タグ:国際交流 ( 377 ) タグの人気記事

フィリピン・バギオ戦没者慰霊祭 : 毎年2月に開催されています

今年も、2月16日(火)に、日比国際友好協会の主催で、バギオ戦没者慰霊祭が開催されました。

a0109542_22582531.jpg


この慰霊祭についての由来は、こちらのサイトでご覧になれます。

a0109542_2311382.jpg

この「バギオ戦没者慰霊碑公園」(通称: Japanese garden)の建設に協力した、バギオ・ライオンズ・クラブの記念碑。

a0109542_2341954.jpg

今年 日本から慰霊巡拝に参加された方は 13名。
30年前は、日本航空2機をチャーターしての慰霊団だったそうです。
写真右側は、日本国大使館の一等書記官津田氏と、元日本国名誉総領事のカルロス寺岡氏。

a0109542_239749.jpg

バギオ市の パインズ・シティー・ライオンズ・クラブの皆さんと、バギオ市長室から市長代理の方の姿もありました。

a0109542_1230381.jpg

(photo by : Rey Dacones)
北ルソン日本人会も毎年ご招待を受けて参拝させていただいております。


a0109542_23111567.jpg

瀬川住職の読経。
御住職は、日比国際友好協会の会長をされています。

a0109542_23133757.jpg

在比日本国大使館の石川大使の「追悼の辞」を代読される津田領事。
素晴らしい内容のスピーチでした。

a0109542_23182949.jpg

御来賓の献花・焼香に続き、日本からの慰霊団の皆様の献花とご焼香。

a0109542_23201762.jpg

毎年 この慰霊祭を支援されている 北ルソン比日基金の日系二世の皆様も・・・

a0109542_23215845.jpg

北ルソン日本人会の皆さんも 献花・焼香に参加させていただきました。

a0109542_23233589.jpg

北ルソン比日基金(通称:アボン)のスタッフの皆様も御参拝されました。

a0109542_23254036.jpg

日頃 なかなか会う機会がない 北ルソン日本人会(JANL)のメンバーの姿もありました。

a0109542_2328476.jpg

瀬川住職からの お礼のご挨拶。
今年1月の、天皇皇后両陛下のフィリピン御訪問についてのお話もありました。

a0109542_23295865.jpg

御参加の皆々様、有難うございました。

a0109542_23305827.jpg




                  
[PR]
by janlbaguio | 2016-02-16 23:14 | Neighbers ご近所情報

宮城学院女子大学のスタディー・ツアー: バギオ大学&コミック・クラブと交流

宮城学院女子大学のスタディー・ツアーの一環として、バギオ大学で日本語を学ぶ学生およびバギオのコミック・クラブの皆さんが 文化交流を行いました。

a0109542_2322032.jpg

このイベントは、宮城学院女子大学とCGN(コーディリエラ・グリーン・ネットワーク)の共催で実施されたものです。

a0109542_235434.jpg

内容は、バギオを訪れた5名の学生の英語でのプレゼンテーションを基に、意見交換をするものでした。

a0109542_2395713.jpg

最初は、「武士道」。 剣道を例にプレゼンが行われました。

a0109542_23111098.jpg

「武士道がなければ、日本はない」 が結論。

a0109542_23122768.jpg

二つ目は、東北地方の料理。

a0109542_23132642.jpg

しかし、アンケートの結果では、地元の料理は残念な結果に・・・

a0109542_23145980.jpg

三つめは、 日本の「アイドル」事情。

a0109542_23154784.jpg

昔の山口百恵の時代から、今は 踊って歌うグループ・アイドルへの変化を解説。

a0109542_23181882.jpg

四つ目は、もちろん、アニメと漫画の歴史・・・

a0109542_23191447.jpg

宮崎駿監督を経て、今や、時代は コスプレ・・・


a0109542_23213428.jpg

最後は、日本のお菓子 事情。  洋菓子、和菓子、駄菓子、そして 変なお菓子まで・・・

a0109542_23223622.jpg

日本のお菓子の種類の多さに 改めてびっくり。

a0109542_23251619.jpg

宮城学院女子大学の皆さん、プレゼンテーション お疲れ様でした。

a0109542_1833178.jpg

(photo by : Sev Balisi Magallanes)

====

尚、この文化交流会に参加したバギオ大学やコミック・クラブの皆さんは、
北ルソン日本人会が主催するイベントにも御協力いただいている皆さんです。


  
  
