タグ:分科会 ( 43 ) タグの人気記事

バギオ市の キャンプ・ジョンヘイでサッカーをやってみませんか?

(投稿記事: ジョンヘイ・フットボール・クラブ)


北ルソン日本人会・子供会関連の活動として継続しています
John Hay Football Club(JHFC)の活動のアップデートの報告です。
a0109542_21102619.jpg


最近は、バギオでもサッカーが盛んになり、バーンハムパークの横にある、
アスレチックボールが改装され、陸上競技用トラックの中に、サッカー場が
出来ました。今まで、まともなサッカー場がなかったのですが、
(一番良いのが、ブレントスクールのサッカー場です)、ここが、最近の
トーナメントのメイン会場になりつつあります。
a0109542_21112439.jpg


今までに、2回トーナメントが開催されました。
第3回 Mayor Domogan Football Cup - December 3-4th 2016
Panagbenga Football Cup 2017 - Feburury 18-19th 2017

我がJHFCは、私立学校の生徒がメインで、練習は、毎週土曜日のみ。
週一回の練習だけですが、公立学校のクラブは、毎日午後練習、なので、
やはりかないません。U12以下(12歳以下)のチームは、まだ、
公立学校のチームもサッカーを始めたばかりの子供が多いので、
JHFCとの試合も良い勝負ですが、 U17、U15となると、やはり、
毎日練習して、奨学金を貰っている上手な選手がおり、週1回の練習、
また、メンバーも揃うのが不定期な我がチームは、なかなか勝てず。
ついに勝ったと雄たけびを上げたのは、対戦チームがどこかに行ってしまい、
不戦勝の時だけでした。まあ、こんなもんでしょう。
a0109542_2111564.jpg


私立学校の生徒は勉強が中心で、週末に、環境の違う学校の皆が
集まって体を動かして、空気の良い John Hay のグラウンドで楽しく
スポーツをする機会を与えるのがメインですから、その目的は達して
います。孤児院の子供達を含めて、楽しくサッカーをやっています。

横断幕にありますように、John Hay 関係のスポンサーも増え、現在、
Ayala とグラウンドの改善、整備のお願いの交渉をしていますが、
なかなか良い返事を貰えないのが悩みの種です。
今年中に、グラウンドが整備されるように、再度交渉頑張ってみます。
a0109542_21121943.jpg


バギオに滞在の方(語学学校の学生さんも可)で、サッカーをやり
たい方は是非参加して下さい。サッカー好きの父兄、Big Boys も
参加して練習をしてます
ので、 空気の良い、ジョンヘイでの運動は
気持ちが良いですよ!、是非、参加を!


(投稿:原嶋副代表: 一部編集)



                  

                          
[PR]
by janlbaguio | 2017-04-04 21:13 | Activity 活動内容

フィリピン・バギオで 久しぶりの 雛祭り「桃の節句」 子供会

Hina Matsuri, Dolls' Festival in Baguio city

北ルソン日本人会の子供会が、久し振りに「雛祭り」と「お料理教室」を実施しました。
a0109542_1731855.jpg


前回雛祭りをやったのは2013年。 4年ぶりに戻ってきました。
http://janl.exblog.jp/17432389/


a0109542_177035.jpg

さて、上のリンクの2013年の子供たちと、今の子供たち。
随分皆さん大きくなりました。

今までの3年間雛祭りが出来なかったのは、夏休みに日本へ一時帰国する
子供たちが多かったことが大きな理由でしたが、フィリピンの教育制度の
改革で、夏休みの時期が後ろにずれたことが 今回の雛祭り実施につながりました。

a0109542_17115296.jpg

会場はJANLメンバーの方の日本料理店。
そこで、子供たちや親も含めての「お料理教室」も。

a0109542_17145845.jpg

子供たちは 「おはぎ」(あるいは「ぼた餅」)に挑戦。

a0109542_17175930.jpg

もち米を突いて、そして餡子で包みます。

a0109542_1719775.jpg

とても美味しそうに出来ました。

a0109542_17195897.jpg

親たちの興味は、こちらに集中。

a0109542_1721392.jpg

ロースト・ビーフの作り方。

a0109542_17214723.jpg

じっくり、こんがり、そして美味しく出来上がり、つまみ喰いが続きました。

a0109542_17231615.jpg

こちらでは、サンドイッチづくり。

a0109542_17234860.jpg

お魚のフライ・サンドイッチ。

どれもこれも美味しそうに出来上がり、会食。
皆さんで子供たちの成長に感謝し、雛祭りをお祝いしました。

a0109542_17263542.jpg

ちなみに、この雛飾りセットは、日本在住の方から、
「娘たちも結婚して家を出たので、ひな人形にも第二の人生を送らせたい」と、
縁あって、ご寄贈いただいたものです。
改めて御礼を申し上げます。

