R.K.清水(長崎)財団が、フィリピンで12校目となる校舎を寄贈。 ---- Classrooms to Tarlac city.

フィリピンの子供たちに校舎をプレゼントするプロジェクトを進めている
R.K.清水(長崎)財団が、12校目となる校舎をターラック州ターラック市の
Sapang Tagalog(サパン・タガログ)小学校に寄贈しました。

a0109542_1185378.jpg

今回の式典では、1棟2教室の他、コンピューターやLEDスクリーン、ユニフォームや文房具、又、長崎県から運ばれてきた机や椅子、それに日本のランドセルなども、子供たちに贈られました。 
a0109542_11253033.jpg

さらに、記念の日本庭園も造園されました。


a0109542_11143620.jpg
 
フィリピン国軍の先導車に従って 小学校に到着すると、Sapang Tagalog小学校
子供たちが鼓笛隊を先頭にして大歓迎で日本人の一行を迎えました。

a0109542_11163151.jpg

この教育振興の交流プロジェクトを進めている長崎市の 清水勝利会長とご婦人、御家族が到着。
長崎や東京方面、さらにはフィリピン在留邦人の皆さんも式典に参加されました。

a0109542_11212412.jpg

これが寄贈された校舎。
多くの小学生、先生、父兄などが日の丸を振って歓迎しました。

a0109542_11233431.jpg

式次第に従って、寄贈式典が始まりました。

a0109542_11264822.jpg

来賓の中には、元日本国名誉総領事のカルロス寺岡氏(JANL相談役)を始め、
在マニラの日本人団体、長崎や東京などからお祝いに参加された皆様の姿が。

a0109542_1130294.jpg

私ども北ルソン日本人会(JANL)からも、代表、副代表、分科会長の3名が
ご招待を受けて参加致しました。


a0109542_11383756.jpg

国旗入場と国歌斉唱。
ひな壇には、左からフィリピン国軍の代表、日本国大使館から植野公使、清水ご夫妻、
フィリピン教育省の代表が列席されました。

a0109542_11423386.jpg

植野公使の祝辞。

a0109542_11472688.jpg

1969年にフィリピンを初めて訪れて以来の話をされる清水勝利会長。
日本からフィリピンへ最初の中古船販売をしたのが1968年。
それ以来、2015年までに、1,300隻以上の船を扱うビジネスをしてきたそうです。

先の戦争にて「バターン死の行進」として有名になったバターンから捕虜収容所があった
ターラック州カパスまでの沿道周辺に校舎を寄贈したいとの気持ちを語られました。
教育こそが国際的理解の第一歩であるという清水会長のお考えのようです。


a0109542_1233422.jpg

祝辞の後は、様々な文化交流の演舞などが披露されました。
一番手は、マニラの日本人団体から和太鼓。

a0109542_1255642.jpg

日本から参加の 黒田節と居合の演武。

a0109542_1275919.jpg

清水夫人の吟詠による、華道吟、書道吟。

a0109542_1210316.jpg

そして、東京方面から参加された 剣道のグループ。

a0109542_1212470.jpg

木刀を使っての演武。

a0109542_1213256.jpg

剣道の練習風景のデモンストレーション。

a0109542_1214122.jpg

そして、模擬試合の披露。

a0109542_12153993.jpg

そして、教室の鍵を 小学校の生徒代表へ手渡すセレモニー。
小学生代表の感謝のスピーチは見事でした。

a0109542_12295013.jpg

そして、式典も進み、清水さん御家族による旗の掲揚。

a0109542_12305222.jpg

そして、新校舎のテープ・カットへ。

a0109542_12323325.jpg

その時、花を添えたのは、フィリピン国軍による演奏でした。

a0109542_12335881.jpg

教室内が披露され、参加者がひとつひとつを見学。

a0109542_12352029.jpg

明るい教室に立派な設備。
子供たちもきっと一所懸命勉強に励むでしょう。

a0109542_12362919.jpg

子供たちの感謝の心が 鼓笛隊の子供たちによって示されました。

a0109542_12374956.jpg

これは、フィリピンのフォーク・ダンスの演技。


a0109542_1239872.jpg

小さな子どもたちの 可愛いダンスには、いつも魅了されます。

a0109542_12402994.jpg

そして、 ランドセルの ファッション・ショー ? が始まりました。


a0109542_12413226.jpg

このランドセルは 長崎市の皆さんからのプレゼントだそうで、
こちらの長崎新聞に詳しい記事がありました:
http://www.nagasaki-np.co.jp/news/kennaitopix/2016/02/15092608046900.shtml

「清水会長の活動を知った西日本シティ銀行長崎支店の長田大次郎支店長(52)が、昨年10月ごろから長崎、佐賀両県の5支店と長崎銀行(長崎市)の行員に呼び掛け、家庭で不要になった子どものランドセルを集めた。「何かの役に立つならうれしいと快く提供してくれた」(長田支店長)。」

長崎県、佐賀県の皆様の御協力があったそうです。

心温まる、素晴らしい式典にご招待いただき、感謝申し上げます。


  

     










R.K.Shimizu(Nagasaki)Foundation,Inc. held:
Turnover Ceremony of
one storey two classroom building
at Sapang Tagalog Elementary School
Tarlac city, Province of Tarlac, Philippines
on May 21, 2016



      
[PR]
by janlbaguio | 2016-05-22 11:32 | Neighbers ご近所情報
<< 日比国交正常化60周年記念 ク... 北ルソン日本人会(JANL)の... >>