   

   
[PR]
by janlbaguio | 2016-02-14 23:08 | Neighbers ご近所情報

パンガシナン州ビナロナンの高校で 「日本語キャンプ」のボランティア

1月30日に、パンガシナン州ビナロナンにある Juan G. Macaraeg ハイスクールで、「日本語キャンプ」というイベントが開催されました。
a0109542_1052495.jpg


このハイスクールは3~4年前から日本語教育を正規の授業として実施しており、国際交流基金から派遣されたアシスタント日本語ティーチャーの方が、先生方の支援をされています。

a0109542_10112698.jpg

3日間の日本語キャンプの中で、主な部分は 日本語に関するレクチャーで、
この2日目は、レクチャーとともに、日本人ボランティアの皆さんを交えての
文化交流とゲーム大会となりました。

a0109542_10151139.jpg

マニラから来られた日本語の先生の指導で、漢字カードを使ったゲーム。

a0109542_11364753.jpg

このハイスクールで日本語を担当している先生。
本来は英語科の先生たちが 日本語も教えているのだそうです。


a0109542_10172483.jpg

パンガシナン州在住の方々と、バギオ市の英語留学の皆さん、総勢11名の
日本人ボランティアと奥様方の姿もありました。

a0109542_10214440.jpg

生徒さんたちの中には、日本のセーラー服や浴衣姿もありました。

a0109542_1024164.jpg

そして始まったのが、AKB48の「恋するフォーチュン・クッキー」のダンス。
ステージの上では、昨年7月バギオで実施された「七夕祭り」のダンス・コンテストで
優勝したチームが踊り、一番後ろでも他のチームが踊っていました。


a0109542_10464271.jpg

そして、グループ毎にブースを廻っての日本文化体験と交流。
ここは、毛糸を使って「あやとり」です。


a0109542_1141944.jpg

こちらのブースは、日本語の文字・・・

a0109542_1049508.jpg

このブースには、「日本のもの」が並んでいます。

a0109542_10513292.jpg

「剣玉」ブースは、大人気。

a0109542_10523730.jpg

「ふろしき」コーナー・・・・どんな包み方があるのかを実演。

a0109542_10554185.jpg

「折り紙」ブースは、定番ですが、人気があります。


a0109542_10565166.jpg

漫画、コミック ブースは もちろんです。

a0109542_1058645.jpg

筆を使った 「習字」コーナーは、まさかの大人気。

a0109542_10595736.jpg

「浮世絵」の塗り絵コーナーも企画されましたが、時間不足で塗り絵までは行けず、残念。

a0109542_1113225.jpg

日本語でのクロス・ワード・パズル・・・

a0109542_1124939.jpg

「日本のお茶」ブースでは、飲み比べの試飲も・・・・

a0109542_1173116.jpg

こちらでは、「お餅」の試食。
餡子、きな粉、砂糖醤油をつけての食べ比べ。

a0109542_11115825.jpg

日本人ボランティアのインタビュー・タイム。
このグループは11番のグループです。


そして、この後は グループ毎に 校内のあちこちを廻っての、ゲーム大会。
a0109542_11143331.jpg

これは、ローマ字を ひらがなに 書き換える ゲーム??

a0109542_11164829.jpg

粉の中に入っている紙を口だけで取り上げ、紙に書かれている言葉を
ジェスチャーで伝えるゲーム。


a0109542_11183537.jpg

これは、「剣玉」の 変形版のゲーム。

a0109542_11194629.jpg

こんなゲームは 初めて見た!!
バケツの中の泡の下に、ビー玉が入れてあり、それを足の甲に載せて、
バケツからとりだし、隣の柄杓に移し替える・・・というゲーム。

a0109542_11234743.jpg

一番激しいゲームは これでした。
なんと、炎天下の校庭で 「騎馬戦」 !!
男の子も女の子も 一緒に 激しい戦いです。

a0109542_11264589.jpg

これも定番ゲームですが、ちょっとハイレベルなアレンジがありました。


a0109542_11281940.jpg

これは何のゲームかと聞いたら、「桜 探し」だという返事でした。

a0109542_113044.jpg

グループ1 は コスプレに挑戦。。。
「忍者」だそうです。

a0109542_11353525.jpg

日本人ボランティアの皆さん・・・只今休憩中。

a0109542_11383366.jpg

そして、4pmごろ・・・・

a0109542_11414491.jpg

名残を惜しみながら バギオへ・・・・

a0109542_11433064.jpg

ハイスクール生と校庭を走り回り、 エネルギッシュな活動で・・・・・

a0109542_11445354.jpg

エネルギー補充が必要となりました。
英語留学中のボランティアの皆さま、有難うございました。
また、ウルダネタ周辺に在住の皆さま、お疲れ様でした。

JGMハイスクールの関係者の皆々様、
楽しいひとときを有難うございました。



        