いただいた当初の「雛祭り」の様子はこちらでご覧下さい。
http://janl.exblog.jp/8044073/

2009年3月、フラワーフェスティバルの最中に実施していました。

皆様、ご協力いただき有難うございました。


   


   

   


   

    

   
[PR]
by janlbaguio | 2017-03-07 17:29 | Activity 活動内容

「バギオ歴史探訪アート・マップ」で 1930年代のバギオ市を再現

Baguio Historical Walk Art Map: Baguio city in 1930S
2011年4月に「バギオ歴史探訪マップ」を作ろうという分科会が 北ルソン日本人会
の中に出来ました。
http://janl.exblog.jp/12355392/


それから、6年。 
本日2017年2月22日に、「バギオ歴史探訪アート・マップ」が完成し、
お披露目会が開催され、関係者が集まってお祝いをしました。

a0109542_0462870.jpg

会場は、1909年に建築された CASA VALLEJO ホテル という歴史的建物の
中にある Mt. Cloud Bookshop。

a0109542_0485630.jpg

この マウント・クラウド書店は、大変ユニークな書店で、バギオ周辺の
山岳民族などに関する地元密着の様々な書籍や写真集、絵本などの出版を
支援し、セミナーなども開催しています。

a0109542_0514456.jpg

お披露目会には、様々な形で応援をしてくださった関係者などが集まりました。

a0109542_1583140.jpg

その中でも一番の資料となった書籍は、2003年に日系人会である北ルソン比日基金
から、日本人移民100周年記念として出版された Japanese Pioneers in the
Northern Philippine Highlands という立派な本です。

a0109542_057267.jpg

北ルソン日本人会代表の挨拶に続いて、
バギオ博物館の理事から、最近のバギオ市に於ける歴史遺産保存に関する
動向などが解説され、その中でも特にフィリピン大学バギオ校の教授などが
調査研究を進めている 歴史遺産マッピング・プロジェクトなどが紹介されました。

==========================
また、以下の記事をバギオ・ミッドランド新聞に寄稿していただきました。

The below News Paper article was found at Baguio Midland Courier website written by Ms. Stella Maria de Guia :

http://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:G5K8VzCzHxcJ:www.baguiomidlandcourier.com.ph/turo.asp+&cd=1&hl=ja&ct=clnk&gl=jp

Turo-Tour - Baguio Midland Courier Website
www.baguiomidlandcourier.com.ph/turo.asp
1. キャッシュ

2017/02/26 - As mentioned during the launching of Hidenobu Oguni's Baguio Historical Walk Art Map at Mt. Cloud Bookshop, 2016 and 2017 are auspicious years for Baguio. Not only because these years brought and are bringing several ...


Reliving heritage


As mentioned during the launching of Hidenobu Oguni’s Baguio Historical Walk Art Map at Mt. Cloud Bookshop, 2016 and 2017 are auspicious years for Baguio. Not only because these years brought and are bringing several projects and programs to the fore, but also because it has signaled the reawakening of public consciousness on Baguio’s culture and heritage.

Heritage is defined as a milestone, a special inheritance which focuses on culture, tradition, buildings, edifices and old practices, which should by any means be preserved, conserved and restored – not destroyed, remodeled and forgotten. What took years to metamorphose cannot be replaced by grandiose ideas of development, whether it is meant to beautify or revitalize. Neither could it be a signature or legacy to one’s development plans. One must have a certain respect for history and culture.

I actually borrowed the title of this article from a recently concluded forum of the Department of Architecture of Saint Louis University convened by architects Joan Colcol and Victor Alinio and endorsed by Engineer Cynthia Posadas and SLU Director Rosario Marfori about “Reliving Heritage” by Dr. Dennis Cremin.

Dr. Cremin is an expert who won the Book of the Year award from the Illinois State Historical Society in 2004 about “Grant Park, Chicago’s Front Yard.” Dr. Cremin starts with the question, “How do we foster architecture and engineering as a way to connect to the past?” He then proceeds to focus on art, culture and heritage of the 21st century, and mentions that “history is a litmus test for the future.”

