも 入れないでお帰りいただいた皆さん。

映画「クロスロード」は、 8月16日・17日・20日・21日も 5:30pmから
上映されますので 又 お越しいただきますようお願い申し上げます。

主催者の皆様、関係者の皆々様、雨の中 足をお運び頂いている皆々様に
満員御礼を申しあげます。


(8月15日記)

・・・・その後、8月21日の最終日も お陰様で ほぼ満席の盛況となり、
いくつかの団体から 「クロスロード」の上映会をお願いしたいとの依頼も
舞い込んでおりました。


(8月25日記)



              

                 


     
 

  

   

  
[PR]
by janlbaguio | 2016-08-15 23:57 | Activity 活動内容

7月23日 チャリティーパーティーHelping Hands Fund Raising Party 参加


Camp John Hay CAP Center で開催された、アイルランド人、英国人が中心になって活動している、Helping Hands の チャリティーパーティーに参加しました。
a0109542_1192554.jpg


前にも紹介しました様に、孤児院 及び、子供用ホスピスも運営している、Helping Hands ですが、 今回のイベントで集まった資金を基に、孤児院の子供達が住みやすい子供ビレッジを作ると言う構想を描いており、その為の資金集めのパーティーで、毎年開催しています。

a0109542_1203554.jpg


John Hay Football Club ( JHFC )は Helping Hands の子供達、10名以上をいつも練習に招待しています。
一緒に楽しくサッカーをしている子供たちなので、我が家も、このパーティーに家族総出で参加。

JANL からは、7名参加、ゲスト参加者を1名加えて、総勢8名での参加となりました。

a0109542_1213393.jpg


Le Chef, Mario, Hill Station, Forest House 等のそうそうたるバギオ有名レストラン
10店舗以上が参加して、Helping Hands のイベントに協力をしており、美味しい食事を無償提供。
感謝、感激、いろんなお店を回って、各レストランの自慢料理をたらふく堪能しました。

a0109542_123089.jpg


JANL会員経営の CHAYA も参加、CHAYA さんも家族総出で、美味しい日本食を提供。

さすが、CHAYA には、いつも長い行列で一番人気でした。本当にご苦労様でした。
a0109542_1241776.jpg


そして、ヨーロッパ風、食事の時は、なんと、ワインのサービスまであり、大満足のチャリティーパーティーでした。

孤児院の子供達の歌 及び ダンスパーフォーマンスもあり、サッカーの上手な、ユーアン君のダンスは動きが良く、プロ並みの腕前、やはり、サッカーも上手な訳です、納得しました。
主催者の子供達も交じって、他の子供達も楽しそうに踊り、とても良い感じのパーティーでした。
a0109542_1251216.jpg


ラッフル、オークッションもあり、ラッフルチケットは、1枚100ペソでしたが、ホテル宿泊券、ゴルフ場のプレイ券、食事券 等たくさんあり、内容が盛りだくさん。また オークッションでは、サイン入り、英国マンチェスターユナイテッドのユニフォーム、 絵画、ランプ、、更に JANL会員から寄付された、ハワイアン キルト もあり、皆さん、念入りに下調べをしていました。
一番人気は、なんといっても、マニー・パッキャオのサイン入りボクシンググローブ、丁度、仕事でバギオへ来ていた、ボーイング社の方が, 価格 30,000.-ペソ,でセリ落とし、うれしそうでした。とっても良いお土産になったようです。

a0109542_1263134.jpg

更に、その後、真夜中まで、ライブミュージックがあり、楽しく踊っている人もいました。

総勢参加者が、500名以上、いろんな方面の方が、一致団結して協力、スービックから応援に来ている知り合いの英国人、バギオ在住アメリカ人を含め、なんとも、心温まる支援、 応援を感じたイベントでした。

a0109542_1274570.jpg

今回、初めての参加だったのですが、今後もっと、JANL会員、会員のレストランの応援が増えるように、また、このようなイベントに皆で集まり、ワイワイガヤガヤ するのも非常に楽しいので、年に1度バギオ及び周辺在住の日本人が、皆さん集まると言うイベントにするのも良いなと感じました。
社会貢献も同時にして、久しぶりに色々な方にお会いできる楽しいイベントにできるのでは、 皆様の来年の参加をお待ちしております。

John Hay Football Club の練習も、8月13日から、スタートしますので、是非、参加して下さい。
もっと、たくさんの他の子供達を巻き込んで孤児院の子供達と一緒に、楽しく、サッカーを継続したいと思ってます。


原嶋 - JANL副代表、JHFC主宰者
[PR]
by janlbaguio | 2016-08-12 01:17 | Neighbers ご近所情報