  




    
    
[PR]
by janlbaguio | 2016-02-03 10:06 | AJISAI 文化交流 network

バギオ市で「書き初め大会」: 今年は一般にも公開で大盛況

NEW YEAR KAKIZOME CALLIGRAPHY WORKSHOP
IN BAGUIO CITY, PHILIPPINES

北ルソン日本人会(JANL)が主催し、日系人会であるアボン(北ルソン比日基金=アボン)に協力をいただきながら、前年まで実施してきた「書き初め大会」が、今年2016年は、アボンからの提案を受け、従来の2倍の規模で、一般にも参加を促す形として、両者の共催で開催されました。

a0109542_13482250.jpg

ポスターもアボンが作成し、午前の部、午後の部で、それぞれ50~60名の予約制とし、電話予約受付もアボン側でやっていただきました。

a0109542_1351336.jpg

JANLは、筆、墨汁、半紙などの調達、そして日本人指導ボランティアなどの協力をいただく為の努力を致しました。

特に、日本の習字用の筆の確保では、多くの皆様のご支援を得て、どうやら参加者一人一人に日本の筆をお使いいただくことが出来ました。

a0109542_13562247.jpg

会場の設営も、2日前にはこの通り、アボンのスタッフの皆さんが準備してくださいました。

a0109542_1359277.jpg

(photo by : Abong)
当日の9:30AM。 日本人ボランティアの皆さんとの打ち合わせ。
英語学校などから留学中の日本人の皆様にご協力をいただき、テーブル毎のアシスタントをお願いしました。
特にご支援をいただきました英語学校の日本人マネジャーの皆様に御礼を申し上げます。

a0109542_1454875.jpg

午前の部は、10AMから12NNまで。
メインの全体指導は、パンガシナンのハイスクールで国際交流基金派遣の日本語アシスタント・ティーチャーをされている方にお願いしました。

a0109542_1492132.jpg

午前の部の参加者は、主にバギオ大学で日本語を学んでいる皆さん、アボン、そして一般からの皆さんでした。

a0109542_14113991.jpg

アボンからは、ミリエンダのおやつや飲み物もご提供いただきました。

a0109542_14124625.jpg

ミリエンダには、「鯛焼き」もありました。

a0109542_14142518.jpg

(photo by ; Abong)
元日本国名誉総領事のカルロス寺岡様が、NHK番組の収録の為にアボン会館にいらっしゃいましたので、書き初め会場でサプライズのご挨拶を頂きました。

a0109542_1419744.jpg

こちらのグループは、バギオ大学のグループ。
日本語の先生に毎年ご協力をいただいています。

a0109542_1420415.jpg

こちらは、日本文化に興味をお持ちの コミック・クラブなどのメンバーの皆さん。

a0109542_14222818.jpg

そして、これが 午前の部の皆さんの作品です。

a0109542_14453170.jpg

午後の部は、2PM-4PMでした。
メインの指導は、英語学校のマネジャーの方にお願いしました。

a0109542_14471644.jpg

午後の部の参加者は、 アボン、JANL、そして一般の皆さんたちでした。


a0109542_14483233.jpg

午後は、参加者が予定以上となり、JANLメンバーの皆さんにも各テーブルでのサポートに入っていただきました。

a0109542_1453845.jpg

JANLの子供たちやお父さん、お母さんも たくさん参加してくれました。

a0109542_1454138.jpg

中には、日本語学校の生徒さんたちのグループや、ヌエバ・エシア州から遠路参加された日本語の先生の皆さんもいらっしゃいました。

a0109542_14564538.jpg

アボンのスタッフの皆さんも 楽しんでいらっしゃいました。

a0109542_1514435.jpg

さて、こちらが 午後の部の皆さんの作品です。

この日の書き初め大会への参加者数は以下の通りとなり、大盛況でした:

日系人会(アボン)      42名
北ルソン日本人会(JANL) 25名
バギオ大学           27名
日本人ボランティア      26名
その他・一般          41名

   合計           161名

(ただし、この中にアボンのスタッフの皆さんの数は含んでおりません)


a0109542_15305920.jpg

そして、JANLの皆さんと、ボランティアの皆さんで アーチをつくり、
参加者の皆さんとお別れ。

a0109542_1459379.jpg

また、来年も会いましょう!!