Architect Cristito Valdivia, the very able and humorous emcee of the affair, also commented on the importance of people in architecture and alluded that. It should be a live experience. This was followed by the reaction of the “Father of Architecture in Baguio,” first City Architect Joseph Alabanza, who mentioned that we must make history live again; that new developments must consider the past and must capture its memories so it comes to us again; that the city must create an urban design committee that would strategically define development in Baguio and seconded the sentiments of Arch. Valdivia. He says that the landscape of Baguio is unique and was made to inspire and to consider the feelings of visitors and residents, seemingly evoking nostalgia of “what do I feel about this particular building?”

These reactions bring me back to the theme of the “2004 First Tourism Summit,” which is, “A review of the past a drive towards our culture and heritage.” In this summit, former Department of Tourism Sec. Gemma Araneta enumerated some of the goals of the Heritage Conservation Society which she headed, which are: 1.) the restoration of heritage is not an obstacle to progress, 2.) an efficient 21st century lifestyle can take place in the same architectural envelope made by earlier generations, 3.) the restored heritage structures are excellent tourism products that can make the Philippines, especially Baguio a unique destination, and 4) heritage conservation can awaken “pride of place.”

From these goals we can say that when making development plans, one must consider heritage buildings already in place and see how they can enhance certain architectural landscapes. Hence, such plans must be integrated into master development plans and should consider the presence of culture bearers and overseers. The bottom line is we must consult first, before any developments are put in place. By and large, I believe the planners of today should get a copy of the outputs of this 1st Tourism Summit to get an inkling of people’s inputs on heritage development.

The Baguio Heritage Mapping and Capability Building on Heritage Conservation of Doctors Rowena Boquiren, June Prill Brett, and Clarita de los Reyes supported by the University of the Philippines College Baguio Educational Foundation, the Pine Cone Movement headed by Mita Dimalanta and the Baguio Heritage Foundation of Laida Lim Perez, is one program worth supporting. I know the City of Baguio is listening. Reliving and revival of heritage is a very welcome development provided it undergoes a process of consultation. That is the culture of Baguio (will expound on this in another article).

The three “beloved witches” or “switches” of Baguio, Virginia “Gene” de Guia, Leonie San Agustin, and Cecile Afable must be dancing up there in the sky as their beloved Baguio is experiencing a reawakening. We must also credit the efforts of the Fernando and Rosa Bautista Foundation and the City of Baguio for creating heritage maps during the 2009 centennial celebrations. Congratulations culture bearers! There are still many of you out there that we have not been mentioned. Hopefully we can come together to further awaken cultural sensitivity.

We invite art and culture lovers to join us in the opening of the “Din Adi Kaila Art Exhibit,” a celebration of Environment Week, by Rochelle Bakisan Kizel Cotiw-an, and Ron Dulay on March 4 at 4 p.m. at the Baguio Museum Gallery at Gov. Pack Road.

Happy Panagbenga!

========================


a0109542_162614.jpg

表の面は 1930年代のバギオ市を描いたアート・マップ。
マップ・オブ・ノスタルジー」をコンセプトとして 戦前の美しいバギオを懐かしむものです。
ここには、フィリピン、スペイン、ドイツ、イタリア、アメリカ、中国、インド そして日本など
多くの国々からの人々が築いてきた 人種のるつぼとしてのバギオが表現されています。

a0109542_1141890.jpg

その1930年代の地図を描いたのは、フィリピン大学バギオ校美術学部を卒業した
女性アーティスト。
数年前から、日比友好月間のイベントなどで、美術制作などを引き受けて
くれている人です。

a0109542_1115316.jpg

裏の面には、現在201X年のバギオ市に残っている歴史的遺産と主な観光スポット
だけを描いたもの。
このコンセプトは、「マップ・フォー・ザ・フューチャー」。
未来のバギオ市のために、歴史遺産に関して今できることを、若者たちに
考えてもらおうという気持ちが込められています。

a0109542_1193816.jpg

これを描いてくれたのは、フィリピン大学バギオ校美術学部の現役男子学生です。

a0109542_1291498.jpg

そして、レイアウト・アーティストも、同じ大学学部卒業の女性アーティスト。
この3名さんが制作メンバーとして 9ヶ月間頑張ってくれました。

a0109542_1312316.jpg

お披露目会の後は、すぐお隣のカフェで、関係者の懇親会が開かれました。

上の写真の右側に立っているのが 書店のオーナー。
Mt. Cloud Bookshopからいくつかのバギオ市内のレストランなどにも
置いてもらうことになっています。

