フィリピン・バギオに住むなら知っておきたいこと - 日系人とシスター海野

バギオ市に滞在するのであれば、是非とも知っておきたいこと。

それがシスター海野と日系人の話です。


ここでは、2018年3月25日に開かれる勉強会で使われる資料の一部をご紹介します。



「バギオの虹 - シスター海野とフィリピン日系人の100年」

鴨野守著 2003年初版

..

第三章「神の使い」シスター海野

..

1972年1月19日。 六十歳の定年を迎えたシスター海野は修道会の許可を

得て、マニラの地に降り立った。 三か月近く、ケソン州で身体

障害者の世話をしてすごしたのだが、マニラの灼熱は酢スター海野

の体にこたえた。避暑地として有名なバギオ市で、しばらく静養

してはどうかと周囲は勧めた。

a0109542_23343151.jpg


ベンゲット道路を走るバスの車中で、シスター海野は見知らぬ人から、

「あなたは日本の方ですか。 この道路は、かつて日本人労働者

が出稼ぎに来て、尊い犠牲を払いながら建設したものですよ」と

話しかけられたという。

・・・「その日本人の子孫は今、どうしているのだろうか」と

いう疑問を持つ。

..

シスター海野はこんな言葉を残している。

「ここ(フィリピン)に来る前に、戦争の残した傷のことは知

っていました。だから、この国に来ました。物質のためだけではな

くて、心のために来ました」と。


a0109542_23351996.jpg

「或日私の小さいラジオが悪くなったので一つの小さな店に入

って聞いた。その人は、カタリを照介してくれた。・・・・」

私は、シスター海野と最初に会った日系人、大久保さだえ(カタ

リナ・プーカイ)をバギオ市内の自宅に訪ねた。 さだえは、

小学校の教師をして戦後を過ごした。

..

父大久保登は1894年、広島県に生まれた。三十二歳の時に来比。

・・・七人の子をもうけた。全員が戦前に生まれたが、幸い誰も

戦争で亡くなることはなかった。父が家の近くに造った防空壕が、

彼らの命を守った。バギオ日本人学校の三年生まで通っていた

さだえには、バギオに残っている日系人だけで約三十人ほどの見当

はついていた。

..

・・・さだえが最初にシスターに引き合わせたのが、オセオ浜田

だった。オセオ浜田もまた戦後、日系人であることを隠さずに生

きていた例外的な存在だった。 戦後すぐに印刷所を経営し、

週刊の新聞も発行していた。彼が迫害を受けなかった一つの要因は、

結婚した女性が地元で影響力のある家系であったということが大きい。


a0109542_23380715.jpg

シスター海野のもとに集まった日系人は二十八人。 

・・・二か月後の会合には百二十五家族が参加。 五年後には

約一千人日系人がシスターの手で探し出されたのであった。

1973年6月2日、再び日系人がバラバラにならないよう

にと組織化されたのが、「北ルソン比日友交協会」である。

初代会長にオセオが就任した。

..

二世は口々に、自分は父親から「正直でありなさい」とよく

言われましたと答えた。 そして、父がしばしば口にした言葉

「誠実」「勤勉」だったという。

..

「・・・どういう援助をしてほしいですか」

二世らの発言はシスターの予想を見事に裏切った。

「シスター、私たちは貧しさには慣れています。私たちのこと

は心配しないでください。 しかし、私たちはたくさんの子ども

を持っております。貧しさから抜け出すために子どもたちに教育

を授けてください

..

シスター海野が、バギオの日系人たちに約束した奨学金制度は、

その後見事に開花し、今日なお多くの善意が日本から送られて

継続されているが、その発端はシスター海野の遺骨収集にある

..



「この方々の生活状態、戦前、戦後、戦時中に起こった事等

云い知れぬ苦しみ貧しさを知り強く生き抜いてきた事、日系

たるがゆえに不利な立場に置かれた事、各家庭の悲しい歴史等を

聞いて歩いて私の感じたのは、終戦を迎えたが、戦後の片付けは

終わっていない

..

「本当に道のないところではシスターを引っ張ったり、高い所

へはシスターのお尻を押して上りました。・・・」・・・一緒に

遺骨収集に同行した東地初子は・・・・懐かしそうに当時を語った。

..

骨がバラバラに散乱しているのを見るのが辛かったですね。

これを日本に戻してやりたい、その一心でした。好きで兵隊

さんになったわけでもない人もいれば、この地で餓死したり、

病死された方も多いことでしょう。それをそのまま、野ざらしに

して置いたのではあまりにも亡くなられた方が惨めです」


a0109542_23385272.jpg

病院の跡地と思われる場所では、たくさんの遺骨がびっしりと

重ね合わさって発見された。 そこが、遺体の安置された場所

だったのだろう。時には靴やボタン、メダルの着いた軍服が発見

された。名前の刻まれた服が日本の遺族の手に届けられたこともある。

..

元軍人たちにとって、亡き戦友の遺骨を探し、弔ってくれることほど

ありがたいことはないのだ。

そのお礼に何かをしたい、と申し出があれば、シスター海野は

日系人たちの戦後の窮状を語り、その子らへの教育支援を要望した。

こうして1974年、4人の大学生が初めて奨学金を受けること

ができた。

...

農協づくりの目的を「貧しい農民を援助するには、彼らに組織が必要であり、

彼らに助け合うことの大切さ、自立心を植え付けたい」との考え

からだと説明している。

..

時を同じくして進められたのが、農業の基盤整備だった。つまり

農作物を運ぶ農道の整備、灌漑用のため池の設置、飲料水用井戸、

洪水対策などである。

..

正式調印の話を病床のシスターに報告すると、シスターは

「早く工事が完成し、皆が喜ぶ顔が見たいです。これが完成する

まで私はしねません」と話した。

だが、シスター海野は工事の完成を見ることなく1989年の12月31日、

永遠の眠りにつく

..

..

1983年2月20日。 ベンゲット道路建設のために日本人が出稼ぎに来て

から80周年を祝う式典が行われた。

a0109542_23371237.jpg


同じくこの日はバギオの日本人墓地の一角に建てられた納骨堂の

落成式が行われた。 納骨堂には、戦前戦中にバギオで亡くなった

日本人の名前刻まれている。

..

1986年11月には、日比親善友交会館・アボンが開設した。

・・・かつて修道院だったこの施設はその後増築し、日本から

訪問した人たちが宿泊できる施設も備えている。

1989年11月18日。 シスター海野がオセオ浜田らと日本の関係者の

支援を得て強力に推し進めてきたベンゲット道路展望台

(ビューポイント)落成式が行われた。


a0109542_23395420.jpg

「これが最後の仕事になるかもしれない」と周囲にもらして

いたベンゲット道路ビューポイントの完成を見届けてから40日

後、1989年12月31日午後10時50分頃、シスター海野

は永遠の眠りにつく。

...

生前、「第二の人生を喜びに満ちたものにしてくれたフィリピン

が大好きです。フィリピンの土になりたい」と語っていたシスター

海野のお墓は、日本人墓地の納骨堂の向かいにひっそりと立っている。


===========



a0109542_23405594.jpg

a0109542_23410934.jpg

a0109542_10473067.jpg









filipino japanese foundation of northern luzon inc. baguio city, philippines
filipino japanese friendship association of northern luzon
a book about sister Unno
abong






[PR]
by janlbaguio | 2018-03-21 23:41 | History バギオの歴史
<< 勉強会 「バギオと日本人・日系... 3月25日(日)「バギオと日本... >>