この書き初め大会の作品は、今後、このアボン会館で展示される予定です。


a0109542_1543391.jpg

終了後、北ルソン日本人会のメンバーと、ボランティアの皆さんとの
親睦・慰労会を行いました。

a0109542_1555026.jpg

皆様、大変お疲れ様でした。
皆様のご協力に心より感謝申し上げます。

a0109542_13364925.jpg


Big thanks to Abong for the excellent partnership to make this happen
to accept more and more participants who are interested in
Japanese culture and tradition.

Arigatou gozai mashita.








     
  
[PR]
by janlbaguio | 2016-01-25 14:02 | Activity 活動内容

バギオ市で「新春書き初め大会」 - 日本人ボランティア募集中 !!

毎年恒例となった
新春・書き初め大会
が、日系人団体である北ルソン比日基金(アボン)と 北ルソン日本人会(JANL)の共催で 開催されます。

a0109542_0135814.jpg


昨年までは、1セッション50~70名の参加者を受け入れていましたが、
今年は初めて 午前と午後の 2セッションで より多くの参加者を受け入れることになりました。

これに伴い、日本人の指導アシスタント・ボランティアを募集中です。

参加者は 筆を持つのも初めてという大学生やハイスクール生がほとんどですので、
お気軽にボランティアで 地元の若い人たちとの交流をお楽しみください。

ボランティアの方の集合時間は 1月24日(日)の9:30AMです。
a0109542_18265314.jpg


詳しくは、上記ポスターの連絡先(英語)あるいは、このサイトの右にあるお問い合わせ
連絡先から北ルソン日本人会にお問い合わせください。
a0109542_18275317.jpg


皆様のご協力を宜しくお願い致します。

a0109542_1828114.jpg


北ルソン日本人会


   
[PR]
by janlbaguio | 2016-01-22 00:22 | Activity 活動内容

謹賀新年 2016  本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。 北ルソン日本人会



Happy New Year 2016 !!

from Japanese Association in Northern Luzon, Inc.
in Baguio city, Philippines



謹賀新年 2016年



旧年中は 北ルソン日本人会(JANL)への御支援、御協力、御指導をいただき 大変有難うございました。
様々なイベント、特に日比友好月間での連携を通じて、地元フィリピン・バギオ市の皆様とのコラボレーションを行い、バギオの日本人コミュニティーの一員として広く知っていただけるようになりました。

本年2016年は、役員の改選で新たな風を起こし、益々の発展を期待しているところです。
今後とも更なるご理解を賜り、精進したいと念じております。

皆々様のご活躍、ご健康、ご発展を心よりお祈りいたします。


2016年正月・元旦

北ルソン日本人会・会員一同


・・・・・・・・・・・・・

2016年1月3日に 北ルソン日本人会の新年会を開催いたしました。


a0109542_14251457.jpg



a0109542_1426329.jpg




a0109542_14272375.jpg



a0109542_1428336.jpg



a0109542_14304286.jpg



a0109542_14313094.jpg



a0109542_14322916.jpg



a0109542_14334051.jpg

   
   
a0109542_14351869.jpg



a0109542_14363296.jpg



a0109542_14372082.jpg



a0109542_14395848.jpg

(photo by : Chairein Kris Cordoviz)


a0109542_14401764.jpg

(photo by : Chairein Kris Cordoviz)


a0109542_1441571.jpg



a0109542_14421993.jpg



御来賓を始め、ご参加いただきました皆様に感謝申し上げます。

また、年末から年始の夜遅くまで、手間暇を掛けて、素晴らしいお節料理を特別に作っていただいたCHAYAの皆様にも御礼を申し上げます。

本年も どうぞ宜しくお願い致します。




   


    