その前に座っている日本の羽織を着ている方は、Baguio Heritage Foundation
(バギオ歴史遺産財団)の理事長。

手前で地図を見ているのは、日本人の映画監督。

さらに左側のお二人は、フラワー・フェスティバルのパレードに北ルソン日本人会の
メンバーとして参加するために滞在中の日本人ご夫妻。

a0109542_138854.jpg

右側のお二人は、北ルソン比日基金(日系人会アボン)の理事と事務局長。
その向こう側にはフィリピン大学バギオ校卒業生と現役生たち。

a0109542_1395332.jpg

左手前のお二人は、バギオ博物館の理事とスタッフ。
その向こう側には、地元の歴史研究家で、上記の日系人会の書籍や
City of Pines というアメリカ人の著者によるバギオの歴史本の制作にも
関わった女性。

さらにその向こうには、北ルソン日本人会のメンバーや日系人会のスタッフ。

a0109542_2403482.jpg

(photo by: Ricky Marcelo)
この会場で、ふたつのアート・マップの額縁が日系人会アボンの事務局長に手渡されました。


a0109542_1434116.jpg

多くの皆さまにご協力いただき、この日を迎えることが出来たことに感謝を
申し上げます。

このお披露目会の様子は、こちらのYOUTUBEでご覧になれます:

https://www.youtube.com/watch?v=tOwneY-TMjY

マニラおよび地元の新聞にも掲載されました:

マニラ新聞
a0109542_11584554.png


Northern Philippine Times
Baguio historical map launched
Sunday, March 5, 2017
http://northphiltimes.blogspot.com/2017/03/baguio-historical-map-launched.html


マニラ新聞の NAVI マニラ にも掲載されました:
「戦前の日本人移民ゆかりの街を紹介する: バギオ歴史探訪アートマップの完成まで」
http://www.navimanila.com/baguio-historical-walk-art-map-baguio-city-in-1930s/


  
今後、この関係団体の皆様のご協力をいただきながら、
日比友好月間のイベントの中で、「バギオの歴史遺産を描くワークショップ」や
「歴史遺産絵画展」などを、ハイスクール生、大学生、一般の市民の皆さんと
一緒にやれないか、企画検討して参ります。



a0109542_1451667.jpg

なお、お披露目会で使用された二つの額縁に入った地図は、
感謝を込めて、北ルソン比日基金(アボン)に寄贈されました。

a0109542_2202490.jpg

その後、アボン会館の中に掲げられています。
機会がありましたら、どうぞご覧ください。

最後に、このプロジェクトのきっかけを作っていただき、様々な戦前のバギオ市の
様子を一緒に歩きながら教えていただいた、バギオ日本人学校同窓会の
古屋英之助様に心よりの御礼を申し上げます。



地図の販売・購入に関してのお問い合わせは
Mt. Cloud Bookshop へお願いいたします。

https://www.facebook.com/mtcloud/

http://mtcloudbookshop.com/



  
a0109542_2544847.jpg

    




    
    


                 

     
[PR]
by janlbaguio | 2017-02-23 00:58 | Activity 活動内容

北ルソン日本人会(JANL)のボーリング大会 & 忘年会

北ルソン日本人会 Japanese Association in Northern Luzon, Inc. は
子供会を中心に初の「ボーリング大会」を開催しました。

a0109542_16591662.jpg

会場は バギオ・センター・モールにあるボーリング場。

a0109542_1712363.jpg

数年前までは、ピンの操作などが全自動ではなく、人力だったことを思い起こすと
ここまで来たかの感があります。

a0109542_1744141.jpg

JANLの9世帯、子供会企画で大人たちも一緒に20名ほどが参加。

a0109542_1762948.jpg

子供たちは 大興奮。

a0109542_1775966.jpg

大人たちは、昔取った杵柄を うん十年振りに思い出し。

a0109542_17101137.jpg

フィリピン人のセミプロの方に指導をしてもらう姿もありました。
本当の仕事は大学教授だとか・・・

a0109542_17115578.jpg

子供たちは急速にフォームも上達。

a0109542_17221492.jpg

女組も大奮闘。

a0109542_171457100.jpg

おじいちゃん組は 昔のフォームが身についていました。

a0109542_1718488.jpg

ピンが気持ち良い音をたてるのも いいものです。

a0109542_17241142.jpg

良い汗を流したひととき。
皆で楽しむことができました。

・・・・・・・

さて、それから2日後。 忘年会も開催されました。

a0109542_17292329.jpg

会場は、JANL会員が経営する山下ラーメンが 最近移転した Red Lion というパブの一角。

a0109542_17305021.jpg

年末のお忙しい中、7世帯の皆さんが参加。

a0109542_17325688.jpg

久し振りに長老にも参加していただきました。

a0109542_17353262.jpg

皆々様、
穏やかな年末と 良いお年をお迎えください。

MERRY CHRISTMAS !!
[PR]
by janlbaguio | 2016-12-23 16:03 | Activity 活動内容

COSPLAY TANABATA FESTIVAL 5 - フィリピン・バギオ市で 「コスプレ七夕祭」

COSPLAY TANBATA FESTIVAL 5 held on August 20, 2016.
日比友好月間イベントのひとつと位置付けた Baguio Cosplay Community が主催する 「コスプレ七夕祭5」 が バギオ・シティー・ナショナル・ハイスクールで 8月20日に開催されました。

JANL制作のyoutubeビデオはこちらです。
Please enjoy the yutube video here :
https://www.youtube.com/watch?v=DZtTuWfFws8
(映画監督の今泉氏による撮影・編集です。)

a0109542_21474380.jpg

北ルソン日本人会(JANL)は、その中で、「仙台流・吹き流し・コンテスト」 と 「BGO(バギオ)48」ダンスコンテストの実施に協力しています。

a0109542_21515565.jpg

二週間近く 大雨が続いているバギオ市でしたが、この日は小康状態。
多くの観客の皆さんが押し寄せました。

a0109542_21541138.jpg

今年も国際交流基金の日本語パートナーズの方のお骨折りで、パンガシナン州の Juan G. Macaraeg ハイスクールから 110名もの皆さんに参加していただきました。 その内の36名が BGO48 ダンスコンテストに挑戦です。

a0109542_21581569.jpg

ダンスコンテストの審査員は5名。
その内3名は 北ルソン日本人会のメンバーでした。

a0109542_215949100.jpg

ベビー・メタルの「カラテ」を踊った Juan G. Makaraegハイスクールのチーム。

a0109542_222935.jpg

迫力のある ダイナミックなフォーメーションで 堂々の第一位。
聞くところによれば、メンバーは代わっているものの、昨年も優勝したチームなんだそうです。


a0109542_2234249.jpg

第二位も 同じハイスクールのチーム。
a0109542_2333584.jpg

このチームは NHK朝ドラの「あまちゃん」から 「暦の上ではデッセンバー」を踊ってくれました。
のびのびと楽しいダンスを見せてくれました。

a0109542_2273178.jpg

そして、「日本人審査員特別賞」を受賞したのは、ラ・ウニオン州の大学生のグループ。
a0109542_234365.jpg

Baby Metal の KARATE で 切れの良いダンスでした。

a0109542_2210179.jpg

上記のハイスクールの3つ目のチームは
地元の若者たちの中で一番人気だというアニメ 「ラブ・ライブ」から 「スタート・ダッシュ」を踊ってくれました。

このダンスの間には、こんな応援団の姿も・・・
a0109542_22133692.jpg

入選はしなかったものの、大いに会場を沸かせてくれました。

a0109542_22145490.jpg

そして、メイドのコスプレで 楽しい踊りを披露したのが 地元のチーム。
コスプレ仲間の大きな声援がありました。

========

そして、「仙台流・吹き流し」コンテストの入選発表がありました。
結果は 以下のとおりです:

審査は 8月6日のバギオ博物館でのオープニングにご参列いただいたVIPの方々と、
日本国大使館、JICA、国際交流基金、北ルソン日本人会の総勢32名の
皆様による投票で行われました。

(1) WATERPROOF CATEGORY (防水タイプ部門)
順位      エントリー#
1      A    FRUITS
2      D    TOTORO
3      B    NO FACE

a0109542_22305853.jpg



(2) GENERAL CATEGORY (一般部門)