  
[PR]
by janlbaguio | 2016-01-04 14:22 | Activity 活動内容

バギオで 東日本大震災とバギオ大地震の語り部の会+映画

東日本大震災の石巻から来られた語り部の方と、地元バギオ市のバギオ大地震経験者である方の 経験談を聞く会、そして、東日本大震災関連の映画を見る会が TALAシェア&ゲスト・ハウス主催で開催され、北ルソン日本人会のメンバーを参加させていただきました。

a0109542_0174636.jpg


「津波から4年・・被災者の真実の声」 と 「Between Yesterday & Today」上映でした。

a0109542_0214735.jpg

この良い機会に、「1990年のバギオ大地震」の経験者も聞くことになり、
地元の女性が語り部となりました。

a0109542_0235322.jpg

バギオ市の中で、どこが大きな被害を受けたのかを中心に話を聞かせていただきました。

a0109542_0265370.jpg


a0109542_028144.jpg


a0109542_0291235.jpg


a0109542_0303551.jpg


a0109542_0323389.jpg

バギオ大地震の後、危険な建物とされているものが 現在も残っているそうです。

a0109542_0335937.jpg

余震が続く中、 市民は 公園などでのテント生活を余儀なくされました。

a0109542_036317.jpg

会場は満員・・・ 日本人とフィリピン人、そして留学中の外国からの人たちも熱心に聞き入っていました。


a0109542_0392392.jpg

そして、石巻から遠路来られた 語り部のお話。

a0109542_0412432.jpg

石巻で撮影された 津波の映像。

a0109542_0425189.jpg

左は主催者、右は 石巻の語り部さん。

a0109542_044217.jpg

両親を亡くされた 語り部さん。
3年間ぐらい、家から外に出られなくなったそうです。

a0109542_046423.jpg

私の横に立っていた息子が 「ここは 戦場なの?」 と聞いてきた・・・
私の身体は 震えが止まらなかった・・・・

a0109542_0484865.jpg


人はいつかは死ぬ・・・・ 明日が来るというのは奇跡なのだ・・・

a0109542_0502520.jpg



a0109542_12423983.jpg

そして、 東日本大震災に関連する映画 「Between Yesterday and Tomorrow」 を鑑賞した後・・・感じたことを話し合う時間がとられました。

a0109542_052269.jpg

(photo by TALA Nakamura)

JANLとしては、来年の近いうちに、この会の中で発表された 「バギオ大地震」について、
メンバーの体験談を含めて 大災害時の防災などについて 話し合う機会を
つくりたいと考えています。

以上、御報告まで。



    
   
    
[PR]
by janlbaguio | 2015-12-15 00:24 | Neighbers ご近所情報

バギオで子供たちのサッカー・チームに参加 ジョンヘイ・フットボール・クラブ

JANL子供会からも6名参加し、John Hay Football Club ( JHFC ) ,
トーナメントに初参加
a0109542_18485980.jpg


Camp John Hay のFilling Station の隣にあるグラウンドを拠点に、今年から活動を始めたJohn Hay Football Club が、先週12月5日(土)、Melvin Jones グラウンドで開催されたGoshenland Football Cup トーナメントに参加しました。

a0109542_1849307.jpg


U-10, U-12, U-14 の3チームを結成し参加しました。初めてのトーナメント参加でしたので、結果は子供達の奮闘にも関わらず、僅差で残念ながら、セミファイナルへの進出を逃しました。


参加チームは、学校のサッカーチームが多く、放課後毎日練習しているチームもあるのに対して、JHFC は週末だけの練習なので、この点で差が付いたようです。 バギオの大学のサッカー部に所属している大学生にコーチを依頼しているのですが、もっと練習をして、次回は優勝を目指して頑張ろうと励ましの言葉。

参加者は、韓国からのサマーキャンプでバギオ滞在中の子供達、JANLの子供達、また孤児院からの子供達、在バギオ外国人の子供達、フィリピンの子供達の混合チームで、30名の参加でした。

政治的にはいろいろな課題を抱える日本と韓国ですが、このバギオでの思いがけない日韓の子供達の交流で、皆楽しく、協力してチームプレイをしていたので、多少は、日韓の親善に役に立ったようです。

a0109542_18503042.jpg

韓国人の子供達は上手な子が多かったので助かりましたが、残念ながら、彼らは近日中には韓国に帰国する予定です。 またの再会を、みんな楽しみにしております。 
” ありがとう、またね ”

また、孤児院の子供達も、外部の子供達との定期的な交流が出来る事をとても喜んでいました。 孤児院の子供達の参加費は無料、ユニフォームも、会員からの参加費で賄い、無償支給としました。