順位      エントリー#
1 ............... 1 ........ GOLDEN
2 ............... 2 ........ RAINBOW
3 ............... 7 ........ CLOTH

a0109542_22312815.jpg


if you want to confirm the art works,pls visit here :
このコンテストに参加した作品は こちらのページでご確認ください:

http://janl.exblog.jp/23086500/

・・・・・・

上記の他にも 様々なコンテストが繰り広げられました。
その中で 一番 印象的だったのは、UTanabata(歌・七夕)という 日本の歌のコンテストでした。

a0109542_22365691.jpg

30名前後の歌合戦となりましたが、その中で 文句なしの歌唱力で優勝したのは この女性でした。
会場の皆さんが じっと聞き入るほどの、実にほれぼれするような、日本人にも稀な実力派でした。

a0109542_22402661.jpg

(photo by : Ongchangco)
この歌合戦の審査員は4名・・・内1名が日本人でした。


a0109542_22414996.jpg

楽しい時間を 今年も準備してくれた バギオ・コスプレ・コミュニティーの皆さんに感謝したいと思います。

a0109542_2281740.jpg

(photo by : wanobo click photography)
Congratulations to the Baguio Cosplay Community for the success of
the Cosplay Tanabata 5 !!



この翌日8月21日には、コスプレ・コンテストが開催されました。
a0109542_234177.jpg

(photo by : wanobo click photography)
表彰式の写真です。


多くの皆様に支えられ、日本の七夕祭が バギオ市に 定着してきたことを
北ルソン日本人会の皆々様と共に 喜びたいと思います。

a0109542_22563212.jpg


for more snap shots, pls visit the below site :
下記の個人サイトに 会場でのスナップ写真がございます:
http://baguio.cocolog-nifty.com/nihongo/2016/08/cosplay-tanabat.html
   
a0109542_22535417.jpg

     








  



























   
[PR]
by janlbaguio | 2016-08-22 22:16 | AJISAI 文化交流 network

JANLゴルフ分科会発足 : 初デビューの御家族も


先般、北ルソン日本人会に ゴルフ分科会が発足しました。
その初めての報告です。
(ゴルフ分科会の概要は後日アップされる予定です。)


a0109542_21461187.jpg



「キャンプジョンにてJANLゴルフ分科会メンバーでプレーをしてきました。

山田名誉会長、萩原副代表、そして初デビューの御家族も無事にでき、

楽しいラウンドとなりました。 」


ゴルフ分科会会長・ JANL副代表萩原




                 



                      
[PR]
by janlbaguio | 2016-06-15 21:46 | Activity 活動内容

JHFC サマークリニック開催中: バギオ市ジョンヘイのサッカーチーム

<分科会からの投稿です。>


去年、JANL 子供達を含め、Baguio Country Club で子供向けゴルフクラブを主催しているフィリピン人と始めた、この John Hay Football Club - (JHFC) ですが、現在 サマークリニックを開催中です。

a0109542_16463481.jpg

学校制度の変更もあり、夏休み期間が、4月-7月と、各学校によりバラバラの状態ですが、 JHFCのサマークリニックは、5月31日から、6月25日までの期間、週3回、朝 7時から10時半まで、キャンプジョンヘイのグラウンドで練習を行っています。新規会員も加わり、20名以上の参加者が集まるようになり、活気が出て来ました。やはり、人数が集まらないとサッカーは楽しくない。
6月25日は、ミニトーナメント大会を開催する予定です。

日系人会Abong の子供達にも、4名無料招待の案内を送ったのですが、夏休みが6月始めに終わる学校が多かったようで、残念ながら、Abong からの参加者はなしでした。
a0109542_16475486.jpg


草の根レベルでの活動をしており、サッカーが初めての初心者も含めて、スポーツを通じての交流を深め、躾、規律を守る等の日本では当然やっている要素も、フィリピンに合わせて、それなりに教えています。現在の子供達は、とにかく、コンピュター、スマホに夢中の子供が多く、両親の共通の悩みと思いますが、野外で楽しく、体を動かすと言う機会を与え、色々な子供達とも交流する事が目的です。バギオで一番環境の良い Camp John Hay での時間を存分に楽しめます。

会費は徴収していますが、JHFC はボランティアによる運営の非営利団体の活動です。
a0109542_1649298.jpg


一緒に練習している、孤児院 Helping Hands の子供達の参加者は無料招待とし、クラブのユニフォームも無償支給しています。他の子供達と交流する良い機会と考えます。