JANLも、サポート団体として活動しており、JHFC の Banner に ロゴマークを入れてもらいました。
a0109542_18505212.jpg


今後も、グラウンド整備費用、用具の購入、修理等で費用が発生するので、サポート団体を増やしていく予定です。JANLも、今後もサポート団体として活動する予定です。

皆様の今後の温かい支援を宜しくお願い致します。

a0109542_2254204.jpg


(この記事はJANL会員THさんからの投稿記事です。)



  

  
[PR]
by janlbaguio | 2015-12-09 18:31 | Activity 活動内容

Crossroads フィリピン・バギオ市やイフガオ州を舞台とした映画 日本で上映中

バギオ市やイフガオ州で撮影された日本映画が 日本で只今ロードショーで上映中です。

青年海外協力隊のドラマですが、 元々はマニラでロケの予定だったものが、
諸事情により バギオ市でのロケに変更になったとか・・・。

日本の皆さん、是非 只今上映中の映画館へお急ぎください。

a0109542_17443438.jpg

バギオの市場での撮影(写真はフェイスブック「クロスロード」ページより)

映画 Crossroads クロスロード の公式サイトは こちらです:
http://crossroads.toeiad.co.jp/index.html


予告編は こちらでどうぞ:
https://www.youtube.com/watch?v=0z8YyrxgGtk

JICAのサイトはこちら:
http://www.jica.go.jp/topics/2015/20151102_01.html


「志穂が自分の行動が正しかったのかと葛藤する部分には、とても共感することができました」
―映画『クロスロード』 TAOインタビュー
http://top.tsite.jp/news/cinema/i/26668946/

「ロケ地のバギオからマニラまで車で送っていただいたんです。マニラには博物館があって、そこではジオラマでフィリピンの歴史を学ぶことができるんです。スペイン、アメリカ、中国が行ったことの歴史はさほど気に病むことはなかったんですが、自分が生まれる前の話でも、日本が行ったことを見せられると、とても申し訳ない気持ちになりました。アローディアさんのお母さまのお友達に、日本人のフィリピンでの印象を伺ったら、「お年寄は日本人のことをあまり好きではない」と教えていただき、しょうがないことかもしれないけれど、私たちの世代が、本作の劇中で描かれたように、日本人の印象を変えていくことが大切だと感じました。今後、私がフィリピンという国にどれだけ貢献できるかは分かりませんが、現地の方々と触れ合ってお話ができたことは、貴重な経験になりました。本作も、フィリピンで上映していただけたらなと思っています。」



尚、この映画の制作・撮影に関わってサポートをされた
環境NGO団体 Cordillera Green Network のサイトに、
この撮影段階での詳しい記録が掲載されていますので、合わせてご覧ください。
http://cordillera.exblog.jp/25113993/


・・・・以上、 映画館でお楽しみください。


  
[PR]
by janlbaguio | 2015-12-04 17:35 | AJISAI 文化交流 network

2015年12月のイベント: アジア太平洋国際平和慰霊祭・映画祭 & 東日本大震災の語り部 

2015年12月に バギオ市で実施されるイベントのご案内です。


(1) 12月5日(土) 平和映画祭 - 第6回アジア太平洋国際平和慰霊祭 

会場: UPバギオ
日時: 12月5日 2pm-6pm
a0109542_1963263.jpg



スペシャル・ゲスト: おおたか清流さん他
「数百曲に及ぶTVCMでの歌唱や映像、絵画、朗読、ダンスとのコラボレーション等ジャンルや国境を越えた音楽活動を展開している。
「声のお絵描き教室」主宰、NHKEテレ「にほんごであそぼ」にレギュラー出演中。」
http://www.songbirds.ne.jp/sizzle/sizzle.html

a0109542_1917295.jpg



(2) 12月6日(日) ラジオ放送 - 第6回アジア太平洋国際平和慰霊祭

a0109542_198274.jpg

4時間にわたる英語での放送番組です。
AMラジオでお聞きください。
日比の戦争体験者や歴史研究家などが出演されます。
元日本国バギオ名誉総領事のカルロス寺岡様もお話をされます。
(すべて英語での収録だそうです)


おおたか清流さんのサイトは こちらです

a0109542_93273.jpg

(photo by Mike Zarate)
ラジオ局での生放送の様子。


尚、上記の(1)と(2)は、NPOサルボンとIYAMANの主催となっています。
a0109542_1910473.jpg


(3) 12月12日(土) 石巻の語り部の話を聞く 東日本大震災

「 語り部の話を聞き、
      映画“BETWEEN YESTERDAY & TOMORROWを見る会」


a0109542_19104745.jpg


a0109542_13404948.jpg

This event provides an opportunity to hear an experience of a storyteller who is a victim of the Great East Japan Earthquake in 2011. We will show the movie “BETWEEN YESTERDAY & TOMORROW” and participants with various backgrounds shall interact and discuss how we can live a better life afterwards.