今回のサマークリニックでは、スポンサーを募集し、アメリカの企業、現地企業からの支援も受けられ、この様な幅広い援助にとても感謝しております。
また、グラウンド整備、改善に関しても、Ayala と現在調整中です。バギオにふさわしい、芝生の多機能スポーツグランドの整備をお願いしています。Ayala からは既に、ゴールポストの修理、草刈等に関して協力を頂いております。
a0109542_16524878.jpg


一緒に練習している、孤児院 Helping Hands の Fund Raising Party が、7月23日(土)に、Camp John Hay に ある、CAP Convention Center にて開催されます。Chaya を含めたバギオの有名レストランからの食事提供により、オークッション、ラッフル、ライブミュージック等が深夜まで行われる予定です。
チケットを 20枚 入手しましたので、興味のある方は連絡下さい。価格は、2000ペソで、ちょっと高いのですが、 孤児院の運営費用に充てられますので、現地への貢献、またこのような、慈善事業への Fund Raising Party は良く開催されており、 在バギオ外国人を含め、かなりのバギオ有名人が参加しますので、一度、このような Party の雰囲気を楽しむのも良いと思います。
a0109542_16504096.jpg


JHFC サマーキャンプの見学も、大歓迎です。気軽に立ち寄り下さい。サッカー好きの方は、是非この機会に、涼しい高原都市バギオでのサッカーを通じて、現地の方との交流を楽しんでください。練習への参加も、大歓迎です。

JANL副代表 原嶋




                              
[PR]
by janlbaguio | 2016-06-12 16:52 | Activity 活動内容

ベンゲット州イトゴンの温泉で「鯉のぼり」 : 北ルソン日本人会(JANL)の「子供の日」 Itogon

5月1日の日曜日、北ルソン日本人会(JANL)の子供会では、「子供の日」を ちょっと早めにお祝いしました。

a0109542_1656619.jpg

なかなか 掲げる場所もないため、毎年 空高く泳ぐことができなかった 鯉のぼりの家族。
今年は 威勢良く泳ぐことができました。

a0109542_1752635.jpg

会場は、ベンゲット州イトゴン町の 温泉プール。
バギオ市からは、車で40~50分のところにあって、川沿いにたくさんの温泉リゾートが立ち並んでいます。

a0109542_1773883.jpg

私たちが お邪魔したのは、この温泉リゾート地区の中でも、一番高台にある、会員の方のご親戚が経営する温泉プール・リゾートです。

a0109542_17134644.jpg

子供たちは 早速 プール・・・ 大人たちは おしゃべり・・・

a0109542_17164552.jpg

女の子たちはボール遊び、小さい子も 英語学校のお兄さんと一緒に元気いっぱい。

a0109542_17183858.jpg

自動車のタイヤ・チューブは 大人気。

a0109542_17202071.jpg

大人も 38度Cの ぬる~~い温泉で ゆったりと人心地。
このイトゴンの温泉は、元々は 金や銅の産出地で、 昔は鉱山の町として地元の人たちは生活をしていたそうです。 しかし、 それが不振となり、一時期は JICAなどのプロジェクトとして、この温泉を利用した「テラピアの養殖」もやったそうですが、経営的に上手くいかず、結局 魚が泳いでいたプールで人間様が泳ぐ 温泉リゾートに変身したのだそうです。

a0109542_17352770.jpg

この温泉地区の源泉は、その廃坑となったトンネルから出てくるお湯で、
この山の上の方では、未だに細々と金などを掘っている人もいるとか・・・


a0109542_17273479.jpg

ひと泳ぎした後は、おやつの時間。

a0109542_1729395.jpg

鯉のぼりも 気持ち良さそうに 絶好調です。

a0109542_17391353.jpg

午前中の 休憩時間・・・

a0109542_17394829.jpg

・・そして、お腹もそろそろ・・・・

a0109542_17422792.jpg

バーベキューの準備が 始まりました・・・

a0109542_17462236.jpg

そして・・・・・お昼の時間がやってきました。
「海苔&唐揚げ弁当」は、この日の為に 日本料理店を経営する会員の方に特注でお願いしました。
お忙しい中、お世話になりました。

a0109542_1749534.jpg

おなかペコペコの子供たちも大満足のボリュームでした。

a0109542_1750346.jpg

焼き鳥も完成・・・満腹に追い打ちをかけます。

a0109542_1752627.jpg

午後の部も、子供たちは ますます元気・・・・

a0109542_17532071.jpg

大人たちのテーブルに並ぶものは いつものボトルと世界情勢、文学論?

a0109542_17565865.jpg

時間が のんびりと流れて行きました。


a0109542_0421161.jpg

そして、5PM。 
楽しいひとときが終わりました。


a0109542_1812096.jpg

鯉のぼり家族も 久し振りの大空で泳いで、楽しそうでした。

a0109542_1825822.jpg

来年は もっとたくさんの鯉たちが泳ぐかもしれません。

a0109542_1841428.jpg

皆々様、御協力いただき有難うございました。
また宜しくお願い致します。



                         
[PR]
by janlbaguio | 2016-05-02 16:59 | Activity 活動内容

北ルソン日本人会の分科会活動:  キャンプ・ジョンヘイで子供会


<<北ルソン日本人会(JANL)の分科会からの活動報告です。>>



今年のJANLの子供会は、週末を利用しての「ピクニック+α」(全10回?)が計画されております。今回は第一回目のお試し回です。


バギオの屋外で週末を過ごすには持ってこいの Camp John Hayに 4家族のJANLメンバーが集まりました。


子供達はバドミントンやサッカーなどに加え、メンバーが日本で購入してきた竹刀を使って即席剣道講習、そしてチャンバラ。
これが子供達に大うけでした。

a0109542_11493094.jpg



大人達はワインやビールなども少々頂きながら、時には子供達と一緒にバドミントンなどにも参加致しました。

a0109542_11495539.jpg



最後の1時間ぐらいは、たまたま出会った日本語が上手な韓国の方々と一緒にサッカーをする事になり、
ごく自然な国際交流、ごく自然な日韓親善が行われました。


JANL子供会





     
[PR]
by janlbaguio | 2016-02-21 11:43 | Activity 活動内容

バギオで子供たちのサッカー・チームに参加 ジョンヘイ・フットボール・クラブ

JANL子供会からも6名参加し、John Hay Football Club ( JHFC ) ,
トーナメントに初参加
a0109542_18485980.jpg


Camp John Hay のFilling Station の隣にあるグラウンドを拠点に、今年から活動を始めたJohn Hay Football Club が、先週12月5日(土)、Melvin Jones グラウンドで開催されたGoshenland Football Cup トーナメントに参加しました。

a0109542_1849307.jpg


U-10, U-12, U-14 の3チームを結成し参加しました。初めてのトーナメント参加でしたので、結果は子供達の奮闘にも関わらず、僅差で残念ながら、セミファイナルへの進出を逃しました。


参加チームは、学校のサッカーチームが多く、放課後毎日練習しているチームもあるのに対して、JHFC は週末だけの練習なので、この点で差が付いたようです。 バギオの大学のサッカー部に所属している大学生にコーチを依頼しているのですが、もっと練習をして、次回は優勝を目指して頑張ろうと励ましの言葉。

参加者は、韓国からのサマーキャンプでバギオ滞在中の子供達、JANLの子供達、また孤児院からの子供達、在バギオ外国人の子供達、フィリピンの子供達の混合チームで、30名の参加でした。

政治的にはいろいろな課題を抱える日本と韓国ですが、このバギオでの思いがけない日韓の子供達の交流で、皆楽しく、協力してチームプレイをしていたので、多少は、日韓の親善に役に立ったようです。

a0109542_18503042.jpg

韓国人の子供達は上手な子が多かったので助かりましたが、残念ながら、彼らは近日中には韓国に帰国する予定です。 またの再会を、みんな楽しみにしております。 
” ありがとう、またね ”

また、孤児院の子供達も、外部の子供達との定期的な交流が出来る事をとても喜んでいました。 孤児院の子供達の参加費は無料、ユニフォームも、会員からの参加費で賄い、無償支給としました。

JANLも、サポート団体として活動しており、JHFC の Banner に ロゴマークを入れてもらいました。
a0109542_18505212.jpg


今後も、グラウンド整備費用、用具の購入、修理等で費用が発生するので、サポート団体を増やしていく予定です。JANLも、今後もサポート団体として活動する予定です。

皆様の今後の温かい支援を宜しくお願い致します。

a0109542_2254204.jpg


(この記事はJANL会員THさんからの投稿記事です。)



  

  
[PR]
by janlbaguio | 2015-12-09 18:31 | Activity 活動内容