2011年東日本大震災から4年9ヶ月
「 語り部の話を聞き、
      映画“BETWEEN YESTERDAY & TOMORROWを見る会」
〜よりよく生きるってどんなこと〜

目的 
2011年日本で起きた東日本大震災の被災者家族で語り部である方の話を聞く
そして映画“BETWEEN YESTERDAY&TOMORROW”を見て
“より良く生きることってどんなこと”についてデイスカッションし 多様な人たちの交流を深める。

対象 バギオ在住の日本人。英語留学中の生徒さんたち。バギオ在住のフィリピン人の方たち
対象人数20人〜30人

日時 2015年12月12日(土)
13時30開場、14時開始16時半終了
場所 TALA HOUSE(リビングルーム)
http://www.tala-guesthouse.org

主催 タラ、なかむらみちよ(Way planning office)
協力 北ルソン日本人会(JANL)・バギオ留学com

プログラム
1、14:00−14:10
趣旨説明と東日本大震災後の被災地の今(中村道代)
2、14:10−14:50
*1映画「BETWEEN YESTERDAY & TOMORROW」
3、15:00—15:20
*2かたりべ:高橋匡美さん
2011.3.11父と母を亡くして 〜宮城県石巻〜
現在の宮城県石巻は
4、15:30−16:20
デイスカッション「より良く生きるってどういうこと?」
(グループデイスカッション*得意言語によってグルーピングの予定です。)
5、16:30
閉会あいさつ

参加費用 社会人@150P(ドリンク+菓子込み)
   学生@100P(ドリンク+菓子込み)

収益がでた場合にはNGO Cordillera Green Network(CGN)に寄付させて頂きます。
http://cordigreen.jimdo.com
お問い合わせ先 TALAゲストハウスの 中村


*1『BETWEEN YESTERDAY & TOMORROW』

 前田真二郎さんが2011年3月11日、東日本大震災が発生してから2週間が経った頃に、指示書をもとに制作する5分の即興映画『BETWEEN YESTERDAY & TOMORROW』の制作を呼びかけました。集めた作品の中からいくつかピックアップしてご覧頂きます。被災者特定ではなくいわゆる普通の人たちが震災を通じて、昨日、今日、明日をどうすごし考えたのかをたんたんと語っています。“どう、生きるのか?を問いかける作品です。

監修:前田真二郎(映像作家. IAMAS准教授)
1969年生まれ. 京都精華大学大学院美術研究科修了. 映像メディアを「未知を発見する道具」と捉え, コンピュータを用いた自動編集による映像作品や, 規則を基にした撮影行為の連鎖から生成される映画などを制作する. 代表作に「オン」(2000/香港国際映画祭), 「日々”hibi”13 full moons」(2005/山形国際ドキュメンタリー映画祭)がある.2005年よりDVDレーベル”SOL CHORD”の監修を務める.

*2 髙橋匡美さん(かたりべ)
宮城県石巻市出身。生まれ故郷である石巻市南浜町一帯と、実家、そこで暮らしていた両親を東日本大震災で亡くす。震災から3日後にやっとたどりついた故郷の変わり果てた姿と、無惨な状態で自ら発見した両親のエピソードをスピーチにし、2014年に行われた、NPO法人JENとジャパンソサエティー主催による、東日本大震災風化防止プロジェクト、「メモリースピーチコンテスト」全国大会で銀賞を受賞。「あなたの故郷はどこですか?そこにあるのは懐かしい匂いのする家、思い出の詰まった品々、大切な人の笑顔、いつも通りの町並み。それらが、ある日突然めちゃくちゃに壊されて奪い去られてしまう!……それが、災害なのです。





                

  
[PR]
by janlbaguio | 2015-12-03 19:11 | AJISAI 文化交流 network